ヴェルディ、代表、二次元、女子バレー 他
今号のイブニング(’08.9.9)
2008年09月09日 (火) | 編集 |
eve080909

オフィシャル

いやあ。パスタの値上がりがいよいよ半端じゃなくなって、主食変更の危機ですわ。
うどん、そば、ラーメンと、他の麺類の安売りものを買い漁って凌いでますが、やっぱりパスタが一番ニュートラルな味だし、融通利くんだよなあ。
一人暮らしで米は不便だしなあ。いちいち炊くのめんどくさい。

別に買えないわけではないんですけど(笑)、余りの値上がりに価格感覚的に抵抗がね。
頑張って下さい、買い付け&イトーヨーカドーの仕入れの人。(笑)


『山おんな壁おんな』

壁女とその母親の関係は、壁女と山女のそれと重ね合わせた、(壁女にとっての)”バイタリティそのもののシンボル”ということなんでしょうが、ひたすら不快です。
作者≒壁女も基本的にはそうで、ただそういう自分とは対照的なものに対する抵抗感を、「克服」することでこの作品が生まれたんでしょうが、少し人が良過ぎるかも。嫌なもんは嫌でいいんですよ、やっぱり。何でも自分のせいに、”反省”の材料にしなくても。

『ヤング島耕作』

「コインロッカーベイビー」。確かに一時話題になった記憶はあるんですが、特段の時代性が感じられません。
子供だったしね。背景とか知らないし。
まさか子捨てが当たり前になるほど貧しかったわけはないので、要するに「幼稚な親たち」のハシリだったんでしょうが、それが「虐待」ではなくて「捨てる」という形になるのは、逆にまだ罪の意識というか、子供の境遇への真剣味があったということですかね。

『勇午』

経済大国(つうか成金)になる前のロシアには、実際こんな感じの高めの、頭も悪くなくて堂々とした感じの娼婦が沢山いて、金持ちの外国人相手に商売していたらしいですが。ほとんど日本の女子大生のキャバ感覚で。
日本人にとっては少し堂々とし過ぎている感じもしますが(笑)、一方で昔沢山読んだ「風俗嬢の日記」タイプのサイトだと、ホテトル・DCとか、”裏”のニュアンスの強い業種の女の子は、立ち居振る舞いが日本人でも割りとこんな感じの自立感があって、まあ立場かなというところも。

一番強いのはSM嬢らしいですけどね。平均IQ・学歴も高くて、仲介業者抜きで全部自分でやる人も多いとか。
”表”の普通の風俗だと、未だに結構「女工哀史」ですけど(笑)。笑うとこじゃないか。(笑)
・・・・あれ、でも何で今韓国でこういう状況になってるんだっけ。忘れた。

『喰いタン』

ちょっと前までなら出水さんのビキニも萌えたかも知れませんが、苦労し過ぎてなんかすっかり親戚のおばちゃんみたいだからなあ。
それを穴埋めしたのが今回は、「リサ」さんの入浴シーンなわけですが、こんな”ビーナス・ライン”を当たり前のように日々見ていると、現実の女への反応が鈍くなる傾向は、どうしてもあるかも知れません。(笑)
あんまり美意識メインで女なんて見ちゃいけないんですよね。崇拝しちゃ駄目というか。むしろひたすら具体的に、行為を妄想する方が健康というか。
行為内容自体が余りにとっぴょうしもなかったり類型的だったりすると、それはそれでまずいんですけど。夢の女でもまずいし、かと言って穴でもまずい。まあ僕は解脱間近なんで、もうどうでもいいんですけど。(笑)

『もやしもん』

そうか、及川って消毒魔だったっけ、そう言えばそうだ。だから話しづらかったと。一応納得。
でも結城くんの件は、誰が知っててたれが知らないとか、もう全然分かりません。ふーんという感じ。

『レッド』

もやしもんと続けて読むと、要するに”学生の話”だよなという。
でも「運動家」どうしがデキる話は、なんか生々しくて好きです。・・・・ん、好きではないか。エロい、グロいの方。剥き出しのセックスそのものというか。それでも人は交尾する。

『GOLD DASH』

身内の病気?そんなあ、今更ベタな。ちょっと問題あり。

『ドラマ便乗に同情』

これが大賞か。絵は比較的安定してますけどね。

『ZOOKEEPER』

いいな、トガレ。無国籍の二枚目で、なんか全体的に少女マンガくさくはなってますが。(笑)
(香也の)「視線」の意識の仕方も、なんか一回り敏感でセクシー。
その内青木さんにも、『チェーザレ』みたいなの書いて欲しい。

『とろける鉄工所』

ねえちゃーん。


外出ばかりで忙しくて眠い。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック