東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
今月のモーニング2(’11.9月) &五輪予選マレーシア戦
2011年09月22日 (木) | 編集 |
mor2_1109

オフィシャル

色々と(執筆)予定が立て込んでいますし、書く程の試合でもないのでこんな扱いで失礼。
"被災地に勇気を与える"為には、ロンドンに「行く」こと自体は当然のはずですし。(笑)


ロンドン五輪アジア最終予選 日本代表 ○2-0● マレーシア代表(ベアスタ)

清武が、「フル代表」「年代別代表」と、全く同じ感覚でプレーするのには笑う。
・雑誌で乾と家長にいじり倒されてた時は、とてもこんな平常心キャラとは。(笑)

・永井と山崎が仕事したのは、偶然ではないと思います。
・このチームでのこの2人は、単に"能力が高い"という以上の存在。
・ただ全体的には、淡々としたチームというか薄味というか。
・競争があるような、無いような。
・良くも悪くも、「単独チーム」的なチーム。"代表"というより。
・その点ザックはオーソドックス。ザ・"代表"。

・このチームはなんか、本当に"たまたま"寄り集まって今のメンバーになっているというか、同等のチームがあと2個は作れそうな感じ。
・勿論どの"チーム"でも中心になれる、そういう意味でスペシャルな選手は何人かいるでしょうけどね。
・このまま淡々と上の方に行くのか、それともその日常性が、ブレイクスルーを妨げるのか。
・まだよく分かりません。
「Jで既に出場している選手の多い世代」と言っても、何となくハードルが下がってる感じもしますしね。
・「ベテラン」も「中堅」も、一部を除いて淡泊というか、あんまり"壁"になる感じが無い。
・その分"超ベテラン"たちが、平気で闊歩している、そんなリーグの風景。(笑)

こんなところで。
そう言えば原口の使い方が妙ですね。要経過観察。
明日はヴェルディ戦か。鬱だ。


『すべてがちょっとずつ優しい世界』

"エヴァオタ"カミングアウトをした(笑)、西島大介の新作。
なかなか逆にハードルが高そうなタイトルですが、だいたいで言えば前までの世界に帰って来た感じ。
でもあのやや消化不良の"エヴァオタ"の後で、またこれをやられてもなあというのも少し。
基本的には嫌いな人ではないですが、そういう意味でも今回は、ハードルが高いか。
健闘を祈ります。

『おはようおかえり』

うーむ、"おっさん"を描くのが上手いですね。
京都の血でしょうか。(笑)

『クレムリン』

今回は3本とも何か、ネタらしいネタというか、ある意味では"型"にはめた感じ。
少しキャツ山が偉そうだった。普通の「ツッコミ」役というか。

『カメラの季節』(タイトル長いんだもん)

よくあるネタではあるんですけど、素直さがいいというか、じっくり腰を据えている感じが悪くないと思います。
あと主人公の性格。(笑)
屈託のないひねくれ方というか。根が素直なひねくれ方というか。面白い。
・・・・なんか作者さん、冗談が通じないタイプなのではないかと。ザ・"女"というか。

『シティライツ』

へええ、今回はよく出来た話だね。
屈折したセンスが上手くハマっているというか、『小規模』の域に近付いているというか。
案外"ストーリー"向きの人なのかも。

『大砲とスタンプ』

きれいにアーネチカ萌え。
しかし独特の世界ですね。ほんとに「善悪」が存在しない。
正直どういうつもりで描いているのか、僕には分かりません。基本天然なのではとは、思うんですが。

『デザインノイロハ』

いやあ、普通に"魔性の女"エロい。エロハ。ロハのエロ。
それに「魔性」ということの描き方の鋭さも、正直この作品の(僕の)それまでの感じからの予想は、大きく越えてますね。
"描ける"じゃないか。これは掘り出し物か。

『ファンタジウム』

終わったか。
面白いシーンは無数にありましたが、全体として面白かったのかどうかは、よく分かりません。(笑)
まあ中心である"マジック"に興味が無いというのも、大きいんでしょうけど。それほどのものか?
とにかく達観してるのかナイーヴなんだか、最後までよく分からない人でした。

『荒呼吸』

"お守りとしての薬"というのは、持病(喘息)持ちとしてはよく分かります。
薬の期限は、ちゃんと確認しましょう。(笑)
意外と持つものですけどね。

『にこたま』

It's so easy to fall in love.

・・・・という曲が、昼間どこかでかかってました。(笑)



何てことないと言えば何てことないことで、逆に"維持"する必要性についても、考えてはしまうでしょうね。

『女たちよ』

いい話ですね。
上手くまとまりました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック