東京V等サッカー、漫画、アニメ、アイドル 他
まあヴェルディ
2012年12月13日 (木) | 編集 |
来季に向けては、そう簡単に盛り上がってやるものかという、変な抵抗感もあったりする今日この頃なんですが、こう立て続けにネタを振られると。(笑)


梶川諒太選手移籍のお知らせ (ヴェルディ公式)

この度、梶川諒太選手が湘南ベルマーレに完全移籍することが決定いたしましたので、お知らせします。
(中略)
●梶川 諒太選手コメント
「大学の時から練習参加させて頂き、約1年半お世話になりました。東京ヴェルディでここまで育てて頂いた事を、本当に感謝しています。
このチームが、プロとしての原点なので、どのチームに行ってもヴェルディで学んだ初心を忘れずに、成長し続けていきたいと思います。
サポーターの皆さん、関西から出てきた自分に温かい声援を送って頂きありがとうございました。活躍した姿を皆さんに見せられるよう、これからも走り続けます」

誰からも好かれる本人の人柄もあって、比較的平静に受け止められているようですね。
本来はそれなりに”大事(おおごと)”のはず(笑)で、低めに見積もっても来季のキープレイヤー、高く見積もれば昇格に欠かせない選手であり更にはむこう数年間中心選手として活躍してくれるはずの選手であったわけで、来季「梶川がいてくれれば・・・・」と思う瞬間は、少なくとも月一回はあるだろう(笑)と思われるわけですが。
まあ中島・前田の台頭というのは、あるのかも知れませんが。タイプは少し違うにしても。
逆に西も飯尾も含めて、”半ボランチ”みたいな選手は結構いるというのも。(1人いなくなりましたが。>こうせい)
実力的には、ギリギリのラインですよね。もう一年J2でやらせるのが、”忍びない”というレベルかどうかの。
やってもいい。でもJ1でやらせたい気持ちもある。みんなに見せたいというか。

「1年半」と期間をきっちり言うところが、なんか”らしい”なと(笑)。「関西から出てきた」ことには、結構こだわってたのかなと(笑)。微妙な外様意識というか。
まあ頑張って。出来れば代表まで。

東京VのMF梶川が湘南へ「J1で戦えることをうれしく思う」 (スポニチ)

来季3季ぶりにJ1に復帰する湘南は12日、J2東京VからMF梶川諒太(23)を完全移籍で獲得したと発表した。
梶川は今季、関西学院大から東京Vに加入し、J2で35試合に出場し3得点。クラブを通じて「湘南ベルマーレの一員として、来季J1で戦えることをうれしく思います。自分の持ち味はとにかく動き回ってチームの潤滑油になるところなので、湘南でもそのプレーを存分に発揮して、少しでもチームの勝利に貢献できるように努力していきたい」とコメントした。

パス出しがどうとか言わないところが、謙虚だね。
ある意味では、完全に本心なんでしょうけど。”それ”で生きるという覚悟が出来てるというか、逆に”それ”に誇りを持ってるというか。
まあ行き先が湘南だというのも、さほど気持ちがざわざわしないで済んでいる、理由ではあるかも知れません。伊達や酔狂で獲っているわけではなかろうというか、ギリギリの需要と供給関係の中で、きっちり使ってくれそうというか。
これがエフシ(以下略)とかエフマ(以下略)とかだと・・・・。いや、やめましょう。もう今年も終わりだし。(笑)

まあ楽観は出来ませんけどね。仙台鳥栖があらかた掘り尽くした感のある鉱脈に、まだ湘南の分が残っているのかどうかというか、そうそういつまでもJ1常連連中も、寝たままではいるまいというか。
一緒に埋もれるようなことに、ならなければいいんですけど。グッドラック。どちらも。


東京V“オシムの頭脳”間瀬氏が新コーチに! (スポニチ)

J1昇格を目指すJ2東京V“オシムの頭脳”が加わることが明らかになった。来季の新コーチとして間瀬秀一氏(39)の入閣が決定。
間瀬氏は千葉時代にオシム監督の通訳を務め、“オシム語録”を生み出した陰の立役者として知られている。その後コーチを務めた千葉、岡山でも手腕を発揮。三浦泰年新監督(47)の参謀役として期待される。

うーーーーん。
間違ってヤッさんの希望だったらごめんなさいですけど、とりあえずの感想としては、また始まったよ社長の点数稼ぎが、ウロチョロウロチョロ、少しじっとしてられないのかなあの人は、というものです。
どうしても自分の”有能さ”や”手柄”を、アピールし続けないといられないのかな。誰か上の人に”評価”される立場ならそれでもいいのかも知れないけど、自分がトップとしてはどうなのよという。

間瀬さん自体はWikiを見るだけでも十分に尊敬に値する人なのが伝わって来ますが、まず黙ってヤッさんの好きなようにやらせてみろよという、せっかく招いたんだから。参謀だかお目付け役だか知らないけどさ。
・・・・まあ必ずしも「目付け」するつもりでもないんでしょうけどね、なんか物事を全部足し算で考えてる人という感じ。去年の「秋田」「高橋」も、”サポート”や”川勝後”とかいう目的意識よりも、単にいっぱい手を打てばその分良くなる、良くなるはずだという、その程度の(善意ニコニコ100%の)発想・感覚での施策なんじゃないかと、そんな感じが今はします。
救世主に向かって失礼ですが、このままだと「無能な働き者」まで、あと一歩か二歩では?という。
仮定を前提にここまで言うべきじゃないとは、思うんですけど。どうにも。やる気が無いなら、逆に諦めもつくんですが。正直働きにくそうな上司だなあと、僕は思いますが。

以上全て、あえて「ヴェルディ」色と「ジェフ」色のパッティングの話は、触れない上での苦情ですが。


・・・・と、いうイラつきは、このニュースでだいぶ誤魔化されました。(笑)

東京V “ヤスチルドレン”7選手が大量加入へ (スポニチ)

J2東京Vは三浦泰年監督就任に伴い“ヤスチルドレン”が大量加入することが分かった。
同監督が今季まで2年間指揮を執ったJ2北九州からGK佐藤、MF金鐘必(キム・ジョンピル)、安田、FW常盤が新加入。今季東京Vから北九州に期限付き移籍していたDFキローラン木鈴、GKキローラン菜入と10年に東京V、11年に北九州でプレーしたDF福井が柏から復帰し、計7人が恩師のもとに集結する。

頑張れヤッさん。頑張れ、超頑張れ。社長に負けるな。(笑)
ひょっとして来るのかなと思ってはいましたが、ほんとに安田こうだい来るのか。いいのかな。何か申し訳ないな。(北九州に)
まあ梶川の代わりと言えば、代わり?
福井は”予想”はしてませんでしたけど、”期待”はしてました。ツテとしては、あり得るよなと。
とりあえず”忘れ物”一つゲット。仕方ない、一柳は諦めてやるか。(笑)
デカくて上手くて左利きで、スペック的にはほんと期待ですけどね。
サイドバックで使うのはなんか勿体ない気がするので、若干の希望も含めて3バックかもなという。祥平も深津も外せないし。コリンも育ったみたいだし。

いずれにせよ記事がほんとなら、三浦体制をバックアップする意思の方も、決して嘘ではないんでしょうね。実際そうだろうと思いますし、そこがウチの社長の、難しいところ。(笑)


千葉が仰天人事!町田から元GMをアポなし“強奪” (スポニチ)

J2は07年に千葉GMを務め、今季はJ2町田GMを務めた唐井直氏(55)を新GMとして呼び戻すことが11日、判明した。しかも町田の取締役会に島田社長がアポなしで突然現れ、譲渡を申し入れるという行動で“強奪”したという。

”強奪”云々は置いておくとして。(笑)
こっちの社長も、割りと”動き”の見え易い人ですよね。それ以上はノーコメント。(笑)

まあ唐井さんもね、毀誉褒貶が激しいというか、ヴェルディでも町田でも、少なくとも一度は「成功」して見せているはずなわけですが、その割には物凄く評価の定まらない人ですよね。
そんなに人材豊富とは言えない、日本の”GM”界にも関わらず。
何かこう、人がいいというか、志はあるんだけど押しが弱いという、印象の人。

僕が基本的には好意的にこの人を見ているのは、多分李さんが(少なくとも当時は)個人的に信頼を示していた

Lee’s Words―ヴェルディ総監督730日の戦いLee’s Words―ヴェルディ総監督730日の戦い
(2001/11)
李 国秀
商品詳細を見る

という、”出発点”の良さがあるからではないかと思います。(笑)

まあ町田にアルディレスはどうよ?とは思いました。ハナから思い出作りですか?というか。
それでその後秋田監督って何よと思ったら、もう実権は無かったんでしょうね、この流れからすると。

しかし言いたかないですが千葉も、監督(関塚)交渉の後(同時進行?)にGMって、何それという。任せるのか任せないのか、短期的なのか長期的なのか。
ともかく監督人事は、改めて新GMと相談してということに、なるんでしょうねならなければおかしい。(笑)

GMの意味分かってるのかというか、それとも”TD”とか”強化部長”とか、もろもろの職責とさして区別をしてないのか。ん?社長は俺だよ!!
多分今のところ、ウチの方がリードかな(笑)。”体制”としては。
間瀬コーチの必要性は、ともかくとして。

なんかよく分かんないけど、全てが上手く転べばいいですねえ。(去年もこんなこと考えていた記憶が(笑))


寒い!!CWCに間に合わなかった!!


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック