東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
代表親善試合UAE戦
2008年10月11日 (土) | 編集 |
決て(以下略)

親善試合 日本代表 △1-1△ UAE代表(東北電力ビッグスワン)

大久保のとか、あと二つくらいあったけど、完全に崩して1対1で外すのは、さすがに監督がかわいそうだ。(笑)


いや、ほんとね、見事にFW個人の負担を減らした形のシュートチャンスが作れていて、これこそが本当に「決定力」不足という感じで、単に”いつものあれ”とは言いたくない部分も大きかったですが。

チャンスの質というか、懇切丁寧さという意味ではジーコは勿論オシムの時代よりも本質的に上で、それはサッカーのクオリティというよりは個人への期待や比重の、無意識の低さによるのだと思います。比べるとすればトルシエの時代の水準ですかね、そういう細かさ。ジーコはラストパスの質に、オシムはグループでの崩しの質や効率性に凄くこだわってはいましたが、「ここから先はFW(またはシューター)の仕事」とイメージしている領域が、無意識にやっぱり、広くなっている。トルシエや岡田と比べると。
・・・・逆にそういう細かさを前提としないからこそ、逆算して”大きな”安定感のあるサッカーも、指向出来るわけで。なかなかこの二つを組み合わせるのは難しいんだと思います。途中から脳を取り替えろと言っているようなもので。大きく始まったサッカーは大きくしか終われないし、小さく終わるサッカーは小さくしか始まれない。

人材が揃った時のセレソンとかは、本当にやりますけどね、両方。ぶっとく大きく始まって、信じられないほど細かく終わる。ドゥンガとロマーリオ、みたいな話ですけど。

とにかくここまで面倒見てやってこれかよと、憤懣やる方ないかも知れないですけど(笑)、でも基本的には一段レベルの上がった狙いは実現出来ていて、試合後のインタビューの岡田監督には、満足感の方が強く窺えました。
やってることは基本的にこれまでと同じですけどね、更に自覚的に、更に細かくなっている。「ペナ角からの平行クロス」がどうたらとか、実況のレポにもありましたが。

あのう、そうですね、FW/シューターの負担を減らすということを言いましたが、それだけではなく、チャンスメイクに関与する選手の負担も、減らそうとしていると思います。ある程度形を決めて”オートマティックにやる”、ということと、一発のクオリティよりも繰り返しパス交換して”いつか(穴を)開ける”という、悠長さと。・・・・見た目せせこましいけど精神としては悠長(笑)。効率とクオリティで高望みはしない。
少し’99ナイジェリアWYのチームの崩し方とかも連想しましたが、あのチームはあれで結構一つ一つのクオリティも高かった・効率性もあったんですが(ただしオートマティズムは未確立)、このチームはもっと無駄を恐れない感じ。それがいいのか悪いのか、これからクオリティも上がるのか、よく分かりませんが。

うーん、遠藤はともかく、松井はいない方がいいかもしれないですね。俊輔と二人揃うと、どうしても個人の比重が高くなる。頼ったところでしょせん松井でしかないし。(笑)


その遠藤の代わりに入った稲本ですが、昔からどうとでも性格付けられる選手で(笑)どの監督でも起用イメージがとても分かりづらいんですが、基本的にはやはり、「遠藤の代わり」なんだと思います。それはつまり、”アンカー”ではないということ。
例え遠藤に比べて個人守備力が明らかに高くて、遠藤に比べて配球・ゲームコントロール力にかなり見劣りはしても。アンカーは置かない。これはやはり、岡田流パスサッカーで外せない。レジスタ系ファースト・ボランチとちびっ子系(?)トップスに挟まれた、似たようなちょこ上手い選手がギュッとひと塊りになった集団がウネウネクルクル動く、これが岡田サッカーの基本イメージ。

何だかやっぱり、結局(ある時期までの)トルシエのイメージに近付いている感じが凄くするんですが、その場合に問題なのは、未だ性格付けのはっきりしない、両サイドバックの立場。
漠然と、なるべく、攻撃的な選手を置きたいとは思っているんでしょうが、「攻撃力」とか「守備力」とか、「フィード力」とか「高さ」とか、それぞれの機能をバラバラに考えているだけで、結局チーム全体の中で『こういう選手』というトータルイメージが出来ていない気がします。(だから選手も応えようがない)

・・・・つまり、トルシエの「右明神」「左俊輔(名波)」みたいな意味でね。
で、どうしたらいいのかというと、多分、既に確立しつつある、上の”塊”の方に合わせて行くのがいいのではないかと。”塊”に上手く巻き込まれる半中盤的な機能性か、あるいは逆に”塊”から意識的に逆を狙った、ド直線な機能性か。とにかく、はっきりした方がいい。基本は前者かな。それをこなしつつ、直線も使い分けるという感じか。
まあ結局、”トルシエのサッカーを4バックでやる”みたいな感じになるかと思いますが、4バックな分、「直線」も使い易いのが当面メリットと言えばメリットか。「中盤」そのものではないのでね。例えば波戸を使って、トルシエのサッカーをそのままやるのははっきり無理だったわけですが、それに比べると融通は利く。


話戻して稲本ですが。
まあ遠藤の代わりそのものは務まらなかったですね。当然ですが。ただ長谷部との組み合わせとしては、可能性を感じました。別機能での代替オプションとしてなら、ありかなと。
つまり遠藤の特別性と組まされた長谷部というのは、なんかとても味噌っかすで(笑)、それなりに役割(上下動で攻守の穴埋め)はこなしているんですが、あの程度のプレーなら出来る選手は他にもいる。多分、北澤でも出来る(笑)。いや、北澤に文句があるというより(笑)、長谷部として勿体ない。

それが稲本と組むことで、遠藤に独占されていた領域にも、参加出来るようになった・・・・というかそういう可能性が見えたというか。共にユーティリティが持ち味で、でも長谷部の方が攻撃的で、適当に役割を交換しながら、また違う機能性を、少なくとも長谷部の持っているものをより活かせるプレーは出来そう。
多分遠藤鎮座時よりも、”塊”の機能性としてはより前輪駆動(俊輔が引っ張る)になって、それを稲本長谷部がフォローする形にはなると思いますが、それの理解さえ共有されてれば、悪くはない気がします。

じゃあよりモロ「遠藤役」として入った憲剛はどうかと言いますと・・・・。うーん、望み薄なんじゃないかなあと、割りと最初から言っている通り。この日のプレーもパッとしませんでしたが。
上で分かり易く「レジスタ」とは言っておきましたが、単なるパス能力ではないんですよね、このポジションに要求されるのは。それ以前の”リズム”を掴む・整える、感覚的な部分が大事で、勿論細かいポジショニングの勘と。

そこらへん憲剛は大雑把と言うか、「違う」というか。パスが上手いだけというか。
以前”アナログ”の遠藤・小笠原と比べて”デジタル”だと言いましたが、今日のテーマで言えば、プレーが「大き」過ぎるんですよ。もっと言えば緩い。遅い。よーいどんでパスが出て来る。「位置」についちゃ駄目なんですよ、最初から決められたコースは走らないのが岡田裏通りサッカーなので。オシム大通りサッカーなら良かったんですが。
遠藤はね、足は遅いけど速いんです。忍者・・・・は言い過ぎだけど、武道家的な変な要領がある。憲剛はあくまで”スポーツ”選手。比喩連打し過ぎて、かえって分からなくなってるかも知れませんが。(笑)

このサッカーで唯一「大きな」プレーが許されている、そこで変化を付けることがむしろ望まれているのが俊輔のポジションなわけですけど。
憲剛がハマるとすればだからここかなと思いますが、ただし俊輔は決して「大き」いだけの選手ではないですけどね。十分な小ささ、十分なアナログ性も備えている。とは言えここくらいなら適応の可能性はあると思うので、何とか国際経験豊富な貴重なパサーとして、頑張ってもらいたいですが。

憲剛と比べるとすれば、俊輔でも増して遠藤でもなくて、中田ヒデじゃないかと思いますけどね。ヒデが若い時に、「本当の天才は財前だ」と言っていた、その時仄めかしていたある種の劣等感を、憲剛も分かるんじゃないかなと。そこらへんの”足りなさ”を自覚することによって、逆にダントツで論理的な、実用性の高い選手にヒデはなったわけですけど。すっぱりと細かいところは切り落として。(それでもイタリアでなら、”細かい”選手ですけど(笑))


次に左MFに入った大久保ですが・・・・と、それについて書くには岡崎について先に書いた方が良さそうですが、長くなりそうなので一回切ります。
(つづき)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック