ヴェルディ、代表、二次元、女子バレー 他
移籍関係(’12.12.18)
2012年12月18日 (火) | 編集 |
どうにも芸能人”ペニオク”関係がツボに入り過ぎて辛いんですが(笑)、必死に理性を働かせて公務にいそしみます。


東京Vから深津、田中を獲得…町田 (報知)

J2から日本フットボールリーグ(JFL)に降格する町田は15日、J2東京VからDF深津康太(28)が完全移籍で、DF田中貴大(19)が来年2月1日から1シーズンの期限付き移籍で加入すると発表した。


東京VからGK柴崎が加入…横浜C (報知)

J2横浜Cは15日、J2東京VからGK柴崎貴広(30)が期限付き移籍で加入すると発表した。期間は来年2月1日から2014年1月31日まで。

とりあえず全員、”意外”な移籍ではありました。
昨季慣らし運転の済んだ田中は、当然ニュー・ヴェルディを担う有力な1人になるんだろうと思ってましたし、佐藤の加入があるにしても、土肥と新井を切った以上、”押さえ”としての柴崎の重要性はむしろ増したと考えるのが普通だと思いますし。

そして深津。土屋亡き後、当然その時点でのスタメンクラスの実力の選手だったわけですし、それを出す、しかも行き先はなぜか下のカテゴリーだという謎移籍。勿論昇格ライバルに行かれる方が”困る”と言えば困るわけですが、分かるという意味ではこっちの方が分かるわけで。それでいいのか?!深津。出るにしても、他にオファーは無かったのか?そんなに町田に愛着が?
どうも”ヴェルディの方が戦力外”というプロセスが先に無いと、イメージしづらい成り行きなんですけどどうなんでしょうか。

更に言えば、柴崎も深津も、それなりの苦労をしてようやく今年レギュラーで使えるレベルの選手に”育てた”ところなわけで、最終的にどういう編成になるにしろ、チーム作りの”流れ”として筋が悪いというのは間違いなく言えると思います。相当の結果オーライが無いと、死んだ子の歳を数える羽目になる可能性がとても高い。

町田に比べても、そんなに金が無いんですかね。とにかく選手を出し入れすることが”仕事”することだと、「代理人」的発想の人でもいるんじゃないかと、どうしても疑心暗鬼にはなりますが。
まああれです、ヤッさんがそれこそペトロヴィッチばりの(3バックで?)DFラインからひたすら繋げるサッカーを志向していて、その為に深津では足りないと、それくらいのものでもないとなかなか納得しづらいですね。そう願いましょう。(?)


小林祐希選手移籍のお知らせ (ヴェルディ公式)

この度、ジュビロ磐田に期限付き移籍しておりました小林祐希選手が、ジュビロ磐田に完全移籍することが決定いたしましたので、お知らせします。
(中略)
●小林祐希選手コメント
「今まで僕を育ててくれたヴェルディ、それから僕を応援し続けてくれたサポーターの皆さまには、心から感謝しています。
今シーズン、キャプテンと10番を任され、それを引き受けたにもかかわらず、シーズン途中で逃げるようにチームを離れて、チームを壊してしまい本当にすみませんでした。
ヴェルディで経験した、たくさんのことを活かし、ジュビロ磐田で選手としてさらにレベルアップし、より高いところを目指したいと思います」

こちらは驚き自体は無いというか、むしろまだいたんだという感じですが。
逆にジュビロ本当に買ってくれるのかなと、昨季のプレー内容からは心(以下自粛)
”チームを壊してしまい”ねえ。いや、チームへの誠意・謝罪のつもりで言ってるのは分かるんですけど、評論家でもあるまいし”壊れた”と言い切ってしまうのも残った選手たちに失礼ですし(降格でもしたんならともかく)、結果的に”自分がいないから壊れた”というゴーマン発言みたいになってしまっているところがあるし。
どうにも一つ一つ、”雑”だよなあという。今に始まったことではないですが。
まあ今まで出てった選手の中で、ダントツに近い心証の悪い(僕にとって)選手なのは確かですね。とても活躍を祈る気にはなりません。プレー知性という意味も含めて、誰か別の選手があの(素晴らしい)左足を持っていてくれたなら、どんなにいいかという。さいなら。


INAC星川監督 男子の指導者へ意欲「僕のゴールはここじゃない」 (スポニチ)

なでしこリーグの常勝軍団、INAC神戸の星川敬監督(36)が今季限りで退任することが17日、分かった。チームには既に意向を伝え、了承されており、近日中にも発表される。
星川監督は9月のリーグ杯決勝戦で日テレに敗れた直後、辞任の意向を示唆。チームからも強く慰留され続投の意欲を示す時もあったが、「僕のゴールはここ(女子サッカー)じゃない」と、常に男子サッカーの指導者への意欲を示していた。

こちらもやや”発言”としては、感じの悪い類。(笑)
まあスポ新なので文脈とかはひょっとしたら少し注文が付くのかも知れませんが、割りとそこらへんで問題があるという評判は、聞かないでもない人ですけどね。まだ36か。
今の今まで率いられて来た女子選手たちは、どう感じるんでしょうね。例えば同じ女子なら女子、男子なら男子という枠の中で、選手同様監督ももっと”上”のカテゴリーを目指す、だからここは通過点だと、そういう話なら問題ないわけですが。”女子”そのものを否定となると。
まあよく知らないんで、これくらいで。(ちなみに”OB”ということで、この並び(笑))


甲府 東京Vを退団、39歳DF土屋が加入へ! (スポニチ)

来季J1に昇格するJ2はJ2東京Vを退団するDF土屋征夫を獲得することが決定的となった。
関係者によると、既に条件面で大筋合意に達しており、交渉は細部の詰めに入っている。

気分直して、”いい人”の話。(笑)
土屋を切ったこと自体は基本賛成で、だから仮に甲府で大活躍しても、それについての後悔とかフロント批判(笑)とか、そういう予定(?)は無いんですが。
それにしても活躍しそうで、その時やいのやいの言われるのが、今から気鬱。(笑)
まあ中心選手としては当てにしなくていいという前提なら、そりゃ今でも価値はありますよ、この方は。ウチでは変に存在が大き過ぎる、難しい選手になっちゃっただけで。
契約叶った際は、よろしくお願い致します。確かでも伊東輝もまだいるんですよね。なんか凄ぇ。(笑)


以下、他チームの話も。ついでに。

吉沢氏が来季HC就任…鳥取 (報知)

J2鳥取は17日、今季指揮を執った吉沢英生前監督(40)が来季からヘッドコーチに就任すると発表した。
新監督には元日本代表DFの小村徳男氏(43)の就任が決まっている。

何でしょうねこのメカニカルな(?)人事は。(笑)
それだけそもそも”暫定”感の濃厚な「監督」だったのか、それも含めてスタッフの成り手がいないということなのか。
まあよそのことですが。


広島DF森脇が浦和へ完全移籍「かなり悩み考えましたが」 (スポニチ)

森脇はクラブを通じて「今回の移籍を決意するまで、かなり悩み考えましたが、この浦和レッズという素晴らしいクラブでプレーすることが、今の自分自身にとって一番であると確信し、決断しました」と移籍の理由を説明。

これもやや、”意図の無い失言”的なあれ。
それじゃ何かい、広島は”素晴らしい”クラブじゃなかったんかい。
社交辞令を甘く見るなよというか、決まり文句で”無難”にコメントするのも、意外と難しいというか。
それくらいなら、丁寧に自分の言葉で説明した方が、よっぽど変なことになる可能性が低いというか、仮に波紋を呼んでも意味のある波紋になるというか。
まあいいですけど。どうもJリーガーのコメント力については、薄ら寒いというか聴いて変な気持になることが、多いというか。


C大阪 川崎Fの楠神を獲得へ 大宮MFもリストアップ (スポニチ)

C大阪が川崎FのMF楠神順平(25)の獲得に乗り出していることが16日、分かった。
(中略)
今季14位と低迷したC大阪は2列目の補強を強化サイドに願い出ており、大宮のMFMF東もリストアップしているという。

ええ、セレッソが”買う”側なの。嫌だなあ、そんな、アメリカや中国が食糧輸入国に転じたみたいな、世界の需給バランスを混乱させるような真似は。(笑)
まあ実際には清武も乾も”買い”物ではあるわけですが、ここんところとにかく”売り”一方だったので、どうも違和感が。セレッソがこのポジションの、買い手になることに。(笑)
そんだけ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック