東京V等サッカー、漫画、アニメ、アイドル 他
札幌-東京V(’10)
2010年05月05日 (水) | 編集 |
うーん、勿体ない。

J2第11節 東京V △0-0△ 札幌(札幌ドーム)

チャンスの質はいいんですけどね。まあ負けなくて良かったというのも、なくはないけど。


正直終了間際orロスタイムにコーナーキックとかになると、ドキドキしてたまらないというそういう身体反応は、抑え難いものがあります。(笑)
その点についてはこうして一試合無事に済んだことで、トラウマは癒されたということにして次に行きたいですが。(笑)

まあどちらもお人好しに、よくビッグチャンスを外してますよね。淡泊というか、だから共にこの順位だというか。


ただストレートに昇格目指してスタートしただろう札幌に対して、ヴェルディの方は・・・・とまあそんなことはいいんですが、とにかくヴェルディは段階としては、なんか(今のサッカーで)チャンスを生み出すこと自体が楽しくてたまらないというそういう状態にあるように見えるので、そんなにネガティヴなものは今のところは感じません。
やっと作ったのに・・・・みたいな空気だと、そういうのは重くのしかかって来ますが。

とはいえ勿論問題が無いわけではなくて、前の試合の"ドリブルの多さ"は直接的にはピッチコンディションを鑑みてという答えでいいとしても、話によると正体は湯浅健二らしい(笑)その質問者がほんとに言いたかったのは、作りの部分が曖昧だ、即興or個人技に頼り過ぎているという、そういうことだったんだろうと思います。

実際には今季川勝監督は、「大きな展開」とかも重要なプログラムとして入れているわけで、決してそこらへんについての意識が無いわけではないんでしょうが、ただ現状確かにそういう傾向がある、勝負の個人技が十分に集約的には使われていない、定期的にリスクやトリックの消費しどころが間違っているように見える部分があるのも確か。それによる、特に肉体精神双方のスタミナのロスが心配だという話を、前の試合について言おうとしていて忘れました(笑)。元々のスタイルがスタイルですし。

あるいはこちらは既に言ってますが、もっと単純に"ボランチ"が"ボランチ"として余り機能していない、それぞれに担当範囲では無難に仕事をしているけれど、チーム全体への影響力や"リンク"機能として、非常に物足りない面があるという、そういう問題でもあるかもしれません。
・・・・贅沢を言えばきりが無いですが、ゴールに近付いてからのプレー/コンビネーションがここまで冴えているんだから、その前や全体の仕切りをもっと整理出来たら、どんなにか良くなるだろうという、前向きな意味でもね。


ただどうなんでしょうね、それが出来る出来ないということとは別に、なんか「仕様」という感じもするんですけど。"自然"というか。
つまりそれぞれが前のめりにやや危なっかしいけど自由に個人技を使うことによって、今のチャンス創出力があって、今の段階であんまりその前に注文をつけると、所謂"角を矯めて牛を殺す"状態になる、あるいは谷も無いけど山も無い状態になるかもなという。
もしくは、チームの基本イメージを、去年の"香川・乾"に引っ張られたセレッソ大阪のような、あんな感じで持っておくか。・・・・ヴェルディの場合は、もう少し焦点は分散してますけどね。河野はやや別格としても。

明らかに川勝監督の目標自体はそういうチームではないので、セレッソを"目指す"わけには行かないわけですけど。
ただチームの不可避的な発達段階的事実として、あるいはより成熟・完成後も、残るかもしれない内包的性格として。
何であれ"出来てる"ことは大事にすべきなので、無闇に抑え込んでも駄目出ししても、仕方が無い。
一番簡単なのはいいボランチをポンと連れて来ることかも知れないですけど。ドゥンガとか(笑)。いやいや。

まあどうでしょうねえ、ビルドアップやプレーメイクの基礎システムを作るというのは、"監督"の仕事としてはかなり根本にかかわる部分・能力であって、だから必ずしも(パスサッカーを標榜する監督)皆が出来るわけではないし、出来ないものは出来ないわけで。
川勝監督のここまでの仕事を見ていると、元々少し重心・関心は、より先の段階のプレーにあるようには見えるんですよね。そしてそれとの、ゴール前の段階での細かい崩しとの、"対比"としての補完としての、「大きな展開」。そういう順番。"ショート・ショート・ロング"のフィンケではありませんが。(笑)

増してヴェルディは、割りとほっといてもパスは回せてしまうチームなのでね(笑)。自然関心はやや薄くなるというか。
出来る/出来ないはよく分かりませんけどね。
今後も前のめり傾向は続きそうな感じはしますけどね。そして初期段階のボールの運びは、やや個々のドリブル力に依存すると。


現状でも、そんなに目に見えて問題があるというレベルでもないような感じはするんですが。
ただ割りとボーッとというか、"何となく"やってる時間がそれぞれにあるのは確かで、特に疲れた時や守ったり落ち着かせなくてはいけない時に、問題が出て来る可能性は常にある。常にあるんだけど常に出ているわけでもなくて(笑)、どれくらい注意しなくちゃいけないのかなというね。やはり、良さとの裏返しという部分で。

攻撃に関しては、むしろ細かいクサビの打ち方とかを磨いた方が、攻撃の枠組みの組織化としては、近道かも知れません。特に河野という、それを受ける能力の高い選手が既にいるわけで。とにかくクサビもワンツーもいいけど、あんまり変なところで思い付きでやらないでくれと。心臓に悪いから。(笑)
後はまあ、落ち着く為の低めの位置でのゆっくりしたボールキープを、一つのパターンとして統一して練習しておくとかね。

まあどうなんでしょうね、どのプレーがどうというよりも、今までに出て来たプレーのメニューを、やりながら上手く統合して行くという、そんな感じになるんだろうなとは思ってるんですが。一応の全体像というか完成像は、どうやらちゃんと川勝監督の頭の中にはあるようですし。まあまあ出来てますし。
本当に問題が出て来たら、また考えようという。しばらくはお任せ。


河野の"やりながらアイデアが出て来る""走りながら考える"(笑)体質はやはり独特のもので、この試合も切れまくってましたね。止まったり喋ったり(笑)してるとそんなに目から鼻へ抜けるタイプではないんですが、動き出すと何か出て来る。足に脳が付いてるというか。(笑)
だからとにかく河野には、さっさとプレーを始めさせることが大切で、始める前に色々考えさせて、結局何も出来ない/始まらない状態にしてしまった去年の高木監督の右MF起用は、少なくとも結果的に最悪だったわけで。何度も言いますが河野は自分で変化をつけられるので、起用法で変化をつける必要は無いんです。

僕の"ウィング"(的役割)起用案というのも、要するに入り口とアウトラインをもうベタでもいいから簡単にして、その"ライン"に乗っかってからの河野の変化力を、存分に楽しもうというそういうことで。実際凄いプレーしますしね。
勿論ここ何試合かの河野のプレーには大いに満足・堪能はしていますが、今の"1.5列目""前線と中盤の間の半端なスペース"でちょろちょろと面白いプレーをする選手なんてのは、今の(特にアテネ世代以降の)日本人選手には沢山いる、総じて当たりの弱い日本人テクニシャンとしては、むしろ一つの典型とさえ言えると思うので。

逆にサイドで真っ向からウィングとして、世界と伍してやれる可能性を持った選手がどれだけいるかとなると。
そういう意味で、大きな視点で、または消去法で(笑)、そっちの方の河野の可能性に非常な未練があるということです。
まあ特に今言わなくてはいけないことではないですけど。


何分(ぷん)だろう、福田のこの試合最後のプレー機会での、クロスだかサイドチェンジだかもよく分からないプレーは酷かったですね。正直腹が立ちました。終了間際、チームが必死に勝ち越しの可能性を探っている中で、たまに出て来てどフリーで、何をやってるんだろうという。
明らかに気が乗ってないので、味方も反応し難いんですよね。"繋がり"を感じられないというか。
「大きな展開」の鍵を握る選手の一人、ポジションでもあるわけですし。ちょっとね。

河野交代後の飯尾は、あれは平本との2トップだったんですかね、それともそのままトップ下?
その後平が飯尾に代わった流れからするとトップのような気もするんですが、テレビ画面ではよく分からなかったです。
次男のトップ下、と、ついでに飯尾の右MFというのも、見てみたかったですけどね。この前言った、福田との同サイド起用という意味も含めて。
まあどのみちあんまり、途中からコンビネート出来るような感じはしませんけど、それでも一応ね。今年見てないし。

解説の平川弘さんのキリノへのコメントがなかなかに冷淡で笑いましたが(笑)、そんな感じてキリノがチームに乗れてない状態でなかったら、2点くらい普通に取られていたような、そういう怖さはやっぱりありました。
ちょっとマークも終始甘かったですけど。技巧派のマラニョンあたりと比べても、ああいう一気に入って来る感じの選手は苦手ですねウチは。視野に入った時はもう遅れてるんですよね。見てるこっちでもそうなんだから。うむ。

そういう意味で、冷静に振り返ると負けなくて良かったとは、思います。
でもウチのゲームでしたけど。調子良く攻めて攻め切れなくて、その後必ず一つ休みして押されるという意味でも。(笑)


次どこでしたっけ、か。
とりあえず、勝ち点ゲットがノルマ。
勝とうとすると、引き分け(続き)はムカつくけど、それに慣れると"負けない"というのも意外と気持ちがいいもので。(笑)

連戦もラスト、まあ何とか乗り切れそうな感じで。
totoBIGは二回も買い忘れましたけど。(笑)
忙(せわ)しないんだよ。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック