ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ、他
超・劣化ザックジャパン/西野ジャパンスイス戦
2018年06月09日 (土) | 編集 |
まあ、そうなるか。

国際親善試合 日本代表 ●0-2〇 スイス代表 (スタディオ・コルナレド)

忖度しているようでしていない。(出来ていない)


・いやあ、つまんないですね(笑)。楽しみが無い。
・これを遠慮なく言えるのが、西野ジャパンのいいところ。(笑)
・見どころは"大島"、かなあ?

・西野ジャパンは忖度ジャパンなのか。
・メキシコでそれなりに元気な本田はともかく、近況に分かり易くコンデイション面で不安のあった香川や岡崎を、久保や森岡・中島といった"ホープ"を押しのけていかにも"呼ぶ"前提で呼んでいる、コンディションが回復するという仮定で揃って呼んでいることには、やはり少なくとも何割かの"配慮"は理由としてあると考えられるでしょう。
・またこの2試合で本田がはっきりと中心選手最重要に近い"キー"選手として位置づけられているのも、それは確かだと思います。
"既定路線"としてね。
・3-4-2-1にしろ4-2-3-1にしろ、まず考えられているのは本田をどう置くかどう活かすかということ。
・ただそれ以外、「ビッグ3」を呼んで「本田を主力」にするということ以外は、自由にやっている・・・というのは少しおかしいか、それこそが正に"条件"なんでしょうから暗黙の。(笑)
・言い直すと要するに「西野」監督がやっている、西野監督の好み及びサッカー観の"限界"内でやっている、ある意味とても当たり前のチームだと思います。
・特に何か神経質になっている感じでもないというか。
・今まで西野さんが作って来たチームと特に変わりないというか、振り幅の中にあるというか。
・まあ協会は良くも悪くも、そんな具体的なことは言わないでしょうからね。ハリルに対しても、そうだったでしょうし。
・むしろ"会長"に"解説"を振るNHKの雑さの方を責めたいというか。(笑)
・ありゃ会長の仕事じゃないって。(笑)

・典型的には宇佐美を重用しているのは、あれはやっぱり西野さんの個人的なこだわりでしょうね。
今野も呼べれば呼びたかったみたいですし。
・だから中島は"忖度"に負けたというよりも、"宇佐美"に負けたと言った方がいいんじゃないですかね。
・久保と森岡は、多少本田と香川への忖度が不利に作用した可能性はある。
・いっそ家長も呼んでやってくれ、西野さん。(笑)
・遠藤を呼べればそれがベストなんでしょうけどね。(笑)

・と、擁護しているような沈静化を試みているようなそうもとれるだろう、ここまでの書き方ですが。
・だからこそつまんないみたいなところもあるんですよね。(笑)
・つまんないもそうですけど、上手く行かない、その一つの理由ではないかという。
・3人呼んで本田は使ってるんですけど、別に活かされているわけではない。
・むしろ"孤立"しているというか。
・どうせなら忖度ついでにビッグ3の内の少なくも二人は、セットで使わないと意味が無いんじゃないかという気がします。
・それが強いて言えば、"ヴィジョン"になった可能性はある。
・勿論香川と岡崎のコンディションの問題はあるんでしょうが、それにしても香川は、明らかに本田のバックアップというかオルタナティブという位置づけですよね。
・むしろハリルの時の方が、まだ"セット"でプレーさせる視点があった気がするというか。(笑)
・本田と香川を択一的に使うというのはある意味とても真っ当ではあるんですが、真っ当なだけでもしょうがないというか。
・どのみち一番真っ当なのは、"使わない"ということだと思いますし(笑)。(主力では)
・現状だと監督力やチーム練度の乏しい中で、宇佐美の毎度の気の利かなさと原口の攻撃性能の低さ及び異質さで、本田は至って孤独な感じ。
・別な言い方をするとより「トップ下」としての能力をダイレクトに問われているわけで、それはある意味"本望"ではあるんでしょうけど。(笑)
・いかんせん肝心のそれが。劣化もブランクもあるでしょうし。
・せめて柴崎なら変わるのか。スペインとの違いを見る意味でも、見てみたい気はしますが。
・ただまあ、大迫ですら恐ろしく不格好なプレーに終始しているのを見ると、やはり"チーム"の問題が大きいんだろうなという感じ。
・本田に問答無用の能力が(まだ)あってそれに香川や岡崎の"同志"が絡んで、それでようやく"ザックジャパン"ですからね。
・そこにすら到達する道は遥かに遠いというか、このままでは普通に無理だろうというか。
・別にザックジャパンじゃなくてもいいんですけど、ハリルから指揮権を取り上げて日本人監督に任せたなら、何らか高望みは出来ないなりに"これだけは出来る"というミニマムな機能性がないと話にならないわけでね。
・悠長に化学反応を待っている場合では。
・多分"出来る"と思ってたんでしょうね、今回の件を仕掛けた側は。
・最低限ザックジャパンには戻れると。少なくと似たようなものには。
・それが"1%でも勝率を上げる"という、「計算」のもとというか。
・「誤算だ」というには、まだ西野監督がそういう起用法をしていないので、何とも言えないと言えば言えないんですけど。
・そういう西野監督が、"誤算"?(笑)
"コミュニケーション"の問題が?(笑)
・まあ本番までに、また変わるかも知れませんが。香川や岡崎がフルに近く使えるようになった時には。
・なればの話ですけど。
・ふう。

・ハリルも随分大迫と吉田麻には"頼って"いたようには見えたわけですが、それでもこのチームでの二人の不安定なプレーを見ると、やっぱりハリルなりに"助け"ても"活かし"てもいたんだなと。
・いや、そう思っていなかったわけでは別に無いんですけど、改めてね(笑)。実感として。
・厳しいすねえ、どこも安定していないし誰も活きていない。
・その中では大島は持ち味を出した方か。
・それでどうなるという感じでもないですけど、今までのひ弱な印象からすればね。
・長谷部も含めた"ボランチ列"として安定出来れば、もっといいところは出るかもしれない。
・まあ"身の丈ジャパン"がどうというよりも、単純に監督の能力が足りていない感は強いですね、分かっていたことですが。
・ザックでも岡田さんでも、今からでも代わってもらえば、もう少しましなチームは作るでしょう。
・アギーレ・・・はよく分からない。オシム・・・には頼めない。
・手倉森?森保?うーん、どうかな。
・関づ・・・もうやめましょう。(笑)

・宇佐美、宇佐美なのか、西野さん。
・ひょっとして"香川"(左サイドの時の)のイメージで置いているのかなと思わなくはないんですが、それにしては故障を押してまで、みたいなタイプをバックアップに選んでいるので、やっぱりサイドアタッカーのイメージなのかなと。
・原口は多分、どっちが優先かはともかく、「岡崎」枠なんでしょうねやっぱり。汗かき系アタッカー。
・ちょっと能力タイプが似てるようで違い過ぎる気はするんですが。
・クイックネスとアジリティの岡崎と、ロングスプリントの原口と。
・そうそう、前回「3-4-2-1」前提でメンバー編成を考えてみましたが、改めて並べてみるとやっぱりこれは4-2-3-1が本命だと思いますね、その方がしっくり来る。

GK
川島、東口、中村
DF
酒井宏、遠藤航
吉田麻、昌子
槙野、植田
長友、酒井高
MF
長谷部、山口
大島、柴崎
原口、岡崎
本田、香川
宇佐美、乾
FW
大迫、武藤

ね、すっきりするでしょ?
まあ遠藤航と酒井高の右左は逆かも知れませんが、遠藤の左って見たことが無いので。"今野"だとそこもすっきりするのかも。
こうして見ると、香川はやっぱり"本田のバックアップ"ですよね。このままだと本当に誰も得しないパターン?(笑)

・「4」と「3」で言うなら、驚くなかれ「3」の方がまたマシに見えました。
・ガーナ戦のあの出来でも。
・この日の壊滅的な連携を見ると、単純に"人と人との距離が近い"というメリットは無視出来ない気がしますし、やはり多少なりとも"新しい"ことをやっているゆえの思考が動いている感じというか何かが起きそうな感じ、それはまだあった気がします。
・あったからどうなんだと言われると言葉に窮する部分はありますが(笑)、少なくとも少しは楽しかった。
・"お馴染みの"プレーがでもさっぱり上手く行かない苦痛と虚しさは、何とも言えないものがあります。
「スムーズ」以外に取り柄が無いはずのやり方なので、選手たちも"減点"法でしか考えられないでしょう。苦しそうですよね。
・しかしこれら全部ひっくるめて「想定通り」と言えなくもない、我らが西野ジャパン。
・皆さん覚悟はよろしいか。(笑)
・せめて最後にもう一回、"本田・香川"が敵陣を切り裂くところでも見たいですね。その時試合自体は0-4とかかも知れないですけど。(笑)


スポンサーサイト
テーマ:サッカー日本代表
ジャンル:スポーツ