ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ等
田中道子さん(’17)
2017年04月19日 (水) | 編集 |
tm_s1


田中道子さん。
立て続けに『ダウンタウンDX』に出たことで、僕の目に留まりました。(いつもこれ(笑))
ミス・ワールド2013日本代表の本格派美女ですが、単に造形という以上の「私美人でしょ?」という笑えるほどあっけらかんとした美人オーラ満載で、そしてその見た目に違わぬ、期待通りの(笑)イケイケウエメセ発言

tm_s2

で、スタジオを沸かしていました。


まあただ確かに"ウエメセゴージャス高嶺美女"ではあるんですが、本質はむしろ"あっけらかん"の方で、"やんちゃな男の子"みたいな印象もあります。女子力は低そうです。(笑)

グラビアとしては当面こんな感じ

tm_s3

がメインとなるんでしょうが、むしろこういう感じ

tm_s4

の方が、素には近いのかなという。

とはいえ演技している無理しているというよりは、「美人であること」を楽しんでいる、「"美"という自分に与えられたおもちゃ」で遊んでいるという、そういう感じなんじゃないでしょうか。
その距離感、自分の資質を"対象化"している感じが、"あっけらかん"という印象に繋がっているというか。
まあタレント向き、バラエティ向き、"女優"向きかどうかは・・・よく分からないです。

話題になったのは、米倉涼子の『ドクターX』(4th)の"白水里果"役だそうで、西田敏行の性悪美人秘書役

tm_s5

という、いかにもな使われ方。(笑)

続く今期始まったばかりの『貴族探偵』では"鑑識"(冬樹和泉)

tm_s6

だそうですが、どうなんでしょうね。前回の「秘書」同様、基本"知的美女"で押そうとしているんでしょうけど、もっとはっちゃけたor気安い役の方が、魅力は出やすいのではないかという、気もします。
"強気の知的美女"(or悪女)でかつ"気安い"というのは、菜々緒以外ではなかなかこなせない難しいポジションではないかと。頭がいい悪い別にして、田中さんの場合、早速バラエティで、突っ込まれ役というか呆れられ役に回ってしまってますからね(笑)。あんまり"知性"で押すのは・・・


「強気」「知性」と言えば、顔的にはかの勝間和代に似ているというのが、巷の評判ですし僕も思いました。(笑)

勝間和代

基本的に人の言うことを聴いてないというか気にしてない感じも、似てると思います。(笑)
言いたいことは言った、終了!という感じ。

もう一人似てるのが実はオセロ松嶋

tm_mn

で、真逆のようですけどつまりそういう"アホ"要素が、田中さんにはあるということです。
まあ勝間さんも結構アホだと思いますけどね(笑)。猛進して省みないタイプというか。


1989年8月24日生まれ。乙女座のO型。堅実ねえ。現実家というか。
172 cm B80 -W 58 - H83。ふーん、3サイズ出てるんだ。(Wiki)

今後水着グラビアも、バンバンやってくれそうですね。かつての伊東美咲的にというか。

伊東美咲

伊東美咲さんも昔沢山集めたんですけどね、ハードディスクが壊れちゃって。(笑)


田中道子『初めての彼氏』がゲームオタクで草 (GOSSIP速報)

ダウンタウンDXで言ってた話。

“魔性の女”を演じる田中道子の素顔は…漫画&ゲーム好き! (ザテレビジョン)

兄の影響で小さいころから漫画・アニメ・ゲームが好きです。ゲーム音楽もコンサートにも行っちゃうくらい大好きです。
(中略)
女優記者会見のときに「キングダム」の実写化に出たいです!って言ったら、その2日後に実写化発表があって、キャストも全部決まっていて…。もうちょっと早く言っておけば!と思いました(笑)。アクションのレッスンもやっているんですが、アクション作品が好きなので出てみたいです。「センゴク」がもし実写化されるなら、お市の方の役をやってみたいです。

分かるわあ。
『キングダム』『センゴク』!(笑)
"男の子"だよね、やっぱり。

いい人そうでしょう?"陰"の無い、性悪というか。(笑)
菜々緒よりむしろ、本田翼の方に近い可能性すらも。
ちなみに本翼さんは、結構な策略家というか、"深謀遠慮"の人だと思っています。
普通に引っかかりますけど。(笑)


とにかく、またバラエティで見たい人です。
あとグラビア。(笑)

tm_s7

もっともっと。(笑)
そろそろどっかの表紙で来ると思いますが。(笑)


スポンサーサイト
テーマ:女優
ジャンル:アイドル・芸能
伊東紗冶子さん(’16)
2016年11月19日 (土) | 編集 |



他のことを書きかけていたんですが、やっぱりどうも、明日のJ2&J3ダブル運命の日のことを考えるとそわそわと落ち着かないので(笑)、気楽に書けるやつで失礼。
でもやっぱ2日に分けて欲しいと思うけどなあ。二倍楽しめるのに。
しかも試合時間まで半分だけかぶらせるって、どういう配慮の無さよ。何かちゃんとした理由があるの?

スカパーはスカパーで、日程終了と同時にいきなり猛然と全試合アンコール始めちゃうし。
ヴェルディの最終戦の再放送が、火曜に回されてるじゃないか。(そして水曜はもうCS。)
日曜は当然、ザッピングしますからね(笑)。試合内容どころじゃない。一応これでも、一回は、毎試合ちゃんと見たい。見届けたい。


という感じでザワザワしてますが(笑)、伊東紗冶子さん。
つい最近知ったばかりで、特に知識も思い入れもありませんが。
まあ、"知る"程のキャリアも、まだ無いみたいですけど。(笑)

・大阪出身・在住。
近畿大学文芸学部日本文学専攻卒。
・ミス近畿大学2013。
・Miss of Miss Campus Queen Contest 準グランプリ。
『セント・フォース関西』第1期生。

一応アナウンサーなわけですけど、卒業&入社いきなりこんな大々的にグラビア展開して、"アナウンス"する暇あるんだろうか。(笑)
グラドルとしてでも売れないと、かえって短命になるんじゃないかと少し心配です。
一応やっぱり、"アナウンサー"という抑えはあった方がいいですよね。"脱ぎ"にもありがたみが生まれるし。(笑)
・・・日替わりセントフォースか、やってたね、そんな番組。さすがに見る気にならなかったけど。(笑)

ただ何でしょうかね、この人。
"アナウンサー"経験が豊富なわけでもないのに、良くも悪くも「アナウンサー」顔というか、アイドル顔ではないですよね。

伊東紗冶子1.jpg伊東紗冶子2.jpg

"ミスキャンパス"→"セントフォース"の路線に乗ることが運命づけられていたというか(笑)、最初から一般学生なんて相手にする気ないわよ感というか。(笑)

なんか社長令嬢らしいですし。分かり易っ。(笑)

伊東紗冶子3.jpg

正直あんまり好きな顔ではないです。
微妙に古い気がしますし。
ふた昔前の"女子大生"(タレント)感というか。
ある意味では、特定の"階層"には常にいるタイプの顔・ルックスなのかも知れないですけど。

逆にだから、見かけほど別に、お高く留まってるわけでもない可能性はある。
もっとナチュラルというか。


そう感じるのも、脱ぎっぷりの良さから来てますけどね。
早速"脱いだ"ということ自体もさることながら、その脱ぎ方に躊躇が無いというか、「良いグラビアをやろう」という、積極的な意気込みが感じられるというか。
「脱ぐ自分」、あるいは「グラビア文化」を、最初から受け入れている感じ。
まあ世代的な問題もあるでしょうけど。

伊東紗冶子4.jpg
伊東紗冶子5.jpg

こうして見ると、別に性格悪くは感じないですね。
ある意味"自分が無い"というか、それぞれの「文化」「コード」に従順な人なのかなという。


伊東紗冶子6.jpg

・・・撮り方によっては、こんな感じ。
やっぱちょっと、微妙にいけ好かない。(笑)


1994年1月15日生山羊座のO
うん、やっぱりどちらかというと、優しそうなアレ。
身長166cm、3サイズ非公表ですがFカップとか。
細いですが寄せて上げ甲斐(笑)があるというか、撮り方によってはかなり大きく見えますね。

"大阪"というのは、分かる気がします。
それで気が強く見えてる部分と、実は気安い部分と、両方感じるという。
ハイクラスなようでいて、時々微妙に俗っぽいというか。(笑)


売れますかねえ。
微妙にメジャー感が足りない気もするんですけどねえ。
ちょっとバラエティの喋りとかが、予想付きません。
意外と天然で面白いパターンも。全然つまんないパターンも。

公式ブログ http://ameblo.jp/sayako--ito/
彩才兼備~キャンバス美女のインタビュースナップ~ http://saisaikenbi.com/archives/sayako_ito/


名前に"冶"という字が使われてるの、珍しいですね。
ご両親の教養でしょうか。
娘さんのご活躍、期待しております。(笑)


吉岡里帆さん(’16)
2016年09月23日 (金) | 編集 |



吉岡里帆さん。

およそ無個性というか、逆にパロディAV女優の芸名にありそうな名前で、つい最近ダウンタウンDX(僕の情報源の大部分はここ(笑))で知るまでは全く認知していなかったんですが、なかなかユニークな方のようで。
ユニークな存在感というか。(笑)

早速のその番組でも、"女優"オーラ出まくりのどっからどう見てもA級の"美人"でしかも若いのに、企画とはいえ"負け組""イロモノ組"の方に分類されて、軽く引くような"大食い"性癖なども披露して見せて。
・・・でもその間も、別に"若手美人女優"オーラは全然消えてないんですよね(笑)。何なのこの無頓着さ。ある意味の穢れの無さ。(笑)
"汚れ"ても、汚れないというか。

バラエティ乗りのいい女優さんなんて、今時珍しくもないですが、別に"乗"ってるわけでもないんですよね。"ハマ"ってるわけでも。
やる気自体は多分あって、ひょっとしたら収録の後「乗り切れてないなあ」と反省してるのかもしれないと思ったりもしますが(笑)、でもそれも売りたいアピールしたいという感じではなくて、来た仕事だからという、そういう感じ。
真面目、なのかな?
あと・・・プライド低い?根本の部分で。(笑)
といって別に"暗い影"があるとかではなくて、要は自分を「普通」の人だと思ってるという感じ?

なんだかんだ、"名"は体を表す?または名付けの呪縛?(笑)
まあとにかく、消極的に、変な人だと思います。(笑)


一番有名だろう、NHK連続テレビ小説『あさが来た』も含めて、演技しているところは一秒も見たことは無いんですが、結構幼少期からの筋金入りの"演技"者のようですね。(Wiki)
それはでも、見てても感じました。"染められ"慣れてるというか、ある意味自分が無いというか、"空気"の流れの中に、いつもいる感じ。
あれは正しく、「女優」さんならではのものですね。「タレント」「アイドル」ではなく。

ところがぎっちょん・・・なんか凄いプロっぽいというか、王道かつハイクオリティな、"グラビアアイドル"ぶり。
いざ脱ぐと。見る限りほとんど全ての写真がというか、多分最初から。
顔に漂う微妙な高級感が無ければ、完全に"そっち"から出た人だと思うと思います。

yoshioka_b01.jpg

ベタな"初期型"。

yoshioka_b02.jpg

まだ初々しい。

yoshioka_b3.jpg

"アイドル"顔。

yoshioka_b4.jpg

こなれて来た。

yoshioka_b5.jpg

そして"成熟"。


・・・ほんとある意味"見事"な、「グラビアアイドル」の一代記。(笑)
女優さんの余技というニュアンスは、全く無いですよね。

"両方"完全にやったという意味では綾瀬はるかさんとかもそうですが、ただ彼女の場合はどちらかというと、グラビア"アイドル"的な「甘さ」を、特例的に"赦"されてそのまま女優やってる感じですから、"両立"の次元としては吉岡さんの方が高いかなと。
勿論これから、"女優"として(の売れ方を)キャッチアップしないといけませんが。


なんかタヌキっぽく見える時とキツネっぽく見える時と二種類ある気がしますが、どっちが人気がある、あるいはどっちが本来なんでしょうね。
顔の作りとしては本来はキツネで、でも受ける印象としてはふんわりやわらかなタヌキっぽい感じがメイン?
体もほっそり小作りでかつ肉感的、つく肉ついてるという感じで、なんか全天候型。

身長158cm B82-W60-H85
1993.1.15生まれ やぎ座のB型。

ふーん。言うほど細くないけど細く見えて、大して肉ついてないけど豊満に見えるという感じかな?
やぎ座もまあ、分かる。この「理想」の無い感じというか受容的な感じは、"土"ですね。
"B型"は・・・分かんない。(笑)


そう言えばゼクシーのCMやってますけど、



なんか真面目に"女"の顔されると笑っちゃうんですよね。(笑)
まあ多分"これから"の人でしょう。特に「キツネ」の部分が開花するのは。(笑)

本人の現在の意識は、「タヌキ」がメインかなと。


女子力上げての(笑)グラビアも、期待しています。
末永くやって欲しいし、やってくれそうな感じ。(グラビアを)
お願いすれば、多分大丈夫なコ。(笑)


テーマ:女優
ジャンル:アイドル・芸能
馬場ふみかさん(’16)
2016年08月22日 (月) | 編集 |



各誌勢揃い
どれも見覚えはあるかな?

僕が目を留めたのは、最初のWPB誌の表紙。
豊満・柔らか、かつ上品・優美な感じが、割りと全方位的でクオリティ高そうだなと。
使ってみての印象としては、やや前者「豊満・柔らか」方面での人気が引っ張ってる(笑)感じですが、息長い活躍の為には後者「上品・優美」方面でどれくらい一般好感度を集められるかが、鍵ではないかと思います。


馬場ふみかさん。

1995年6月21日生まれ。双子座のAB型。
確かに割りと"ベタ"な豊満ボディよりも(笑)、中身はもう少し複雑そうというか、影・クセがありそうな感じ。
T167cm B83-W56-H84。
そんなに背高いんだ&そんなに細いんだ。特にバストとウェストは、"裏切り"に近いギャップ感ですね、いかに公称とはいえ。(Wiki)

中学2年生の頃に地元の路上でスカウトされ、地元フリーペーパー『新潟美少女図鑑』のモデルとして活動を始める。
10歳から15歳までキッズ劇団「APRICOT」に所属、地元の舞台に出演していた。2014年公開の映画『パズル』で女優デビュー、高校卒業を機に上京。
2014年放送の『仮面ライダードライブ』にて敵幹部であるメディック役でテレビドラマ初出演。

新潟かあ、なんか分かりますね。白米食って大きくなった感じ。(適当)
テレビデビューが悪役というのも、なんか分かる。体と裏腹に(しつこい)、ちょっと陰のある美貌。
子供劇団所属で、元々女優志望だったんですかね。

ご本人からの、初出演映画情報。

主演夏帆か。


『仮面ライダードライブ』より。



"メディック"役。

メディック.jpg

"悪役"といっても、割りと可愛い感じか。グラビアよりむしろ童顔。


てっきり"モデル出身が脱いだ"パターンかと思いましたが、女優・グラビアが先で、その後non-no専属モデルになったようですね。

馬場ふみかのマイページ|nonno(ノンノ) - HAPPY PLUS

なんかだいぶ表情が違うというか、モデルモデルしてるというか。


ノンノモデルズプロフィール:馬場ふみか Part1「プロフィール編」

こっちの感じで押せば、男女双方の人気が得られていいのではないか。


グラビアも忘れずに。

babafumika_b.jpg

"男女兼用"感、やや"女"寄り?

こうして見ると、基本のシルエットは結構すっきり系というか、メリハリ系というか。
グラビアはどうしても、"ぽちゃ巨乳"感がメインになるんでしょうが。

まあ色々とポテンシャルは高そうな感じはします。
頑張って下さい。
"公称"は嘘でも"バスト86"とかにしておいた方が良さそうな気はしますけどね。(笑)
男の夢を、壊さないで!(笑)


[続きを読む...]
石條遥梨(しじょうはるな)さん(’16)
2016年07月27日 (水) | 編集 |



もう引退しちゃった人のようですが、一応。
記念にというか。

石條遥梨(しじょうはるな)さん。


有名グラドルの篠崎愛さんも一緒に在籍していた、AeLL.(エール)というグループ



の元メンバー。
グループそのものは、2014年で活動休止。


その後本人も2015.3.14に芸能界引退を表明。



・・・したものの、同年芸人として再登場。

キートン熊本

【キートンさんと熊本の人】元AeLL.・石條遥梨が『お笑い大統領選挙』で芸人に?
「キートンさんと熊本の人」の女の子(石條遥梨)が可愛い!芸人として復帰!?


・・・したものの(笑)、結局本格復帰とはならずやはり現在も引退状態のよう。

→"一般人"としての、インスタグラム。
https://www.instagram.com/shijoharu/


・・・という以上の情報は無いです。

印象としては、造形そのものはキツめというか固めの美形




に思うんですが、"ポンコツ"と自称するようにぼんやりした性格のようで、その分凄く甘めで、男受けのしそうな表情をする瞬間があります。水着グラビアでは、そっちを押されてる感じですが。

細身だけどコンパクトにメリハリのついた体つきも好みというか、水着映えするコだよなと思って、もっとグラビアが見たいのにと引退が残念です。


1993年6月11日生まれ。双子座のO型。
身長:163cm. スリーサイズ:80.60.88 (当時)

名前が極度に読み難いのがマズかったんですかね。(笑)
もし復帰する時には、そこは何とかして欲しいと思います。(笑)


紗綾さん(’16)
2016年06月20日 (月) | 編集 |






一段目が最近の写真集、二段目以降はDVDを新しい順に並べてあります。
さすがに沢山ありますね。大ベテランだけあって。(笑)


紗綾さん。

"Fカップ小学生"としてなかなか衝撃的にメディアに登場した(2005年)11歳の紗綾さんでしたが、確かに驚異的な体ではあったし顔も綺麗だなとは思いましたが、正直やっぱり少し気持ち悪いところもあって、見なかったことにしてスルーしていた感じでした。(笑)

saaya_s1

・・・こんな感じ?
まあ、あんまり貼りたくはない。(笑)

見た目の具体的な気持ちの悪さという意味では宮沢りえのサンタフェ

santafe1santafe2


とかの方が遥かに気持ちが悪くは感じたんですが、やはりなんというか・・・「観念的」にね。(笑)
年齢を知って、見てしまうと。


それが例の「デング熱事件」で久しぶりに名前が出て来た時に、「あれ、なんか妙に素朴でいいコだな」と昔無視した反省も込みで(笑)で見直して。
その後最近、22歳という立派な歳になってちょいちょい見かけるようになって、普通にやっぱり綺麗な体・顔だなというのと、これもやっぱりですがむしろ年齢に比してものほほんとした感じに好感を持って。
"早熟"どころかむしろ"晩熟"では?という。


振り返って"Fカップ小学生"の頃を考えてみても、所謂奇形的早熟、"小悪魔"的ないし"幼女ポルノ"的そういう匂いは実際にはほとんど無くて。
むしろもっと純粋にフィジカルに、「体格が立派」と言った方がニュアンス的に正確なのではないかと。(笑)

だから実は色(エロ)気は終始あんまり無いというか、少なくとも日本人的なそれはというか。もっとはっきり言うと、色々含めてあんまり「日本人」的な感じがしないんですよね。大づくり。
じゃあどの"ガイジン"なのかは、よく分からないんですけど。

黒人ではさすがにないけど、白人としてもそれが北方系、ゲルマン・アングロサクソン系のそれなのか、それとも南方系・ラテン系のそれなのか。
なぜか「両方」の要素を感じるんですよね、僕は。

ネットを見ても、特にそういう血統的情報は無いんですが。お父さんが競輪選手(入江新吾)ということですから、"身体能力"自体は高いんでしょうけど。(笑)

じゃあ前世的な何かかな(笑)。それが両方あるとか。
"代々霊感が強い"とは書いてある。(笑)


まあ何だか分かりませんがね。
とにかく超早熟ではあったけど、むしろこれから更に良くなって来るコなんじゃないかなと。
残念ながら、日本特有の"少女"文化には、乗れなかったけども。(笑)

でもほんと、びっくりするほどすれてないですよね。
"子役"のクサ味は微塵も無いというか。
逆に最後まで洗練しないような気もしないではないですが。(笑)

現在のプロフィールは未公開のようですが、身長は意外に(かなり意外かも)小さくて150cm、3サイズは一応Wikiだと93-58-90と。
"未公開"にする意味がさっぱり分かりませんが。

1993年11月15日生まれ。
さそり座のA型。
あの少し"鈍い"感じは、さそり座からも来てるのかな?


特に熱烈にでもないですが(笑)、応援しています。
ぼーっとしてるなりに、バラエティに出てる時も嫌いではないです。
いつか"開花"するかも。超"晩成"の花が。(笑)


武田玲奈さん(’16)
2016年05月02日 (月) | 編集 |




メインであるはずのソロ写真集(一番最初のやつ)の表紙がダサダサですね。
持ち味を理解されないと、ただの"貧相"というか、お座なりな"ロリ"売りで終わってしまう可能性があるというか。

いやあ、でもこのコはヤバいね。
ヤバい瞬間がある。
ヤバい細さと、その細さが与えるインパクトのヤバさというか。

"折れそうな肢体"ではあるんだけど、はかなげというより、むしろ"攻撃的"に感じる。
感じる瞬間がある。
「未成熟」のでも「完成度」という意味では、ある意味正統ロリではあるのかも知れない。本来のロリータというか。
男を惑わす的なナニ。


takeda_s2takeda_s1


何が"細い"のかとあえて言えば、多分肩幅が細いんですね、極端に。このコは。
だから少し斜めから撮って、肩幅の細さを強調する写真が多くなっていると思います。(笑)

顔は・・・

takeda_s3takeda_s4


またエラい正統派"美少女"だな、こういう風に見ると。
・・・服を着てる時はね。(笑)

水着の時は、結構キツ目というかクセがあるというか、微妙(笑)な感じの顔が多いように思いますが。
特に男ウケという意味では。
どっちかというと、こっちが地なんではないかという気がします。
服着てる時は、言わば"自撮り"系の自己演出が強い目にかかっているというか。

最近はほんと、女の子が自分で持ち込む(持ち出す)写真は信用出来ませんよね。(笑)


さてプロフィール

1997年7月27日生まれのまだ18歳。
完成度変に高いな。
獅子座のB型。うん、気は強そうというか、確かに"攻撃的"な感じ。
"攻撃的"な自己プロデュースゆえの、若くしての完成度の高さということか。
身長164cm。

・・・"完成度高い"ってなんか文句言ってるようですけど(笑)、植村さんの時も言ったように僕は完成度の低い、本当に幼いロリには興味が無いですし、"グラビア"というのは完成度命だと思ってます。そこは"AV"との違いだと、前に言いましたよね(笑)。キョドってるのとか見たくない。"脱いだ"衝撃度とかはあってもいいけど、ただの"初々しさ"とかは意味が無いというか。

略歴を見ると"ファッションモデル"としての本気度もそれなりに高いようですけど、そこと男性用グラビアとの垣根が余り存在しないというか、最初から視野に収めつつある意味たまたまどこからデビューするかみたいな感覚が、多分ある世代以降の女の子では当たり前なんだろうなという。


加齢と共にさすがにもう少し肉はついて行くんだろうと思いますが、果たしてその時にはもうグラビアやってくれるのかなと。
結構もう人気あるみたいですからね。
まあ原史奈先輩みたいなイメージででも、頑張ってもらいたいですが。(笑)
痛々しいほど細い、でも"成熟"もしたカラダ。
キミなら出来る!(笑)


takeda_s5


植村あかりさん(’16)
2016年04月05日 (火) | 編集 |




植村あかりさん。
黒・青系の水着と系の水着とでは、顔の印象が結構変わりますね。
暗色系だとなんか、ふてぶてしい(笑)というか、自信を内に秘めた感じになる。

白もツンとはしてますけど、可愛い部類のツン。
どっちみち気は強そうではありますけどね。(笑)
自分に自信があるというか。





ハロプロ随一の美女と、評判のコ。
先頃出た1st写真集(↑)で、意外な脱ぎっぷりの良さというか体のエロさも披露。
僕の目に留まることになりました。(笑)


Juice=Juiceの植村あかりが初めて水着姿 (日刊)

Juice=Juice植村あかり(16)が26日、都内で初写真集「AKARI」発売イベントを開催した。
沖縄で行った撮影では水着姿を初披露した。「抵抗はあったのですが、撮影を始めると楽しくて忘れてしまい、今では2冊目も出せるとうれしいなあと思っています」。
急性へんとう炎で前日25日夜から体調を崩し、この日朝も熱があったが、病院から直行してきたという。

16かよ。エロいな。(現在は17)
完成度が高いというか、子供子供してないというか。
僕も日本男児(?)のはしくれで、女は若ければ若いほどいい的な傾向が無いとは言いませんが、でも幼児体型とかむちむちとか、そういう感じは全く興味無いんですよね。
ロリ巨乳とか。
むしろ幼いなりに"完成"されてる感じにこそ、「神聖」性というか"女"の底力を感じるというか。
"天才"性というか。"元型"性というか。

この日刊の写真いいね。

uemura_nikkan


出しましょう、出しましょう。2冊目。(笑)


まあ幼い時は普通に幼いですけどね。

uemura_s1


むしろ水着の時の方が堂々としているというか、迫力があるというか。
そこらへんが、「楽しくて忘れ」たという、そのあたりなんでしょうか。
天性の何かを、感じます。
何かを。(笑)


1998.12.30生まれ。
山羊座のO型。
ああ、これは根性据わってるタイプだわ。
男女共に、例を知ってるけど。(笑)
身長164.4cm(本人談)。3サイズ未公表。(はよ)

ハロープロジェクト所属のJuice=Juiceというグループのメンバー。
勿論、知りません。(笑)

植村あかりWiki


最後にもう一枚。

uemura_s2


細いねしかし、張ってるねしかし。
魅惑のボディ・バランス。(笑)
こういうコは白ビキニがよく似合う。

断然、応援します。(笑)


加藤紗里さん(’16)
2016年03月07日 (月) | 編集 |
katousari_s1


"話題"の人、加藤紗里さん。





好きなんですよね、驚くかも知れませんが。(笑)
狩野英孝に軽く嫉妬したというか、逆に"紹介"してくれてありがとうというか。(笑)


katousari_s2katousari_s3


ただし今回画像を集めるまでは、こんなに"肉体派"だとは知りませんでした。(笑)


katousari_s4


それもまあ、嬉しい誤算というか。(笑)


確かに"気持ち悪い"は気持ち悪いんですけど、それは好きな"気持ち悪"さというか。
「整形モンスター」みたいに言われてますが、例えそうだとしても、"好きな整形"だというか。

「整形」と言っても、"糊塗"する方向"修正"する方向、世間の美の基準(だとその人が思ってるもの)におもねっていくタイプの整形は好きになれないというか、「発覚」した時に興醒めするというか。
純粋に"不自然"を感じて萌えないというか。
あるいは我が道を行っているタイプの人でも、パーツごとの謎の基準でどんどん整形を繰り返す、エスカレートさせて行くタイプの人は、やはり無惨に見えます。

でもそうではなくて、何か一つの自分なりのイメージを、かつその自分を見ている(自分の)視線、全体像を抱きながらやる整形というのは、よりクリエイティブというか、"表現"とか"コスプレ"に近いものに感じて、彼女のもその類に見えます。
だから勿論、"自然"だとは思いませんが(笑)、整形だということを意識しても美しいと感じることは出来るというか、彼女の、"作者"の、「美」の基準を共有することが出来るというか。

・・・一番おぞましいのはあれですよね、整形外科医の"癖"や"好み"がそのまま出ている類の画一的な「美」で、もし自分の相手がそれだと"知っ"てしまったら、もう別れるしかないと思います。抱けないと思うというか。(笑)


実際彼女は多分、"二次元"心のある人だと思いますけどね。そういう趣味があるかは、知りませんが。
・・・というわけでようやくおもむろに、ウィキペディアでも覗いてみましょうか。(笑)

・1990年6月19日生まれ。双子座のO型
T163-B88-W56-H81
・第38回ミス日本コンテスト中国・四国代表。
・趣味はコスプレ
・大の動物好きで畑正憲をリスペクトしており、自らもスクールに通って2013年にドッグトレーナーの資格を取得。

・・・やっぱコスプレさんなんですね。そうだと思った。
ミス日本中国・四国代表というのは、これは整形前なのか後なのか。(笑)
サイズ的には、これは多分、女の子にとっても理想的なサイズではないでしょうか。身長も含めて。
"H81"というのがみそ。美の隠し味というか。
まあ土台自体も、かなりのものだったのではないかと、想像はしますが。
そうかそうか、動物好きか。やっぱいいコじゃないか!(単純)

まあこの見た目で気合の入った動物好きというのは、結構ポイント高いというか、ギャップ萌えはしますよね。子供も好きとか?(笑)
・・・ああ、狩野英孝も動物だったのか、納得。(笑)


その狩野に対する(一般には顰蹙の)「魅力はない」発言で、むしろ僕の興味を惹いた加藤さんですが。
その後はご存知の通りというか、真偽取り交ぜ品の悪い報道のオンパレード。
てきとうに羅列します。(笑)


加藤紗里の「正体」に不穏な報道も TV局も彼女の起用に悩み? (デイリーニュースオンライン)

不自然さを感じさせる顔立ちやガリガリに痩せているのにGカップというスタイル、経歴や仕事の実態など謎が多くツッコミどころ満載。それでいながらSMAPの独立騒動やベッキーの不倫騒動に比べて深刻さがなく、芸能ニュースの『箸休め』として非常にイジりやすい。さらに本人が爆弾発言を連発し、話題になりやすいのでオファーが殺到しています

ウソの連発に批判が殺到しても「報道に合わせて発言した」と悪びれる様子もない。(中略)
「年齢詐称」疑惑も浮上しており、加藤は自身のインスタグラムで数々のウソについて釈明する中で「年齢もごめん、本当は1981...」と記述。もし1981年生まれなら34~35歳。10歳ほどサバを読んでいることになる。所属事務所は詐称を否定するでもなく「(年齢は)よく分からない」としており(中略)
「週刊文春」(文藝春秋)では「正体はただの六本木のホステスで、昨年末に店で女の子のカバンから20万円が盗まれた事件で防犯カメラに彼女の姿が映っていた」とシャレにならない報道もあった。


加藤紗里、テリー伊藤への報復で築地へ (デイリー)

加藤は2月17日、TBS系「白熱ライブ ビビット」に出演した際、テリーから「白雪姫に毒リンゴを食べさせた魔女みたい」「カマキリみたいな背中」などと容姿をののしられた。
そのトラウマからテリーとの再共演については怖がる加藤だが、間接的に報復しようと、テリーの兄が営む築地の玉子焼き屋の前に仁王立ちになってやることを計画した。
(中略)
実際は、店はまた閉まっていたものの、近所の人を集めて「仁王立ち」写真を撮影、これをもってミッション完了と称した。


加藤紗里の手紙 リンゴの番組で公開 (デイリー)

ハイヒール・リンゴがMCを務める読売テレビの情報番組「あさパラ!」の出演依頼を断ったモデルの加藤紗里。5日放送の同番組では、番組あてに加藤から届いた手書きのメッセージが公開された。手紙では「いつも見てます!3月5日のあさパラ!!行きたかったのにどうしても行けずすいません…」と謝った上で、「12日は行きたいけど人が多すぎて怖いです…」と翌週の出演にも及び腰なところを見せていた。
(中略)
リンゴは「便乗商法に思われるのが嫌やねん。この娘に乗らな、あかんか?」などと話した。それでも最後は「紗里ちゃん、いつでも来てくださいよ、用事終わったら」と出演を呼びかけていた。
(中略)
加藤は、4日に更新した自身のブログで、出演を断った理由を「別の予定が入っていた」としており、「気持ち的には中学校の時、ヤンキーの先輩に女子トイレに呼び出される感覚だよね~」などとと記した。


まあなんだか分かりませんが・・・。(笑)
とりあえずこの人を真っ向から叩いているテリー伊藤とか西川史子とか、純粋に馬鹿みたいというか立ち位置間違ってる気がするというか。
ていうか最近のテリー伊藤は、ほとんどもうろくしているとしか思えないというか逆張りにすらなってないというか。インテリを気取ってる分、張本さんより下というか。(笑)
その点リンゴさんは分かってるというか、多分こういう人は、関西圏の方が扱いやすいのかもなという、印象。(笑)
本人はまあ、頭のいい人ですよ、どう見ても。何らかの意味で。
"戦略的"というには少し捨て鉢ですが(笑)、それもまた僕には好感度。


友達になりたいわあ。(笑)
最近こればっかな気がしますが。(笑)


最上もがさん(’15)
2015年10月07日 (水) | 編集 |




最上もが
本名島田瑞希、1989年2月25日生まれ、162cm、85(E)-57-86・・・ということがこのサイトには書いてありますが、

http://saisin-news.com/mogamimoga-gazou/

Wikiや公式サイトだと、いずれも秘されていて年齢も"非公開"となってますね。
ちなみに出身地も、公式等だと「東京都」ですが、そのサイトだと長野県。

要は前の芸名でやっていた時のデータということなわけですが、そんなの隠してどうするんだろうという感じ。"キャラ作り"というほどのものでもないし・・・。
脱ぎっぷりは気前がいい(笑)ので、ちょっと意外でした。


アイドルグループでんぱ組.inc所属。
2013年、ヤングアニマル主催の「NEXTグラビアクイーンバトル」優勝。
どっちかというと、ヤンジャンで見かけることが多いというか、記憶に残ってるというかですが。

ファッション寄りの金髪

mogami_s1mogami_s2

と、余りサービス精神を感じない(笑)ぶっちゃけた言動が特徴なようで、きゃりーぱみゅぱみゅと仲がいいとかいう話も、なるほどねという感じ。
グラビアもそんなに豊満なタイプには見えないというか、いかにも"ファッションモデルの水着ショット"風な印象が強いので、俺は好きだけど男人気はどうなのかなあと疑問に思ってましたが、何回も青年誌の表紙を飾るということは、ちゃんと人気があるんでしょうね。
"でんぱ組"自体の支持とかも、あるんでしょうか。

動いてる姿は、テレ朝チャンネルの『でんぱの神神』で一回見ました。
なんつうか、やる気が無いわけではないんだろうけど、基本凄く"しらふ"のコですね。(笑)

mogami_denpa

水着ロケではなかったですが、表情は割りとこんな感じ。
一言で言うと、あんまり"アイドル"オーラが無いというか、それは魅力が無いということではなくて、むしろ普通の「女の人」の、歳相応「生活感」みたいな方を強く感じたという方で。

それまで見ていたグラビアの、ファッション感というか"非現実"感とのギャップは、結構ありましたね。
逆に"才能"は感じました。
「グラビア」の。「写真」のというか。
"表現"者のと言ってもいいですけど。


単体グラビアが先行しているので、グループ内で浮いてないのかなとかも少し心配(?)しましたが、特にそんなところは見受けられなく。
"アイドル"やってる照れというのは凄くあって、そういう違和感というか違和感的存在感はありましたけど。

ダウンタウンDXに出たらしいですけど、覚えてないなあ。
多分あんまり、そこでも積極的に前に出なかったのではないかと、想像はしますが。(笑)
本人は"グループ"であることに凄く忠実というかこだわってるみたいですけど、ソロになったらまた全然変わるんじゃないかなと、そういう感じはします。覚悟を決めて。
ただし嫌んなって辞める可能性も(笑)。一回辞めてますし。

グラビアはグラビアでいいとして、歌なのか演技なのか、何かいち"芸"持った方が、長続きはしそうな感じの人ですけどね。
バラエティの世界を泳ぐというより。
せっかくの美貌と美ボディ、大事に活かしてもらいたいもの。(笑)

26歳。魚座のA型。(恒例)