ヴェルディ、代表、二次元、女子バレー 他
今週のモーニング(’11.11.10) &残念系ニュース
2011年11月11日 (金) | 編集 |
mor111110

オフィシャル

バタバタと代表戦ですが、ショッキングなニュースが続けて。


ペトロヴィッチ監督が退任、予算圧縮で契約断念…広島 (報知)

クラブ側はJ1昇格1年目での4位、史上初のACL出場、昨季のナビスコ杯準優勝に導き、育成型クラブとしての地位も確立した指揮官の手腕を高く評価し、契約延長も視野に入れていた。だが、関係者によれば、クラブライセンス制導入に向けて、抱える累積赤字の解消が必要で、予算を圧縮。年俸8000万円(金額は推定)の指揮官との契約延長を断念した。


むぐう。
"J2"で我慢出来たものが、"J1"で切れてしまったとは。理由は違うとはいえ。(それにしてもJ2時代、いくらだったんでしょうね)

中規模以下のクラブが本気で強化を目指すなら、こせこせ元代表選手なんて取ってるくらいなら、その分監督の方に惜しみなく使った方がいいというのは、最早ある程度以上の見識のあるサッカーファンの、コンセンサスに近いと思います。"それ"を見て、フロントの程度を判断するというか。
がしかし、それすら許されない、そういう状況なのかと。夢も希望も無いというか。

まあ8000万は、安くはないですけどね。ペトロヴィッチのサッカーをやる為には、選手の質を今より落とすことは、逆に出来ないでしょうし。
でもねえ、監督人事で頑張れないというのは、ほんと動きが無くなりますよねえ、リーグとして。
変な名前だけ日本人にやらせるくらいなら、駄目もとで実績は無いけど意欲的な外国人監督に託した方が、多分確率としてはいいしリーグとしても刺激になると思いますが、"駄目もと"でやらせろと(フロントに)言うには余りに重大な決定で、なかなか難しい。特にある程度以上の地位のあるクラブだと。


C大阪クルピ監督退団 補強巡り対立 (日刊)

クラブは今月に入り、6年目となる来季の契約延長のオファーを提示した。だが、レビークルピ監督は続投の条件として「来年も日本でやるなら優勝を狙いたい。でも、C大阪にはそれだけの戦力がいない」と大幅補強を要求した。

関係者によると、C大阪の今季の強化費はJ1の18クラブの中で「下から4番目」で、来季も今年並みの予定であることから「代表クラスの選手をそろえるのは厳しい」のが現状。


こちらはそれに比べれば、救いのあるというか多少は次元の高い話ですけど。
それでも哀しい話ではある。"海外に売れて"すら駄目というか、ある意味全てが上手く行っていてるクラブなのに、駄目というか。
一緒に上を目指せないのかという。

まあサッカー的には、どれほどのダメージなのかよく分からないところはありますが。赤帽氏の去った鳥栖のようになることも、そんなに無くは無いかも知れないという。(笑)
ただドリブラー、クラッキを上手に泳がせるセレッソの"伝統"がこれで失われたりすると、それは実に残念なことで。
「継続」なんて、言うほど簡単じゃない。そういう意味で、ウチは確かに、得難く強固ではありますか。


FIFA ミャンマーを18年W杯アジア予選から除外 (スポニチ)

7月28日のW杯アジア2次予選ミャンマー―オマーン戦でミャンマーのサポーターが石などをピッチに投げ入れて試合が打ち切りになった問題で、FIFAは30日、ミャンマーを18年W杯ロシア大会アジア予選から除外する処分を発表した。


ついでにちょっと前の、"代表"関係の記事。
"18年"とはまた先な。まあ既に14年については敗退済みだからそうなるのかも知れないですが、随分長らく残念な感じになりますね。それほど酷いことをしたんでしょうか。
アジア杯やアジア大会くらいで、許してもらえないのか。

・・・・ああ、"FIFA"主催となると、そこまで行っちゃうということか。なるほど。


タジキスタン戦は場合によっては、"ここ"で間に合う試合にもなりかねないので考えましたが、一応単品記事枠を分けて、準備しておきます。(笑)
しかし慌ただしい。


『グラゼニ』

この唐突な"活躍"が必ずしもご都合主義に見えないのは、その前の"バッティング練習"の描写に、十分な説得力でポテンシャルを感じさせていたからだと思います。少なくとも「野球」を知っている人なら、分かる。
対してジャイキリの場合は、全部口で説明しているだけだから。
漫画家としての腰の据わりの違いが一つと、もう一つはやはり、野球とサッカーの日本における受容・浸透の、最大深度の違いかなと。
はっきり言いましょう、野球ファンが野球を好きなほどには、サッカーファンはサッカーを好きではないと思います。未だに"流行りもの"であって、"勝ち組"に乗ってるだけという部分は、濃厚に残っているかと。

『ジャイキリ』

日本リーグ時代(以前)から見続けて来たorプレーし続けて来た"玄人"衆を、Jリーグは掬い切れていないという話は以前からありましたが、実際どうなんでしょう。例えばコア層に、こういう"じいちゃん"たちみたいなのは(笑)いるんでしょうか居場所があるんでしょうか。

『特上カバチ』

想像していたよりも更に、"円満"な解決。
公平な視点というよりも、完全に最初から"クレーマー"側に感情を置いて、描かれていたんですね、今から思えば。奇特な(笑)。仏様か。

『誰も寝てはならぬ』

慰めてもいいんですけど・・・・感謝されるのが怖い。(笑)
過剰にというか。"見直"されちゃったりしてね。
ほんとに下心がある場合はいいんですけど(笑)、そうじゃない時はちょっとね。

『miifa』

いや、スリーナイト主義は馬鹿にしたもんじゃないですよ。(笑)
普通の相手だと、だいたい2回で分かって、3回目では既に飽きが来るのはむしろ普通。
"最初"燃えるような好奇心との、比較においてはね。
だからその"スリーナイト"目というのは、"サービス"である可能性すらある。
勿論相性のいい相手との場合、するたびに発見や広がりもあるんですが、それとする"前"のモチベーションとはまた別なので。約束の時点では、"サービス"かも知れない。

『デラシネマ』

本人がいいと思うものと、他人が見て分かるその人のいいところというのは別なことはままありますが、それにしても文芸の人が娯楽時代劇に行って、観客が喜ぶからと言って元々の目指す心が満たされる、忘れられるということは、そうそう無いと思いますね。
そのジャンルの"いいところの発見"ではまだ足りなくて、そのジャンルに置かれた場合の自分のいいところが、実は本当は本質であった的な"再発見"まで行かないと。
音楽とかだと、もうちょっとジャンル分けは繊細微妙ですが、映画は割りと、はっきりしてますからね。誤魔化しか利かない。

『う』

うなぎのつもりが焼き肉にされたら、それは僕も嫌だな。
逆はまだ何とか。

『僕はビートルズ』

うーん、でも「未来を見ながら過ごす人生」というのも、それはそれで得難い経験な気はしますが。
僕はスリルには別に興味は無い。安全に出来るのなら、すればいいと思います。
ほんとの"ワクワク"というのは、現れ方ではなくて、現象そのものの中にあるものだと思います。
ジェットコースター的な"スリル"も、パズラー的な"ミステリー"も、要するに自作自演。仕掛けの為の仕掛け。
運命の出会いかどうかではなくて、どういう人かが問題というか。

『僕の小規模な生活』

元祖"萌え"。本来のというか。(ラストね)

『ビアノの森』

音楽シーンや"ピアニスト"の描写は、いいですね。
なんかロックというかグラムロックシーンみたいなイメージも、無くはないですが。百花繚乱。
ピアニストがみんな若いせいかな。(笑)

『OL進化論』

男の"居心地の良さ"に対する、基本的な誤解があるような気もしますが。
こういう"行き届いている"のがいいなら、むしろ結婚するでしょう。何としても。
僕は動物のように暮らしたい。

『MANGA OPEN宣伝』

西餅さん、有閑マダム。
旦那さんとしては、珍しい生き物を飼ってるような気分かなと。(笑)
ま、おおむね僕は"マンガオタク"上がりみたいな変に"キャリア"を感じさせるものは、あんまり好きじゃないみたいですね。


特に休載の告知が無いけど、クレムリンはレギュラーじゃないのかな。
どこが本来なんだ?(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
1 :宵宮祭φ ★:2012/06/03(日) 08:56:43.53 ID:???0 ◆ブラジルW杯アジア最終予選B組第1戦 日本―オマーン(3日・埼玉スタジアム2002)オマーン代表が、試合当日の雨天を警戒していることが判明した。...
2012/06/03(Sun) 20:06:21 |  芸能スポまとめっくす