ヴェルディ、代表、二次元、女子バレー 他
今号のイブニング(’19.7.9) & 今週のモーニング(’19.7.11)
2019年07月11日 (木) | 編集 |
evening_2019_15



7月期のアニメも始まってますが、今のところ一本も引っかかるもの無し。
『ヴィンランド・サガ』は一応見る予定ですが、ただ毎週やるわけではないみたいだし。
まあその内には、さすがに。一本くらいは。(笑)


『ふたりソロキャンプ』

"二週間"で禁断症状が(笑)。それは大変だ。
僕だと何かなあ。学生時代の麻雀とかですかね。
"行為"自体より"空間"が問題なんだと思いますね、そういうのは。状況というか。
海外(今なら中国)ドラマも大好きですけど、別に禁断症状にはならない。

『ストーカー浄化団』

演技だったのかよ、坊や。(笑)
じゃああの"連れ戻し"屋もか。
まあ全体として、"設定"された施設だとは、感じてましたけどね。

『妻に恋する99の方法』

塾まで行かせてるのか、大変だな。
・・・と、つい"売れない漫画家"真に受けてしまってますが。(笑)
実際のところどうなんですかね。と゜れくらいの安定収入があるものなのか。あんまり"妻子"との生活までちゃんと描いている漫画家を、"大御所"系以外で見たことが無いので。
一応成算があるから、二人作って塾にも行かせてるんでしょうし。



mor190711



『GIANT KILLING』

基本的にはでも、アジア加盟以来のどの時期を見ても、オーストラリアには快勝しないといけないはずだと思っていますし、ちゃんとしたチームなら出来るはず出来たはずだと、思っています。
別にハリルホジッチの"嵌め殺し"が無くてもね。
その程度のサッカーしか、歴代オーストラリアはやっていない。韓国に比べてもね。

『グラゼニ ~パ・リーグ編~』

ネット音痴だのなんだの散々言って来ましたが、今週の話を見る限り、その世界を「理解」しようと純粋に努力している最中という、感じですね。

『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』

冷静に考えれば確かに消防の方が良さそうですが、多分"とりあえず"警察に電話してしまう人の方が多そうですね。"消防"の場合は、「火事」と既に怪我人病人が出た後の、「救急」のイメージ。
・・・あ、でも"レスキュー隊"というのがありますね、あれはどこなんだろう。それもまあ、"水難"に呼ぶイメージではないですが。

『個人差あり〼』

そもそもガールズバーとキャバクラと、何が違うんでしょう。
いや、業態が違うのは分かりますが、キャバクラにアレルギーのある人をガールズバーに連れて行く意味というか意義はということですけど。

『アイターン』

まあ何というか、この作品の"歯止め"のラインは分かりましたね。この先も基本的には、人死には出なそう、少なくとも主人公の直接関与では。

『カバチ!!! –カバチタレ!3–』

栄田の"手"は分からないですけど、とりあえず結構際どい商売をしている人でも、何だかんだ"刑事告訴"は別格で怖いみたいですね。
民事ならば"負けなければいい""負けても差し押さえ回避すればいい"とうそぶいているような人でも、刑事が絡むと俄かに焦るので。


スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック