ヴェルディ、代表、二次元、女子バレー 他
古林海月 著 『わたし、公僕でがんばってました。』
2011年09月20日 (火) | 編集 |
わたし、公僕でがんばってました。わたし、公僕でがんばってました。
(2011/06/24)
古林 海月
商品詳細を見る


以前当ブログのコメント欄にも降臨して下さった、猫狂いという意味でもお仲間(参考)の漫画家、古林海月さんの新作。

米吐き娘 1 (イブニングKC)米吐き娘 1 (イブニングKC)
(2005/01/21)
古林 海月
商品詳細を見る

米吐き娘大吟醸 (イブニングKC)米吐き娘大吟醸 (イブニングKC)
(2007/06/22)
古林 海月
商品詳細を見る


・・・・目下の代表作は『米吐き娘』、と、あえて言っておきましょう。
現在は鋭意変化(へんげ)作業中のようですが、いつか必ず大きくなって、化けて出る(?)人だと、僕は信じています。(笑)

ほんとにねえ。
古林さんの書くものなら、どんな題材でも今すぐにでも、またイブニング等で読みたいくらいですけどね。
4コマでも、モー2とかでも、適当に場所を与えれば、必ずなにがしかの存在感を出せる人だと思うんですが。
講談社の得意そうな漫画家というか。
どうも、ツキが無い印象。
蒸し返すようですが何でまた『米吐き』は後半はよりによって、"集英社"みたいな描かせ方をしようとしたのか。バトルなんて要らねえし。ていうか既にナチュラルにバトルだったし。未だに納得が行きません。


さて問題の本作は、なんかいかにも「実用書」のコーナーにでもありそうな装丁ですが(笑)、中はちゃんとした漫画です。
と言っても所謂"ストーリー"でもフィクションでもなくて、題名にある通り古林さんご自身の地方公務員としての就業経験を基に、"公務員"という仕事の実際を、そのパブリックイメージの数々と照らし合わせつつ、様々な側面から紹介した内容です。

スタンスとしてはそうですねえ、「エッセイ漫画」「教育漫画」の、中間くらいでしょうか。
古林さんご本人がキャラとして語り手となって、基本的にはオーソドックスにジャーナリスティックに(?)レポートを進めて行くんですが、随所に古林さん独特の脱力したボケというかユーモアセンス(とあえて言うと最近恥ずかしい)も挟み込まれて、ファンとしては嬉しいというか懐かしいというか。

・・・・まあ、細かく言うと古林さんの"ユーモア"というのは、別にあえてボケたから面白いとかシリアスだから面白くないとかそういうタイプではなくて、普通に語っている中にもどうしようもなく染み出して来るというか、語っているそばから溶解が進むというか(笑)、そういう類のものなんですけどね。
真面目になればなるほど、脱力感が止まらないというか。(笑)
どこだ、どこが漏れているんだ。

そういう意味では今回は、見た感じ、"シリアス"(『夏に降る雪』米吐き1巻所収)でデビューして主にイブニング編集の意向であのゆるふわ路線を開拓されたらしい古林さんが、あえて言えば初めて自分の"采配"で意図的にボケなども入れてみたと、そこらへんが新境地というか"実験"性なのかなとそういう印象。
まあそんなに無理して、「漫画批評」的に読むタイプの作品でもないんですけどね。(笑)

個人的には、「(公務員時代)結構もらってたんだなあ」というのと、「そうか相方のトッコさんは辞めるの反対だったのか」と、そこらへんが意外でした。
"公務員"については、とにかく部署異動をそんなにするものなのかというのが、知らなかったのでびっくりしました。何となく一生同じ仕事をしてるような偏見が、やっぱりあったもので。

『米吐き』読者的には、その方針の是非は別にして、イブニング/商業漫画誌の編集が入らないと、なるほどこんな感じのバランスになるのかあとそういう興味でも読めるかと思いますが、あんまりこういうことばっかり言ってると嫌がられるでしょうから(笑)、これくらいで。


以上、ご紹介まで。
感想はこちらで受け付けているそうです。

http://ameblo.jp/komehaki/entry-10941980521.html

現在は"ハンセン病の漫画を執筆中"とのことで、出来れば今回一瞬期待した、(公務員漫画である)『夏に降る雪』的なストレートにシリアスな(ストーリー)作品も、それはそれで面白いので期待したいところですが、どういう作品なんでしょうか。

ともかく今後のご活躍を、心からお祈りしています。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
米吐きシリーズ2冊目の刊行から4年たちましたが、いまだに応援してくださってありがたいかぎりです。
雑誌のアンケートの数が伸びなくても、アトさんのような理解者に生暖かく見守っていただけるほうが、作家として幸せなんじゃないかと思う今日この頃。

次回作は題材が重くてわりとシリアスですが、自分でその緊張感に耐えられなくなって、あちこち何かがだだもれになっています。
何でこんなに動物が出て来るんだとか、自分でつっこみを入れつつ、楽しんで描いております。
早く世に出せるよう、がんばりますよ。
これからもよろしくお願いいたします。
2011/09/21(Wed) 12:25 | URL  | 海月 #JalddpaA[ 編集]
まあ"4年"といっても、日々色んな漫画をこちらは読んでいるので、逆にどの作品も昨日読んだ気がするというか要は面白かったか面白くなかっただけだったりするので、意外と気にしなくて良かったりすると思います。
描いてる方としては、大変でしょうけど。(笑)

アンケート・・・・がどうだったのかは分からないですけど、当時は2chのイブニング板なども読んでいましたが、米吐きに関してはほぼ登場以来、特にネガティヴな評価というのは見たことないんですよね。後ろの方に載ってると、"人気無いのか?"と心配している人は結構いましたが。(笑)
浅く、広く、生暖かくで、十分行けた気がするんですけど何が問題だったのかなという。
強いて言えば、アクが弱い(嫌われない)ということなのかも知れないですけど、根底の"毒"や"闇"は、十分に僕には感じられました。

>自分でその緊張感に耐えられなくなって、あちこち何かがだだもれに

ああ、そんな感じなんですかね。
基本はあくまで真面目で、でもそこからいつしか、"漏れる"という。(笑)
ツンデレみたいなものか。(ちょっと違う)

楽しみにしています。
2011/09/21(Wed) 17:10 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック