東京V等サッカー、漫画、アニメ、アイドル 他
今週のモーニング(’08.11.13)
2008年11月13日 (木) | 編集 |
mor081113

オフィシャル

スポーツ新聞的”世論”、ではあるんだけど、仮にも「優勝」すると一気にバラ色モードにはやっぱりなりますね。
ACLで負けてたら、西野さんの寿命自体怪しい可能性も十分あったわけですが。
まあ、別大会での戦いで価値を再認識して、更にまた別大会=クラブW杯でそれがどう”再認識”されるか、みたいな話ではありますが。

浦和もJリーグで優勝し”ちゃった”ら(笑)どうすんだろうなあ。ありそうだけどなあ。
・・・・試合は見てないので、内容とかは知りません。>ガンバ


『東京怪童』

望月峯太郎による新連載。といっても、名前しか知りませんが。(どっかで読んでるとは思うんですけど)
脳障害児たちの群像?
タイトルからすると、なんかアキラか幻魔大戦か的な展開を連想しますが、まさかね。(笑)

不如意のオルガズムという症例は、島田荘司の小説

溺れる人魚溺れる人魚
(2006/06)
島田 荘司

商品詳細を見る

で読んだことがあります。実在の天才女性スイマーを襲った悲劇。
それが(東京怪童では)21歳の可憐な乙女(風)なのには、さぞかし喜んでるだろうと思うかも知れませんが(笑)、実際にはもう5歳くらい上の方がソソったなあ、大人が困ってる感じの方が燃えるなあというのが最近の心境。堕落したもんだ。なんて普通になったんだ俺。「成熟した大人の女」なんて、言葉としては言うだけ口が腐る感じがするんですけど、実態としては限りなくそっちの好みに近付いている今日この頃。トシかなあ。
しかしもし同じ障害に男が陥ったら、洒落にならない生命の危機ですよね。女が辛くないとは言いませんが、消耗のレベルが違い過ぎる。

『カバチタレ』

なんだ、保証人という方のオチか。現金じゃなくって。(金無いのを)見抜いていた可能性もありますね。女め。(笑)
”性格”ですませるレベルじゃないですよねこの見栄っぱりは。そこまで遺伝子の支配力は無い。
”性癖/性的嗜好”と”性犯罪”(性行動)の関係とかも同じで、単に「抑制しろ」ということではなく、そうした深層(前者)と表層(後者)との間を繋ぐ『言語』の領域の、開発の不足がそういう短絡を生むんだと思いますが、ややこしいので一言では言えません。

『ラキア』

絵そのものにはそれなりの魅力はあると思うんですが、演出が不安定で見難いんですよねこの人は。
今回で言えば、”マイケル・アダムス”の写実的な絵の迫力が、意味ありげででも特に意味は無くて、妙に浮いてて鬱陶しい。
アブラクサスって・・・・サンタナですか?(笑)

天の守護神天の守護神
(1998/07/18)
サンタナ

商品詳細を見る

しかしうーん、やはりファンタジーの方か。どうかなあ。

『GIANT KILLING』

誰だネルソン監督って。
ETU自体がジェフでオシムが使えない分、オシムかなという気はしますが。プラスベンゲル。
見かけは割りと”ネル”シーニョですけどね。(笑)

『エンゼルバンク』

効能論としては分かりますが、結局社員の人権・・・・というかもっと端的に自由意思の無視という根本的な問題は、避けられないわけで。
本来的実際的には、「会社」と「社員」との雇用契約を、どう性格付けるかということなんだと思います。慣習だけじゃもう駄目でしょう。それか人事そのものに、個々の社員の意思を反映させるシステムを作るか。
むしろ”解雇”までいけば、ある意味会社の本質的権利という感じがするんですけどね。

『ひまわりっ』

好きなのに、好きだから・・・・と、担当のシメの文句ですが、実際にはそこがそもそも一番いかがわしい。(笑)

『シマシマ』

やはりいたわられるよりもいじめられる、困らされてる時の方が女の子は魅力的・・・・という感じ方はいけませんか?(笑)
というかまあ、いたわっていたわってと、自ら訴えている女がとことん魅力的でないと言った方が正しいか。

『誰も寝てはならぬ』

セクハラと近親姦は男の夢・・・・とまでは言いませんが、要は”群れ”の中のメスは全てオレのものという”本能”が、満更逃げ口上でなく実在するんだと思うんですよ。
それ自体は避け難いので、要はいかに”群れ”の認識をコントロールするか、あるいはいかに”群れ”の形成/囲い込みを阻止するかだと思いますけどね。本能の発動条件そのものを、抑制するということです。

『ブンむくれ』

「美男美女に”なって”から」する。なるほど、これが王道少女マンガを支えたメンタリティであり、恐らく現代の女性の”恋愛”についてのイメージの根底にも、今もって存在しているナニなんだろうと思います。(ナニ?)
上向きますよね、「恋愛」というと、女の子って(笑)。基本ポーズ。
僕は「女」という語に反応して、むしろちょい下向きますけど(笑)。「恋愛」だとどこも向かない。不動。
しかしあれだなあ、性欲なんて自覚しない、子供の頃の方がのべつまくなしに誰ちゃんが好きかれちゃんが好きと言っていた記憶があるなあ。第二次性徴後は、むしろ不活発化した。要は「女」が好きなんじゃなくて、誰ちゃんやかれちゃんが好きなんだろうと思うんですが僕の場合。濃厚な性は、そうした部分の活動を邪魔する。ならばこれから体力が下り坂になって、むしろ恋の季節か。(笑)
・・・・ん、今変なもの見つけたぞ。「カボチャ入りのおしるこ」って、それなんだ。いくら何でも甘過ぎないか?(笑)

『嫁のメシがまずい!!』

つ、つまらん。やっぱりあんたが一番のメシマズ嫁だ、町田かえ。素材の味をぶち壊しにしている。
普通に2chスレ流し読みさせろという感じですね。

『そこもまた魅力』

”道民”だけで出身地を表せる北海道民は得ですよね。(笑)
逆に東京都民が”都民”を自称したら、嫌みになりかねないし。
”府民”、は聞かないなあ、そう言えば。


さあ仕事だ仕事。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック