ヴェルディ、代表、二次元、女子バレー 他
なでしこ決勝アメリカ戦
2012年08月10日 (金) | 編集 |
”残念”という気持ちの方が、強いかな。

ロンドン五輪女子サッカー決勝 アメリカ代表 ○2-1● 日本代表 (ロンドン)

虐殺されなかったこと、そして決勝まで行って面目を保てたことは、女子サッカーにとって良かったと思いますが。”強い”けど”際どい”チーム。


・とはいえアメリカ以外になら、基本的に勝算はあると思いますが。
・日本以外みんな”大きい”中でも、アメリカの振幅の”大きさ”は特別で、やる度やっぱ違うわあと思う。
・脳味噌の再編成を要求されるというか。
・非常に単純に言うと、大きさ・強さの中に、”速さ”という要素もちゃんと入ってるのが、他のチームとの差。
・特にモーガンは特別で、直線的に速いのは勿論ですが、更に「敏捷さ」「しなやかさ」(+スタミナ?)という言わば日本的な性格も持っていて。
・”アメリカ””外国”用にカスタマイズされたこちらの脳味噌の、盲点を衝いて来る。
・....実際に”衝いて”来るのは「正面」なんだけど、そこ通って来る予定のガイジンさんはいないので(笑)、対応が遅れるという。
・えろうすんまへんな、不調法して。おいでやす。
・モーガンが「日本人的」である証拠(?)には、基本黄色人種専門の僕が、欲情可能だというこの事実
・どうだ!!
・それ以外にも二得点のロイドなんかもちょこちょこ細かい速さをおり交ぜて来て、ついついマークを離し気味になるというか、使う予定の無かった筋肉を使わされるというか。
・いやほんとに、モーガンの”シュート”まで日本人的(笑)でなかったら、どうなってたことか。
・準決勝までは特にそうだった記憶が無いので、さすがに疲れてたんでしょうか。
・ワンバックはまあ、もう”決する”というより”駄目を押す”存在で、要はモーガンがチャンスを作って点取るのは別に誰でもいいというか、誰でも出来るというか。
・もしこの先世代交代したアメリカの”スピード”化が進むなら、むしろ差は開く可能性があるというか、今回の”アメリカ”が最後の「倒し得る」アメリカだったということになる可能性すら、あるかなという。

・未来の話はさておき、この試合に関して僕はあんまり”惜しかった”という感触を持っていなくて。
・当然選手たちは頑張ったのだけど、実際の勝機はほぼ無かったなと。
・具体的には0-1までの展開を見ていて、(90分で)1点は取れるだろうけど2点はかなり怪しい、だから結論としては月並みになるけど、”次の1点”をどちらが取るかがほんとに鍵になる、追加点取られた時点でほぼジエンドだと、そう”解説者”的なことを(?)ひとりごちていました。
・とにかくなんか、フワフワ戦っていた印象。
・田中明日菜in→1点返してしばらくくらいですかね、まともな時間帯は。
・試合の入りも、結果的な部分も多いですが、どうも中途半端だったなと。
・押すでもなく、引くでもなく。
・どちらかというと”押”したつもりなのかなと思いますが、アメリカ相手ならもう少しはっきり、しばし釘付けにするくらいの勢いでやらないと、隙が出来るだけだと思います。
・そこらへんはアメリカの巧妙さも、あったなと。
・瞬間的には凄い勢いで来るようで、いざこちらがカウンターをやろうとすると妙に人数が揃っていて、こいつら見せかけだなという。
・本気で攻めてくれれば本気で”イタリア”も出来ようもんですけど、上手く押し引きのバネを効かせられなかった。
・向うの戦いの落ち着きぶりからすると、”日本対策”として練られたものだったんでしょうね。
・後ろを固めつつ適度に圧もかけて、カウンターもポゼスも両方やらせない、両方中途半端にする。
モーガンがいるから出来るという、部分もありつつ。

・日本側にも原因はあって。
・今大会の「内容」に不満や負い目を、多少抱きつつ。
・でも実際そんなに上手くも行ってないポゼスを、どう扱うか。
・日にちもないですし、決めかねたまま試合に入って、始まってみたら意外と出来るようなので、じゃあという感じでやや不用意に前に出てしまったというか。
・それで技の”錆び”落としが済む前に、あっさり先制されてしまってさあ大変という。
・結局アメリカに、”持たされた”という言い方でいいんですかねえ。
・あのアメリカがと、違和感はありますが。
・だからそういう警戒心は薄かったというのは、あると思います。好調と勘違いしたというか。
・ま、実際”不調”なわけでね、はっきり言えば。今大会は。
・地力で勝ち進んでは来たけど、チームの完成度そのものは一向に上がって来ていなかった。
・しかし勝ってるのでメンバーも変えられず、そのまま最終決戦へ。

・具体的にはやはり、中盤の構成力と前線との関係性。
・この前があえてボランチに入ってるのがこのチームの(攻撃の)隠し味ということを書きましたが。
・実際には澤はほとんど守備に奔走して攻撃に絡めていなかったわけで、その”隠す”バランスは崩れていたとも言える。
・W杯では陰のMVPとも言われていた(らしい)阪口が、今回は途中交代対象にしばしばなってしまっていたのも。
・要するにパートナー澤との”絶妙のバランス”が崩れて、その能力の価値が減ってしまっていたからで。
・捌けるDH(阪口)と潰せるゲームーカー(澤)だったのが、後者が潰しばかりやってるようでは前者の”捌き”の能力も中途半端な感じになってしまうわけで。
・ならばよりはっきり守備の強い田中明日菜を入れて澤に攻めさせるという、それこそこの試合のような選択に。
・その一つ前の宮間にもその影響/問題はあって。
・言ってみれば”常識”的なゲームメーカー、職人パサーの宮間に、澤の飛び出しや大野のドリブルが適宜絡んでいたから成り立っていたあのバランスから。
・澤が出て来られなくなって大野が前線に行ってしまって、取り残された宮間もなぜかどんどん調子を落としてパスが通らなくなって。
・プレースキックまで外れ出したのは、どこか悪いのかという感じですが。
・川澄のプレーメークへの貢献度が低いのは、既に言った通り。
・まあ現象をなぞってるだけで、順番的にどこが”最初”なのかは、今一つよく分からないんですけどね。
・澤が守備的になったのは、体調やチーム事情による、それ自体の理由なのか。
・それとも宮間を中心とする中盤全体の機能性から、上がり難くなったのか。
・感覚的にはやはり川澄のところでバランスがおかしくなっていた、感じはしますが。少なくともその「変更」が。

・この「MF川澄」の問題は、同時に「FW川澄」の、その存在を”失った”痛手という、そういう問題でもあると思います。
・なんかやたら叩いてるようですけど(笑)、繰り返しますが僕はFWとしての川澄は好き、それどころかほとんど天才的だとすら思っているので。
・あれだけの「運動量」「労働」スタイルなのに、ここぞという時はちゃんとキラーインスティンクト(殺し屋の本能)やアーティスト性を発動させるのは、稀有な才能だと思います。・・・・本人もそこまで自覚していないようですが。
・それがどんなに大変なことかは、安藤師匠(笑)や男子の数多いる”日本的”FWたちを見れば、分かるでしょう。
・とにかく”FW川澄”を失って、得点の予感はだいぶ目減りしたと思います。
・澤の不在ともども、攻撃に意外性と繋がりが失われたというか。
・その分大儀見あたりには頑張ってもらわないといけないわけですが・・・・ねえ。
・基本的にやっぱり、孤立している。
・カウンターの時はその個力は貴重ですが、この試合でもポゼッションしてコンビネーションで崩そうとすると、どうも噛み合わないというか、ほとんど邪魔というか。
・”ポストプレー”と言っても大儀見のは、柔らかく落としてゲームメイクを助けるタイプではなくて。
・とにかく我慢して時間を稼ぐ、そういうタイプのものですからね。
・そういう大儀見と、こちらも基本的には「個力」型の大野を前線で組ませる形に基本形を変更したのは。
・W杯後のいくつかの苦戦から、ある程度”一発”型への移行を見越してのことなんだろうと考えたくはなりますが。
・でも前後してW杯よりも更にポゼス色を強めて、徹底的に攻め勝つスタイルの志向もなされていた記憶があるので、どうなんだろうという。
・「大野FW」と「川澄MF」自体は、それ以前から特に試合途中にやってはいましたけど、その時ははっきり守備力強化という意味合いだったと、記憶しています。
・その時から「川澄MF」は、ほんとに守備にしか効かないなとは思っていたんですか。多分佐々木監督にはそれ以上の良さが見えているんでしょうね。何かというとやろうとする。
・とにかく結果的に言えば、カウンターメインの時は何とか持ち堪えていた布陣の機能不全が、ポゼスで大敵アメリカを破らなくてはいけない段になって、ついに限界がはっきり見えてしまったなという感じ。
・確かに個別にはチャンスは作れていましたけどね。
・でもそれはほんとにその局面だけの、個人的アイデアと”機能していた”時代の残滓的なコンビネーションによるもので。
・取れなければそれで終わり、その攻撃によって相手に圧力をかけることも攻撃出来ていることがゲームをコントロール出来ていることにも繋がっていなくて、終始不安なまま”時間切れ”でアメリカのターンが来て、追加点を取られてしまったとそういう風に僕には見えました。
・ぷっちゃけ試合の「出来」としては、今大会の最低点だと、それが最後の最後、大事な試合で出てしまったなというのが、僕の偽らざる印象。
・アメリカは強かったし、いずれにしても負けたかも知れないけど、腰の据わらないマズい試合をやってしまった、そういう意味で力を出し切れずに負けた、それが悔しい、残念だと、冒頭に戻ります。
・まあ、たまたまではないですけどね。
・それだけの準備しか、この試合に向けて出来なかったということなので。
・それでもアメリカ以外になら勝てるんですから、大したものではありますが。
・ただそれは要するに「地力」の問題でしかないと、「出来」や「完成度」的には褒められないと、そういうことです。
・佐々木監督の求心力も、真面目に落ちていたのかなあと、そんなところもありつつ。

・大会前絶好調だった気がする近賀に露骨に切れも覇気も無かったのは、”女長友”にもついに限界が来てたのか。
・一方で大野はなぜか(?)ここに来て大会一番の出来、大野にとってはやはり、形ばかりとはいえ”主導権”を取った戦いが必要なのかなという。
・”一人”で活き活きとする(笑)大儀見とは違い、人がいいというか寂しがり屋というか。
・そういう意味でも、ミスキャストだったかも。
・追い掛ける展開で吹っ切れたようにこの日はバリバリ前線にも進出していた川澄の狭いところでのイマジネーションはさすがでしたが、それでも段々と後ろの方へ追いやってしまう佐々木監督。(笑)
・その間中盤の仕事もちゃんとやってるので、こちらも最後はカズ欠というか、精根尽きたというか。
・岩渕と丸山ねえ。高瀬は?
・男子の方もそうでしたが、これだけぎりぎりのところで出す選手というのは、それまでに実績を残している選手か少なくともレギュラーを中心とする”グループ”にちゃんと入ってる選手じゃないと、チームが混乱するか本人が孤立するかで、まず有効な働きをするのは無理だと思いますけどね。
・一瞬だけでも岩渕に見せ場があって良かった。ただしそれ以外は箸にも棒にもかからなかったですけどね。
・むしろボールが渡ると、冷や冷やしてしまうというか。

・うーん、残念。
・最後にこんな気持ちになるとは。
・不完全燃焼。
・実は”力尽きて虐殺”とかなら、覚悟してたんですけどね。
・やはりアメリカのゲームプランの細心さが、意外だったか。
・この前当たった時虐殺したじゃないか。なぜその勢いで来ない。(笑)
・まあしかし、面白かった。面白い大会ではあった、今回も。
・「文化」とかじゃなくて、これくらいストレートに「体」「脳」というくくりで、民族性等を考えさせられる機会もそう無いですよね。
・スペインの女子とかどんな感じなんでしょう、所詮W杯以来のニワカなんで、知りませんが。
・今後もこの異種格闘技道は続くのか。
・修羅の道。なでしこの道。
・やはり「銀メダル」と言われても、あまりサッカーには馴染まない気がします。
準優勝おめでとう。ご苦労さん。
・基本的には、ミッションコンプリート。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック