東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
アジア連勝の夜
2011年12月12日 (月) | 編集 |
ただし、エスペランス[アフリカ]1‐2アルサッド[アジア]は、ちょいちょい、どっちがどっちだか、分からなくなってましたが。(笑)
ユニフォームの派手な方が・・・・えーと、えーと・・・・どっちだ?(笑)


隅から隅まで、今のらしい感じの試合だったかと。

FIFAクラブW杯2011準々決勝
 柏[開催国] ○1-1(PK4-3)● モンテレイ[北中米](豊田)


しかし怖かったぞ、リョーヘイ。(笑)


・前半はかなり、危なかったですね。
・柏はやや過緊張気味なのか、気合い入ってる割にはフワフワした感じで、あちこち変な穴が。
・そして単純に、モンテレイが強い。モンテレイの方がというか。
・互いのパスサッカーがそこそこきれいに噛み合うなかで、細かい実力差が積み重なって、喰らったらヤバそうな重いパンチを、必死のフットワークとディフェンスで、何とかずらし続けているという、そんな感じ。
・足が止まったら、一つかわし損ねたら、すぐ終わりそうな。
・こちらの"パンチ"はというと、それなりにいいコンビネーションは出しているのだけど、いかんせん軽い。
・具体的には、自慢の若き"夢の"2トップの、このレベルではまだまだ足りない部分が隠しようもなく。
・正直レアンンドロ&ワグネルクラスが、FWにも一人いたらという気にはどうしてもなりましたけど、それだといかにも、身も蓋も無い。(笑)
・ブラジル人を日本人がサポートするだけのチームに、見えて来るというか。
・かつてのヴェルディも、確かにビスマルク・ペレイラに頼る部分は大きかったけど、FWは一応、"武田・カズ"でしたからね。(笑)
・まあでも、もう少しレアンドロのパスを、無駄にしないようにしないといけない。
・お父さん、我慢強いけど。(笑)
・我慢強いと言えばネルシーニョが北嶋をなかなか使わない、orリョーヘイより順位が低いように見えるのは、コンディションの問題なのか育成の意識なのか。
・それはそれとして、ターンオーバーとかは、あんまりしない人でしたっけ。"競争"は推進しても。
・割りとここんとこ、用兵が意識して固定的に見えますが。この日程にも関わらず。

・柏の立ち上がりがフワフワしていた理由のもう一つとして、そもそもそういうチーム、相手の研究自体はしても、戦いの基本は常に"ニュートラル"というチームだからという、そういうこともあるかなと。
・変に相手に合わせたりはしないけど、さりとて"スタイル"を押し通すというタイプでもまた無い。
「攻撃的」でも、「守備的」でもないというか。すらも。
・与えられたメカニズムに従って進退し、それがどういう形("攻撃的""守備的"ということを含めて)になるかは、相手次第状況次第という。
・セオリーはあるけどポリシーは無いというか(笑)。フットボールマシン的。
・そこらへんがトータルフットボール的というか、オシム的という印象のゆえんなんですが。
・とにかく何か分かり易い手掛かりに従って戦うチームではないので、「相手」や「状況」を測り切れないと、"中途半端"みたいな状態にもなり得るという。
J2なりJ1なりというここ二年の道程も、そうした適応を繰り返した結果かなという。
・まあモンテレイ自体も、どちらかというと、"測り"難いタイプの相手だったかと思いますが。
・弱いはずはないんだけど、バルサやサントスほど分かり易く警戒もし難くて。
・いつもの感じで行けるかなと思ったけど、やっぱ微妙にキツくて泡食ったという。
・その感覚のずれを試合中に修正出来るのも、"ニュートラル"の逆の強味。
・まあ"修正"出来る一定の限度はあるでしょうけど。
・バルサにはきついだろう、でも次メキシコリーグに"昇格"しても、それはそれでやれそうな(笑)。戦い方を変えずに。
・勿論、田中と工藤には、もっとやってもらわないといけないけど。

・運には助けられたでしょうが、たらればはこっち(柏)の方が多かったかなという。
・チームとしての将来性というか。
「選手の入れ替え」まで含めての、"将来性"ですが。(笑)
・入れ替えの必要が無いように、今いる選手頑張れという。
・後は勿論、高いレベルへの慣れ。
・今大会中に、どこまで行けるか。
・さすがにそろそろ、疲労の蓄積が心配ですが。
・ともかく実際ちょっと、モンテレイの方は、ことこの一試合についてはやれることが無くなって。
・つまりハーフタイムで向こうの監督も言っていたように、"これでいい"はずなのに、結果が得られなくて。
・途中から精神的には、少し行き詰ってましたよね。
・PKもあんまり、負ける気はしなかった。

・とにかく相手なりに状況なりに必要な力を出して来る、柏らしい勝利/試合だったかなと。
・ぶっちゃけJ(1)リーグでも、何がそんなに強いのかは、よく分からないチームだったと思うんですが。(笑)
・過去の優勝チームと比べても。
・"この"チームじゃなかったら、むしろいかにも中位っぽいメンツ、サッカー。
・ただしその中位力は、かなり上のリーグにも通用するかもという。
・全力で応援はしていましたが、同時に「日本の」チームであることは、サッカー的にはほとんど意識させないのも、特徴かなという。
"ブラジル"という意味ではないですよ?(笑)。それはあくまで、例えばの話というか結果論といか。
・あくまで非・日本、インターナショナルという、そういう意味。
ガンバレッズとの比較においてね。
・そこはやはり、監督の違いか。
・浦和は一応外国人監督でしたけど、らしいことはあんまりしてなかったし。郷に従ってただけというか。
・さて次は、"サントス"用の柏レイソルが、見られるのか。
"修正"(調整)は間に合うのか。
・頑張れネルシーニョ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック