ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ、他
横浜FC戦#3
2006年09月09日 (土) | 編集 |
前言撤回。悔しいっす。勝ちたかった。
何よりも廣山に勝ち星という結果をあげたかった。

わっかんないもんで、前半は天から降ったか地から湧いたかという好ゲームが。
積極的なチェックから縦にシンプルに、かつ怒涛の攻め上がりを見せるヴェルディと、その勢いに戸惑いながらもさすがに堂に入った狙いのある、精度の高いカウンターで対抗する横浜FC。滝澤ってこんないい選手だったっけ?

両チーム腐るほど得点機はありましたが、やはり軍配を上げるとすれば”勇ましい”と言っていいような戦いぶりでゲームを支配したヴェルディの方で、1-0という中間スコアはその最低限の報酬という感じ。
海本石川デビュー戦の仙台戦も確かに華々しかったですが、あれはどさくさで勢いに任せて押し切ったところもあるので、この試合の前半の方がベストゲーム(ピリオド?)候補としては有力か。

いや、まったく何だかよく分かりません。「追い詰められて開き直った」という風ですらなく、むしろ地力、選手のクオリティを普通に発揮しただけという、ほとんど「強豪」の風格すら漂う戦いぶりでしたが。
ここに来ての戸川萩村CBコンビの再結成は、最初はなんだかなという感じでしたがむしろ”初心に返ってのリスタート”というそういうフレッシュネスと足場の確認という効果を与えたようで。そうして”返って”みるとやはりいいメンバー揃ってるよな、そんな弱いわけないよなという。今までどんだけ無駄な戦いしてきたんだよという。

日本人2人(菅原金澤)が守って外国人2人(マルクスゼ・ルイス)が攻めるという今の中盤の構成は、「構成」というのもおこがましいほど(笑)身も蓋もないものですが、それだけに分かり易く身の丈に合っていて、チーム全体が前を向いている内は前後分断の弊害も特には出て来ずになかなか効果的。
4-3-1-2マルクスシフト同様、いつまで効果が続くかは分かりませんし、そもそもゼ・ルイスってそういう補強だったっけ?という疑問も当然ありますが。でもあるものやれるものでやるしか。

引き分けちゃったんでトーンはだいぶ下げざるを得ませんが、この試合のMVPは勿論廣山ですね。やはり賢い。気が利いてる。労と目配りを惜しまない。足りなかったものを綺麗に埋めてくれました。
一番感心するのは毎度久しぶりっぽく出て来ても、変わらない集中力と積極的なアピールでゲームに入って行くことで、それがどうもなかなかはっきりした結果と本人の待遇改善に結びつかないのは、言いたかないけど幸薄い人なのかなという(笑)。一緒に地獄に落ちるのかなという。監督の起用法という問題はあるにしても。
”薄い”よねえ、万事。


ともかく勝てませんでした。ひと息入っちゃった後半は、かなり普段のヴェルディに近付いちゃいました。勝ち切るのが最低条件でした。
批判もしにくいし、かといって今後に向けてのモチベーションを再び上げるにも足りないし、全く困ったゲーム。「あったかもしれない理想のラモス・ヴェルディ」の素材として、心のアルバムの1ページを飾るというのがとりあえずの位置付けでしょうか。ああもったいない。
J2第38節 東京V△1-1△横浜FC(西が丘)

サイトトップへ


(追記)
西が丘は狭く見えるからプレスがかかりやすいという廣山のコメント(J’s Goal)に爆笑&妙に納得
いやああると思いますよそういうのは。日本人(代表)に3バックが向くのも中から前がゴチャゴチャして狭く&近く感じるのが大きいんだろうと昔から思ってました。自信がないと広いスペースはよう使い切らんわけですよね、基本的に。
こういうことが言える廣山の繊細さ、鋭敏さが好きです。プレーの上でも大事な資質だと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
横浜FCは昇格に向けて後がないヴェルディとチケット完売のアウェイ西が丘で戦い、前掛かりなヴェルディに苦戦し先制されますが、後半頭からのアウグストの投入で息を吹き返してアレモンのゴールで追いつくとそのまま1-1でゲームを終了。 1位柏が4位仙台に敗れ、2位神戸が札
2006/09/10(Sun) 17:38:52 |  ウタカタ ノ ヒビ