ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ、他
アンジェラ芽衣さん(’18)
2018年08月08日 (水) | 編集 |




まだ起用1週目ですが、来週からはアジア大会も始まるので、今の内に。
アンジェラ芽衣さん。

一般的には何と言っても、この『黒騎士と白の魔王』というゲームのCM(動画)

アンジェラ芽衣黒騎士

のインパクトで、知られている人だと思います。

ただ画像を集め始めた時点では、実は僕は気が付いてなかったんですよね、"あのCM"のコだとは。
南方系の顔の威圧的な体のグラドル」だとは認識していましたが、その"威圧"はどちらかというと「色気」で圧し潰すタイプのもので、CMで見られるようなむしろボーイッシュな、色気というよりは"啖呵"を切る勇ましさの方の"威圧"だとは。
"アンジェラ芽衣"で検索して「黒騎士」の画像が出て来て、初めてへーとなったという。

そこらへん、多面性があるとも言えますが、どちらかというとまだグラグラしているという印象の強いコ。
落ち着くまでは、まだ時間がかかりそうというか。


"売られ"方としてはまず、フィリピンとのハーフ(母方)ということで、「リア・ディゾンの再来」と。既に少し微妙ですが。(笑)
まあ共通した独特の"濃さ"はありますし、例えばここらへんの感じ



とかは、似てると言えば似てるかも。
リア・ディゾンさん(そう言えば使ってた)の場合は、画像だけが流れて来ていた頃はなんか"キレキレ"な感じで、アメリカ人的な迫力とアジア人的な情緒を併せ持った確かに"超弩級"な雰囲気はあったんですけど、いざ来日した本人のパーソナリティがなんかフニャフニャで、"親しみ"という以上に"拍子抜け"した感じで、潮が引くようにブームが終わってしまったという、そういう印象でした。(笑)
"ハーフタレント"がみんな"怖いもの知らず"だというのは逆に差別でしょうが(笑)、それにしても何だったんだろうあれはという感じ。何ですかねえ、"女性ホルモン過剰"な感じ?さりとてビビアン・スーみたいな母性的な優しさを感じさせるわけでもないですし。単なる甘えっこ?
まあ、"素人"さんだったんでしょうね要するに。たまたま写真映えした。

アンジェラ芽衣さんの場合は逆に、明らかに"男性ホルモン"の方が多めのタイプなのは、あのCMを見れば明らかだと思います。
それが「色気」メインな方向でグラビア活動を始め(させられ)て、今いちハマり切れない不安定な感じを僕に与えているんでしょうが、一方ででは全くそれが嘘かというとそうとも思えなくて、"搾り"出せば女性ホルモンの方もまだまだ出て来るのではないかという、そんな気配も感じています。

これとか・・・

アンジェラ芽衣安めぐみ

どこの安めぐみだよという感じでなんか笑っちゃいますが。(笑)

これは極端としても、だからこれからまだ女性ホルモンを"搾り"出し切った後で、メインであろう男性ホルモン感とどういう配合で行くのか完成するのか、そこらへんが決まらないと安定しないかなという感じ。
多分真面目ないいコで、その時その時の"プロデュース"に全力で応えちゃうタイプだと思うので、不自然な固まり方をしないといいなと思うんですけど。

"器用"で"不器用"みたいなタイプかなあと。




ここらへんの顔とかは、"強さ"と"女"の同居した、多分一つの理想的な顔なのかも。
(グラビアの)「リア・ディゾン」と「安めぐみ」というか。(笑)


1997年4月29日生まれ。牡牛座のO型。
地味というか堅実というか、やはり真面目なタイプか。
生まれも育ちも埼玉県の、二次元好きのインドア派と"親しみ"をアピールして来ますが(笑)、最近("客"に合わせて)こういうプロフィール多いですからね、何とも言えない。(Wiki)

身長172 cm、B92-W62-H90。
後にファッションモデルデビューもしていますが、この公称サイズ自体は"グラドル"用のだと思うので、割りとムッチリタイプですかね、身長もありますが。("モデル"サイズは実寸に近いので、"グラドル"サイズより太目な表示になる。その場合は"W62"は普通。)

“黒船再来”と呼ばれた美女 実は「埼玉県生まれの埼玉育ちです」 (BuzzFeed Japan)
<アンジェラ芽衣プロフィール>リア・ディゾン超えの“黒船再来”!「週プレ」表紙で話題、正体は関東一かわいい女子高生? (modelpress)

昔(高校生)の写真はどうもハーフはハーフでも、"ニュー"がつきそうな感じも少ししますが(笑)、含めて色々と"努力"している感じのコ。

でも本当に性的には複雑な要素を抱えていそうで、いずれ何か"カミングアウト"があっても不思議ではないなという。
その時はまあ、温かくと、今から先走った心配。(笑)


お前それアンジェラ芽衣が男でも同じこと言えんの?(どんなシメだ)


スポンサーサイト
仲村美海さん(’18)
2018年07月21日 (土) | 編集 |




仲村美海さん。
"みう"と読むわけですが、ちょっと事務所頭大丈夫かという感じの芸名。(笑)



仲村"みう"さん。(過去1過去2)
元そこそこ有名なグラドルで、いったん引退後現在はAVで活躍している人ですが、こんな特徴のある名前のしかも現役の人にここまで似ている芸名って、逆に間違って注文する人に期待しているのかなというレベルの杜撰さ。(笑)
本名だとしても、変えるべきレベルというか。

ただ素材は見るからに良くて、それだけに何やってんの?という感じ。
これだけはっきり"美人"で、体も"男の願望"(笑)という感じのボリューム感。
特に白ビキニは鉄板で、多少ワンパターンですが構わないから何枚でも見せてという感じ。

仲村美海2仲村美海1

ほんとワンパターンですけどね、飽きないキメ顔。&キメ体。(笑)


Wikiの来歴欄がシンブルで分かり易いので、そのまま掲載。

美容系の専門学校に進学するために、18歳で上京。その後、親の説得を受け看護学校にも通学した。
ヘアメイクの仕事を探していたところ、2016年夏に、芸能プロダクション・リップの社長にスカウトされ、宣伝材料となる写真を作成。週刊プレイボーイ編集部に挨拶に行った際、「逸材すぎる」と宣材写真をそのまま誌面に緊急掲載する形でデビューした。

このルックスで裏方目指すかなという感じもしますが、"親に説得されて看護学校"というところには変なリアリティがあるので、本当なのかな。でも病院でこんなん出て来たら、そのまま看護婦もののAVではないかと。(笑)

ここらへんについての記事。

グラビア映えするスレンダー巨乳の逸材・仲村美海、「週プレ」が“宣材写真”を緊急掲載(music.jp)

新たなグラビアクイーンの予感を漂わせる逸材・仲村美海の“宣材写真”が、4月3日発売「週刊プレイボーイ16号」に掲載されている。
仲村美海(なかむらみう)は1992年5月31日生まれ、宮崎県出身の24歳。身長158cm、スリーサイズはB80(E)・W59・H88のグラビア映えするスレンダー巨乳だが、本格デビュー前のため、Twitterやブログもまだ無いのだとか。今号では、そんな彼女のあまりの逸材ぶりに、事務所がデビュー用に作った“宣材写真”を緊急掲載。洗練されたビジュアルとは裏腹に、天然系の愛されキャラであるという彼女は、今後どのような活躍を見せてくれるのか…。気になる人は続報のチェックをお忘れなく。


つまりは"歴"が浅いからワンパターンなのかなという推測が一応は成り立つわけですが、でもこういう記事も。

仲村美海ランジェリーで魅了!ニコ生主で彼氏や整形がバレ改名

仲村美海さんは以前に「南美羽」という名前でニコ生主をしていたと言われています。
ウィキペディアにもニコ生主をしていたと記載があるので、おそらくな違いではなさそうですね。

現在はWikiにその記述は無いので、公式には否定されて削除したんでしょうね。

ニコ生主だった当時はシャープでとんがっているイメージですが、グラビアをするようになってからは目元もやさしくなって全体的にふんわりした柔らかい印象に変わっています

確かに随分印象の違う写真も検索で出て来るので、なんだろうとは思ってたんですが。それが「南美羽」ないしはその時代の名残りなのか。

南美羽1南美羽2

これはこれでいいですし、必ずしも完成度は低くないと思いますが、幾分素人臭いかなという気はしますね。「撮影会」で撮ったような写真というか。素材頼みというか。

これが本人だとすれば、やはり元々良かった素材をピンポイントにプロデュースした結果の"ワンパターン"が、言うところの"宣材写真"ではという気はかなりしますね。そういう「物語」を作った。年齢的にも高めですし、"再デビュー"説の客観的な信ぴょう性は、そんなに低くはないかなと。
まあどっちでもいいですけど。これが"AV"とかだと、さすがに少し大ごとですけど。(笑)

ともかく美しいですね。
少し色気が過剰なので、女ウケはどうかな"モグラ"売りとかは難しいかなという気はしますが、最近の女の子は男に近い感覚でアイドルを見ることもままあるので、ぎりぎりOKかもという気も。
双子座のB型。ちなみに"南美羽"でも双子座です。(笑)

頭も悪くなさそうには見えます。
整い過ぎてて少し地味ないし古く見えるところがあるのが、どうかなという感じはしますが。
女性誌から入って"脱いでも凄い"という順番が理想だった気はやっぱりしますが、本当にヘアメイクを目指していたのならしょうがないですけどね。(笑)
既にそこそこの歳な分、逆に息長く活躍出来そうな感じもします。頑張って欲しいです。


岡田紗佳さん(’18)
2018年07月07日 (土) | 編集 |



いやあ、W杯に追いまくられてなかなか書くタイミングが無かった。
というかこの3週間は、ちょうど「岡田紗佳と過ごしたロシアW杯」みたいになりましたね。(笑)
ちなみに中国とのハーフです。(笑)


さて新しめの読者さんは、僕のこのアイドル紹介記事の時に、いちいち('18)とかついているのに違和感を感じる人もいるかも知れないですけど、昔、"グラビアアイドル"華やかなりし時は、何年にも渡って活躍する、毎年新しい画像がたっぷり出て来るグラドルがいくらでもいたので、必然起用・紹介も複数回になることが多かったので、こういうタイトルのつけ方になっていたんですよ。
・・・自分調べだと'10年くらいまでですかね、ギリギリ。そこから先は、特にAKBグループに追いまくられて、表世界に浮上して来る"グラドル"というのはほとんどいない。バラエティ展開に成功した特殊な例を除けば。
一回使ったっきり僕も名前忘れてるみたいなパターンがほとんどで、必然「年代」表記も有名無実に。

そんな中で、かなり久しぶりに2年連続(去年の記事)で使うことになったのが今回の岡田紗佳さんで、それだけまあ売れたということで。
いやあ、売れましたね。いい感じに。

去年の記事を見ると「変な色気がある」と言っているだけで正直あんまり褒めてないんですけど(笑)、
その印象が変わったのが、複数回にわたる池上特番へのゲスト出演で(僕はニュースも新聞も見ないので、池上特番と朝生は貴重な情報源なんです(笑))、見てすぐ分かるのは、あ、このコ頭いいんだということ。
お勉強が普通に出来そうなのは勿論ですが、物の見方とそれについての表現が、凄く率直かつ客観的で、爽やか。常識もある。"頭の良さ"の凄くいい出方で、所謂「聡明」というやつ?話しててストレス無さそう。

それには多分、「6歳から6年間」の中国育ち(Wiki)というのも少なからず関係していて、つまり日本式に、あるいは"日本の女の子"式に「知性」が変なゆがめられ方たわめられ方をしていない。素直に伸びている伸ばす時間があった。これは文化の問題として。
最近改めてつくづく思っているんですが、日本ほど「知性」の価値の低い国というのは、自意識過剰でなくやはり珍しい。特に女の子のそれには、未だ色々とプレッシャーは強いですよね。
そこから解放されている伸びやかさと、しかし一方で日本暮らしも十分に長い、所謂「帰国子女」や「ハーフモデル」系の無頓着ではない、十分に「日本人」でもあるというそのバランスが、この人の特徴だと思います。

限りなくいいとこ取りに近いと思いますね。ほぼ弱点が無いというか。(笑)
と、僕には見えますがただ本人的には多分、アイデンティティ的なアンビバレンツは抱えてるんだと思いますね。「客観的」過ぎる自分が嫌、みたいな。
去年の記事で「少し表情が暗い」と僕が書いていたのも、そこらへんの葛藤というか生真面目さが、いちいちの応答に出ていたからだと思います。未だにそんなに「表情の明るい」コではないと思いますけど(笑)、今はそれが"真面目さ"として好感を持って見えているという、そういう違い。池上彰にも、多分気に入られている。(笑)


そういうコが問われて語る日本文化への違和感とか"差別"経験とかは、ほんと刺さるというか、申し訳ないなという気持ちに聴いててなります。日本嫌いにならないでねという感じですが、多分大丈夫なんでしょう、「グラビア」という日本特有の文化への、積極的な参入の仕方を見ると。(笑)

去年の段階ではまだデジタルのみでしたが、その後紙の写真集もめでたく発売。
あんまり評判は良くない(岡田紗佳のではなくて写真集自体の)みたいですが、表紙はなかなかいいと思うので、大きい画像でも載っけておきますか。

岡田紗佳写真集

"ソフト過ぎる"というのが悪評の理由のようですが、逆に去年くらいまではドギツイ感じ(の特に顔)が多かったので、中間くらいの路線でもう一回本腰を入れて、グラビア活動してくれないかなという。170cmでGカップは確かに"威嚇的"ではあるんですけど(笑)、素直な性格の良さも、ちゃんと出るように。

岡田紗佳b1
岡田紗佳b2

ここらへんとかいいですねえ。
スタイルの良さと内面の良さ、成熟感が、よく出ていると思います。


岡田紗佳b3

こういうのもまあ、いいですけど。(笑)


"ハイスペックガール"と、(デジタル)写真集タイトルにありますが、本当に顔良しスタイル良し頭良し性格良し(一応)"帰国子女"にしてかつ一風変わったところで(笑)プロ雀士でもあるという、売りだらけみたいなコですよね、客観的には。
でも親しみやすくもあり。

"友達になりたい"感と"彼女にしたい"感が両立する、珍しいタイプかなと。
その分若干キャラが取っ散らかってる感も、無くは無いですけど。(笑)

僕は好きです。とても。
出来れば来年も記事に出来るような、"グラビア"での更なる活躍を期待したいところ。
意外とこれっきりかなという感じもしますけど。紙よりwebに期待かな?


松田るかさん(’18)
2018年06月06日 (水) | 編集 |



水着シーズン始まりましたが。
まだちょっと、試運転中という感じです。(笑)

古くからの読者は今更気にもしないでしょうし、僕自身ブログ上部の「水着」の部分とその下の「文章」部分とでは、完全に意識を切り離しながら読む習慣がついちゃってますけど、初見の人はやっぱりびっくりするでしょうからね。(笑)

特に"リツイート"のような形で「ブログ」単位ではなく「記事」単位で読むことがむしろ一般的な昨今では、色々と余計なストレスをかけそうで申し訳ない(笑)部分もあります。
・・・まあスマホで読めば文章しか表示されないので、"若い"読者のことは実際にはそんなに気にする必要はないのかも知れないですけど、確率的には。とはいえ。(笑)

だから非水着シーズンにはそうしていたように、サイドバーの部分でだけやろうかなあとも思っていたんですが・・・寂しいですよね、やっぱり(笑)。楽しみにしている人には(笑)。僕も寂しいです。
だから中を取って上部は上部に、ただし画像サイズはだいぶ控えめに下品にならない程度にということでとりあえずはやってみたんですが、どうでしょうかね。無駄な気遣いでしょうか。(笑)

特に問題なのは、代表を筆頭にサッカーについての真面目な、ある程度一般性のある記事を書こうとする時に、この体裁はどうなんだろうと今更のように気にしてしまうわけですが。・・・ただし、ハリルホジッチが解任されたのは、そういう意味ではラッキーでした(笑)。やっぱ緊張しますからね色々と、ハリルについて書くのは。その点西野さんは、気が楽です。(笑)

まあ"サイドバー"方式含めて、まだ考えてはいますけどね。どうしますかね。


とりあえず今週は、松田るかさん。
今週限りの予定です。
水着グラビアのクオリティは十分に高いと思いますが、どっちかというと"着衣"がメインでしかもそれだけで十分に可愛いコのようです。

松田るか2
松田るか1


やけにサッカーユニの写真が目に付くなと思ったら、WOWOWのリーガダイジェストのマスコットガールだったんですね。

 タレントの松田るかさんが“2017-18 WOWOWリーガール”に就任!

 新リーガールの松田るか「好きな選手は名前が一緒のルカ・モドリッチ」

知らないで使ってました。なかなか鼻が利くな俺も。(笑)


他でも割りとスポーティというかアクティブなタイプの写真に、いいショットの多いコに感じます。

松田るか03松田るか04


ていうか可愛いですね。ぶっちゃけ"水着"という縛りをほどけば、選べないくらいいい写真が多いです。
失敗したかな。冬に使うべきだったか。(笑)

でもまあ水着も好みなので、今後の活躍をお祈りして、"グラドル"として扱っておきます。(笑)
天下のヤンジャンの表紙ですしね。


1995年10月30日生まれさそり座のO型(Wiki)
へえさそり座か。天秤とか"風"系かと思った。(さそり座は"水")
まあホロスコープは全部見ないと、結局分からないものとされてますけど。
161cm。"女優"ということで3サイズは公開されてませんが、かなり細いでしょうね。堂々たる貧(ひん)・・・(自粛)
そこらへんも、好みです。(笑)

沖縄出身で、出世作は『仮面ライダーエグゼイド』
ヒロインながら、ライダーにも変身したそうです。(笑)
また日テレ『電波教師』



で、複数の役で声優もやっているようです。

なんかメジャー感あるなあこのコ。売れそうですね。
出来れば水着も忘れないでいただきたいですけど。(笑)

松田るか05

顔は結構まだ色々で、これなんか相武紗季みたいですけど。
性格は男っぽいというか、サバサバ系かなあ、多分。


ご活躍をお祈りします。


RaMuさん(’17)
2017年10月10日 (火) | 編集 |
最近こんな話ばっかりですが、昨日はほぼ一日中ネットが繋がらない状態になって、それは特に理由なく今は直ったんですが明けて今日は代表戦の日ですし、気勢が削がれてしまったので今週もヴェルディはお休み。
まあ10月は5試合あるので、3で一回2で一回書けば、一応格好はつくかなと。
11月はだから2で一回と残り1試合は+総括で書けば、それはそれで執筆予定としては綺麗に収まりそう。
あくまで僕の感覚ですが。(笑)








さてRaMu(らむ)さん。
起用の直接のきっかけは、心当たる人も多いでしょうが(笑)、このCMですね。





・・・もうなんか笑っちゃいますね。笑うしかないというか。(笑)
余りにもあっけらかんとした、お〇ぱい、いやさあ、The お〇ぱい

立体的過ぎて、逆に二次元に見えて来るから不思議。(何を言ってるんだろう)
なんか現実感が無いんですよね。
"観念"としてのおっぱいがそのまま出て来たような感じ。
「理想的」と言えば理想的なのかも知れませんが、どうも"笑い"が先に立つ。(笑)

恐らく持ち主の思い切りの良い、またはある種空っぽなパーソナリティが反映しているんでしょうが・・・とか、そういうややこしいことは、今日は書きたくない。(笑)
あのおっぱいに失礼な気がする。
跳ねとけ


起用理由はその通りなんですが、存在自体は少し前から知っていました。
こちらです。フジのCSの『鎧美女』


売れ"かけ"くらいのグラビアアイドル総出演という感じの番組で、ちなみに先頃古坂大魔王との結婚で少し話題になった安枝瞳さんも、この番組の出演が好評で名前を売りました。


ramu_鎧美女

見ての通り、ここでも既に、勇ましいばかりの(笑)"パンパン"のおっぱいで、存在をアピールしていました。
「グラビアアイドル」の中に入っても、その"充実"感は抜けてますねこのコは。

立ち居振る舞いに余り色気が無いので、この番組のフォーマットの中ではそこまで光った存在ではなかったので、僕もいったんスルーしたんですが、あのCMでは色気の"無"さが逆に「振り切った」感じに映えて、一気に持ってかれましたね。(笑)
あれくらいやらないと、笑えないというか多分もっと、"不潔"な感じになるんですよね。

元気!おっぱい!曇りなし!


プロフィール
1997年7月31日生まれの20才。獅子座のA型。
なるほど獅子座ね。それであの大味豪快な感じ。
T148cm B90-W58-H80
身長が低いだけじゃなくて、お尻も小さいんですね。ますます非現実的なおっぱい。(笑)

さっき"不潔"じゃないとは言いましたが、それでも"メジャー"感という意味では、少し厳しい感じはします。色もの臭がするというか。
あの思い切りの良さが、「演技力」として開花したりしないかなあと、そんな希望を抱いたりはしますが。
上でも示したtwitterを見ると、負けん気の塊という印象ですが、含めてなんか"地下"っぽいんですよね。(笑)

まあまだハタチですし、その内にはまた別の味も出て来るかも知れません。
健闘を祈ります。
むしろどっかグループアイドルの一人としていると、面白いような気もします。"元気"担当というか。(笑)
頑張って下さい。


小倉優香さん(’17)
2017年09月06日 (水) | 編集 |




勝負がかりでないハリルの試合とか、ほんと書き甲斐が無いので。
武藤は状態なんですかね、評価なんですかね。
とりあえず早く強いところとやってみたいですね。


見つけたのは、この記事でだったと思います。

8頭身G乳!“リアル峰不二子”小倉優香、「ヤンマガ」でグラビアデビュー (サンスポ)

人気モデルの登竜門「ミスセブンティーン2013」でファイナリストに選出されたモデルで女優、小倉優香(18)が、24日発売の「週刊ヤングマガジン」(講談社)でグラビアデビューする。
キュートな笑顔と推定Gカップ巨乳の8頭身美女で、芸能関係者も「奇跡の十代」「(ルパン三世の)リアル峰不二子」と称賛する逸材。今後はグラビアと女優を両立し、「この体形をさらに磨いて頑張ります!」と誓った。

「リアル峰不二子」も、沢山いますけどね。(笑)
あと「マリリン・モンローと同サイズ」。井上和香とか。(笑)
さすがに「アグネス・ラム」は、もう言われなくなりましたか。
要するに次なる"イコン"が、なかなか生まれないんでしょうね。
にしても今時の性少年に峰不二子と言ってもなあとは思いますが。

小倉は、2013年8月に行われた東京ガールズコレクションでモデルデビュー。当時は中学3年の14歳だったが、清楚な雰囲気と8頭身スタイルが話題となり、芸能関係者らは「奇跡の十代」と称して熱視線を送ってきた。
(中略)
小倉は女優としても活躍中で、今年1月には弁当チェーン店「ほっともっと」のCMで牛丼をおいしそうに食べる少女を好演。22~28日には出演映画「すんドめNew」と「すんドめNew2」(ともに横山一洋監督)が東京・渋谷HUMAXシネマで公開される。

詳しい。Wiki要らず(笑)。ほんとに推されてる感じ?


どちらかというと、「Gカップ巨乳」「8頭身」が打ち消し合っている印象で、インパクトがあるような無いような難しいルックスだと思います。
素材がいいのは間違い無いでしょうが、いずれ撮り方にもう一工夫欲しい感じ。
グラビアよりAV映えしそうとか言ったら、気が早過ぎると怒られるでしょうか。(笑)

むしろ顔の"甘さ"が、一番の特徴かもなあという。いかにも"アイドル"顔。
「小倉優香」とはまた何とも新鮮味の無い芸名だな、多分"優香"のところに売り方の方針が出ているんだろうなとか思ってたら・・・何と本名だという話。(笑)

小倉優香のTwitter裏垢と画像流出で飲酒&男遊び&整形バレて炎上!性格も悪いと暴露されAV女優デビュー寸前!?

まあ2chの書き込みですが。
"中学の同級生に性格をバラされる"のところです。

色々含めて真偽は不明ということに一応しておきますが、性格が悪いというか初心くはない、"プロアイドル"な感じは、グラビアにも最初からよく出ていると思います。

ogurayuuka_s2ogurayuuka_s1


クオリティは低くないんですけど、凄くなんか手馴れているというか、どっかで見た感じのグラビア。(笑)
やっぱり"名は体を表す"もんだなあという。芸名だか本名だか知りませんが。


"ファッションモデル"感も全然無いですよね。
「モグラ」的箔をつける為の、計画的"犯行"(笑)かしらという。

裏垢がフォローしているアカウント一覧。(一部)
明日花キララや恵比寿マスカッツなどAV女優ばかりがフォローされており、セクシー女優界への興味が透けて見えてきます。

(上記PiXLS)
これが本当なら、むしろあっぱれというか、分かり易くていいというか。
逆にいいコなのかもしれん・・・とはあんまり思わないかな?(笑)

"AV映えしそう"と言ったのは、別にそういう意味ではなかったんですけどね。(笑)
あくまで体つきの問題です。(笑)

しかし恵比寿マスカッツ人気あるなあ。
まあ番組の作り方がいいんでしょうね。
はっきり言えば、『乃木どこ』『けやかけ』とかと、同じフォーマットだと思いますけど。(笑)
どちらかに怒られそうですけど。(笑)
まあ楽しいんですよ、ああいうのは。
多人数ユニットならではのものでもあるし。


1998年9月5日生まれ。乙女座のAB型。
T167 B87(G)-W59-H89

Wikiに血液型まで載ってるって、珍しい。
ちょうど昨日で19才ですね。まだ若い。

"T167"もそんな感じではありますが、"B87"がなるほどなあという感じ。
細いからカップが大きいだけなんですね。
それで「巨乳」感が今一つ掴みどころが無い。


個人的におっ?と思ったのは、ワンピースないしスクール水着系が変にエロいということです。
上のヤンマガの表紙にしろ、既に使ったこれにしろ。

ogurayuuka2_1

ビキニ至上主義者の僕には余り無い趣味なので、現在原因究明中です。(笑)
どういう体形の綾でしょう。
スクール水着系は、"ロリ"ではなくむしろ"モデル"体形のコに着せるといいとか?
それともやはり、"乳"のこぼれ方の絶妙さ?


最近は"流出"情報の精度も高いので、上の「裏垢」問題の影響が気になるところではあります。
まださすがにAVは早いようには思いますけどね。
別に"不祥事"という程のことではないですし。

もう少し名前を売っておかないと、お金にもならなそうで気の毒。
というか「グラドル」としてもう一段ブラッシュアップした姿を、僕は見てみたいので。
繰り返しますが、素材がいいのは間違い無いわけで。


頑張って下さい。


武田あやなさん(’17)
2017年08月10日 (木) | 編集 |





昨今アイドル界"武田"と言えば、何と言っても「武田玲奈」さんですが。



こちらの武田あやなさんも、同系と言えば同系の、"極スレンダー"系
暑い時期にはいいかと思ったんですが、先週の手応えはあんまり無かったかな?(笑)

体感的に言うと、暑くても自分がある程度涼しい所にいる時には、スレンダー美女の爽やかさを鑑賞するのは、楽しいんですよね。
ただじゃあ実際に炎天下を歩いている時にどういう状態になるかというと・・・
下がりがちな目線の先に、豊かな胸が揺れていると、それだけで生物的に何か、"エネルギー"が補給された感じになります。(笑)
これは多分、"好み"の問題ではないんですよね。(笑)

そうねえ、むしろ寒くて皮膚がピリピリするような季節に、キレッキレのスレンダー美女の水着グラビアとか、見てみたいかも。
どうもそうらしいです。(笑)


改めて武田あやなさん。ファッション誌『JELLY』の専属モデルで、例の"モグラ女子"の一派のよう。
既に紹介した泉里香さんのような親しみ、一般性(最近大人気ですね!)は無いですが、その分その時僕が指摘した「モデル感」、「モデルが脱いだという特別感」という意味では、泉さんより優等生かも。

takedaayana_s1takedaayana_s2


ご自身のtwitterからの画像のようですが、"分かってるなあ"という感じです。
あんまり男子人気が爆発しそうな感じではないですが。(笑)

それにしても、大胆にえぐれてますね。(笑)
"スレンダー"というよりは、やはりこれはそのまんま貧にゅ・・・(以下自粛)
勿論、いい意味でですよ!

実際好きですけどね僕は、そういうのも。
"女"でさえあれば、つまり"幼児"でも"女装男子"でもなければ、小さければ小さいほどドキドキするようなところはあります。
「背徳」感ではなくて、「極端」さそのものに反応する感じ。自然美というか、奇観というか。
あんまり褒められた気はしないかも知れませんが。(笑)

まあドキドキしたもん勝ちです、こんなのは。


1995年4月7日生まれの現在22才。牡羊座のB型。

takedaayana_s3

・・・髪型によっては、随分幼い感じにもなりますね、上に比べて。
それにしても細い。
上から 73 - 58 - 85 とか。(Wiki)
73とは、なかなか芸能界では見かけない数字(笑)。グループアイドルの中の、"最年少"系?(笑)
身長も160cmと、全然大きくはないですね。逆によくモデルになれたなというところもありますが。
それが今や、男性用グラビアまで。

フィリピンとのハーフだそうですが、うーんよく分からん。
目元が若干強め?先入観かも知れませんが。


takedaayana_s4

これは『GANTZ』スーツだそうですが、出てはいません。(記事)
何か色々と、"バック"が強い感じは、しないでもないですかね。
売ろうとは、してもらってるんだろうなという。"スペック"に比しても。

僕は結構好きですけどね。
でもこの細さなら、やっぱり身長はもっとあった方が、インパクトには困らないだろうなとは。


性格等については、例によって『ダウンタウンDX』待ちです。(笑)
『なう』の方にまで出世出来るか、それが問題というか。
『水曜日』の方は割りと簡単に出られるようですが、置物で終わるのもまた通例な番組。


寺田御子さん(’17)
2017年07月21日 (金) | 編集 |





あんまり人気も無いようですし、ちゃっちゃと。(笑)

寺田御子さん。

1992年6月11日生まれ。双子座のB型。
T160 B88-W52-H84
(Wiki)より

・・・いきなりプロフィールから入るとは異例。
いや、"W52"に反応してしまったので。(笑)

ロマンだわあ。
ウェスト表記が"55"以下だと、それだけで自分の瞳孔が開くのが分かります。(笑)
相手が小学生でも関係無いです。数字が物を言うのです。数秘術です。(?)

増して88からの52なんて、それだけでお金払いそうになりますが、でもそんなに細くは見えないんですよね。
どっちかというと「固太り」な感じ。骨格の問題でしょうか。
全体として、変な色気があるのは確かなんですけどね。少なからず不健康な。


他にもWikiには

極度の潔癖症(握手会も手袋つき)
・小学1年から高校3年まで引きこもり
・裁判傍聴が趣味
・茶道、着付け、日本舞踊をこなすお嬢様(推定)

と、目立つ情報が並んでいますが、何でしょうね・・・この人について調べていると、なんか疲れて来るんですよね。(笑)
それらが嘘だ、作りだ、性格が悪いと、そんな"情報"が次々出て来る

 寺田御子の潔癖は嘘!サバイバルでバレた!実家が金持ち!
 寺田御子 潔癖症は嘘で大学時代ホームレス!?改名女,キャラチェン女の異名も。
 中居正広の目の前で高岡早紀を怒らせた“潔癖症アイドル”の無礼な振る舞い

というのもありますが、それ自体はまあ、僕の関知しないことではあるわけで。

ただそれはそれとして、なんかこう、生体エネルギーが漏れて行くような感覚(笑)があるんですよね、この人に"触れて"いると。
よっぽど悪い気を発しているか、相性が悪いのか。
じゃあ使うなよという話ではあるんですけど、でも一方で変に惹かれる感じもある。
・・・W52だし。(笑)

なんか危険ですね。テレビの中の人で良かった。(笑)


グラビアは一応引退したらしいですが、女優活動は意外と順調なよう。
今年だけでも『突然ですが、明日結婚します』『ウチの夫は仕事ができない』『僕たちがやりました』といった、日本のドラマを見ない僕でも意識の端に引っかかって来るような、目立つ作品に出演しています。
多分好感度は低くても、"目立つ存在感"で重宝されているんですかね。
もしくは僕のように、"変に惹かれ"ちゃってる偉い人でもついているのか。(笑)

まあ喋らなければ多分、"品のある美人"の部類でしょうしね。
怖いですが、一応活躍を祈っておきます。(笑)


泉里香さん(’17)
2017年06月28日 (水) | 編集 |




もう4週目ですね。だいぶ遅れました、泉里香さんの紹介です。

最近増えて来た、"脱げるファッションモデル"の一人という感じの認識でいいのかな?
・・・なるほど、"モグラ"女子か(笑)。上手いことを言う。

「モデル」+「グラビア」=モグラ。女性誌などのファッションモデルとしても、男性誌のグラビアとしても活躍している女性のことを指します。

(男性も女性も虜に なぜ今「モグラ女子」がウケるのか?/Forbes Japan)

実は僕自身は、そんなに好きでもなかったりするんですけどね。
何でかというと、脱いでくれるのはありがたいんですけど、あんまりルーティンでやられると「モデルが脱いだ!」「女優が脱いだ!」という瞬発力が失われるからで。緊張感というか。
"両方"やってもいいんですけど、その場合も「モデルの水着」という特殊性というかはったりには、ちゃんと気を遣って欲しい。僕らの夢を壊さないで欲しい(笑)。易々と"グラビア"文体に屈しないで欲しい。

泉さんの場合だと、ここらへん

izumirika_b1izumirika_b2

とかは、いかにも"モデル"の"脱ぎ"ですね。"見せ"というか。
このままでは男性誌は無理でしょうが、そこから割りと"間"(あいだ)が無い感じで、こういう分かり易い感じ

izumirika_b3izumirika_b4

に飛んじゃうんですよね。ちょっと気安いなあという。(笑)

まあ根本的なことを言うと、そこまでもったいぶるほど地位のある"モデル"さんではないというか、売れる為に出来ることを全部やってるだけというのが、泉さんに限らず最近の"モグラ"女子の専らなんでしょうけど。
かつてエビちゃんがCMで水着になった時とかは、かなりドキドキしましたけどね。(笑)

蛯原友里cm

エビちゃんも別に"国際的"とか"超一流"とかいう程の格の人ではないですけど、それでも一応「地位」を築いてから"降りて"来たので、それ相応の緊張感はあった。
今はほとんど最初っからですからね。伊東紗冶子さんとかもそうですし。


そういう意味では"ただのグラドル"みたいなところはあるんですけど、ただ一方の"専業"のグラドルが、冬の時代でおよそチープな感じの人ばかりが目に付く現状なので、そこの"空白"を埋めている、"隙間"を上手く突いた、そういう面はあるかと思います。

昔は逆に"モデル"並のクラス感を漂わせるグラドルとかが、コンスタントにいたんですけどね。"専業"かどうかはともかくとして、コンスタントに脱いでくれる。
原史奈さんとか最高でしたね。"女優"でもありますけど。

原史奈1原史奈b2

熊田曜子だって今はああいう扱い(笑)ですけど、喋る前は相当なクラス感だった。少なくとも今の専業グラドルでは到底見当たらないレベルの。"モデル"感は別に無かったですけど。(笑)

とにかく"モデル"バックボーンを売りにするなら、それなりのものを見せてくれないと結局"コウモリ"で終わるのではないかと、そういう危惧はありますね。"モグラ女子"というあり方には。
・・・ただ昔と今と状況が違うかも知れないのは、"グラビア"も含めて「女の子が女の子を愛でる」、なんなら「カラダを愛でる」という習慣が、ここ数世代でかなり定着しているように見えること。
だから"兼業"そのものにはそんなに難しい部分は無い、だからうるさいこと言わないでもいいという、考えはあると思います。
ただそうはいっても、"ファッションモデル"を見る女の子の目は、それはそれなりに厳しいものがあるだろうとは思いますが。"一応"は"一応"でしかないというか、"モデル"としての格を付けたければ、やはり男性誌に出る時でも、それなりの納得感は必要ではないかと。例えばいずれバラエティ進出を目指すにしても。(笑)

"格""格"うるさいようですが、こういうのは結局、"シンボル"を消費するものなのでね。
男の側からしても、出来れば格のある/格を感じさせる人に脱いでいただいた方が、ありがたいですし興奮もします。(笑)
はったりは大事です。(笑)


泉里香さんデータ。(Wiki)

旧芸名 浜千咲、梨華、泉里果
1988年10月11日生まれ。天秤座のA型。
身長166cm。(以下非公表)

芸名が沢山あることから分かるように、結構苦労人というか紆余曲折のある人。歌まで出してる。
身長もそこまでではないですし、"モデル"として決してエリートでもストレートでもなくて、そういう意味ではほんと、何でもいいんでしょうね。
むしろよくスターダスト(現在の事務所)まで、たどり着いたなと。頑張ったというか運が向いたというか。

グラビアの表情を見ると、いい人というか、多分結構普通の人なんではないかなと。(笑)
"モデル"然とした顔の方が、作ってるというか。
ダウンタウンDXにはまだ出てないんですね、珍しい。そこがまあ、一つの"関門"ですね、僕的に(笑)。僕に何か印象を残せるかどうか。


男子人気は既に僕が思った以上にあるようですね。
やっぱりみんな、"優しい"顔が好きなんだなあと、何十回目かの再認識。(笑)
まあとにかくそういう感じで、"グラドルとして成長"して欲しいと、思います。"こなす"だけにとどまらずに。スリムでグラマーで、素材的には当然素晴らしいものがあるわけですから。

頑張って下さい。(笑)


テーマ:女性タレント
ジャンル:アイドル・芸能
岡田紗佳さん(’17)
2017年05月05日 (金) | 編集 |





岡田紗佳(さやか)さん。

全然知らなかったんですけど、KIndleとはいえ今時写真集



もちゃんと出てるということは、そこそこ既に売れている人なんでしょうね。

『水曜日のダウンタウン』のゲストで

okadasayaka_suiyoubi

出ていて発見。
まあその時点で、ある程度の"ステータス"(?)は分かるわけですけど。

番組での印象は上の1シーンでもよく表れているように、「若干もっさりしていて性格も余り良くなさそうだけど、変な色気のあるコ」というものでした。
実際に画像を集めてみると意外だったのは、そのスタイルの良さ
もっさりは全然してませんね。着やせならぬ、"着太り"するタイプなんでしょうか。(笑)

okadasayaka_s1

『non-no』専属モデル(Wiki)という経歴は、だからなるほどではあります。
身長も170cm、あんまりそこまでには、見えないんですけど。

一方で顔の微妙感というか、あんまりすっきり爽やかではない感(笑)

okadasayaka_s2

というのもまた否定し難いところはあって、それが"色気"にも繋がっているんでしょうけどそこらへんが合成された今のところのベスト(orナイス)なバランスかなと思うのが、例えばこんな感じ。

okadasayaka_s3

"エロかっこいい"的な?(笑)
言葉としては。

あとこういう表情を見ていると、多分頭も悪くなさそうだな、それが逆に"性格悪そう"な印象になってるのかなとか思ってたら、「高校入試の全国模試で6位」とか。(Wiki)
なんだそれ?失礼しました。(笑)
挙句青学なのはよく分からないですけど。もうちょっといいとこ行けるだろ。どんな「全国」だったんだろう。高校入学時点ということは、家が金持ちでいい塾行ってたとかかな。(余計なお世話)


1994年2月19日生まれ、魚座のO型
T170 B85 - W58 - H83

日中のハーフ(父・日本、母・中国)だそうで、言われてみるとなるほどというか、日本人の「アイドル」感と、中国人の「モデル」感の、ちょうど中間な感じ。
そして・・・プロ雀士です(笑)。なんじゃそれ。(笑)

「non-no」専属モデル・岡田紗佳が麻雀プロに! モデルとの両立で麻雀の未来を変える!? (ギャンブルジャーナル)

4月2日に自身のブログで「この度岡田紗佳は麻雀の女流プロになりました! 日本プロ麻雀連盟に所属することになります」と報告。続けて「女流プロとしても、モデルとしても、タレントとしてもどんどん活動していくので、これからもよろしくお願いします!」と呼びかけた。

日本プロ麻雀連盟のサイトでも紹介はされていますが、意外と扱いはそんなでもない。(笑)
 Mr.Xの連盟Weekly![2017/4/4](の下部)

むしろJリーグの久保建英フィーバーの方がよっぽど節操無い・・・とかまあ、そんなことはどうでもいいんですが。(笑)

麻雀か。「中国」キャラに忠実で、好感が持てますね!?(笑)
ただ"女流雀士"って、残念ながら打ってる姿に、さほどの華もフェロモンも無いんですよね。
"パチプロ"の方なら分かり易いゲスな色気はあるし、"女流棋士"とかならこれはこれで、逆に抑えた色気があったりしますけど。
麻雀はどうも中途半端
せっかく"脱衣"しても、雀卓が巨大で邪魔だし。(笑)

まあバラエティで喋るネタにはなるでしょうし、既にこの時点で強烈な印象が残ってはいる(笑)わけですから、やるなら徹底的にやって、色々とトリビアでも聞かせてもらいたいもの。

ともかく色々とスペックは高そうなので、今後も期待しています。
何となく"演技"で色気が出て来そうな感じはするんですよね。
妙な「リアリティ」のある顔というか。
頑張って下さい。


P.S.

僕があまり興味の無いジャンルなのでうっかりすっ飛ばしてましたが、こんなキャラ付けも。

アニメ・漫画・ゲームが趣味であり、その中でもラブライブ!のかなりのファンである。公式のTwitterのアカウントが二つあり、一つはアニメなどの趣味専用のツイートをしている。
モンスターハンターファンのための公式ファンサイト、『モンハン部』の女子マネージャーとして活動している。

その趣味垢(笑) https://twitter.com/okapylovelive
なんかかなり、"本物"臭いですね。グラビアの表情が割りと"作ってる"感が強い(そこに"爽やかさを感じない"わけですが(笑))のも、どっちかというとオタ方向の"作り"なのかなとか。