ヴェルディ、代表、二次元、女子バレー 他
今月のモーニング2(’12.12月) &イブイブ(無関係)
2012年12月23日 (日) | 編集 |
mor2_1212

オフィシャル

”殿堂”アメドラ編に、『ザ・ファインダー』を足しました
これを忘れちゃあいけません。数ある”天才的奇人”ものの中でも、”飛び”方は随一。
実際サイケデリック。オールタイムベスト候補の一つですね。

その他しょうもない記事。(笑)


SOFT ON DEMAND が第1期風俗調査団員を大募集!~調査費用総額一億円~ (SOD)

ソフト・オン・デマンドがユーザー様へのサービスとして一億円の調査費用を投じて、最高の風俗店探しを決意。この度、風俗調査団を結成する運びとなりました。

この企画に賛同し調査に協力をしてくれる方を全国から広く募集致します。
調査団員の方には、レポートを提出して戴きます。
調査費用(風俗店の利用料金&ホテル代金)は弊社が全額負担致します。
(中略)
応募方法
下記フォームに 必要事項を記入し、下記の注意事項に従って1500文字以内(本文)のレポートをお書きの上、送信してください。 テーマは「私がお薦めする(しない)ヘルスサービス店」とさせて頂きます。

まあこれ自体面白いというか、応募するなりなんなり好きに楽しんでくれればいいと思いますが(笑)、僕が一番引っかかったのは、それでもヘルスなのか、本番無しなのかということ。
AVメーカーでも駄目なのか。”ソープもの”は結構あるよね。
あくまでややこしい、この世界の表と裏というか、建前の綱渡りというか。(笑)
まあ逆にソープの場合、どこで何をやってるのかは分かり切ってるけど、”ホテヘル””デリヘル”とかの場合そこらへんがダークだから、より「最高の風俗店探し」をする意味もあると、そういうことかも知れないですけどね。
・・・・実際のところこれをどう、”社業”として結び付けて行くつもりなのかは、よく分からないですけどね。
文章力を問うているようだから、本にでもするんでしょうか。


首相になってほしいキャラ1位は島耕作 (デイリー)

電子書籍販売サイト「eBookJapan(イーブックジャパン)」(本社・東京都千代田区)では、衆院選を前に、ユーザーに対して「首相になってほしいマンガのキャラクター」を実施。17日、調査結果が発表され、1位は断トツで「島耕作」だったことが分かった。

何でやねん、と、思ったけど。

2位は「ONE PIECE」の主人公で、モンキー・D・ルフィ。3位は同率で「沈黙の艦隊」の主人公・海江田四郎と、「サラリーマン金太郎」シリーズの主人公・島金太郎が並んだ。

こちらを見ると、到底真面目に異議申し立てするような投票ではないらしく。(笑)
とはいえ例えどんなに適当に答えたとしても、自分や自分の友人たち(笑)がシマコーに入れるとは思えないので、やはり案外ストレートにシマコー/シマコー的なものを支持している、真剣に受け止めている人たちが、少なくない割合でいるということでしょうね。興味深い。
今回の自民の勝ち方や、安倍さんの支持のされ方も含めて。
ま、売れてるようですしね(笑)、実際。>シマコー


山崎邦正改め「月亭方正」 完全改名で落語活動に本腰 (報知)

2009年から落語家としても活動中のお笑いタレント・山崎邦正(44)が17日、大阪市内で会見し、落語家としての芸名月亭方正」に完全改名することを発表した。
来年1月1日からバラエティー番組などでも「月亭―」を名乗り、落語家に必須の太鼓や笛なども本格修業。タレントとして月亭一門をPRする一方、落語家としての活動にも本腰を入れる。

ほんとしょうもない記事。(笑)
しかしあり得へん。マジでもネタでも、結果としてネタになると思います。
山ちゃんは山ちゃんあり得へん
まあ『ガキ使』における”歌プロデュース”の回とか見てても、パフォーマンスアートの才能がありそうなのは分かりますけどね。”台本”が必要な人というか。
思えば苛酷なものです、アドリブトークというのは。誰にでも向いているものではないというか。その中に別種の才能を埋もれさせている人は、結構いるんでしょうね。サンドウィッチマンとか、最初は漫才だけでやって行きたいと強く言ってましたけど、今はどんな感じでやっているんでしょうか。
そもそも同じ番組のココリコの田中なんかも、延々”苦手”なことばかりひたすらやっているようで、見てて辛いものがあります。(ていうかココリコひとっつも面白くない)


きゃりーぱみゅぱみゅ“生みの親”は寛平!?「やれって言うたのは僕」 (スポニチ)

きゃりーは、お笑いコンビ「サバンナ」八木真澄(38)の一発ギャグ「ぱみゅ」の響きに引かれ芸名を付けたと明かしていたが、MBSテレビの情報番組「プリプリ」(月~金曜前9・55)で間寛平(63)が「ぱみゅのギャグの生みの親は僕」と爆弾発言
(中略)
共演のたむらも「思い出した!」と寛平の主張にうなずき、「ギャグ作るときに、八木の記憶に残ってたのかも」と大笑い。

へええ、そうなんだ。
まあ実際一種の”ギャグ”ですけどね、きゃりーさんは。褒めてます。(笑)


参院選、民主と協力も=みんな代表 (時事通信)

みんなの党の渡辺喜美代表は21日の記者会見で、来年夏の参院選に関し「非自民のすみ分けが絶対的に必要になる」と重ねて強調、協力相手について「一番大きな固まりは民主党だ」と述べ、同党との候補者調整も検討する考えを明らかにした。

何じゃそりゃ、ギャグですか?とタイトル見た時は思いましたが。
候補者調整ね。それくらいならまあ。

とか何とか。
メリークリスマス!!
・・・・いや、まあ、明日やあさってに言う気には、なかなかならないでしょうから。(笑)


『蜜の島』

まだこれから、としか言いようが無い。

『バイトのコーメイくん』

思い付いたネタを順番に放出してるだけという感じはしますが、割と楽しそうではあります。

『にこたま』

終わっちゃった。やや”打ち切り”気配ではありますが。
結局「結婚」で強引にまとめただけというところはありますが、なんだかんだ”まとまる”のが、結婚の恐ろしいところ。(笑)
ただ高野さんには、もうひと暴れ(?)して欲しかったかな。

『少年ノート』

人前に”出”続けながら変化して行くのは、大変なことですよね。
どうしても当面の”結果”の為に、強い慣性が働いてしまう。
だから充電ないしは引退/隠棲が、必要になるわけですが。

『おはようおかえり』

姉妹どっちの言うことも、とてもよく分かる。
・・・・ただ何と言うか、”かわいげのある”女の人がほとんど一人も出て来ないというのが、この漫画(作者)の特徴というか、怖いところというか。(笑)
いっそ女だけで、戦っていて欲しいくらい。(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック