東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
調整試合その3 コートジボワール戦
2010年06月05日 (土) | 編集 |
"叩かれた"というより"萎(ちぢ・しぼ)んだ"、という印象。

親善試合 日本代表 ●0-2○ コートジボワール代表(シオン・スイス)

対症療法の限界というか。


・またフォメ変えたのか。
・なんかこう、単に心理的にダブルの方が落ち着くからというか、"1"の緊張感に耐えられなくて、重力に従って落っこちて来てしまったという、そういう印象。
・背景はイングランド戦の"ひと安心"。油断というか。
「長谷部のトップ下」自体に、特に大きな期待が持てる(過去の)根拠も文脈も見えないわけで。
・要は「アンカー(阿部)を置く」「遠藤・長谷部は使う」という二つの縛りを前提にした"順列組み合わせ"の、一つの偶々の帰結という感じ。
・せめて遠藤と長谷部逆なら、「イングランド戦で不十分だった攻撃のテコ入れ」or「遠藤のコンディションをケアしながらゲームメイク力を活かす」というようなストーリーも描き易いんですが。
・実際にこの配置が"語って"いるのは、"1stボランチ"としての遠藤のこのペア結成以来の不変の立場というか、信頼感というか、信頼以前の検討に晒されていない前提というか、岡田監督のボランチ像というか。
・恐らくは岡田監督の中で、「山口素」「遠藤」というのは、限りなくイコールで結ばれているんでしょうね。
・理想のボランチであると同時に、本人的には(遠藤も含めて)堂々たる典型でもある。
・だからこそそこに更に「アンカー」を加えるのは、一種の蛇足であるし、違和のある文脈の侵入であって、落ち着かない。落ち着き切れない。
・そんなこんなで、なんやかんやと、またもやのフォメいじり。

・ともかくそれによる、(イングランド戦からの)距離感のズレと、重心の後退と。
・新方式2戦目ということで、はいはい、引くのねという軽い緩みと。
・何せ哲学でやってるわけじゃないから。
・コンディション自体はイングランドよりは良さそうだったですが、やる気が無いのかそういうチームなのか、今いち圧を感じないコートジボワールの戦いと相まって。
・特に前半は、フィールドがやたら広く感じました。2チームのボール支配率を足しても、"100"にならないんじゃないかという。(そんなバカな)
・まあ別にここで面白い試合をする必要も無いので、一応日本の"守備練習"には、なったと思いますけど。
・ただその為の形をまだ迷っているというのと、それもあって攻撃練習は始めてもいない感じなのと。
・手が空いてる奴は、個人練習な!
・今野と駒野の取捨について言っている人が多いですが、前に言ったように(どこだっけ)岡田監督にとって駒野は純然たるバックアップ、「攻」「守」共に要求水準に引っかかって来ないそういう選手で、普通の意味では使う価値・狙いが無いということだろうと。
・....とか何とか言っている内に今野怪我してるし。どうすんだろ。さすがに(駒野を)使うのか。
・内田の高地順応の件は....。阿部ももう、別件で(笑)使っちゃってるし。
・内田で思い出しましたが、俊輔とこの2人のコメント合わせると、面白いですね。

内田「どうしてもオレならという見方をしてしまう。それは考えながら見てました。自分なら出ちゃう。無理でも前に。」
俊輔「サイドバックはもっと上がらないと、回さないと」


お前らデキてるなというか(笑)、色々不備や偏りを言われつつ、確かにこのセットが、一つの形だったんだなという。
・DV夫(俊輔)とそれでも尽くす嫁(内田)?
・夫婦のことは、外から見てもなかなか分からんもんだ。(笑)

・さて予定通りのショボい試合を、ある意味最低限の犠牲(今野という意味ではない)でこなした岡田リカバリージャパンですが。
・次のカメルーン戦の準備は、整ったと言えるのか。
・"最低限"というところが、逆に焦点がボケる感じもしますけどね。
・手を入れて来るとすれば、やはり攻撃面なんでしょうけど。
・長谷部トップ下はやめるとして、でも遠藤も長谷部も(勿論阿部も)外せないとすると、何があるのか。
・後半の一瞬の出来で、本田→俊輔か?そんでもって今野の故障をいいきっかけに、内田復帰?
・もし存外に"トップ下を置く"ことの方に重心があった場合は、憲剛システムの復活とか。
・本田トップ下の方は、さすがに(韓国戦の失敗の)記憶が新し過ぎるので、無いでしょうね。
・いずれにしてもその場合は、後ろ組3人の誰か外さないといけませんが。
・まあ長谷部トップ下継続も、無いとは思いません。多分念頭にあるのは、~ジョーホールバルのチームの北澤のイメージ。(参考)
・前に山瀬をめぐって説明したことのある、一つの得意な形。
・守備力を落とさずに(メンバーを変えずに)、何とか攻撃への関与をと期待したんでしょうけどね。(表の思考としては)
・この試合の低調を、疲労の蓄積と消極性という原因に主に帰した場合は、元々外せない"3人"ですし、守備が大きく崩されたわけでもないですし、そのままという可能性も十分に。
・しかし「戦えない選手」って誰でしょうね。
・発言自体まずいような気はしますが、例によって新聞的抜き出しであってくれという。
・ただし前段の「シンプルにボールを動かして」あたりと絡めて、「精神論」というより「戦術論」として読むことも、出来なくは無い・・・・かな。
・そういう意味で、戦えないという。無理?(笑)
・僕もブレてるというか、フニャフニャしてます。あと3試合!!
・いずれにしてももう選択の幅自体が無い状況なので、淡々とやり過ごすべきだと思いますけど。
・イラネとか言ってられる身分じゃない。

"戦えない"選手が遠藤とかだったら、驚きですけどね。(笑)
確かにある意味で、戦えない状態なわけですけど。
トゥーリオは今更大人しくなるとか、無しね。

結局印刷所には、未完原稿を持ってく羽目に。
色が塗られてないとかいうよりも、前の週との関連性や、次の週への"引き"の性格の良く分からない、詰めてない構成の段階のものが。
この日のコートジボワールを見ても、アフリカというのはつくづく当てにならないというか、起きるまでは寝てる感じなので(笑)、ヨソ行き守備的ジャパンと合わせて、どちらかというとカメルーン戦は、凡戦注意報発令中かなという。

「日本は勝ち点3取らないといけない相手だからどこも必死」という意見もありますが、実感的にはほんとかなあという。理屈はそうでも、あいつらそんな殊勝かなあという。(笑)
凡戦からちょうどいい時間帯にひょっこり先制点が取れて、コンディションがいい(多分)ところで何とか耐えて・・・・。

うーん、"取る"まではぎりぎり沸くんですけど、"耐え"る方のイメージがどうも。自信ねえ~(笑)
驚かせて、くれるんでしょうか。(対象が変わってる)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
右が俊輔・ウッチーじゃ、守備がまったく機能しないからぼろ負けだね。
2010/06/06(Sun) 23:36 | URL  | 344 #-[ 編集]
???
そ、そうかもしれないですね。
2010/06/07(Mon) 06:29 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック