ヴェルディ等サッカー、漫画、アイドル 他
アジア杯決勝オーストラリア戦
2011年01月30日 (日) | 編集 |
完全に"オーストラリアの試合"だったと思いますが、不思議に負ける気はしなかったです。

アジア杯決勝 日本代表 ○0-0(1-0● オーストラリア代表(ドーハ)

しかし、こんなところで早くもツキを使いまくっていいのか(笑)このチーム。おめでとう。


基本ありきザック流 スローインも細部指導 (朝日)
さあ韓国戦…ザック「細かいところに注意したチームが勝利」 (スポニチ)
細かい指示、秘密主義…初合宿で見えた“ザック流” (産経)

ザックの"細かさ"についての、つい昨日見たはずの記事がなんか見つからないので、過去の似た記事をかき集めて代用。
とにかく細かいということと、それだけではなく重点は細部だという、選手側の改めての感想的な記事だったと思うんですけど知りませんか?(笑)

で、その"細部"主義なんですけど、思うにこれは、ジーコ的な"局面"(の上手さ)主義と、実は共通性があるんじゃないのかと感じたわけです。
狭い。小さい。そしてつまり、「全体」を提示したりは特にしない。
その余白に、空白に、選手の自発性が自ずと、または否応なしに(笑)芽生える、育つ。

この前僕は、選手側の"時機"と、ザックのカリキュラムの限定性の出会いが、今回のチームの逞しさを生んだとまとめてみましたが、その「後者」の方を、更に強調した視点ということになりますか。
ジーコを意識しながらあえて言えば、ザックは戦術の無い監督であるという。
・・・・ただし、"組織"はある。"約束事"も。それがジーコとの違いであるし、これら(「戦術」と「組織」)はそれぞれに厳密には違うものであるという、前にも言った記憶のある僕のこだわりでもありますが。

サンプルが二つ得られたことで、例えば同様に"細かい"という定評の(日本人)監督のチームでなぜこれが起きないか、どういう質の違いがあるのかとか、色々と連想は進みそうですが、個別にはまた今度。(笑)
一つ言えるのは、多くは「守備的な」チームを作るそれらの監督は、結局は"あえて"守備的なヴィジョンを「戦術」を、結果的には提示してしまっているということになるかなと(その場合)。ザックは、何も提示していない。あえて言えば。


もう2度とない?李忠成「来た瞬間 トラップしたらダメだと思った」 (スポニチ)
韓国紙「在日同胞がやり遂げた」/アジア杯 (サンスポ)

ね?言ったでしょ?という感じ。(でもないけど(笑))
ある程度以上の相手には、前田より李だと。(李に期待すると)

決めたから、というよりも、その前の段階の、間にちょこちょこ入り込んでボールを受けて、かつそれを巨漢たちが対応する暇も無く反転再展開して・・・・みたいないくつかのプレーの方ですけど。
"ポストプレー"ですら、前田よりも李だと思いますよ、究極的には。半端な高さ強さなんて要らないという。それよりも速さだという。

別にヤマカンで言ってたわけではなくて、実際に反町ジャパンで何度かそういうプレーを、見ているからですが。これは通じる!!と。
ついでにこれもご推奨の(笑)青山直も、基本的にはそういう選手で、まず出足で外国人FWを圧倒して、ほとんど何もさせないみたいなプレーを何度も。(特にツーロンでは)

そのどちらの"意義"も、反町監督は全くと言っていいほど汲めてなかったと思いますが。青山に至っては本番メンバー落ち。アホかと。
いいところも沢山あった反町ジャパンだったけど、肝心の監督がそれを見出して信じることが出来なかった。結果本番では、ほとんどなんにもないチームに。
どうにも日本産の"細かい"監督は・・・・と、これはその前の話か。(笑)

まあザックも少なくともしばらくは基本は前田でしょうし、そもそも李の何に期待して呼んだのかは、今もってよく分からないんですけどね。(笑)
要は"佐藤寿人"的な瞬間抜け出しストライカーとして、呼んだ気もしますし。(広島でと同様に?)

そして"前田"の部分と"李"の部分を、程良く兼ね備えた森本が戻って来れば、ここでも李がファーストチョイスになる可能性はあんまり高くないと思いますが。
李が活躍するとすれば、チームが困ったり上手く行かなくなった時だろうという。(笑)
そこで活躍して、"実戦の中で削ぎ落とされた"チームのレギュラーとしてなら、本番で李が主役を張る可能性もあるかなという。

でもかなりオーソドックス志向ですからねえ、ザックの選考・配置は。パブリックイメージ的な"ポジション""タイプ"に従うというか。
ただCBとして今野や伊野波の俊敏性を寵愛する感覚があるのなら、同じセンターラインの前の方にもそれがある可能性も・・・・あるかなという。
リズムにはある程度の一貫性が無いとね。ズズチャチャズズチャチャ。

ああ、でも間に本田圭が入るのか。それはまた微妙。
しかし李にしろカレンにしろ、せっかく異人の血が入っても、結局とても「日本人」的な感覚が濃いのは、どうしたものかなという。せっかくの"外国人"FWなのに(笑)。マイクはどうなのか。面白いけど、同時になんかオタクっぽい気もするんですけど。(笑)


負ける気しなかったオーストラリア主将「集中できなかった それだけ」 (スポニチ)

負けるはずのない試合。オーストラリアにとって日本との決勝戦での敗戦はかなりのショックだったようだ。

オジェック監督が「選手は沈んでいる」と、その落胆ぶりを静かに語ったが、主将のDFニールは「自分たちが好機をものにしなければ、相手にそれを譲ってしまうことなる。(決勝点が入った瞬間は)みんな疲れていて集中できなかった。それだけだ」と唇をかんだ。


韓国戦に続いて、ゲームプランは完遂されてしまった試合と、そういう感想はどうしても出ますね。
"この"チームじゃなかったら、点差的には惨敗してそうというか。
「ゲームプラン」で戦わない、強さがあるから勝てたというか。(笑)

それにしても重い、強い、デカい。そしてそれが、場合によっては"全て"。
これも何回も言ってますが、こういうアングロサクソン系(かなりスラブも混じってるようですが)の身体能力は、現状最も地球上で日本代表が苦手とする資質だと思います。イングランドだったら、おしゃれプレミアよりも"キックアンドラッシュ"時代の方が、多分日本には怖かった。(笑)
えげれすのチームに、テクニックのあるやつなんて一人か二人でいいんだ。(笑)

しかし飛ぶよなあ、ケイヒル。毎度びっくりだわ。
ただオーストラリアという超苦手と度々対戦するようになって、"原苦手"の韓国に対する恐怖心が、相対的に落ちて来た感じはしますね。所詮似たものどうしじゃんという。(笑)
とはいえどこが相手だろうと、ロングボール対策はいずれ何とかせんといかんですね。そうそう"何とか"もならないとは思いますが(笑)、ただ日本代表が認められればられるほど、そういう作戦を取って来るチームは世界に行っても、増えて来るでしょうし。

理想的にはやっぱり、その構図を更に技術で上回った、スペイン代表なのかなあ。
それにしても、回せなかった。回す暇が無かったというか。疲れていたとは言え。
それによって、(攻撃面で)前田が無用化したというのも、ありますか。

・・・・そうですね、実はこの試合のもう一つの感想としては、オーストラリア卑怯だなという、そういうのもありました。(笑)
そこそこ強いくせに、"弱者"の戦いしやがってという。ロングボールもそうなんですけど、守備時の集合離散の良さや必死さ加減が、どこの南アの岡田ジャパンかという。(笑)
それで局面・一対一は競り勝つんだから、きついよなあ。カウンターのブラジルは最強!!みたいな話とも、ちょっと似てますが。(結局負けましたけど)


吉田 人生初の“屈辱”から見事にリベンジ! (スポニチ)

DF吉田麻也がオーストラリアのカーヒル、キューウェルの強力2トップを相手に体を張った。相手のパワープレーに苦しむ場面もあったが、後半3分には相手右クロスからのピンチをゴールラインぎりぎりでクリアした。
準々決勝カタール戦では微妙な判定に泣いて、サッカー人生初の退場処分を受けて、準決勝韓国戦は出場停止。「今度は僕の番」とリベンジに燃える気持ちをぶつけた。


そうなんだ。
まああんまり"競る"選手じゃないというか、自分本位にプレーして来た選手なんだろうなというのは、見てて分かりますけどね。相手の邪魔というより。(笑)
基礎能力が高いゆえもあって。
これから急ピッチで、受け身のプレーも学んで欲しいところ。是非とも。


ザック監督“積極行脚”まず2月に欧州視察へ (スポニチ)

日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(57)が、2月に欧州視察を計画していることが分かった。イタリア人指揮官はアジア杯終了後の31日にチームと日本に戻り、数日後の2月上旬にはイタリアに出発する予定。日本協会関係者によると、その期間を利用して欧州各国でプレーする日本人選手を視察する計画を立てているという。

拠点はイタリアとなる。まずは昨年末に左膝の手術を受け、アジア杯メンバーから外れたカターニアFW森本貴幸の回復具合をチェックするという。自宅近くのチェゼーナに所属するDF長友佑都は移籍市場の目玉となっているが、移籍先によっては足を運ぶことになる。
そのほかにも、アジア大会開幕直前に左足首を捻挫してメンバー登録から外れたケルンのMF槙野智章の視察をはじめ、ドイツオランダに足を延ばす可能性もあるという。


"行脚"ってほどじゃないじゃん(笑)。ルーマニアとかも行ってよ。俺らの代わりに。
勿論スペインの家長もお忘れなく。
吉田もあっさり使いましたし、見て良ければどんどん使って来ると思うので、情報提供だけちゃんとよろしく、周りの人、という感じ。
メカドック。


予想以上に盛り上がった、お祭り終わり。(笑)
閉会式で向こうの主催者に伴って現れた長身美女が、どういう身分(関係)なのかヒジャブ(?)はあの程度でいいのかと、変にドキドキしました。(笑)


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック