東京V等サッカー、漫画、アニメ、アイドル 他
今週のモーニング(’09.2.12)
2009年02月13日 (金) | 編集 |
mor090212

オフィシャル

ああ、風邪ひいたみたい。
ここ、ろ、が風邪を、ひいた、ようです~とか、そんな深い意味は全然ありません。(笑)
嫌なもん見た感触は残ってますけど。変なもん食わされたというか。
長い長い、退屈な食事会だったなというか。
料理も会場も、別に手を抜いているわけではないんだけど、ホストの自己満足がきつ過ぎて。

まあ、悪い人じゃあないんです。
そういう時期だったんですよ。反省して欲しいですけどね。
じゃないと、先は無い。


『ライスショルダー』

(肩に乗ってるものの)「重さ」はちょっと、違うと思うけどおこめは気にしないか。
ていうかむしろおこめの方が”現実”で、ブッサバーの方が”夢”、はかない望みという感じもします。
しかし相変わらず野次が素敵(笑)。「日本人へこたれろー」「でも肌きれい」。

『OL進化論』

”アントワネット”は久しぶりに笑いました。上手いことを言う。
まあ、(パンの無い人の)「ケーキ」とは違って「結婚」は、探せば普通に可能性はあるわけですが。

『ひまわりっ』

やっぱり新キャラ投入されると活性化しますな。>エミリちゃん
なんかこういうコのおっぱいは、真ん丸で外向きについているイメージがあります。(笑)
分かるかな。”顔”そむけあってるタイプね。
まあ単に”新キャラ”というか、”東京用のキャラ”ですけどね。(あのネエさんは駄目過ぎ)
「マジっスか別っスか」が素直でかわいくて好きです。

『シマシマ』

うわあ。「ヒビキさん今どこに?」は、言っちゃいかんよね。
「平気なんだと思って」も萎えるし。
かわいいけど、全っ然いい女じゃないよね、シオさんは。改めて。
”主人公”としてならいいけど、客観的に見てしまうとやばい。

そうだよな、「手出さない」という意味でなら添い寝屋は楽勝で僕は出来ますが、するしないではなく、「客」とい立場で油断している女の人への寛容さという意味では、向いてないかもな。
マシュの”眠らせ”技が健在なのが、笑いました。

『エレキング』

今回のは全部面白かったです。
そう言えば完全4コマって珍しいですね。初めて?

『西遊妖猿伝』

特にどうだとも言えないオチでしたが、発想の出どころに見え透いてる感が無いのがいいかな。
何かあるんですかね、沙悟浄伝承の一つに。
三蔵の考えてるようで考えてない感じは、終始いいですね。

『誰も寝てはならぬ』

”人材派遣”てよくよく考えると、「管理売春」と別に変らないですよね。デリヘルとは言いませんが。
まだ風俗店の方が、はっきり風俗嬢を”守る”役に立っているような。
猫が好きなのは、関心を持っているけど関心を持ってない感じだと思います。
あと何かを「してくれる」ことよりも、どういう「波長」を出すか。
ウチの猫は浮気には寛容でしたけどね。僕が他の猫と遊んでるのを、興味深げによく見ていました。
まああっちはあっちで、関心があるけど関心がないんですね。大人の関係。(笑)

『かみにえともじ』

へえ、高卒なんだ、本谷。”中退”パターン?よくある。
そう言えばまた図書館で探して来るの忘れた。


今は篠田節子の『聖域』

聖域 (講談社文庫)聖域 (講談社文庫)
(1997/08)
篠田 節子

商品詳細を見る

を読んでいます。お得意の宗教観と同時に、「小説」観も出ている感じの作品で、面白い。
やっぱこの人は好きだなあ。美人みたいだし。(笑)
まあ別に美人じゃなくてもいいんですけど、好きな作家が嫌いな顔だと、やっぱがっかりですよね。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック