東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
ナビスコ決勝大分-清水
2008年11月02日 (日) | 編集 |
なんやかやと、上手い具合に”登竜門”になりますなナビスコは。

ナビスコ杯’08決勝戦 大分 ○2-0● 清水(国立)

初タイトルおめでとう、大分さん。


予選リーグあたりの散漫さや各チームの取り組みのばらばらさの割りには、毎年少なくとも決勝は盛り上がり、”タイトル”の価値も結果的に十分にあることの多いナビスコ杯。ある意味一番価値が薄いのは、草創期にヴェルディが奪ったいくつかのヤツのような気がしてなりません(笑)。大人げない。負けてやれよ。
リーグタイトルと争奪チームがかぶってない時には、微妙にCLに対するUEFA杯みたいな、変な味わい深さもあったりして。

大分にはリーグタイトルの可能性もあるわけですが、今年の対戦もどちらかというと正にそういう感じの、”地味ながら好チーム”どうしの、なかなか充実した試合だったと思います。
今年は結構どん底に近いところから持ち直して来た健太監督の踏ん張りに対する敬意(と、現在の清水の地味さ)も併せて考えると、伝統に差はあれ必ずしも大分に一方的に判官贔屓が偏るわけでもない、どっちが勝ってもいいような試合だったと思いますが、先制点を奪ってからは、単純に地力で大分に分があったと、そういう感じがしました。

あれですね、リーグの最終結果がどうなるかは分かりませんが、今年の大分の戦いぶりは、例えば前年までの浦和では悪役ぶりであまりはっきりしなかった(笑)、「守備vs攻撃」というか、本当にきちっと守られた時、Jリーグのチームは日本人はどうするのかという、そういう命題を改めて付きつけるものだと思います。
・・・・つまりそういう意味で、清水は「好チーム」という以上のものでなかったというか、非力だったというか。曖昧だったというか。

それをね、大分が守備的だという批判や「いいサッカー」がどうしたこうしたとかいう情緒的な話にずらしても、進歩の機会を失うだけだと思いますね。
守って勝てるなら守ればいい。別にルール違反でもあるまいし。これは、やや懐かしい話ですが(笑)、”レオンの放り込み”に対する批判の話とかも、基本的に同じだと思いますが。

いや、好みも理想も結構ではあるんですよ。どちらかと言えば、やはり「攻撃的」だったり「繋ぎ重視」の方が、観客は喜ぶんでしょうし。(僕自身は必ずしもそうじゃないですが)
ただそれと善悪やら強弱やら、何でもかんでも一緒にしてはしょうがないので。むしろそれぞれのやり方をその時その時突き詰めて、対立図式や弁証法の輪郭をはっきりさせることで、全体のレベルは上がるというか、進歩がダイナミックになるというか。

つまり・・・・「守備的」なチームがもし嫌いなら、負かせばいいんですよ。負かす方法を考えればいいんですよ。道徳的に批判してる暇があったら。レオンの時も、これは清水時代も含めてですが、仮に本当に放り込めば勝てるなら、90分放り込めばいいと、結構本気で僕は思ってましたけどね、当時から。(多分勝てませんけど(笑))
そういう現実の力と直面して、対抗手段を考える創意工夫の中から、実際問題”戦術の進歩”みたいなものは生まれて来るんじゃないですかね。当たり前っちゃ当たり前の話ですけど。

まあ「世界」の”戦術”の話と、日本の目先の優劣の話と、必ずしもイコールではないですけど。レベルが違えば図式そのものが逆転するのも、よくある話でしょうし。
でも好き嫌い別にして、ちゃんと強いチームやちゃんと守れるチームが身近にいるのはむしろありがたい話で、こちらの/周りのレベルを上げるチャンスなわけで。つまるとかつまんないとかいうのは、当面どうでもいいじゃないかと僕は思ってしまうんですが。まず、やることやろうよ。話はそれから。


実際には強いチームと弱いチームと、内実の充実したチームとそうでないチームがいるだけだと、僕は思いますが。内実の充実した大分の攻撃は、十分に面白いと、これは前にも言いましたね。
それに比べると清水はまだ「輪郭」だけみたいな、そういうところはあったかなと。サイド攻撃を売りにしながら、定番の”3バックのサイドのスペース”とかも、なんか余裕で対応されてましたし。なかなか、額面通りには(笑)。来年こそはちゃんと外国人も使い切って(笑)、更なる先を目指して欲しいですが。

ウチはねえ・・・・。いずれにしても何も「突き詰め」ないんで、それで「先」が見えずに萎えるんですよね。
「方向性」の問題じゃないんだよね。どの「方向」にも特に行かないという問題。別に株買ってるわけじゃあるまいし、勝とうが負けようがそれ自体は本当はどうでもいいわけで。・・・・というところまで、現在モチベが落ちております(笑)。例の報道で。何とか来週までに、立て直したいです。(笑)


改めて優勝おめでとう、大分さん。過去のどの優勝チームに比べても、これが本格的な”勝ち組”入りのプロローグになるのかは微妙な感じですが、ともかく行けるところまで。
山形も、まずは上がって来られるといいですねえ。(連想)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック