ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ、他
R-1
2010年02月24日 (水) | 編集 |
最終結果


伊東四朗さんの、いとうあさこに対する、「芸が明るくていい!!」という賛辞(とそれに対するいとうあさこの涙)が、一番印象的でした。

その基準で言うなら、良かったのは勿論そのいとうあさこと、なだぎ武の一本目と、決勝ならエハラマサヒロの"赤ちゃん"とかかな。
我人祥太は途中でチャンネル変えました。あべこうじも終始僕は駄目だったな。
なだぎさんは一本目が神がかり過ぎていたのと、そこで「自声抜き」のパターンが成功し過ぎていたので、二本目で素で喋られると逆に抵抗を感じてしまう(笑)状態だったのがどうも。エハラの決勝は上記の意味で爆発力があったし、一本目では無意味に感じたダンスがちゃんと今度はネタの一部になっていたので、僕としてはこれを推したかった。


"芸が明るい"というのは、シンプルとか爆発力があるというのもそうだし、もう一つは「ちゃんと自分を捨てている」ということで、客や笑いに対して上から目線で終始していないという。"スタイル"として上からというのは勿論あるんだけど、それだけで終わってしまうとどうも。
そういう意味であべこうじは僕は駄目で、なだぎさんの二本目も、一本目に比べるとなんか嫌な感じがした。エハラの一本目のあるあるなんかも、あるある過ぎて、安全過ぎて、どうしても少し偉そうになる。

ピン芸は難しいですよね、そういう意味で。「コンビ」「突っ込み」という形の相対化やバランス取りというシステムが、存在しないから。自分でちゃんと、自分を監視しないといけない。
そこらへん、はっきり言って、プロ芸人よりアマブロガーの方が、平均値は上なんじゃないかと、感じるところすらあります。

偉そうだと上手く笑えない。声に出されるとまた特にね。


今回審査員は、伊東さんと板尾さん、点数に特徴のある末尾二人が立ち過ぎて、他が空気になってしまいましたね。そこだけ見れば順位が分かるというか。(笑)

麒麟川島はそのメイドインチャイナの説明書が、元々おかしかっただけじゃん。(と、感じさせてしまう)
COWCOW山田の「目で追うのが疲れる」というのも、"偉そう"の一種。(笑)
バカリズムは滑り出しは最高だったんだけどな。"残尿感"あたりからどうも、説得力が。
グラップラーたかしは、芸名が一番面白い。どうしてもアニメの『グラップラー刃牙』の、仰々しいタイトルコールを思い出して、(それに"たかし"を)重ねてしまって。ネタの方はなんで決勝に残ってるの?と感じさせるくらいの、何と言うか"おのぼり"感。


全体的にはなんか、息苦しかったですね。閉塞感があるというか。
M-1に比べて。
ピンは難しい。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック