東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
浦和-FC東京(’10)
2010年03月17日 (水) | 編集 |
まだまだ全然片付かないので、ごくごく簡単に。
やっとマウスが見つかった・・・・

J1第2節 浦和 ○1-0● FC東京(埼玉)

J'sGoalとか見ると、ヴェルディの結果を知ってしまいそうなので、結果リンクやコメント参照はなし。(笑)


・ありていに言って、"迷える中位どうしの凡戦"かと。
・今回に限っては、「相性」も関係があったのかどうか。
・なんかもう、"相手"と戦っている感じすらない。
・「戦」える状態にないというか。


まずは浦和側から。
鹿島には出せなかった攻撃の形が、FC東京になら一応出せたという、そういう試合か。
・物理的にプレッシャーが弱いというのが、まず一つ。
・それからTBSの放送中に紹介されていた、鹿島戦は心理的に余裕が無くて、焦って呼吸やタイミングが合わなかったという選手たちのコメントも、この試合を見ると納得。
・要するに、急かされないで脅かされないでゆっくりやれば出来る、パスを繋げられるという、そういうレベル。
・まだまだ練習用というか。
・ただし(去年もそうですが)やけくそになってテンション上げると意外と出来るので、結局根性が据わってないんじゃないかという部分も。
年一ドライバーの僕の、切り替えしや車庫入れみたいなものだな。下手に考えると失敗する。(笑)
・形としては、2TOPの方が全然マシには見えました。
・ただそれも積極的にというよりも、1TOPシステム(やエジミウソン)をきっちりこなす気合だか意思統一だかが足りないので、とりあえず均等に人数配した方が無難という、そういうレベルかと。
・それと・・・・相手が弱いというのと。
・技術的な完成度というよりも、メンタル的頭脳的に、"チーム"になっているのか、なろうとしているのかという、そっちの方の頼りなさを大きく感じました。
・なんか"練習"っぽいんだよねえ。"とりあえす"感というか。

続いてFC東京側。
・開幕戦では誤魔化せた結果が、この試合は誤魔化せなかったという、そういう試合かと。
・浦和がどうというより、単なるサイコロの目。
・楽あれば苦あり。禍福はあざなえる縄の如し。
・序盤の"攻勢"は、むしろ開幕相手の和司Fマリのそれとかに似て、とにかく、とりあえず、頑張って攻撃するぞという感じで、攻めれば攻めるほどなんだかなあという。(試合の風景としてね)
・3年目のチームのそれには見えなかったなんて嫌味を言うつもりはありませんが、今見ているものが今季やこのチームの流れ的に、どこに位置付けたらいいのかと言われても、よく分かりませんという。
・サッカーの試合だから、サッカーやりましたという感じ。
・それぞれに、やってる。
・浦和もはっきりしなかったしね。自分たちの"攻め番"以外はお留守なので、そこに上がり込んだという感じ。
・暑かったすか?(お互いに)
・それと開幕戦は"無失点なのが収穫"だったそうですけど、少なくともこの試合だけを見れば、「どこでどう止めるのかという意思のはっきりしない、守備の脆いチーム」としか言いようがないように見えましたが。
・それが"浦和を意識して平常心ではなかった"部分とかに、なるのかな。
・森重は・・・・"天才肌"なんでしょうか。
・雑というか、気まぐれというか、クリーンじゃないインターセプター?
・開幕戦は確かに、いいところを見せましたが。
・若いと言えば余りに若い。気は強そうですけどね。
・まあ、余り言うことのない試合。

「向上」させるべき"内容"を感じたのは浦和の方。
でも「サッカー」「チーム」としての根本の不安があるので、現在共に一勝一敗の(笑)この両者が最終的にどちらが上になるのかは、何とも言えません。
恐らく城福さんは、また一年かけて何かしら格好はつけて来るでしょうし。格好は。
ただちょっと、そろそろ改造慣れというか、モラル崩壊の可能性も無くは無い気はしますが。

なんかこう、ゴージャスな中位、という感じの両チーム。
大山鳴動なんとやらというか。


今晩は多分外泊。
明日ちゃんと帰って来ますけど。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック