ヴェルディ等サッカー、漫画、アイドル 他
今晩はCWCだって?!
2010年12月08日 (水) | 編集 |
なんのこっちゃ。

私ごとですが、携帯をヴァージョンアップさせまして、昨日の夜はほとんどそれの機能チェックにかかり切りでした。
なんと!今度の携帯には・・・・カメラが付いています!!。わらい。
まあそれ以前に、iモードサイトや重めのメールが、ちゃんと読み込めることに感激し切りだったんですが。
そもそも見られるサイトが限られていたので、一番安いコースでも無料分なんか大余りに余っていたのでね。ウン年分全部繰り越して、こっちの携帯に付けたいわ。自力でパケ放題だ。

とにかく、さよならmova。上であんなことを書いてますが、実はカメラが付いてるということは、ついさっき思い出したというか、そこまで目を向ける余裕が出来たというか。(笑)

というわけで一日遅れた感じですが、それ(あそこ)以外のJリーグ記事。


札幌が山瀬獲り参戦!「条件はJ1の半分」も誠意でカバー (スポニチ)

が道産子屈指のJリーガー獲得に乗り出した。複数の関係者によると、山瀬の横浜退団が正式に決まった先月30日にすぐさまオファーを出したという。札幌でキャリアをスタートさせ、岡田前代表監督時代の00年には新人ながらJ1昇格に貢献。道内での人気も健在だけにチーム再建の切り札となりうる存在だ。

しかし、条件面では他チームに劣るだけに厳しい状況は否めない。来季の強化費は今季の4億5000万円から最大1億円の減額となる見通し。クラブ幹部は「条件はJ1チームの半分に満たない。金額では正直太刀打ちできない」と明かす。それでも昨年は同じ低条件ながらFW中山を獲得した経緯もある。同幹部は「ほかの選手もそうだが、誠意は昨年の中山選手と同じ」。今後は道内の期待度を訴えながら、交渉に臨む。


札幌と浦和には、山瀬はかなり不義理な感じで出て行った印象があるんですが、特にわだかまりは無いんでしょうか。
まあ札幌への"不義理"感のかなりの部分は、出先の浦和での浮きっぷり、"無駄な移籍"感というのが、大きく影響していると思いますが。浦和に対しては、ほぼ純粋な不義理。落ち着かない奴よのうという。

基本的に、出処進退に納得感が薄い人というのは、例え能力があっても大成しないという印象は、経験的にはありますね。三浦アツとかもそう。大黒さんも結果的には。
梅崎のグルノーブルなんかも、なんか要らなかったような。永井雄一郎のカールスルーエも。
その点平山は、持ち直した方ですね。頑張ってるようで実は相馬崇人も、結局は地に足が着いてないだけの選手に、今のところは感じてしまいます。
・・・・レッズがらみ多いなあ(笑)。レッズ自体は、むしろ漫然と終身雇用というか、割りと在籍選手に温かいチームだと思うんですが、それ以上に空中戦も多い。(笑)

しかし山瀬に今更札幌とは、札幌が蛮勇なのか、それとも山瀬の市場価値が、実は落ちているのか。
あんまりチームを強くする感じは、しない人ですけどね。福西的とまでは、いいませんが。活躍する時は、派手なんですけど。
Jのあちこちが狙ってるらしい松井も、基本的には同じカテゴリーかなと。松井だけがいても、何もどうならない選手。出て来た当初の山瀬は、むしろ"ドリブルも出来る小野シンジ"みたいな、そういう器用さも感じられたんですけどね。なぜかすっかり、ただの飛び道具系に。大艦巨砲系というか。(笑)


浦和・原口がアジア杯予備登録メンバーへ (スポニチ)

日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(57)が、アジア杯(来年1月、カタール)メンバーとして、浦和のFW原口元気(19)をリストアップした。日本協会関係者が明かしたもので、きょう6日に発表される50人の予備登録メンバーに選出されることが確実となった。


で、選出
50人とは言え、今年のプレーで?というのが、正直なところ。
来年はむしろ、"仕切り直し"の年だとくらいに、見ていたんですが。
なんかこう、生真面目さが上っ調子というか、頭の固い感じのプレーに、今年はなってたと思いますね。
もっとこう、自分(のプレー)と対話している感じが欲しいです、例えば同じチームの、高橋峻希のように。
峻希の場合は、後ろ目のポジションで苦労した経験(あるいは単に前で出場機会を失った)が、活きている感じはしますが。視野が広がると共に、明日の保証は無い、やりたいプレーをやり切ろうと。
原口の言葉は、目線は、常ににしか、"一般"の観点にしか、向けられていない感じで。なまじ出させてもらってるから、色んな人に引かれているからか。どうも危うく見えるんですが。こんなんで、ちゃんと何者かになれるのかという。

そんな原口にも声をかける、ザッケローニのアジア杯。
メンバーを見れば相当に先行投資的ニュアンスが濃いのは明らかですが、一方であくまで海外組の招集にこだわるのは、"バランス"なのか"矛盾""混乱"なのか。
原口と興梠がMF扱いというのも、よく分からないな。あ、梶山がひっそり入ってる。(笑)
矢野も含めて、存外に新潟の選手が多いですね。たまたまかな。


浦和4年越し東京DF今野獲得に意欲 (日刊)

浦和が、J2降格の東京DF今野泰幸(27)の獲得へ向けた調査に乗り出すことが5日、分かった。契約や年俸などの諸条件をチェックする。今後、本格的なオファーに発展する可能性もある。

4年越しに浦和が動く可能性が出てきた。07年オフにも今野獲得へ動いた経緯がある。当時とチーム状況は異なるが、センターバック、両サイドバックにボランチと複数のポジションをこなせ、柱谷GMは「誰が見てもいい選手」と高く評価している。


うーん、そりゃ欲しいは欲しいだろうけど、じゃあ具体的に基本メンバーを考えた時に、まさか今野と細貝を組ませるわけにもいかないだろうし、補強"ポイント"なのかというとちょっと疑問。一応(笑)鈴木啓太もいるし。(外出ろ外)
むしろポランチなら、柏木の役割の選手の方を何とかしないと、復帰した山田直輝が小さな体できついところに釘付けにされそうだし、他にはやっぱり、サイドバックの方が優先順位は高いんじゃないかなと。今野は出来るけど、そんな消極的な狙いでわざわざ獲る値段の選手では。

・・・・結局"前任者"の阿部なんかも、そのユーティリティが、どちらかというとフロントの定見の無さを誤魔化す役割を、結果的に果たしてしまった感じもしますからね。獲った選手が色々何とかしてくれたけど、狙いが当たったというのとは程遠い。
まあ実は僕は細貝の左サイドバックがかなり好きなので、それで落ち着くならそれでもいいですけど、細貝自身にはどうなのか。足りないのはむしろ右かも知れないし。

柱谷兄弟って、"喋り方が偉そう"というのは、とても共通していますね。(笑)
京都出身者特有的な何かとか、あるんでしょうか。石塚もそう?いやあ、あれはまたちょっと。別。


松田らラストゲーム飾れず…来季ACL逸で社長辞任 (スポニチ)

横浜は今季限りで退団するDF松田、FW坂田、MF河合、MF清水、MF山瀬らのラストゲームを勝利で飾れなかった。
0―2で敗戦後、嘉悦朗社長は非契約選手への不手際をあらためてサポーターに謝罪。来季に向け「最低でもACL出場権を獲得できなかった場合、私は責任を取って辞任しますと不退転の覚悟を示した。


ACL出場権が"最低"とは舐められたものだというか、えっ?!育成方向のチーム改革ではなかったの?!、単純に今年より来年を強くするつもりで今回の人事をやったの?と、ちょっとびっくり。
それとこの人に限らず、Jリーグでトラブル的な話題を巻き起こす経営者系の人に割りと共通しているのは、自分のクビを、何かひどく大ごとのように語るということですね。・・・・まあ某キャプテンとか故・長沼さんとかも含めて。
あんたには大ごとかも知れないけど、こっちにはどうでもいいというか、戦国系や任侠系のストーリーでよくある言い方を借りれば(笑)、お前の汚いクビなんてもらってもしょうがないんだよこっちは、という。失敗した後で。その前に、努力の跡と納得感を、示してくれ。

まあその方法が分からないから、あるいは考えるのが面倒だから、変な方向に開き直ったり、何かと"心中"を口にしたりするんでしょうけどね。無い袖は振れないというか。
それにしても、自分の権限や権威や価値についての、何か根本的な誤解は、多分ある気がします。・・・・ある無いというか、それについての前提的な見解の相違が。

いやあまあね、考えるのは、面倒なんですよ(笑)。僕も苦手なことについては、そうです。(笑)


磐田 MF犬塚が退団、GK大畑は順大進学へ (スポニチ)

J1磐田は5日、MF犬塚友輔(26)と来季の契約を更新しないと発表した。犬塚はクラブを通じて「違うチームで新たなチャレンジをすることになり残念ですが、また成長できるように自分らしく頑張ります」とコメント。また、GK大畑拓也(20)は退団し、来春から順大に進学する。


地味記事
この前言ったように(笑)、磐田は"ちょっとだけ"いい選手が歴代沢山いるので、犬塚ってそんな歳だったかなと自信無げに思ったら、やっぱりそんな歳ではなかった。
ここらへんの選手をちょこちょこ拾ってくというのは、今後のヴェルディには必要かも知れませんね(犬塚の近況は知りませんが)。出来れば各クラブのフロントが無能で、勿体ない選手を沢山ざるからこぼしてくれると、ありがたい。(笑)
拾うよお?


5クラブ争奪戦の柴崎 川崎F入りを決断! (スポニチ)
東京V柴崎が川崎Fへ 来週にも正式決定 (日刊)
憲剛ブンデス移籍も「ラストチャンス」 (日刊)

一日遅れたおかげで、こんな報にも触れる羽目に。
というわけでケンゴーさんには、是非とも出てっていただきたい(笑)。ブンデスでもボンレスでも、お好きなところへ。
上の札幌の山瀬の話とかもそうですが、貧乏クラブが血の出る思いで手放した主力選手が、出先の金持ちチームで使われない/燻るのを見るほど、悲しいことはないですからね。(ありますけど)

まあ柴崎に関しては、今年一年我慢したことも含めて、理想的なタイミングだと思いますから、成功を祈るのみです。
ケンゴーさんの方はちょっと・・・・遅いかなという感じですけどね。30でしょ?恐らく年齢を考えて自重している遠藤保よりは元気だけど、一方で遠藤よりも、加齢のダメージは来るプレイスタイルだと思いますし。

でも、出てって下さい。(笑)
まあ逆にブラジルに向けて、選手寿命が延びる可能性も、結構あると思いますし。
そうなれば日本代表にとってもあり難い・・・・けどそうだよな、ここまで来れば、むしろ柴崎の方にそっちの役割も期待するのが、正道か。4つ下だし。
スポニチの方では、"稲本"との比較が語られてますけどね。それも無くは無いんだよな、この選手の場合。

川勝監督なら、普通にケンゴーと並べそうですね。(笑)
ま、お達者で。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック