東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
浦和-湘南(’10)
2010年04月05日 (月) | 編集 |
どう言ったらいいのか。

J1第5節 浦和 ○2-1● 湘南(埼玉)

ある意味順調。順当。(浦和の話ね。)


アウェーの3,4節とナビスコ(の未見)を挟んだ、久しぶりの浦和の試合。
と言って日程を見ると、次見られるのは第10節まで飛びそうなので、これくらいで久しぶりとか言ってたらもたないわけですが。(笑)
見たり見なかったりはやっぱり気持ち悪いので、再引っ越し先に無事にスカパーがついたら、やっぱりJ1も見られるセットにしようかと思わなくはないですが、でも毎試合"書く"のは余り気が進まなかったり(笑)。それなら戻るしね。

だいたいは主にこちらさんあたりを読んで、想像していた通りの浦和の現状でした。
何かが根本的に変わったわけでもないけれど、いつもコツコツと愚直に進めているパス回し練習がそれなりには成果を挙げていて、かつ比較的結果にも恵まれて見た目悪くないチーム状態になっている。
・・・・開幕いきなり鹿島(●)でしたが、その後はFC東京(○)、山形(△)、C大阪(○)、磐田(△)、湘南(○)と、弱いないしは調子の悪いチームと当たっているというのも、小さくないでしょうが。結構メンタルなチームというか、その気になると厚かましく強いし(笑)、でもいったん下がり目になるといきなりどんよりするというか、殻に閉じこもって拗ねるみたいな、変なところのあるチームですからね。前者は伝統、後者は特にフィンケになってから顕著かな?

それにしてもなんだかんだよく星を拾うよなと、羨ましくは思います。内容に比して。落ち目に入った、オジェック末期あたりから一貫して。
がめつい。例えば僕の、他に比較的よく知っている、東京の2チームあたりと比べて。(笑)
トータルでは大きい差だ。


恐らく"今季一番"と称されるだろう、安定したポゼッションサッカーを披露したこの試合。その現状を「順当」と、まるで分かっていたかのように(笑)偉そうに書いた理由として、何となく自分の過去の発言を振り返ってみますと。

どちらかというと、「フィンケはフィンケなりにやっている、しかし私の気持ちは変わらない」という記事の方が、"読めるときが来る"公算は高いと思います。(笑)

・・・・早速"来"たかも知れません。(笑)

"フィンケのサッカー"に浦和イレブンが緊張感を保ち続けられれば、去年くらいの成績を上げる可能性はそれなりにあると思います。
非王道的なサッカーをそれ自体を言い訳にしながら負け続けることによる虚無感とかモラルハザード

・・・・まあ、だから、勝ってる分には大丈夫なわけですけどね。

以上は全て、今年の開幕戦からの感想ですが、それはそれとして浦和の現状の、より具体的なレベルでの考察として関係して来るのは、去年最後のエントリーでの、この発言とか。

実は(若手志向で知られる)フィンケはフィンケなりに、"ベテラン"や"完成された選手"を必要としている、むしろ必須かも知れない、フィンケの"システム"を、"サッカー"に翻訳してくれる具体化してくれる選手が。

フィンケにやや欠けている、サッカー人としての"パーソナリティ"を補ってくれるor代替してくれる選手がというか。


で、正に今そういう選手がいるわけですね、ポンテという。
勿論ポンテは前から"いる"はいたわけですが(笑)、フィンケ・サッカーとの一体感というか融和感では、ここに来て今更一つ二つ、レベルが上がってる感があります。はっきりポンテのチームですよね、今のレッズは。

正直僕は去年の負傷(復帰)以降のポンテを、過去の選手というか消え行く選手というか、消え行くべき選手として、基本的に扱って来ました。今年の開幕の時点でも、柏木の起用法に絡めて"必要ならポンテも外して"などと、わざわざ書いてますし。
それがここへ来ての新たな充実ぶりというか安定ぶりというのは、
1.ポンテのコンディションが戻って来た
2.年齢なりコンディションなりの"ポンテ"のプレーに、見てる方(or周囲の選手)やポンテ自身が慣れて来た
3.同じことですが、かつての半FW的リーサルウェポン的プレーや、あるいは「一番上手いのに一番(少なくとも的確に)走る」、"スペイン系ブラジル人"としての俊敏性や勤勉性を前面に出したプレーの印象が、遠いものとなった(諦めがついた)

そして勿論、
4.ポンテがフィンケ(のサッカー)に慣れた
5.フィンケがポンテ・・・・を筆頭とする、レッズの現実に慣れた


というような理由が、比重はともかくとして、それぞれにあるんだろうと思われるわけですが。

"5"はさらっと書いてますが多分重要で、そんなに意図したものとは思えないんですが、今年のレッズの"フィンケ"サッカーは、何と言うか穏健化しているというか中庸化しているというか、それこそ老ポンテががっちり手綱を握っても(去年のような)違和感の無い、どこかしら"ゆったり""ゆっくり"した印象を受けるものに変化しているように感じます。田中達也がいるにも関わらずというか、あるいは逆に、忙しい部分は田中達也が一手に引き受けているのか。・・・・そういう意味では、"分業"という現実化が、じんわり進んでいるのかも知れません。
そういう意味を含めての、"ポンテのチーム"化。

以上は繰り返しますが、フィンケが意図的にそうしているというよりも、伝え聞く(通訳の改善などによる)コミュニケーションの向上とやらから、かなりの部分自然に進んだことではないかと推測していますが。
フィンケは頑固で融通は利かないですが、ただそれは生真面目でウブなだけで、別に偏屈なわけではないんですよね。不器用なだけというか(笑)。だから馴染む時は、意外と素直なものなのではないかと。裏も表もない。あんまり頼り甲斐は感じないけど、かわいくないこともない人。

で、そういうまったり感というか日和見感が、攻めあぐねている時は異様に無策に立ち往生しているようにも見えるし、上手く行っている時はこの日のように、スムーズで、フィンケサッカーなりに"自然"とすら言えそうな、それゆえに隙の少ないサッカーを、実現出来たりもする。

・・・・ただその中心人物ポンテは、夏に契約が切れるんだそうで、どうすんだろうという。


なおその"ポンテのチーム"の中で柏木は、やっぱり少々埋没気味ではありますが、逆に(開幕の時と違って)序列がはっきりしたことで、新戦力として能力をチームにプラスアルファとして加える効率そのものは、良くなってるようにも見えます。空いた仕事をやってるというか。(笑)

それでいいのかなという疑問はなくはないですが、例えばほぼ伝聞ですが(笑)"ボランチ柏木"が結構利いてるらしいなどという話は、現代表で言う長谷部タイプのボランチの他の候補として、面白そうだなとは思います。レッズでも代表でも、希望も含めれば前の方は他にも色々いますからね。
それでもなんか勿体ない気はしますが、例えば直近の問題として、山田直輝にそこをやらせる痛々しさに比べればというのもありますし。

とにかく「柏木のチームにすべきところが(悪い意味で)ポンテのチームになってしまっている」という、開幕戦の僕の見立ては、当たってると言えばとても当たってるんだけど、効果の落ち着き先としては若干意外な方向に向かっている。(笑)
まあこれから、強いチームと当たって、一年間戦って、その時に今の均衡や平和(?)が、どういう意味を持って来るかですかね。仮にポンテが抜けないとしても。


湘南は・・・・どうしたんだろうという。
地力的にはこんなもんかも知れませんが、余りにも何も無かったというか、先に迷ってしまっていたというか。
去年の戦いからすると、意外とチームとしてリアクション慣れしていないというところが、あるのかも知れません。去年もやってはいましたが、個力で劣勢のチームが覚悟を決めてやるリアクション(つまりこの日の湘南)と、そうでもないチームが単に戦う姿勢の整理の為にやるそれとは、少し必要とされる集中力のレベルやタイプが違うというところがありますからね。

とにかくとりあえず引いていただけという感じで、終盤の反撃の迫力は、逆にそれまでが燻っていたことの証明のように感じます。(笑)


しかし(解説の)哲さんの喋りというのは、ナチュラルに上から目線で、ヴェルディでああいう"実績"を積んでしまった後だと、どうもカチンと来るところがあります(笑)。色々と駄目なところはあるクラブだけど、それでもあの一年で残留するかしないかというのは、とても大きな分かれ目になった可能性はあるし、別に残留しても不思議ではない戦力でもあったと思いますし。

この試合については、"元浦和サテライトコーチ"としての、「上から目線」も入ってはいたんでしょうけどね。
それにしても、凄く「俺はサッカーを分かってる」喋りですよねこの人。キャラというより、もっとストレートに。

まあいいんですけど(笑)。別に怒ってるわけではないんですけど、飛び切り爽やかに言い切るもので。そんなに分かってるんだったら、あの時もう少し何とかしてくれよという。(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>・・・・早速"来"たかも知れません。(笑)
もう少し様子を見ましょうよw
しかし、相変わらず私が感じたことを分かりやすく文章化してくれていて痒いところに手が届くというのはこういうことなんだろうなとw
勝ち星拾う伝統、ポンテや柏木についての記述は非常に同意します。
チームが順調に成長してる感は去年のこの時期にもあったんですが、今年は縦パスからのコンビネーションやボールを動かされても守備の穴が少なくなっていることからも昨年とは違うんじゃないかとほのかに期待しております。
ただ相変わらず決定力不足は深刻ですね・・・
昨年が相手ゴールから10M迄だったとすると今年は5M位までは行ける様になったのかなと。

話は変わりますが名古屋の印象がワシントンの加入した年の浦和に非常に重なります。
大型補強で決定力、勝負強さは確実に上がってますが組織としての機能性は落ちてる模様・・・
浦和はこの年にJ初優勝(年間)したわけですがはてさて。
もし時間が有ればこの辺の考察もして頂けたらと思います。
なんだかんだで闘莉王が気になるんでしょうねw
2010/04/06(Tue) 10:28 | URL  | 某浦和サポ #-[ 編集]
>勝ち星拾う伝統
かつては"スタイル"としてそうだというところがあったわけですが、むしろナイーヴなスタイルのはずのフィンケになってもそれはあんまり変わらなくて、そろそろ人力以外のものも想定したくなって来ています。(笑)
他のチームと見比べると、平均して二割増しくらいの"拾い"力は、確実に感じます。やっぱ、羨ましい。(笑)

崩しのパス回しを、落ち着いてネットリやっている印象は、今年はありますね。それで「強く」なってるのか、それこそCWC制覇に向けて(出た!)、大きな意味での突破力が上がってるのかは、今いち疑問なんですが。ちょっとこじんまりした印象もやっぱり受けるんで、去年のいい時に比べても。
守備の穴塞ぎについては、意図してケアしてる様子が見えますね。ケーススタディ的な自動的対応があるようなのと、同じことですが心の準備が出来ているようなのと。
要はやっぱり、フィンケなりに個別の「課題」には取り組んでる様子は見られるんですが・・・・ということですね。"・・・・"の部分は、まあまた今後という感じで。(笑)

監督ピクシーは元々、ある意味「要領がいい」だけの人で、実はギドと似てる部分があると思います。それですむくらい、"サッカー"と仲の良い人というか。
その分多少妥協・マンネリが早いというか、結果的にそんなに追求心や独創性は無いというか。
噂の「代表監督」(笑)は、取りまとめ上手という意味では向いてるのかも知れないですけど、短期間に何かを刷り込んでグッとチームを変える感じではないので、特に弱めの代表の監督としてはどうなのかなという。
開幕で見た"変化"が、二ヶ月後どうなってるのか、では10節のレッズ戦を楽しみにしておきますか。・・・・観察ペースとしては、実際それくらいで十分な監督さん/チームだと思います。大きな常識的な枠組みでゆったり動いている感じですから。見てない言い訳ですけど。(笑)
2010/04/06(Tue) 22:38 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
清水x仙台戦の永井のゴールをスカパーで見て、久しぶりに心が躍りました
自分はレッズより永井が好きだったのかもしれません
2010/04/14(Wed) 02:33 | URL  | 次郎 #3xs9owas[ 編集]
"戦術"の一言ではくくれない、得難いキャラクターの集合体のチームだったと思います。
僕が好きだった(笑)レッズもね。
2010/04/15(Thu) 00:06 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック