東京V等サッカー、漫画、アニメ、アイドル 他
今月のモーニング2(’10.11月) とか
2010年11月23日 (火) | 編集 |
mor2_1011

オフィシャル

大黒は、喋ると(書くと)ちょっと馬鹿っぽいのが残念(笑)。プレーからすると意外なくらいというか、実は見逃しているそういう欠点が、プレーにあるのかもという。
名古屋●0-1○FC東京
FCは名古屋が相手ということで、無心にやれたのが良かったかなという。なんかこの試合は、負ける気がしなかった。

チェゼーナ強化部長が明言!広島・佐藤寿人獲得へ (報知)

まあこういう形でもうひと花というのも、悪くない。代表では駄目そうだし。

サヌ、フィンケ監督とともに退団が濃厚 (スポニチ)

サヌ個人は、屈指の面白選手でしたけどね(笑)。日本で育つのを見てみたいというか。
いつかひょっこり、UCLとかで見そうではあります。
しかしこの選手がフィンケの引きだというのは、フィンケの本当の指向性を考える上で、これまた面白い材料だと思いますが。

フローニンゲン アヤックス抜いて3位浮上 (スポニチ)

スケベニンゲンには、有力なクラブは無いんでしょうか。(笑)
是非、頑張ってもらいたい。
遠く日本から、みんな応援していますよ。(笑)


toto(BIG)を買い忘れると、いきなりテンションが下がる体になってしまいました。
金金、俺に金をよこせ。


『少年ノート』

良い。とても良い。
読んでて"波"というか"うねり"というか、ダイナミック"リズム"を感じますが、こういう主観的なタイプの作品には、これは必須のものだと思います。『つらつらわらじ』が好きなのも、そのダイナミズムが作者の他の作品に、無いレベルに達しているからで。
一方で面白いのは、その"主観"性が作中で直接的に批評もされていることで、つまりその"主観"の主な持ち主である主人公は「痛い」コであり、同時にまた躊躇なくダイナミックに、(音楽に対する)感情をほとばしらせる「天使」でもあるという。
・・・・ただこういうある種ウブな、それゆえ"完璧"なバランスというものは、ストーリーが進行して世俗の垢にまみれるにつれて、しばしば本来の姿を失ってしまいがちなものでもあるので、この初回が最初にして最高である可能性は、無きにしもあらず。アニメなんかでも、ちょいちょいあるんですよね、そういうこと。
"ストーリー"は少なからず、作品の純粋性の敵であるという。故に&殊に、"エンディング"を自然なものとして作るのは、誰にとっても難事業であるという。
まあ期待しないで期待しています。定期的に輝いてくれれば、それでいいくらいの感じで。(笑)

『変ゼミ』

"女の子が黙々と物を壊す姿に萌える"方は分かりますが、"わざわざ酷いことをしてその罪悪感を味わう"の方は、どうにも「悪」が中途半端な感じがして、それゆえただ悪いだけという、そういう感じ。
"ネタ"としての完成度が低いというか。マジレスされても文句は言えないという。

『夕方までに帰るよ』

いかにも自意識過剰な線の細い絵を見た時は、駄目そうだなあと思いましたが、構成がしっかり組んであってかつ進行も早いので、意外とイケるかもという。
引きこもりは、"引きこもる場所があるから起きる"というのと、同時に逆に、"それ以外の場所に引きこもり要素が欠け過ぎているから起きる"というのと、両方ある気がします。
つまり適度の引きこもりは、精神の健康に必須だということで。

『おはようおかえり』

相変わらず彼女さんがクソ女過ぎて、テーマであるはずの主人公の「問題」がクローズアップされ切らないところも感じますが、「好かれるのとモテるのは違う」or「"男の子"のモテ方と"男"のモテ方は違う」アングルは、なかなか的確と言うか、痛いというか。(笑)
「大人になったら(ヤサシー)雰囲気だけではモノ足りんてわかる」。痛っ(笑)。俺のことか?
まあ優しくはないよと、最近は専ら、積極的に宣言してしまいますが。優しいとしたら、「飼い主」としてだけです。(笑)
"ぽっちゃりしてるくらいの方が可愛い"というのは、ある意味オヤジギャグ以上の、さぶさぶワードだと思いますけどね。禁句に近い。

『荒呼吸』

人前で恥を掻き切った後の、周りの人の優しさ自体は、なかなか普段に無い熱がこもっていて、悪くはないですけどね。
でもやっぱり嫌だ。(笑)

『ライアーズ』

旅芸人(?)姉妹のお姉さんの、部屋着の谷間がまぶし過ぎる。
これは単に、僕が欲情しているだけではなくて(笑)、"セクハラも少々の枕営業も、「女という宿命」として受け入れる"という、作中で暗に示された"弟"の達観を反映しているというか、作者のゆるい世界観の表現というか。
今そこにある邪悪。女は犯されるように出来ている。(これは西村寿行)

『女たちよ』

ん?オチは?

『つらつらわらじ』

"倹約"対"かぶき"(?)的な「テーマ」がより鮮明になって来ていますが、それでかえって作品としてのバランスが崩れ始めているような気配も、無くは無く。
いかに「内容」に逃げないかという、痩せ我慢勝負みたいなところのある作品/作風だと、思うんですけどね(笑)。"言わぬが花"を貫くというか。

『I Care Because You Do』

そろそろ終わりか。
結論から言うと、どうせならもっと散文的に、説明的に語って欲しかったかなという。"エヴァンゲリオン世代"の声を。
まあ閉じてる、一人よがってること自体が、特徴なのかも知れないけれど、それはそれで、語りようがあると思います。まず語るべき、まだ「段階」というか。
「個性」「個人」以前に、単に「未熟」な部分が大き過ぎるように感じます。それと「無知」。
勝負が始まる前に、終わってしまっているというか。汲み取れるものも多分にあるんだけど、態度が悪過ぎるので、汲み取ってやらないという。(笑)


今日は思いっ切り、客入らなそうですねえ。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
杉原杏璃さん素晴らしいですね。
いつも見ております
ポリスでいうところのI WILL BE WATCHING YOU
今年はバイクで事故ってえらい目にあってしまいましたが、入院先でも【みどりのろうごく】は心の支えでした。ありがとうございます。

いまさらですが、アト様がおっしゃってた大黒の異質な得点感と「きみに届け」(再放送で見てすっかりやられてます)の素晴らしさに救われた感の強い年末の今日このごろです。

あきらかに支離滅裂な文章になってしまいました。お許しくださいませ。
2010/11/24(Wed) 03:15 | URL  | 33 #-[ 編集]
そうそう"新星"(笑)も出て来ないし、毎日二枚もいいかげんめんどくさいなと思う時は無くは無いんですが、でもあれがいきなり無くなることを考えると、自分ごとながらいかにも寂しいので、行けるとこまで行くつもりです。Can't Stand Losing You, 所長さん。
バイクですか、大変ですね。僕も早く医療保険決めなくてはと、思わず変な方へ思考が行きましたが、それこそそっち方面は大丈夫でしたか?

『きみに届け』は・・・・結局記事にしてませんでしたっけね。
変な論で"汚し"たくないという気にさせる作品なのと、本気で論じようとすると結構ディープに哲学や文化人類学方面に入り込みたくなる独特のインパクトのある作品なので、ついついスルーしてしまいました。キーワードは"間主観性"、みたいな感じです。(笑)

あのねえ、黒沼はおかしいんじゃなくて正しいんですよ。正し過ぎておかしいだけでね。
やっぱり書きたくなって来ましたが、とりあえず2ndシーズンを待ちます。楽しみなような、怖いような。
ハチクロの2ndの時と、ちょっと似たような感覚ですね。ファーストインパクトを永久保存して終わりたい、"ストーリー"に汚される((↑)『少年ノート』)前に、という。(笑)

まあ黒沼なら、大丈夫だと思いますが。


(追記)
大黒はなんかでも、不気味なオーラが消えてから、"結果として"、かえって点を取るようになっている気がします。
ヴェルディでは、結局オーラ出しっ放しでしたからねえ。最後まで、"いちFW"にはならなかった。
なれなかったというか。恐らく戦力的な厚みの不足で。まあよろしくお願いしますよ。まだウチの選手のはずですし。(笑)
2010/11/24(Wed) 15:35 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
大黒様はなにより初登場の神戸線でのインパクトが尋常じゃなかったですね。
「寄らば斬る!」というか、居合い抜きの達人みたいなプレイが随所にあふれてて、自分も含めてちょい斜めに見てたものを瞬間で「ものが違う…」と納得させる抜群の存在感でした。
珍しくフロントがいい買い物したなぁ、と。

最近はおとなしめというか、加入したてのギラギラした感はなくなってきてはいますが、しっかり結果だしてて本当に凄いFWだと思います。
ありがとうございます。

バイクは保険で金銭的にはまぁアレなんですが、
肉体的なダメージが痛いですねえ。
サッカー選手でなくて良かったなぁ、と思うことにしてます。
2010/11/25(Thu) 01:38 | URL  | 33 #-[ 編集]
ここに来て平山・大黒が安定して来て、逆に中盤(2列目)の見劣りというか、アンバランスが、気になって来てしまっているところもありますよね。難しいものです。
編成的には、落ちた方がかえって分かり易くなるというか(笑)、チーム内のレベルの高い部分に合わせようとすると、凄いチームになってしまうというか目指さざるを得ないというか。
大竹大プレイクが、一番簡単で安上がりかな。(笑)

じん帯とか、関節とか、そっち系ですか、では。
後遺症残る系というか。うむ。
その内慣れられる程度のものなら、自己観察のいい手掛かりになったりするものですけど、どうなんですかね。お大事に。
2010/11/26(Fri) 18:24 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック