ヴェルディ、代表、二次元、女子バレー 他
今週のモーニング(’12.11.29) &サッカーあぶれ
2012年11月29日 (木) | 編集 |
mor123329

オフィシャル

土肥さんは御苦労さんした。
まあ、もういいでしょ、ウチでは。


ジョルジーニョ監督の退任について (鹿島公式)

ジョルジーニョ監督が今季限りで退任することになりましたのでお知らせします。
1年契約の満了する同監督との間で来季以降の契約に関する交渉を行い、契約を更新しないことになりました。なお、同監督は天皇杯終了までチームを指揮します。

これは驚き。
何と言うかまあ、まだ色々”決着”ついてないじゃないかという感じですが。
「真価」は。もしくは「正体」は。(笑)
特別な事情が無い限り、どうも”逃亡”という印象は残りますね。
まあかなりの確率で、多分来季も駄目だったんじゃないかという気はするんですけど。実際には。
でもチャレンジすべきだったのではないかなと。本人的に。
鹿島の通例として、クラブ側の意向とは、あんまり思えないんですけどね。根気強いですからあそこは。


ブラジル代表監督を解任 (デイリー)
ブラジル代表新監督はスコラリ氏 (デイリー)

どうもこちらも、やや”勝ち逃げ”された感じ。(笑)
もう一回はやらせろと。(笑)
まあ前監督的には、単なる失意でしょうけど。
地味な監督さんでしたね。
フェリペはフェリペで、意外性はあんまり無いでしょうけど。
でもブラジル人は好きですよね。何でか。


酒井高にミランが興味、アストンビラもリストアップ (スポニチ)

ACミランがシュツットガルトの日本代表DF酒井高徳(21)の調査を行っているとイタリアのスポーツ専門サイト「カルチョメルカート」が26日に報じた。調査のためにスカウトを派遣したという。
同サイトはこれまでにもナポリやローマなどに獲得の動きがあったと指摘。また英メディアでも同日、アストンビラが獲得リストに挙げていると報じた。

大した実績も無いし、まだ早いんじゃないのかなあという気もするんですけど、何ですかね、ヨーロッパ人好みなんですかね。(笑)
よっ、外人キラー
まあ若いですしね。ポジション柄、”素材”重視なのかなとか。
でもアストンビラ/プレミアでは、代表実績が足りないのでは?ドイツ経由だと違うの?


来季構想外…名古屋MF金崎が退団へ (日刊)

今季もここまでリーグ31試合に出場し5得点主力としてサイドを主戦場に突破力を発揮していたが、10年に大分から名古屋に移籍した際に結んだ3年契約が満了するこのタイミングで退団する運びとなった。
昨年夏にも欧州から練習参加の打診があった。海外クラブが興味を示し続けており、去就が不透明。主力として計算しづらい点などが、今回の判断理由の1つとみられる。

おやまあ。びっくりしましたが、色々と現代的な理由ですな。(笑)
移籍金商法する気は無いのかね。・・・・ああ、それとも金崎側が、”複数年を拒否”という、例のパターン?
2014年に間に合うには、結構待ったなしですけどね。
昇格する大分には・・・・戻らないな(笑)。とにかく変な空白だけは、勘弁。


ニュルンベルク清武、英メディア選定の欧州ナンバーワンクロッサーに選出される (SOCCER KING)

へええ、そんな観点。
特に”クロス”という印象は無いですけどね。(ああ、でもグラウンダーの大陸横断パス的なものなら)
それにしても日本人がね。”欧州っぽい”という意味では阿部勇樹のクロスとかが僕は印象深いですが、最早そんなことを気にする時代ではないのか。


DF一柳と契約せず…岡山 (報知)

J2岡山は27日、松本に期限付き移籍しているDF一柳夢吾(27)と来季の契約を更新しないと発表した。

僕的には取り戻したい”忘れ物”の1人なんですが、どうにも近況がね。
それでも森勇介よりは、来季のヴェルディにいて欲しい。
でも刀根とかぶりそうだね。モロに。(笑)


『ライスショルダー』

ヘラジカ?(笑)
階級自体の厚みが薄いから、次々”怪物”を出さなくちゃいけなくなるのかなという。

『セケンノハテマデ』

燃えるネタですね。(笑)

ラッシュ『タイム・スタンド・スティル』

Hold Your FireHold Your Fire
(1997/06/03)
Rush
商品詳細を見る

・・・・の、入ってるアルバム。
1. Force Ten ~ 2. Time Stand Still の流れは確かにかっこいい。
ただその後は尻すぼみというか、割りと惰性の曲が多いというか。そういうアルバム。

イエス『危機』

危機危機
(2010/05/26)
イエス
商品詳細を見る

は・・・・あれ?知らないや(笑)。『こわれもの』しか聴いてない。(と、再結成後)
なんかそれで十分というか、あんまり他の聴く気にならなかった。
多分ちょっとジョン・アンダーソンの個性が強過ぎるんですね。それで”キャラ”ものに。”ストーリー”ではなく。

ポール・ロジャース

Fire and WaterFire and Water
(2001/10/05)
Free<
商品詳細を見る

の、いたバンドの代表作。
エモーショナル/ソウルフル系のロック・ヴォーカルの中でも、別次元の”詩情”を持っている人ですね。
デヴィッド・カバーデイル(ホワイトスネイク)みたいな”型”通りのと、あんまり比べては欲しくない。
ちなみに"Mr.Big"(このバンドの曲名が由来)のエリック・マーティンとは、ハナから全く系統違いだと思います。

ロリー・ギャラガー

Live in EuropeLive in Europe
(1999/11/23)
Rory Gallagher
商品詳細を見る

ヴォーカリストとしてよりも、ギターの”パリパリ”した独特の感触が面白いと思います。

ジャコ・パストリアス

Jaco PastoriusJaco Pastorius
(2000/08/03)
Jaco Pastorius
商品詳細を見る

「コンティニュウム」は3曲目。・・・・ああ、これか。インスト系は曲名だけだとなかなか分からない。(笑)
眠れる、んじゃないですかね。1曲目『dona lee』とかは、厳しそうだけど。

ちなみに僕の”洋楽”の目覚めは・・・・デュラン・デュランです。(笑)
ハングリー・ライグ・ザ・ウー。親元で部屋にテレビなんか無いから、普通にラジオ聴いてたね、あの頃は。

『う』

ああ、卵焼き食べたい。

『犬神もっこす』

なんやかやと、美女勢ぞろい。(笑)
狭山クンの”感情表出”というか”壊れ”シーンは、なかなか秀逸だったと思います。
”ついに”怒ったという感じが。説得力が。

『カレチ』

いいねえ。今まで一番いい。(笑)
この人の良さは「熱血」でも「爽やか」でもなくて、むしろ”エグさ”なんですよ。
”濃さ”というか。

『ゾンビ取りガール』

今や日本中が、ゾンビ”ガール”に夢中?(笑)
いいコやね。
あとおっぱいは基本的に、服の上からの方がエロいよね。
社長の登場のさせ方を見ると、やはりメインテーマは、”職人”性かなという。

『たこつぼ』

色々と垢抜けないところはありますが、なかなかいいものを持っている人だと思います。
遠からず面白い物を描きそうというか。

『miifa』

熱湯コマーシャルと言えば優香。あの弾むようなビキニ姿と性格の良さに、(これまた)日本中が惚れた?!(笑)
とはいうものの、女の子もあんなの見ていたんだという、新鮮な感慨もありますね。
やっぱり興奮するのかな。(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック