ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ、他
女子バレーアジア選手権総括
2017年08月23日 (水) | 編集 |
ひっそり、やってました。
ラスト3戦(準々決勝、準決勝、決勝)は、DAZNでも。それ以前は某中華系動画配信サイトのお世話に。


メンバー

WS 古賀紗理那、新鍋理沙、野本梨佳、鍋谷友理枝、石井里沙、内瀬戸真実
MB 岩坂名奈、荒木絵里香、島村春世、奥村麻依
S 冨永こよみ、佐藤美弥  L 井上琴絵、小幡真子

WGPメンバーからは、WS石井優希、堀川真理、高橋沙織、MB松本亜弥華、セッター宮下遥がout。
その内石井優、堀川、松本は帯同してスタンド観戦だったので戦術的理由で、そこにもいない宮下はコンディション的理由で外されたと考えられます。高橋沙織はWGPから一貫して、名前だけ登録。所属チームの試合には、その間(かん)にも出ています。
新たに加わったのは、北京・ロンドン・リオの過去3つの五輪にも出場している、ベテランMBの荒木絵里香。
"本番"東京五輪までまだ遠いこの時期に、33歳でかつ力も分かっているベテラン選手をわざわざ入れたこと、また代わりに外れたのが、WGPでどちらかというと"キャプテン"岩坂より良いプレーをしていたという意見の多かった松本だったことに、疑問や批判も少なくない人事でしたが・・・

・・・全くの余談ですけど、それにしても不思議なくらい、WS(ウィングスパイカー)に名前に"り"のつく選手が多いですね(笑)。さりな、りさ×2、りか、ゆりえ。
そこからすると期待の若手軍団の中でこれから入って来るのは、井上愛"里"沙になるんでしょうかね。(笑)
堀川真"理"もまだまだチャンスはあるぞ!(あ、たかはしさお"り"も一応。)
ひょっとするとでも"り"は、名前の最後についてはいけないのかもしれない。前ないし途中じゃないと。それだと堀川・高橋、それから宮部藍"梨"は不利だな。(真面目に考えてる)


戦績(優勝)

一次リーグ&順位決定予備戦

8/9 〇3-0 オーストラリア
8/10 〇3-0 中国
8/13 〇3-0 チャイニーズタイペイ
8/14 〇3-1 タイ


順位決定戦

8/15 〇3-0 ベトナム
8/16 〇3-0 中国
8/17 〇3-2 タイ

大会形式はごちゃごちゃややこしいので、気にしないで下さい。とにかく全部勝って優勝しました。(笑)
男らしい(笑)。言ってみたいもんですね、全部勝ちゃあいいんだろう?って。
まあ"勝"って当然のレベルの大会でもありました、結果として。
ちなみにアジアで完結している大会で、特に何の予選とかではありません。
日本そしてそれと唯一接戦を演じたタイ以外は、若手か二軍、B代表的なメンバーで臨んで来たようです。
特に二回当たった中国は酷くて、同時期に何やら国内で権威ある大会が盛大に行われていたということで、完全に残り滓のメンバーで、勝てるとも勝とうとも思っている様子は見られませんでした。


感想

(中田監督)
・最大の謎は、中田久美監督の"モチベーション"かなと。
・就任当初から今年の目標を「アジアナンバーワン」と掲げていた中田監督ですが、果たしてこういう内容の大会になることを、予想していたのかいなかったのか。
・各国の日程は当然事前に知っていたでしょうし、毎回まちまちですが概ね必ずしも"アジア最強"を決める大会にはなっていないようですし。(前回は日本は"全日本"と認定されていないチームで参加、前々回はフルメンバーで臨んでますが、いずれの大会でも"最強"のはずの中国は三位以内にも入っていません)
・予想していなかったとすれば間が抜けていますし、予想していたとすれば少し姑息。
・日本が抜けて"ガチ"で取りに行ったのは明らかなだけに、虚名狙いと言われても仕方が無いかと。
・あんまりそういうタイプには見えませんけどね。優勝の瞬間は、普通に泣いてましたし。
・この大会で泣くのかよと、正直引きましたが。
・2chで誰かが「"アジアナンバーワン"とは言ったけど"アジア選手権優勝"という意味ではなかったのが独り歩きした」という説を唱えていて、それなら割りと納得というか、中田監督のプロファイリングにはハマるかなと。(笑)
・ではとりあえず、地上波で華々しくやる来たる9月のグラチャン(日・中・ロ・ブ・ア・韓)でともかくも中韓は上回って、それでどこからも文句の出ない少なくとも2017年のアジアNo.1に、なっておきましょうか。(笑)
・しかし泣くかねえ。大丈夫かねこの人。ただの涙もろいオ〇(以下自粛)
・..."答え"というほどはっきりはしませんが、もろもろ語ったインタビューはこちら

(ベトナム代表)
・実は大会で一番印象深かったのは、ベトナム代表チームでした。
・とにかく高いんですよ。ベトナムなのに(?)。かつ若い。
・メンバー表が見つからないのでDAZN
ベトナムメンバー

を基にした手書きですが、日本戦の登録メンバーで言えば
  Trần Thị Thanh Thuý 190cm (20)
  Bùi Thị Ngà 186cm (22)
  Đoàn Thị Xuân 184cm (20)
  Lê Thanh Thúy 180cm (22)
と、20台前半の高身長選手がずらりと並んでいます。(参考・ベトナム語Wiki)
対して日本はというと、そもそも若さで勝てないので(笑)若い順に挙げると、こんな感じ。(リベロの小幡は除く)
  古賀 180cm (21)
  鍋谷 176cm (23)
  島村 182cm (25)
  内瀬戸 171cm (25)
  野本 180cm (25)
明らかに身長で負けていますね。ベトナムに。
・まあ見回してもベトナムの"成長"は際立ってはいましたが、それにしてもベトナムに可能なことがなぜ日本に出来ないんだろう、逆にベトナムはどうしているんだろうという思いにはかられました。
・サッカーでも、いずれ"来る"かもよ?!ベトナム軍の空爆が!
・日本の場合は特に、国内比で見ても木村沙織(185cm)世代を最後にむしろ有力選手の低身長化が進んでいるので、困ったもんだなというところではあります。
・とりあえず僕が政権を取ったら、女子バスケ禁止令は出す予定ではありますが。(笑)
無けなしの高身長人材を取り合ってどうする!
・男子は別に要らないので、バスケにあげます。フェア・トレードOK?
・それはともかく。
[続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:バレーボール
ジャンル:スポーツ