ヴェルディ、代表、二次元、女子バレー 他
芸能人ペニオク詐欺関係まとめ(わらい)
2012年12月19日 (水) | 編集 |
記事が出た(見た)順に。


落札装い、ブログ書き込み 女性タレント (日刊)

入札のたびに手数料がかかるペニーオークションサイト「ワールドオークション」手数料詐欺事件で、有名女性タレント(35)が落札していない商品を落札したかのようにブログに書き込んでいたことが12日、京都府警の捜査関係者への取材でわかった。
捜査関係者によると、タレントは2010年のブログに、新品の空気清浄機を落札していないのに「1080円で落札した」と書き込み、ワールドオークションを利用したと宣伝していた。

発端
そしてまずはその「有名女性タレント(35)」とはいったい誰かということに興味が向くわけですが、その前に。

府警によると、ペニーオークションは入札のたびに少額の手数料がかかる。ワールドオークションのサイトは自動的に、会員の入札額を上回る入札ができるシステムが組み込まれ、会員はほとんど落札できない仕組みだった。

つまり頑張れば/運が良ければ市価より大幅に安く(例えば”1080円”)新品の売れ筋商品が手に入る可能性があると思うから会員はいちいち手数料を払って(実際はプリペイド購入のコイン)入札するのに、事実上運営側のサクラ or botしか落札出来ない仕組みになってたという”詐欺”
そこに更に、「ほら頑張れば私でも落札出来ますよ」「こんな有名人が参加しているんだから安心ですよ」という誤情報を流すのに報酬貰って加担していたという、罪・共犯ということですね。


話戻して。

「1080円で落札したの(^O^)/」――ペニオク詐欺で波紋 ほしのあきさん30万円で“ステマ”請け負う (ねとらぼ)

ほしのさんはブログで、空気清浄機の写真とともに「お友達から教えてもらったワールドオークションってサイトでお買いものしてみたょ♪」「1080円で落札したの(^O^)/」などと書き、「よかったら見てみてね♪」と、今回摘発されたサイトに読者を誘導していた。(中略)
今回のエントリはほしのさんが独自に掲載したもので、事務所側も内容については把握していなかった
(中略)
なお、記事の内容については言われたとおり書いただけで、サイトの中身については知らず、ワールドオークション側の人に会ったこともなかった。ステマについては認めつつも、詐欺と知っていてサイトへ誘導したわけではない、というスタンスだ。

「有名女性タレント(35)」の正体は、ほしのあきだったでござるという話。
三浦皇成ーーーーっ!(涙)
次の問題は、その「教え」た「お友達」とは誰がですが、それは次の記事で。


松金ようこ依頼でほしの、熊田がブログ掲載!…ペニオク詐欺事件 (報知)
嘘ブログ斡旋の松金ようこ府警に事情説明 (日刊)

タレントほしのあき(35)が13日、約2年前に自分のブログにペニーオークションで落札していない商品を落札したとうその記述をした件についてブログで謝罪した。タレント熊田曜子(30)も同時期に、うその落札をブログに掲載していたことを認めた。2人ともタレント松金ようこ(30)から依頼されたと説明している。(中略)
松金はこの日、ワールドオークション関係者を詐欺の疑いで逮捕した京都府警に事情を説明したという。所属事務所の担当者は「現在は警察との話し合い中だと聞いています。出てくる結果によっては、松金との契約を解除する可能性もあります」と話した。

松金ようこ(洋子)という名前だけで既に泣けるので、あんまり真面目に責めたりはしたくないんですが。(笑)

松金洋子の水着でゴルフ~レッスン編~ [DVD]松金洋子の水着でゴルフ~レッスン編~ [DVD]
(2008/08/20)
松金洋子、佐久間章生
商品詳細を見る

松金ようこ Soul Bomb ~巨乳再認識篇 [DVD]松金ようこ Soul Bomb ~巨乳再認識篇 [DVD]
(2009/08/20)
松金ようこ
商品詳細を見る

タイトルが。(笑)
まあ生活大変なんだろうなという。僕も使ってあげなかったし。(笑)
一線を退いて、遣り手婆で生計を?という。(笑)
熊田曜子はまあ、何か存在自体がステマっぽい(?)ので、今更という感じ。


詐欺オク…防止策ない アメブロ運営会社 (日刊)

芸能人が、落札していない商品を落札したかのようにブログに書き込んだ件について、アメーバブログを運営するサイバーエージェントは13日、今年2月に健全化の対策をとっていたと説明した。
同社の関係者は(1)広告や商品紹介の案件は基本的に同社を通す(2)芸能事務所及び芸能人本人に、広告依頼主との関係性の明示を要請し、賛同した場合のみ掲載、という2点の内規を設けたという。
ただ、芸能人ブログも一般のブログ同様、投稿や削除は本人の自主性に任せており、友人や知人から直接依頼があった場合などについては、防止策がない“グレーゾーン”があることも認めた。

言い訳臭いですが、まあでも実際そうだろうなという。
むしろアメブロが獲得している”芸能人御用達”、それこそ”存在自体がステマ”(まあ”ステ”てない場合も多々ありますが)的な「悪評」が、この場合には”罪”を軽減することにもなるかなと。(笑)
読んでる方もそもそも分かってるだろう?という。


「ペニオク」虚偽紹介の芸能人20人以上 報酬見返りに (朝日新聞)

捜査関係者によると、ほしのさん以外にも、人気お笑いコンビの男性や、グラビアアイドル、俳優ら20人以上が、摘発されていないものを含む複数のペニーオークションのサイトで、低価格で商品を落札したとの書き込みをしていたのが確認された。多くは「低価格で落札できた。そのサイトはこちら」とサイトのリンク先を紹介していたとされる。

拡大。
まあ沢山あるんですよね、このテのサイトは。
一時ほんとに流行って、僕も無料の範囲でなら、結構遊んだことはあるんですが、その当時は特に芸能人が宣伝してるなんてことはなかったと思います。
そして早く食い付いた層が概ねからくりが分かって離れて行った後に、よりネットにライトな層を引っ張り込む為に芸能人を使うようになったと、そんな感じではないかと思います。
僕もこのニュースを初めて聞いた時は、まだそんなのやってる人いたの?と、それがまず一番の驚きでしたから。


永井大「深く反省」ペニオク紹介で謝罪 物品は返却 (報知)

インターネットのペニーオークションの手数料詐欺事件で、俳優の永井大(34)が14日、自身のブログで同オークションを利用し物品を受け取ったことを認めた。
永井は「何も考えず安易に物品を受け取ってしまった事、それをブログに掲載したことによりブログ読者の方々に多大なご迷惑をおかけする事になってしまった事を深く反省しております」と謝罪した。


永井大も謝罪「ペニーオークション」騒動で (サンスポ)

所属事務所によると、永井は10年末、飲み会の席で知人から同サイトの話を聞き、知人の携帯電話で登録してiPadを855円で落札実際に料金を支払った。その後、ブログに、自分で登録して落札したかのように掲載したという。

その”拡大”した中でよく分からないのが、このケース。
何がいけないの?これ。
つまり勘違いしてはいけない(?)のは、別に”ペニーオークション”自体が違法なわけではないんですよね。
謳われているシステムの実行・運営について、特定サイトでインチキがあったというだけで。
知人のIDだろうと落札出来たというならそのサイトは健全だったということですし、確かに”自分が登録”したと書いたこと自体は嘘ですけど、”永井大”の名前を使っていない分、むしろ「モニター」としては確度の高い情報ではないかというくらいで。(笑)
スネーク乙という。
まあ飛ばっちりが来る前に、理屈は通らなくてもとにかく先に謝っとけという、日本的な危機管理なのかなという。


1回の商品紹介で350万円? おいしい商売、タレントブログ商法 (J-CAST)

問題の背景として、ファンとの交流や情報発信を目的にした芸能人ブログが、いつのまにか広告媒体に変容してしまったことが指摘されている。タレントの「ブログ広告料金ランキング表」まで存在するというのだ。

ランキング上位はママタレが独占

1位は「今年出産した元グラビアアイドル」のY・Oと、「アイドルグループ出身のママタレ」のN・Tで定価350万円、2位は「モデル出身のタレントで2児の母」のA・H、「モデル出身のセレブタレント」のU・Kらで定価300万円――。
タレントやモデルのブログ広告の価値をランキング付けしたリスト表を報じたのは、2012年12月18日発売の写真週刊誌「フラッシュ」だ。同誌によると、この資料は広告代理店が作成したもので、今年上半期段階での順位という。
ここでの広告とは、普通の記事を装ったステルスマーケティング(ステマ)という種類の「一見、広告とは分かりにくい広告」を指す。大幅な値引きもあるとはいえ、タレントが「某社のダイエットグッズや美容品を愛用している」といったステマ記事を書くだけで、楽に稼げる実においしい商売なのだ。

結構取るのねえ。
それでも(依頼側は)ペイしてるということですが。

謝罪タレントのほぼ全員がアメーバブログ

またステマとは微妙に異なるものの、アメーバブログを運営するサイバーエージェント社によって、タレントブログ上での商品紹介はすでにオモテのビジネスとして確立されている。「Ameba芸能人・有名人ブログ記事マッチ」で、売り込みのキャッチコピーは「認知拡大、ユーザー誘引、ブランドロイヤリティの向上効果は、1つのメディアに匹敵するほど」となっている。
「芸能人・有名人ブログ記事マッチ」はアメーバブログの人気芸能人ブロガーに商品を提供してブログで紹介してもらう仕組み。掲載料はタレントによって異なるものの1記事で40万円~400万円となっている。

なるほどね。
むしろ”オモテのビジネス”として確立しているからこそ、それと誤認される可能性もある今回のようなケースは、タチが悪いと判断される可能性はあるか。
逆に”紹介”する側も、いつもサンプル品やら身内料金やらで美味しく頂いている”役得”と同種のものとして、「落札」商品をもらったりそれを宣伝してしまったと、そういう可能性もある。

いずれにしても、実際にどこまで大した事件なのか、どこまで”被害”があるのかは、謎なところもありますが。
たまたまサイト自体が詐欺で刑事で取り上げられてしまった、それとの関連で大きな問題になってしまっただけで。


こんなところで。
個人的に心当たりも少しあったので、燃えてしまいました。(笑)
なおこの件で名前が挙がった有名どころの中で、ピース綾部について取り上げていないのは、かばいたいからではなくてむしろ例えネガティヴな記事でも取り上げたくないくらい、元々嫌いだからです。(笑)
なんだかんだ女子人気は高いらしいんですが、それもステマだと信じています。(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック