ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ等
今週のモーニング(’13.10.31) &新ステージ制顛末
2013年10月31日 (木) | 編集 |
mor131031

オフィシャル

今日はこれになっちゃいますね、どうしても。

お粗末!!Jリーグ2ステージ制、欠陥発覚で“白紙”に… (スポニチ)

30日に都内で12クラブの代表者が参加した意見交換会が開催され、シーズンを前後期に分けた第1&第2ステージの各上位チームが進出するスーパーステージに欠陥が発覚。今後は2ステージ制に加え、現行の1ステージ制でのプレーオフ導入も検討する。
(中略)
両ステージ2位以内のチームが重複して下位を繰り上げる場合、3位以下のチームが意図的に負けて上位クラブを重複させることで出場権を得るという制度上の不備が発覚。Jリーグはファンが試合結果を予想するなどして購入するサッカーくじ「toto」の実施対象であり、意図的な試合結果の操作は絶対に見過ごせない問題だった。
(中略)
▼負けた方が得となる例 第1ステージで2位となったCと3位になったDが、第2ステージ終盤で対戦。Cが勝てば第2ステージ優勝が確定する場合、Dはたとえ第2ステージ下位でも第1ステージ2位枠に繰り上がりでスーパーステージに進出できるため、負けた方が得になる。

"欠陥"というから何かと思ったけど、そういうことか。
説明されるとそうかなとは思いますが、意外と些細というか、もうちょっと物理的に試合を組めないとか、そういう決定的な「欠陥」なのかと思いました。
まあ僕も例えばそういう(↑)ケースに気が付いていたとか、そういうことは別に無いので、重大な"発見"には違いないんでしょうけどね。
それにしても一体誰が、どのようにそれを議題に上げたんでしょうね。ネット上でそれを指摘している人とか、少なくとも僕は見たことが無いんですけど、普通に暮らしていて例えばJクラブのスタッフの誰かがたまたま気付くとか、そういうタイプの問題には思えないんですけど。
"反対"側のシンクタンク的なものが、論陣を張るべく研究中に見つけたとか?
と思っていたら・・・・


10月30日開催 大会方式変更に関する意見交換会についてのチェアマンコメント (J公式)

私どもJリーグは2ステージ制とそれを前提にしたポストシーズン制に関して詳細検討を続けています。この中で、ポストシーズン出場クラブに重複が発生し、スーパーステージの試合数が減ってしまうことを防ぐ案として、各ステージ3位以下のクラブの繰り上げを行おうとした場合に、「負けることを意図的に企図するケースが発生してしまう」ということが確認されました。

この言い方だと、見つけたのはJリーグ側だということになりますね。
クラブ代表者が呼ばれて言ってみたら、「実は・・・」と言われて「はあ」という。(笑)
まあ繰り返しますが僕自身気付いていたわけではないので、よく見つけたと言えば見つけたんでしょうけど。
どうにもたまたま感が強くて、他には無いのかとは思っちゃいますね。
普通の「政治」の法案とかどうなんでしょうね、よく上がって来た法案について、反対側が色々と矛盾を指摘したりしますが、それはあくまで政治的な駆け引きや妥協の結果生まれたものなのか、それともこういうレベルの技術的なうっかりも含まれているのか。(笑)
まあさすがに本物の"官僚"さんは、プロなんだろうとは思うんですけど。


2ステージ制見直しも 抜け道発覚、1シーズン維持に含み (産経)

代替策としてポストシーズン実施を前提に1シーズン制を維持する案や、各ステージ1位クラブと年間勝ち点2、3位がSSに出場する案などが議論された。Jリーグは決着時期については明示せず、入場者数回復やスポンサー収入増を狙う活性化策の行方は混沌としてきた。

何回も言っているように、今回のレギュレーション変更の本質というか、ミニマムな目的は「2ステージ」ではなく、「ポストシーズン」なわけですから、1ステージ+(広義の)プレーオフという形態そのものは、全然ありだと思います。
ていうか既存サポからの風当たりの方は、そっちの方が緩やかになるのではないかという。馬鹿にはされるでしょうけど。(笑)
ここで変にメンツにこだわらずに、災い転じて福というか(笑)、所謂"ピンチをチャンスに"変えられるかどうか。
まあでも具体的には、結構難しいですよね。1シーズンの「優勝」者が余りにも明らかなので、何をこじつけてチャンピオンシップをやるのか。とりあえずはJ2同様に2~4or5位で順位プレーオフやってその勝者という形なんでしょうけど、それでも尚その"勝者"にシーズン優勝者と同等の資格は到底見出せないですし、ポストシーズンの試合数確保という点でも、やや難がありそう。
「春秋・秋春」"移行"問題への含みを考えても、何としてもJとしては、2ステージにこだわるだろうとは予想出来ますが。

根本的には、これも大昔から(笑)言っているように、「東西」なり何なりに2リーグ制にしてしまうのが、"ポストシーズン"に緊張感・必然性を持たせる為にはベストなのは間違いのないところだと思います。それこそプロ野球があの間抜けというか明らかにおかしいクライマックスシリーズという純然たる順位プレーオフを実施出来ているのも、その後の「日本シリーズ」の必然性が盤石だからですしね。
今回の問題を通じて明らかになったJの収入源問題の一つとして意外な重要性を指摘された「オールスター戦」も、2リーグなら復活の必然性が出て来ますし、勿論"交流戦"としてのナビスコ杯も、より付加価値が備わって来ますし。
そこまで言うならば、考えてるなあと思いますけど、今のところは、いじくり回してるなとしか、特に今回のようなドタバタがあると、これがどう落ち着いたとしてもその印象は避けられなくなりますよね。

なお2リーグにしようとすると、チーム数の問題でどうしても"J1"と"J2"の枠組み自体を変える、具体的には「1部」リーグの所属チームが大幅に増えることになるだろうと思いますが、それもまあその、はい、狙いです。万年J2サポの。(笑)
J3作るよりも、今後の"J"志願者の受け入れ体制としても楽になるだろうと思いますし。この言わば"下方向に設定し直されたJ2"によって。2リーグあると"入れ替え"数も単純に2倍になるか、それもいいな。変な順位プレーオフやるよりいいでしょ。

というのはまあ、"大手術"になっちゃうから、小手先で出来そうなものとして今回色々考えたんでしょうが、かえって厄介になって来たのではないかという。
こんなことなら単純に2ステージ+チャンピオンシップ復活にすれば良かったと、今頃多分後悔してるんじゃないかと思いますが(笑)、まあ頑張って、ここまで来たら。何とかスポンサー様が納得のいくものを。そして10億手に入れて下さい。別に邪魔はしません。


『セイレーン』

着替えシーン今いち。みんなでぶに見える。(笑)
ただ何となくカラの"動機"は分かって来たような気がします。
自分に無いものを持っている人への、一体化願望と破壊衝動を同時に伴った、強い憧れ

『グラゼニ』

どうも"作られたエース"は、短期決戦では頼りにならない気はしますが。
逆に「本物」になるチャンスかも。

『会長島耕作』

単に作者の好みな気がします。>万亀

『DCS』

連載か。
まあ面白いは面白いんだけど、"歌"ってる場面が少し単調な気がしますね。ぶっちゃけ飛ばして読んじゃいました。
まあ"音楽"漫画の宿命かも知れないですけど。『ピアノの森』とかも同様に。
説明聞いてるだけという感じに、どうしても。

『インベスターZ』

学生時代で暇なら、本気で10万円でやってみてもいいかも知れないですね。
今はゲームを片手間にやるのすら、億劫。
それだけ生活が完成しているという。エネルギーを注ぐものと注がないものが、はっきりしているというか。

『異法人』

しばらく"理由"づけ抜きで、ハンムラビの活躍を見ていたかった気もしますが。
同時代人が出て来ちゃうと、単に古代から舞台を変えただけみたいなところも。

『いちえふ』

晴れて連載ですが、相変わらず"浅"い「社会風刺」が、少しいらっと来る瞬間があります。
目撃厨的というか、"現場"厨というか。
半端なんだよね。

『OL進化論』

カルチャースクール系の"男女"関係は、ギラッギラしてますからね。(笑)
本気度が高いというか。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック