東京V等サッカー、漫画、アニメ、アイドル 他
どっちなんでしょうねえ
2006年10月31日 (火) | 編集 |
いくらスポ新情報とは言え。

森本がカターニア完全移籍へ(スポニチ)

カターニアのFW森本貴幸(19)が今季終了後にも完全移籍することになった。29日のトリノ戦終了後、ロモナコGMが「彼のプレーにはとても満足している。4月に150万ユーロ(約2億2500万円)で完全移籍させる」と明言した。来年春にも交渉をスタートさせるとみられる。
(中略)
東京V側は「まだ、(完全移籍の)話は聞いていないが、最初から完全移籍を視野に入れていた。力を評価してくれているということだし、本人の意思を尊重したい」と打診があれば前向きに検討する方向だ。

カターニャ森本が来年4月に完全移籍へ(日刊)

カターニャにレンタル移籍中のFW森本貴幸(18)が、来年4月にクラブと完全移籍で正式契約することになった。29日のトリノ戦後、ロモナコGMは「森本のプレーには非常に満足している。4月に正式に150万ドル(約1億7250万円)で完全移籍させる。我々としては重要な金額だ」と明かした。
(中略)
一方、保有権を持つ東京Vは、カターニャ側の発言に戸惑いを見せた。加藤強化部長は「本人は海外でやりたいのだろうが、こちらには何の連絡もきていない。そういう時期がくれば話はするが、今は何も言うことはない」とだけ話した。


よく見ると”ユーロ”と”ドル”も違ってますが(ドルでしょう)、それはともかくとして『連絡は来ていない』は共通していますし、ふたつくっつけて普通にニュアンスの違い、報道の狙いの違いと読むことも可能は可能ですけど。
でも時期が時期だけに、”「フロント上部(経営寄り)」と「フロント下部(現場寄り)」の分裂”なんてことをつい想像してしまいます。(フッキ資金とかいうのも含めて?)

あ、移籍自体はどうにでも。自分を活かせる環境があるなら、そこで頑張って下さい。
選手はそれしかないよね。もしくは雇ってくれるチームがいいチーム。


U-19吉田監督に川淵キャプテンが要望…“オシム流”学べ!

日本サッカー協会の川淵三郎キャプテン(69)が30日、U-19日本代表の吉田靖監督(46)の“オシム・ジャパン入閣”を要望した。
吉田監督率いる同代表は29日、アジアユース選手権の初戦・北朝鮮戦に2-0と快勝。31日に第2戦・タジキスタン戦を迎えるが、北朝鮮戦を見た川淵キャプテンは「このごろの若いチームは頼りになる」と評価する一方で、「オシム監督のチーム作りの影響は、この世代にはまだ出ていない感じ。吉田監督はA代表の練習を見たり、スタッフミーティングなどに参加した方がいい」。アンダー世代まで、A代表・オシム監督の考えが深く浸透することを望んだ。(サンスポ


バーカ。余計なお世話じゃ。
・・・・どっちかというと今日はこっちが言いたかった。
そんな”評価”せんでいい。それにあんた自身、全然オシムについていけてないだろうに。俺もだけど。


一番安直なタイプの更新。

サイトトップへ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック