ヴェルディ、代表、二次元、女子バレー 他
3次予選ウズベキスタン戦
2011年09月08日 (木) | 編集 |
ザック純情。

ブラジルW杯アジア3次予選 日本代表 △1-1△ ウズベキスタン代表(タシケント)

ま、基本これからもそれは変わらないでしょうね。


・事前の報道もあって、3-4-3やるのかと思って少し期待しましたが。
"期待"と言っても、それはつまり、「未知数の期待」ということですけどね。面白半分というか。(笑)
・まあ少なくとも、「引き出し」としてどういう意義づけをザックがしているのか、それくらいは分かる可能性はあったかと思いますが。
・今のところ、そこらへんが漠然として感じられるというか、もしくは「3トップだから"攻撃的"」という類の、通り一遍のものにしか見えてないもので。
・多分いずれにしても、ザックと(選手も含む)我々は少し思考の文脈は違って、それはこれからも変わらないだろうと。その"ずれ"が日本代表にもたらす"奇縁"を、楽しんで行くことになるのかなというか。

・なんか終始ごちゃごちゃしていて布陣が分かりづらかったですが、"長谷部トップ下"という話を聞いた時は、その時点で「こりゃ勝ってもヤバいな」という感想を持ちました。
・いきなり追い込まれているなというか。
「本田」じゃなければ「長谷部」というのは、少し極端過ぎるだろうと。
・浦和入団当初の長谷部ならともかく。
・もっとも、その入団当初の"キラキラ"していた長谷部では、プレイスタイル的にザックのお眼鏡には適わないでしょうけどね。
・とにかく、"ベスト"布陣の次に控えるのがいきなり"緊急"シフトでは、定着されてもちょっと困るという。
・長谷部には長谷部の("ベスト"布陣内での)別の動かせない役割が、既にあるわけですしね。
"本田依存"の穴埋めが"長谷部依存"ではしょうがないだろうという、意味も含めて。
・もっと普通の「代役」や「代案」が、準備されていてしかるべきだろうと。

・本田の「強さ」とそれを軸に形成されたプレーの安定感が、現在の日本代表の中で特異なのは、これは誰もが認めるところですが。
・例えば前線でその強さを求めた場合、南アフリカからこっち潜在的には本田がナンバー1、というか他にまともな選手がいない、いくつかの候補をただいま物色中という、そういう現状が一つあるのは確か。
・ここまではまあ、ザックじゃなくても誰でも同じことですが。
・問題は中盤・MFとして日本代表、日本人選手全体の中で本田を見た時に、勿論そこでも本田の強さそのものは光るわけですが、総合的技術的にはそこまで唯一無二の選手ではない。(少なくとも前線に比べて)
・あるいは「4-2-3-1で日本代表を作る」という想定をした時に、ここまで"トップ下本田"に依存したチームを作ってしまったのは、これはほとんどザックの責任というか、個人的な嗜好/傾斜によるものだと、言えると思います。
・まあ分かり易いところで言えば、"4-2-3-1"の"トップ下"として、「本田」と「香川」と、どちらが上ということではなくてどちらがより"典型"としてイメージし易いかと言えば、それはむしろ香川の方だと思うわけで。
・だからこそアジア杯等で本田が絶対的な存在感を見せるまでは、そしてそのチームが輝かしい戦いをするまでは、ザックがほぼ選択肢として示していないにも関わらず、外野は相当に2人の比較に忙しかったわけで。
・そしてもし比較対象が「香川」であるのなら、今でもそしてこれからも、代役候補は無数にいるというか、勿論個々の能力や成熟度によってチーム力は上下するでしょうが、マネジメント的な安定感安心感は、格段にあると思います。
・後は誰を使うかという、"楽しみ"の問題に近いというか。(笑)
・少なくともわざわざ長谷部に、部署を離れて出張って来てもらう必要は無いだろうと。
・しかしそれが「本田」になると、途端に厳しくなるというか、重苦しくなるというか。
・「代役」に指名された方も大変。"似たような"選手など元々いないから。

・で、なぜそれが「長谷部」になっちゃうかということですが。
・直接的には勿論、強さ、ザックの言葉だと"重さ"の方がメインなのかな?、とにかくそういう問題で、所謂日本に無数にいる二列目のテクニシャンタイプが、余り上手く当てはまらないという、そういう問題。
・長谷部が「重い」かというとううむというところはあるので(笑)、言いたいのは要は華麗さより堅実さ、中盤の真ん中で体を張れる能力と、そういうことでしょうけどね。
・それは別の言い方をすると、アタッカーやドリブラーというよりは"ボランチ"に近いタイプということで、それもあって当初の第一候補は、レッズで専らその役割を務めている「柏木」だったんだろうと、そう考えられるわけですが。
・ここで疑問というか興味深いのは、まずは「中村憲剛」が、仮に間の悪く(ほんとに!)負傷離脱しなければ、どのように使われていたのかなということ。
・というのはチーム結成時憲剛と遠藤の地位・位置にそんなに大きな差は無くて、だから妙にあっさり憲剛が呼ばれなくなったのは、多少の故障などもあった記憶はありますが、要するにボランチとして見切られたんだろう、少なくとも同年('80年生まれ)の遠藤と本番では"大"ベテランになってしまうボランチは2人も要らないと、そういうことかと思っていたわけで。
・それが今更呼ばれたのは、細かい経緯はよく分かりませんが、普通に考えれば前後してロシアリーグでの故障が深刻であったことが判明する「本田の代役」という、そういう意味合いが濃いんだろうなと。
・所属チームでも柴崎の加入で、去年までより高い位置でプレーすることが増えているようですし。
・どうだったんだろうなと。健在ならば。
・そしてもう一つ、比べるとマイナー(?)ですが、家長はどうなってるのよという。
・一応代表チームでも使われた、"ボランチも務める二列目"の選手なわけですし。
・印象としても、短足鈍足の(笑)、スピード感は無いけれどその分がっちりはしている、本田と似ていると言えば似ている数少ないテクニック系の選手なわけで。
・今使わないでいつ使うのよと。
・それとも単純に"能力不足"と、見切られちゃったの?という。
・まあ今回の本田の故障は、割りと急というかチーム合流後に判明したことだったので。
・事前に分かっていたらもう少し準備は出来たのかも知れません。(家長のことも含めてね)
・ちなみに最後の最後に、鹿島の増田なんかも追加召集されてますから、やはりどちらかというと"ボランチ"タイプが求められているのは確かなんだろうと思いますね。
・それこそヒデが旅に出なかったら、当然ヒデを使うのかな。(笑)
・むしろ晩年の。

・とにかくなかなかザック的には、"本田じゃないから香川"というわけには、素直にいかないんだろうというのは何となく分かります。"そういう"ポジションじゃないという。
・ただね、それならなぜああもはっきりと、「4-2-3-1」だと、度々/わざわざ言葉にするのかは、ちょっと違和感があるんですけどね。
・本田も含めた3ボランチ(3MF)+前の方3人の、「4-3-3」とでも言った方が自然だろうと、実態に近いだろうと、前にも言いましたが。
・どっちでもいいっちゃいいんですけど(笑)、妙にはっきりザックが(4-2-3-1だと)言うものでね。
・つい反論したくなるというか。(笑)
・ま、印象の問題でしかないかも知れませんが。
・ただ漠然とですが、ザックが"4-2-3-1"と言った場合は、(本田を使ったような)ああいうのがむしろ、"自然"なのかもなという。
・イタリアでは?なのか?
・仮にアイマールがここにいても、少なくともタイプとしては、本田の方を使ったのではないかという。(笑)
・4-2-3-1像の違いというか。
・本田がいるのはたまたまだということを、先に教えてあげるべきだったか。(笑)
・とにかく何か、妙にお誂え向きの材料が冷蔵庫にあったので、何も考えずに一直線に作ってみた馴染みの料理の、次の材料調達が意外に上手く行かなくて困っているという、そんな図には見えなくはないです。
・その素直さと、本田の強さを軸にするという分かり易さ自体が、やや経験不足なはずのこの外国人代表監督のチームが、これまでこれほどスムーズに形成・回転出来た、理由ではあると思いますけどね。
・"あえて"何かをやってみた場合、つまり"3-4-3"のチームの時には、普通に、人並みに、"ギクシャク"して見せているわけで。(笑)
・ほんとの試練はこれからかもという。真価はというか。
・まあそんな意地悪な言い方をしなくても、これは、この"本田のトップ下"を中心としたチームというのは、上で言ったように明らかに"ザックが"作ったチームなわけで、収拾する責任も権利もザック個人にあるというか、ザック自身の頭にアイデアが求められるというか。
・もっと意地悪か?(笑)

・まあ怒ってましたね(笑)。ちょっと怖かった。止まらないし。その割に何言ってるのかよく分からなかったし。
・細かいことはともかくとして、要するに、予想外だったんでしょう。単なる勝ち負けに、そんなに熱くなるひとでもないですし。
・こうなるとは、思っていなかった。
・別な言い方をすると、"本田への依存"が、ここまで深刻だとは自覚していなかった。依存しているとは、余り思っていなかったというか。
・本田みたいなプレーは、少なくともザックが求めるor当然視するレベルでは、今のところ誰も出来ないという事態を、はっきりとは想定出来ていなかった。
・我々には自明だったこのことの、ここらへんのずれが「本田」に限ったことなのか、それともこの先も随所で露わになるのか、そこらへんがむしろ"興味"と言えば興味の焦点かと。
・"外国人監督"を使って、サッカーを"勉強"する上でのね。
・多分ザックはザックのままだと思います。
・正道を歩いている人であるし、物事を常に好意的に前向きに解釈する人であるので、逆に想像力には限界があるというか、トルシエのように疑り深く細心に、こちらの腹を探って来たりはしない。(笑)
・言い換えるとこちらの文脈に乗って来たりはしないので、あくまで"ザック的に"解決して来ると思います。
・一応同じ競技のことで、言ったってそれほど別なことを考えているわけでもないので、そこらへんの重なり具合とずれ具合と、それが現実の事態にどうあらわれるのか、そこらへんをこれからも、見て行きたいと思いますが。
疑り深くて細心な、タイプとしては。(笑)

・差し当たっては、香川をトップ下に据えてからのとりあえずの"良化"を、どう見てるのかなうという。
・そもそも"良化"したと、思っているのか。
・そこらへんから少し、僕は疑問なんですけどね。
・どれくらいずれてるのか、あるいは頑固なのか。
・まあ香川のやや"小心な"責任感自体は、僕自身、また別問題として不安ではあります。
・なるべくなら僕も、"香川中心"のチームは作りたくない。
・セレッソはそこらへんを分散して、上手くやったなと。
・ドルトムントでも、要するに"守られてる"部分は結構大きいように見えるんですけどね。
"バルサのメッシ"とは、また少し感じは違いますが。
・"瞬間"のプレーヤーの扱いは難しいですね。なまじ能力の幅が広いと、むしろ。

宮市って、じゃあ原口の立場は?なぜ呼んだの?
ちなみに柴崎のことも、お忘れなく。(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック