東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
代表?メンバー発表 他
2010年08月27日 (金) | 編集 |
一応。
原さんなりに、誠意を尽くしたのだろう、メンバーを。(笑)


“原ジャパン”23人 W杯組に加え香川、乾、細貝ら選出 (スポニチ)

日本サッカー協会は27日、ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会後初の日本代表の試合となる9月の国際親善試合2試合に向けたメンバー23人を発表し、MFの本田(CSKAモスクワ)や遠藤(G大阪)らW杯の主力が順当に選ばれた。(中略)
日本はキリン・チャレンジカップで4日に日産スタジアムでパラグアイ代表と、7日に長居陸上競技場でグアテマラ代表と対戦する。

代表メンバーは以下の通り。

<GK>
楢崎正剛(名古屋)川島永嗣(リールセ)
<DF>
中沢佑二、栗原勇蔵(以上横浜)田中マルクス闘莉王(名古屋)駒野友一(磐田)岩政大樹(鹿島)長友佑都(チェゼーナ)槙野智章(広島)内田篤人(シャルケ)
<MF>
橋本英郎遠藤保仁(以上G大阪)中村憲剛(川崎F)松井大輔(グルノーブル)今野泰幸(FC東京)長谷部誠(ボルフスブルク)藤本淳吾(清水)細貝萌(浦和)本田圭佑(CSKAモスクワ)乾貴士(C大阪)香川真司(ドルトムント)
<FW>
岡崎慎司(清水)森本貴幸(カターニア)


太字は例の"ナビスコ8"(笑)、鹿島、FC東京、川崎F、清水、磐田、G大阪、広島、仙台の選手。
気を使ったようにも見えるし、関係無いようにも。
そっか、名古屋とセレッソは、ナビスコ残ってないのか。ガンバがちょっと、負担ですかね。年齢的にも。

原代行監督「日本の良さを出せるメンバーを選んだ」 (スポニチ)

W杯後初の実戦となる9月の国際親善試合2試合に向けた日本代表23人を発表した日本サッカー協会強化担当技術委員長の原博実氏。
メンバーについて「コーチ陣と話し、日本の良さを出せるんじゃないかと、このメンバーを選んだ。準備期間が短い中で、W杯で戦った選手を中心とし、そこにフレッシュな選手を加えた」と説明した。監督不在のため、代わりに指揮を執るが「監督が(近日中に)決まれば、合宿開始前に日本に来てもらい、練習を見てもらう」と話した。


まあ今回のメンバー選考に、普通の意味でああだこうだと言ってもしょうがないので、単に気が付いたこととか。

まず一般に疲労するSBが3人なのに、CBが5人もいるのはなぜだろうというのが、パッと見思いますね。
増してW杯コンビが、日本的には空前絶後に近い"二人"なのは誰もが認めるところでしょうから、尚更。
答えとしては正にそれで、バックアップ/代わりの不在というのが原"監督"自身の懸案として前々から大きくて、この機会に少しでもそこらへんのケアをしたいという、そういう意図かなと。
活躍しているとはいえやや今更の橋本と"MF"登録の今野は、これはまあやっぱり、阿部不在の穴埋めでしょうね。細貝もちょっと違うんでねえ、そういう意味では。
香川と乾を同時に呼んでるのは、茶目っ気のある原さんのことだから"そういう"気満々だと思いますから(笑)、逆に藤本は、あくまで今清水でやっているように"FW"的な起用をイメージしてるんだろうなと。
・・・・まあこの両者は、システム的に同時には難しいでしょうが。
そうそう、FW登録の少なさも、一つそれで解けますね。
今更と言えば楢崎はそれこそ今更ですけど、若手に適当なのがいなかったのか、川島の調子が心配(またはさほど認めていない)のか。

全体的には、あくまで『日本代表』の面目と当座の戦闘力を保ちつつ、精一杯プラスアルファを出そうと努力した跡は見えると思います。
"新監督に見せたい"というのも、結構本気度は高いような。実際細貝は是非とも、何らか新チームにきっちり拾われておくべき選手だと僕も思いますし。"ポリバレント"系でもひと際スケールが大きいというか、それ以上のパンチもある選手。

まあ、別に、いいと思いますよ、僕は(笑)。これはこれで。一つの考え方。
海外組はどうしても呼びたいor呼ばないといけない事情があるんでしょう、ここまでを見ると。


代表新監督、パラグアイ戦までには決定か (サンスポ)

代表メンバー発表までに結局、新監督は決まらなかった。26日に、交渉相手との就任可否の回答期限を28日と明らかにした原委員長は「(条件の)投げ合いをしている。最終(決定)に近いところにきている」と、代表発表記者会見でも26日と同様の説明に終始した。

代表発表に前に開かれたJ1の強化担当者会議に出席したクラブ関係者によると、原委員長は席上、パラグアイ戦までに「多分決まるだろう。試合には間に合うと思う」と話したという。


なんか意味があるのかどうかよく分からない、未練がましい続報。
サンスポはどこにニュースヴァリューを見出したのか。
そして僕はなぜ取り上げているのか。(笑)
いや、何となくね(笑)。より強い見解というか、原さんの"説明"のリアリティを補強するような感じもするので。
どういう方向にか。(寝呆けてる?(笑))

“暫定ジャパン”参謀役に…小倉コーチに“続投要請” (スポニチ)

日本協会がW杯南アフリカ大会で日本代表コーチを務めた小倉勉氏(44)に異例の“続投要請”を行ったことが26日、明らかになった。
原技術委員長が代行監督を務める9月の“暫定ジャパン”の参謀役として白羽の矢が立てられたもので、W杯で決勝トーナメント進出を果たした岡田ジャパンの流れを踏襲するのが狙い。

小倉氏は市原、千葉(現J2千葉)時代、長年にわたってコーチや強化スタッフを歴任。千葉と日本代表の両方でオシム監督のもとコーチを務め、代表が岡田体制になっても引き続きコーチを務めていた。


どなた
寡聞にして知らないので、フィジカルコーチか何かかと思いましたが別にそういうわけでもないみたい。
(はてなキーワード)
なんかよく分かりませんが、必死にカタストロフを防ごうと努力しているのは、伝わって来る気はします。
基本的には、何とか今回のドタバタを上手く乗り越えて欲しいとは、僕も思ってますが。
ただ最終的に原さんが引っ張って来た監督以外(具体的にはJ経験者か)に決まってしまったら、やっぱり原さんは辞めるべきだと思いますけどね。どうしたって"滑り止め"新監督としては、仕事し難いでしょう。
代わりに誰と言われても困りますが、まあ大きな仕事は当面片付いてしまったわけですし。


トム・トムスク 松井の次は伊野波に獲得オファー (スポニチ)

日本代表MF松井大輔の獲得に名乗りを上げたロシア1部のトム・トムスクが、鹿島のDF伊野波雅彦の獲得を目指していることが明らかになった。
26日までに獲得オファーが届き、クラブと伊野波が交渉を行ったが、今夏の移籍は断念。しかし、クラブ関係者は「今年のオフにまたオファーがあれば交渉の席には着く」と話し、今後も交渉を継続していく方針を示した。

伊野波は韓国代表DF李正秀の加入でシーズン序盤は出場機会が激減。李正秀の移籍で定位置を取り戻したが、オフに向けて移籍も模索していく。


別にいいんですけど、いったいどこで伊野波に目を付けたんだろうと、単純に。
そんなに見られているのか?Jリーグ。
とにかく守備の選手には、誰でもいいからとにかく国際的にスペシャリティを獲得した選手が出て来て欲しいので、頑張れるものならば、頑張っていただきたいです。(?)


結局今日の代表関係の記事で、また埋まってしまいましたね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック