東京V等サッカー、漫画、アニメ、アイドル 他
今週のモーニング(’11.11.17) &タジク・北朝鮮戦
2011年11月17日 (木) | 編集 |
mor111117

オフィシャル

原一樹の二発ですか。なんかヴェルディらしい。
ああいうがむしゃらというか、ゴリゴリ来るタイプには弱いですよね、昔から。それでいて技術が無いわけでもないくらいの。
それにしても、評判から判断すると気の抜けた試合をしたようで、それはちょっと意外。
来季へ向けて、再び根本的な不安が湧いて来ました。やっぱ駄目なんじゃないのかなあ、この体制。


もう一方の駄目駄目チーム

タジク ●0-4○ 日本
北朝鮮 ○1-0● 日本

ピッチを筆頭に色々と悪条件はあったにしろ、このチームの底の浅さというか、構えの薄さが、どうしようもなく露わになってしまった二連戦だったかなと。
もう結論しちゃっていいんじゃないですかね。このチームはあくまで、ベストメンバー&ベストコンディション専用のチームであると。監督であるというか。

"層が薄い"と言っても、それはむしろ監督の志向やセンスによる部分の方が、大きいように思うんですよね。
ザックが戦術家ではなくてセレクタータイプの監督である、それはまあいいと思います。(本人そう思ってるかは疑問で、そこがまた不安要因ですが)
ただその"セレクション"の発想が、基本的に余りに"ベストイレブン"志向であるというか、言ってみればクラブチーム仕様というか。・・・・それもどちらかというと、"ビッグ"ではない方の。
代表チームの基本無尽蔵な選手資源を委ねるには、ちょっと貧乏臭いというか(笑)拙速にまとめにかかり過ぎているというか。構えに厚みが無い。"ターンオーバー"なんて、絶対無理ですねこの人には。イタリア人の癖に?

この監督の下では、あくまで"控えメンバー"は"控えメンバー"だし、"代役"は"代役"なんですよ、それも余りハマらない。
勿論"ベストメンバーが織りなすバランス"以外に、これといった戦術やダイナミクスも持っていない。"3-4-3"以外ではというか。
要するに核が無いんですね、あるいはベースが。いったんメンバーが欠けてみると。「顔」だけがあるというか。看板が。ベストメンバーによる。

とりあえずもう、"伸びしろ""変わり身"については、ほぼ絶望的な感じがします。本番まで。よっぽど大きな強制的な、外部要因でもないと。
核が無いんだから、成長しようも無いというか。

まあいいですけどね。裸でぶつかるのみです。「日本力(りょく)」でというか。
多少悲観に傾いてはいますが(笑)、そもそもそれが、このチームに見出され期待されたものですし。
海外組フル召集ねえ。まあそうなるでしょうね。

今から予言しておきますが、もし本番で無残な結果に終わったとしたら、この人も多分、ジーコと同様に日本人選手の力の足りなさのせいにすると思います。あんな露骨な言い方ではないにしても。
別に悪意からではなくて、ほんとにそう思っている/思うだろうからですが。それがこの人の、チーム作り。

次のベストメンバー、いつかなあ(笑)。人としては、いい人ですけどね。
北朝鮮人は、"動員"されたにしろ、必ずしもサッカー偏差値は低くないように感じました。日本の観衆と比べても。それがまた、少し敗北感。


『ジャイアントキリング』

後半の「スポンサー」のくだりは、なかなか迫力があったと思います。
"利益"ではなく"好意"でやってもらっていること。最大の功労者であること。現実を受け止めた、思い切った言い方。
ただその前の"気持ちの伝わるプレー"云々は、どうにも気に入りません。「プロ」の資格が"技術"や"プロフェッショナルなプレー"などではなく、まず"必死さ"であるという倒錯が、余りにも当たり前のこととして語られているのが。
だっておかしいでしょ。皆さん何かの分野の"プロ"を雇う時に、最初に求めるものは何ですか?"気持ち"ですか?それとも"専門性"や"技能"ですか?自明でしょ。勿論最終的には、"気持ち"のある、親身になってくれる"プロ"の方が嬉しいですけど、最初の判断基準がそこでないのは明らか。
余りにもサッカー的な言い方で、それを内輪の話としてするならともかく、「外」の人である(特に今回の)スポンサーに説明する場面で使うという、倒錯の日常化に、ちょっと愕然としてしまいます。
倒錯は倒錯でいいですし、仮にそれがサッカーの特性だというならそれもありだとは思います。ただ位置づけが、自己認識が余りに狂ってるのは、たまに本気で気持ちが悪いです。・・・・最悪"カルト"だと開き直るのさえ、ありだと思います。でも"カルト"の自覚が無いのは、許せない。

『miifa』

キャンピングカー暮らしは、たまに夢想します。猫への義理が無かったら・・・・とも考えますが。(笑)
一番の希望は、"ホテル暮らし"なんですけどね。豪邸よりも何よりも。
とことん"巣"を作るのが、嫌らしい。でも一方でプライベート空間自体は人一倍欲しいので、ホテルを気ままに転々とというのが、バランス的に理想。多分一番金かかりますけどね。totoBIG頼み。(笑)

『ZUCCA×ZUCCA』

男役のダルマ。(というのかアレ)
分かる。(笑)
確かに見てはいけないものを見てるような、気にはなりそう。

『僕の小規模な生活』

うん。だからこの人はほんとに、"現実を受け止める"人なんですよね。
逃げることが出来ないから、狂う。
僕なんかは何は無くてもまず逃げますから、安心なんですけど。(笑)
僕の狂気なんて、遊びです。ダンスというか。

『グラゼニ』

出産でも職場を離れないという"気持ち"は、これは確かに"プロ"のもの。
一方でメジャーリーガー等は平気で離れますが、あれはつまり、より優先する(キリスト今日社会の)「市民」という"プロ"性に、よるんだと思います。(笑)

『特上カバチ』

どうなったか"見て"みたい(女の)同級生はいますが、"会って"みたいのは、いないですね。
自分の気持ちも含めて、ほんと「過去」の話。純然たる。
そこらへんはほんと、僕はあっさりしてるんですね。切れた瞬間に忘れるというか。過去の自分は他人というか。どちらかというと"女性"的か。
ではなぜ"見たい"かというと、女の好みというか"美"の基準が、日々変わってるからですね。成長してるというか(笑)。今思うと凄い美人だった気がするんだけど、なぜか当時は全く興味が無かったなんてタイプが、結構いる。
大関さんとかね(知らねえ)。やっと良さが分かったよ、エンキ!!(もっと知らね)
エンキくんは大関さんが好きだったんですね。ハア?とか言ってごめんね。(笑)

『レンアイ漫画家』

段々少女漫画家の人が、かわいく思えて来ました。(笑)
とりあえず漫画に真剣なのは、買いですよね。
普通の意味の"性格の良さ"云々なんてのは、この場合その後の話。
むしろあいがウザい。俗人は消えろ。

『ひらけ駒』

ママ"女"過ぎるけど、なんだかんだ宝くんは、上手く育つ気がして来ました。
(ママをカバーする為に)基本しっかり者で、でも甘え上手で・・・・単なる女たらしじゃないか。(笑)

『誰も寝てはならぬ』

途中からオバハンになるコというのは、結局は元々素質があったか、あるいは一般的な"オバハン"化過程に対抗するだけの、独自の人格や思想を形成出来なかったんだと思います。
それが不幸とは、限らないですけどね。

『劇研もっこす』

ただただいいですね。
"選ばれた"作家だと思います。
世界への対峙の仕方に、根本的な真剣さというか、研ぎ澄まされたものがある。
だから"ストーリー"以前に、一つ一つのパーツに、命が宿る。
連載決定おめでとう。
ただ僕に愛され過ぎると売れないので、そこらへんは注意。(笑)


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック