東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
もう分かったから雪は
2013年02月19日 (火) | 編集 |
そんなに”冬”をアピールせんでも。
今年はコートもセーターも要らなかったとか、気の早いこと言ってごめんなさい。
特に猫たちがかわいそうだから、もう早く春になって?

少しはヌルめと?!、芸能特集


片岡愛之助“崖っ縁”アイドルの熊切あさ美と交際宣言 (スポニチ)

歌舞伎俳優の片岡愛之助(40)が14日、大阪市内で“崖っ縁”アイドルの熊切あさ美(32)と交際していることを明かした。(中略)
今年10月にも同劇場での主演舞台が決まっており「10月には素敵な人ができましたとハッピーな報告をしたいと思う」と上機嫌に切り出した。報道陣から一部で熊切との交際が報じられていることを聞き、「マジですか!」と白塗りと隈(くま)取りをした表情をゆがめて動揺した様子。事実かと呼びかけられると「否定はしませんよ」と笑顔で認めた。
愛之助と熊切は、年内公開予定の映画「歌舞伎町はいすくーる」で共演。昨年夏の撮影で知り合い、少しずつ距離が縮まったもよう。

この件を報ずるどのwebニュースでも、熊切あさ美の方の顔写真は載ってなくて、滅多に無い機会なんだから載せてやってよと、他人事ながら思いました。(笑)

Limit [DVD]Limit [DVD]
(2002/11/16)
くまきりあさ美

商品詳細を見る

結構好きなんですよねこの人。ジタバタジタバタしてる感じが可愛いというか。最近だと菊池亜美も好きなのは、共通した嗜好なんだろうと思います。(笑)
歌舞伎役者ということで、実ったらバリバリ玉の輿なんでしょうが、”片岡愛之助”と言われてもそっちこそよく分からない(笑)。もう40歳ということで、満更御曹司のつまみ食いでもないのかも知れません。何とか一つ、よろしくお願いします。(笑)


鈴木えみが結婚報告 お相手は「優しくて頼れる」1歳年上男性 (スポニチ)

雑誌、CMなどで活躍するモデルの鈴木えみ(27)が15日、自身のブログを更新し、14日に結婚したことを報告した。
お相手は1歳年上でファッション関係の会社に勤務している男性。鈴木はお相手について「優しくて頼れる人」と魅力を語り、「彼と出会ってから、魔法かのように色んなことがハイスピードで変化していきました」と心境を明かしている。

こちらは当然、写真ありですが。(笑)

鈴木えみ写真集 Love・love鈴木えみ写真集 Love・love
(2006/01/20)
SEVENTEEN編集部

商品詳細を見る
s'eee 3rd issue 2012Autumn/Winter (Angel works)s'eee 3rd issue 2012Autumn/Winter (Angel works)
(2012/10/23)
鈴木えみ

商品詳細を見る

むしろまだしてなかったんかいという感じ。
噂によると、ある時期の彼氏に財テクを仕込まれて、それで億の単位で稼いで悠々自適とかいう話で、それでもう一線は退いてるのかなとチェックするの止めてましたが。最近もご活躍なんでしょうか。
その億万長者さんからすると、ファッション関係者とは言え何か普通の人と落ち着いたような印象ですが、逆にもう金は持ってるから誰でもいい・・・・もとい(笑)、人物本位で選べるということなのかも知れません。
ま、適当に。ヌードになったら、教えて下さい。(笑)


きゃりー、海外のテレビ番組で“峯岸みなみ問題”など日本のアイドル文化について説明 (rbbtoday)

海外でも人気の歌手・きゃりーぱみゅぱみゅが、フランスのテレビ番組に出演。“丸坊主謝罪”で話題となったAKB48峯岸みなみの1件について訊かれ、日本のアイドル文化を解説した。(中略)
インタビューでは、J-POPの魅力や新曲のコンセプト、また日本の「カワイイ」などについて説明したきゃりー。その中で、峯岸の丸坊主謝罪の映像が映し出され、この騒動について司会者から「日本のアイドルはなぜ、恋愛が禁止されているのか?」と尋ねられると、「日本のアイドルって恋愛に関して厳しくて、男性の人が応援してくれている代わりに、自分はプライベートでは恋愛せずに“アイドル一筋”で頑張るという人が多いです」と説明。
きゃりー自身も同じく恋愛禁止かとの質問には、「私はアイドルではないので、全然自由に恋愛もしたいと思います。アイドルって、男性に媚びるというか、ちょっと“男ウケ”を狙っているんですけど、私がやっていることって全く“異性ウケ”しないことをやっているので、アイドルではないです。もっとアーティスト寄りのことをやっています」と、自身はアイドルではないとの立場を強調した。

まあ、正しい説明ではありますな。的確と言うか。”日本代表”として、合格というか。(笑)
ただきゃりー自身については、確かに主ターゲットは同性なんでしょうが、本当の”異性ウケしない”からすると少し可愛過ぎるというか、ナチュラルに媚びてるところはあって、それは外国人から見ればむしろ明らかなのではないかなという。あれを”ハイファッション”とは、思ってもらえないでしょうという。(笑)
ま、そこらへんの微妙さが、日本流の「カワイイ」では、あるわけですけどね。
きゃりーさん本人は、確かに男子ウケは限りなくゼロに近いでしょう。ブームが去った後、”何となく”残れるタイプではないというか。しっかり「仕事」人として、頑張らないと。トミーさんでもお手本にというか。
僕は好きですけどね。でも目笑ってない(笑)よね、いつも。


平愛梨の妹、14歳平祐奈/気になリスト (日刊)

マルチな才能を感じさせる。平祐奈(14)。テレビ東京系「おはスタ」から誕生した中学生3人組ユニット「おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!」のメンバーとして注目されている。姉は女優平愛梨(28)。「姉は努力家で、いつも(家で)台本を読み込んでます。ボクサーの役では実際にボクシングをやって筋肉を付け、元に戻すのが大変だったみたい」。
(中略)
6人きょうだいの末っ子で「甘える時は甘えます」という。表情、言葉から心の強さがにじみ出ている。「寅(とら)年で、強く、たくましいところがあります。学校でも1人になっても全然平気。それにやることはやる。有言実行です!」と自己分析する。

うーん。
個人的に、(女)芸能人の妹、または姉妹というのはかなりの萌えポイントではあるんですけどね。(参考)
ましてや平愛梨。注目したいのはやまやまなんですが。
でもどうも駄目ですね(笑)。写真も良くないのかも知れないですけど、かわいげが感じられない。
姉がぼけてる分、妹がしっかりしちゃったパターンでしょうか。
顔も地味だしなあ。
・・・・何でしょうね、姉貴(愛梨)の彼氏候補として家に遊びに行って、姉は気に入ってくれる僕の緩いところを、妹にはいちいち駄目出しされて初対面なのに険悪な空気とか、そんな情景が浮かんで来ました。(笑)
DNAは優秀なんでしょうから、今後の成長に期待。人の気持ちの分かるコに、育って下さい。(適当)
想像で申し訳ないですが。(笑)


お笑い界のカトパン・原リベロ、グラビア初挑戦 (スポニチ)

女性お笑いコンビ、劇団シリフリの原リベロ(25)が18日発売の「週刊プレイボーイ」でグラビアに初挑戦した。
フジテレビの加藤綾子アナウンサー(27)似ともいわれる原は、昨年末に所属事務所、ワタナベエンターテインメントの女芸人の中で競った「一番かわいい女芸人」に選ばれた美貌の持ち主。1メートル57、B80W59H89とスレンダーながらEカップ巨乳のメリハリボディーにビキニをまとった。

カトパン言われてもな。ていうか”元祖”チノパンさんも大変なことになってますし(結構好きでした)、いいかげん、”パン”シリーズも止めにする時期ではないかと。
やや間延びした感じの顔で余り好みではありませんが、B80でEというのはなかなかグッドというか、80-59-89というのは実測に近そうというか、そういう感じですが。
”ワタナベエンターテインメントの女芸人の中で競った”というのが、また微妙なところですね。少なくはないんだろうけど、所詮はいち事務所ですし。そこへ行くと、「吉本」の名前はさすがに強いですね。それだけで一つ、”世界”を表してる感じになる。
特には、応援しません(笑)。まずは面白くないとね。女のつまんないのは救いようが無いから。(昔のオセロとか(笑))


AV男優の苦労を映した「セックスの向こう側」が公開 (ゲンダイネット)

AV男優にスポットを当てたドキュメンタリー「セックスの向こう側」が23日から公開される。
誕生から30年――。数々の女優を陰で支えてきた男優は、現在70人しかいない厳選された“セックスエリート”だ。加藤鷹、日比野達郎、山本竜二らベテラン勢20人が、「女性観」や「潮吹き」などをテーマに赤裸々に語っている注目作だ。
(中略)
疑似セックスがメーンで、モザイクでごまかせた時代から、現在はガチンコの本番が主流に。ボカシも薄くなったため、“勃ち”のよさが男優生命を左右するようになったという。
2日間で絡みを3回しか撮らなかった時代から、今は1日で4~5回絡み、本番も含め7回くらい撮らなきゃいけなくなった。1人の女の子に対してですよ。しかも、変な体位をさせられるから、男優は体が柔らかくないとダメ。売れっ子はジムで相当鍛えてますよ」(共同監督のえのき雄次郎氏)

記事としては、別に面白くありません(笑)。映画の方もなあ、どうなんだろう。タイトルからして、既にやや寒いですが。
とはいえ、興味は津々。やはり。(笑)
70人しかいないというのは、驚き。かな?特に数えたことはありませんが。企画/ドキュメンタリー系メインで、あんまり有名男優とか見る機会は最近は無いですし。
日比野とかぶつぶつうるさくて嫌だったなあ。鷹もそうですが、自分で喘ぐパターンは嫌いです。
女の子が本当に、深く、感じている(ように見える)瞬間は、やっぱり問答無用で敬意は感じますけどね、男優に。逆に”淫乱”系はつまんないです。ロボットのスイッチを押してるだけみたいで。
一日7回は確かに大変ですが、逆に「2日で3回」はのんびりし過ぎてるだろうという感じ。まあ多分、より「映画」を撮ってる感じ/つもりだったんでしょうね。
若き日の小林ひとみさんの、”本番”が見てみたかったなあ、今となっては。綺麗な体ですよね。

小林ひとみ大全集 【LHD-22】 [DVD]小林ひとみ大全集 【LHD-22】 [DVD]
(2003/04/18)
小林ひとみ

商品詳細を見る

「“ハメシロ”を見せるために、いびつな格好を要求されるからね。男優は爪を短くしたり、口臭に気をつけるのはもちろん、亜鉛のサプリは精子が白くなるらしいよという口コミで、飲んでいる人は少なくない」(高原監督)

ハメシロ・・・・。結合部からハミ出てる、サオの部分かな。(参考)
男優さんたちが演じてる体位の中には、明らかに(あるいはやってみると(笑))一定以上の長さがないと、不安定でやり辛い体位とかありますよね。悲しいことに。(?)


少しはあったまったでしょうか、皆さん。(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック