ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ、他
ホーム最終戦
2006年11月27日 (月) | 編集 |
開始前、まずは日テレ録画中継のここんところの隠れたヒット企画”前節(札幌戦)のダイジェスト”で、金澤のミドルシュート連発に萌える(笑)。やるじゃないか。
あれはほんと結構長めでいいですよ。少なくとも解説者の聞いてて悲しくなる煽りで時間潰すよりはよっぽどいい。

J2第51節 東京V△1-1△仙台(国立)

最初はダイヤモンドの左だったそうで、この日も金澤は序盤は積極的に攻撃にからむ。チーム事情か展開力の部分については入団当初の意欲をすっかり失ってしまった感じですが、シュートと飛び出しに関しては今季の出場試合を通して可能性の感じられるプレーだったと思います。・・・・まあ可能性で終わっちゃいましたが(笑)。入り出すと入るんですけどね、こういうのは。

全体的に、消化試合にしては(?)なかなか活発で結構なゲームだったんじゃないでしょうか。特になんてことはないですが、プレッシャーはなく、元気はあり、いい意味で深く考えずにポンポンボールを回してガンガンシュートを打って。
その「深く考え」ない部分が後半には雑さ、工夫のなさという形に出たきらいはありましたが、まあこんなもんでしょう。こんな試合にそれ以上のものを求めても。

ただ根本的なことを言えばウチの問題は”ノッ”てない時、またはリラックスしてない時にどうするかで、言い換えると”いかにちゃんと緊張するか”だと思うんですが、「気持ち」のラモスが関心があるのは専ら開放系燃焼系のそれだけなので、それで本来凝縮系の集中力で担うべき部分をどこまでカヴァー出来るものなのか。

ともかく昇格の目が消え、かつメンバー落ちで強豪オーラも消えた仙台は要するにウチの親戚筋の似たようなブラジルスタイルのチームでしかなく、寒空の下、でもオッチャンたちは今日も元気でサッカーをやったよというそういう感じの試合でした。

「来年に繋げる」ったってねえ・・・・。遠いよ。いずれにしても。
ちなみに仙台のロペスはレンタルで、一方でウチのマルクスさんは来年6月までの契約だということを今日初めて知りました。どちらも”いれば頼る”タイプの選手なだけに、こういう境遇のあやがどう出るか。


それはそうとこの試合のラモスの会見は、今シーズンで一番内容があるものなんじゃないですかね。
相変わらず『難しい試合になることは予想していた』という決まり文句にどういう意味があるのかよく分かりませんが、2つ目の質問に対する長い答えにはラモスなりに真情がこもっているのが感じられます。

「せっかく海本や石川が来ているのだから、3‐5‐2にしようかとも思った」

・・・・そうなんだ。

「個人的では3‐5‐2は嫌だ。よっぽど選手たちが揃っていない限り、絶対嫌だ。」

・・・・ぶっちゃけたな随分。

特に面白かったのはこれで、

「もうちょっと、昔のヴェルディの色を取り戻したいと思う。その気持ちの部分で選手たちを磨かなかったのは、私にも悪い部分はあると思う。」

後段は普通に表現すれば『その意図が浸透し切れなかった』とかなるはずだと思うんですが、つまりラモス語の「気持ち」には様々な日本語の意味がごちゃまぜに入っているか、あるいはあらゆる観点・切り口をラモスはわざわざ「気持ち」という切り口に翻訳し直して喋る人なのかなとそう思いました。文字通りに”精神論”なわけではない、少なくとも本人的には。

真面目な話、ポルトガル語で喋ってもらってそれを通訳に訳してもらった方が意味が正確に伝わるんじゃないですかね。なんかあまりに帰化した人の日本語力を馬鹿にしてるようで心苦しいんですが、この職業についてる限りはおいそれと大目に見るわけにも。

(追記)
来年のメンバー
僕はどうでもいいかな(笑)。関心があるとすればそれぞれの選手にどこでもいいからちゃんと働き場所があること。それがウチである必要は。去年以上に。誰がいたらどうなるとも思えないし。むしろまた豪快にシャッフルして”ラモス色”が強まるのを見たいかも。毒を食わば皿まで。

サイトトップへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBどうもでした
 私も、選手には緑でなくとも活躍の場があればいいなと思うのですが、自分が主に緑の試合しか見に行かないこともあって、選手を見るには緑に居てくれるといいかなと。要するにあれです、利己的な理由です(笑)

 ラモスが何をしたいかはだんだん見えてきたようにも思いますが、それじゃ昇格は難しそうなのも確かなような気がしますねえ。
2006/11/27(Mon) 21:16 | URL  | 島魚 #HRGPzcus[ 編集]
「昇格」自体はそれこそみんなの”たら・れば”視線を一身に受ける(笑)ノブリンだって、正にこれから失敗するところかもしれないし、出来なくても恨みはしないし出来そうになくてもそれなりにモチベーションの上げようはあるんですが。
ただ何というか「J1」どころかどこにも連れてってくれなさそうなのが絶望を感じるところで。

方向性そのものに絶対的に駄目なものというのは基本的にはないと思うんですが、どんな方向性であれ、それを突き詰めて現実とすり合わせて舵取りしていくだけの客観性・知的誠実さ・自分への厳しさみたいなものがこの人にはあるのか。
まず己の等身大を知るべきですからね、人に物を教える職業・立場に就く人は。

(↑)の会見のぶっちゃけ方なんかは、そういう萌芽として一応希望的には読めるんですが、育つのかなあその芽。
2006/11/28(Tue) 01:59 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック