東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
今週のモーニング(’10.2.4)
2010年02月05日 (金) | 編集 |
mor100204

オフィシャル

朝青龍引退に、サッカー界からコメント多過ぎてワラタ。
そんな国民的存在だったんだ。

今日ポニョか。一応見よう。
・・・・なんか「大河」とか「紅白」みたいな感じですよね、宮崎アニメって。存在が。

ハリポタやスターウォーズは、オリンピック?(笑)
ハリポタ見てえ。


『ジャイアントキリング』

小見さん頑張る。殴られる。(笑)
達海みたいなタイプの「浮き」方って、意外と実例としては知りません。
たいていは俊輔みたいな"ハンデ"型かヒデみたいな"空回り"型で、達海のように実質伴いつつ浮くというのは。
それくらい日本人は、本当に実力のある選手には素直というか、協力的というか。学習意欲も高いし。

・・・・強いて言えば、オシムかな。影響力の強さに本当の意味での"功罪"があったのは。
良いからこそ悪いという次元の。
つまり他は、本人の「悪」さがリアルタイムで見てて分かるから。言うほど大したことなかったり。

『BILLY BAT』

なんか今回が終わりで十分な気がします。

『シマシマ』

うーん楽しい。
基本"インプロヴァイズ"で進んで来たはずの展開の一つ一つが、結構上手く駒というか、総集編的に回収された回。
逆に意外と強靭で、まだまだ続きそうで安心です。

『カレチ』

確かに「食堂車」には、子供の頃は"夢"みたいなイメージがあった気がします。
なんだったんでしょうね。リムジン的な感覚でしょうか。イベントというか。意外な状況での食事。

『呼び出し一』

さてドルジの件は、何か展開に組み込まれて来るんでしょうか。(笑)
貴乃花の方もあるけど。
相変わらず"みき"ちゃんの絵柄が浮いている気がして仕方ありません。

『神の雫』

僕の叱咤が効いたのか(笑)、今回のマリーさんはなかなかに肉感的だったと思います。(笑)
仕事前に"ひと汗"、ねえ。
僕はサドなので、むしろ"汗一つかかずに"というイメージの方が好きです。相手だけのたうつ。(笑)

『なまずランプ』

ほう、こういう話か。
妄想と現実性の兼ね合いが、微妙にオウムっぽいですね。
関係無いですが、この時期の「新装備」の兵隊のファッションは好きです。それこそ『奇兵隊』とか。あの妙な笠。(笑)

『西遊妖猿伝』

萌え~。
ちびわんことわんこちび。

『誰も寝てはならぬ』

大塩さんタイプの撃退は、本当に至難の業ですね。
とにかく粘り強いわけですが、困るのは本人"粘ってる"つもりもないだろうことで。(笑)
だから苦にならない。負担が無い。
ハルキの姉さんの情(じょう)の薄そうな顔独特。

『ボクラハナカヨシ』

今回はあんまり"格言"関係無い回でしたね。(笑)
なんだかんだ田中さんが「家族」というものを普通に愛している感じが、いいところでもあり退屈なところでもあり。

『エレキング』

今日バイトの面接なのに!!

『かみにえともじ』

正直ヤかなあ。整形。
逆に見抜く目を持ちたくないです。(笑)
楽しく騙されましょう。(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>なんか「大河」とか「紅白」みたいな感じですよね、宮崎アニメって。存在が。
同じような意味ですが、今の宮崎アニメは、今のストーンズみたいなもんでしょうねえ。(黄金期の2,3枚のCDは今でも十分凄いですが)ピークはやはりナウシカだったように思います。
2010/02/06(Sat) 23:33 | URL  | ロビー #JalddpaA[ 編集]
ナウシカまでピークを遡る見方だと、確かにストーンズっぽいですかね。ただしご本人はもっと現役、何だったら先端と自己認識してそうですが。

最近たまたまベガーズバンケット('68)を聴き直して、やっぱりいいなと思いました。
突き詰めてはいるんだけど明確過ぎないところが非常に'60年代の音というか、「第一世代」のバンドのリアル模索の特権性が、まだ活きているというか。
2010/02/07(Sun) 02:17 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
遅レスです
>ベガーズバンケット('68)を聴き直して、やっぱりいいなと思いました。
やはりその辺がいいですね、ストーンズは。
>ただしご本人はもっと現役、何だったら先端と自己認識してそうですが。
金も名声もあると思うので、「次が自分のベスト作品」と「思い込み」ができてるんでしょうねえ、いろんな人のインタビューを読みましたが、そういうのがないと「モノ」は創れないと思います。
あと出典は忘れましたが、確か音楽家(バッハとかモーツアルトとか)の足跡を振り返る本で、「早熟にせよ晩成にせよ、音楽家が最良の作品を作り出していた期間はある特定の10年間に偏っている」という意味のことを読んだような気がします。その10年だけ神様は「マジックを与える」のかなという気もしますね。

2010/02/14(Sun) 11:37 | URL  | ロビー #JalddpaA[ 編集]
まず才能や天機による"マジック"が一回と、それから批評や分析の成果としての、人為の部分の大きいもう"ひと山"と。ここまで作れれば万々歳でしょうね。
それから仕事の蓄積の副産物とシーンとの関係から、晩年に近いところで更に集大成or子供返り的なピークが、あったり無かったり。

哲学者くらいでしょうね、「後に行けば行くほどのクオリティアップ」が、論理的に期待出来るのは。(科学者はたいてい、研究分野そのものが変わりますし)
他のより感情的(広義のアート/表現)ジャンルになると、どうしても自己評価と他人のウケのギャップが、無視出来ないものとして常にのしかかる。
上手くなったからといって、良くなるとは限らない。
2010/02/15(Mon) 15:05 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック