東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
逢沢りなさん(’12)
2012年05月01日 (火) | 編集 |
逢沢りな 写真集 『 人魚 』逢沢りな 写真集 『 人魚 』
(2011/12/19)
西田 幸樹

商品詳細を見る

うむ。意外と水着じゃないDVDが多いんだな。
パッケージ的に、使える商品が少ない。
ほぼ忘れてましたが(笑)、一応既に一回書いてますしね。

この↑写真集も、評判はかなりいいみたいですが、表紙の顔は僕はあんまりぴんと来ません。
元々やや老け顔ではあると思いますが(笑)、それにしても少し頑張って”大人”にし過ぎかと。
”素直じゃなさそうなめんどくさそうな美少女”、くらいで十分。・・・・普段通りに。(笑)


前回画像のみの印象で取り上げた時は、専ら獅子座の理想主義、頭でっかち」という観点から、その性格のめんどくささを推測してみました。
その多分直後くらいに、『ダウンタウンDX』に出演していて(その後も数回)、実際かなりめんどくさい性格であることが判明したわけですが・・・・
なんかでも、思ったのとは違う。(笑)

見た人は分かると思いますが、確かにめんどくさい「理想主義」者ではあるんですよ。
特に男の趣味関係で。(笑)
好きな人のちょっとした変な仕草や嫌いなところを一つでも見つけると、途端に手のひら返して嫌いになるので、恋愛が出来ないと、そういうアピール。再三にわたる。(笑)

そういう意味では当たってるは当たってるんですけどね、僕が思っていたのはもっとうこう、高尚というか(笑)、世間の一般論的綺麗事、理想論を押し付けるようなそういうタイプの通俗的な「理想主義」で、あんな”個人”性爆発のむしろ世間から非難轟々を受けそうな、笑える理想主義ではなかった。(笑)
いや、いいことなんですけどね。いっぺんに好きになりましたけど。どういう配合なんだ?という。(笑)

まだまだ上り坂のピカピカのアイドルで、黙ってれば美少女、しかも賢めのそれですんなり通るのに、酔っ払いが絡んでるような変に無防備な、カメラ回ってるのに目の前に相手に個人的に告白しているような捨て身の喋り方も妙だし。流行ってるのか?そういうの。(例・吉高由里子
まあ相手にはよるんでしょうけどね。場所によっては、こんな風に、立派な”営業”も出来るわけですし。(笑)


何というかなあ、占星学的な言わば生まれ/遺伝決定論的要素に対する、環境的・個人発達的要素の逞しさというか、そういうものも感じますが。
・・・・この場合の”環境”とは、具体的にはこの前も言った特撮・アニメ好きというオタ要素と、それに(ダウンタウンDX的な)日本的バラエティ的ぶっちゃけ主義への、馴染み・適応ということですかね。

勿論昔からアイドルや(特に女性)タレントは、初期設定や基本キャラと”個人”性の間で引き裂かれていたわけですが、その場合でも後者の出て来るのはもっと歳を取ってから地位が確立してから、ひと段落して自信を付けて、居直れるようになってからと、それが相場だったと思います。
・・・・という言い方だといかにも”戦略”の問題みたいになりますが、それ以前に、人として開き直りが早いというか、”世間”に敬意も脅威も余り感じてないというか、そんな感じがしますね。彼女たちの”剥き身”の大胆さ、厚かましさには。(笑)

別に”挑戦”しているわけでもないんですよね、例えば昔のキョンキョンのように。
ただただ、気にしてないだけ、あるいは簡単に、考慮から外れるというか。
その分小成、早熟な感じも、しないではないですけど。
生まれや建て前との対決や葛藤から生まれる、奥行きやダイナミズムみたいなものとは、縁が薄くなるというか。
一方で見え見えの王道どアイドルスタイルも新たに市民権を得ているのは、同じく建前の薄い文化の逆側の面という感じですかね。
”表”と”裏”が、ほんとに被膜一枚。


とにかく彼女の場合は、内容の理想主義を言い方の本音感が遥かに上回って、僕のお気に召しました。(笑)
喧嘩にはなると思いますよ、やっぱり。
ただその喧嘩は、どちらかというと楽しい喧嘩になりそうという。”ネタ”要素の濃い。(笑)
お互いだからどうだということでもないと、分かってるという。

カラダも少し成長しましたかね。
前回指摘したやや肩幅が狭くてバランスが悪く感じられる部分が、最近の写真では目立たなくなっている気がします。
まあ一年も経ってないので、撮る側が気付いて工夫しているだけかも知れませんが。


絵づらが寂しいので、こんなのでも足しておきますか。

aizawarina_ex02

大人になって。
安定感は、出て来ましたね。逆につまんないかも知れませんが。


aizawarina_ex04

昔はこんなの。
やっぱりちょっと、バランスが妙か。(笑)

[逢沢りな画像]

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック