東京V等サッカー、漫画、アイドル、女子バレー 他
今週のモーニング(’13.12.12) &サッカー残り物
2013年12月12日 (木) | 編集 |
mor131212

オフィシャル

ちなみにヴェルディ関係については、ちゃんと「’13.12月のヴェルディ」でまとめてやる予定です。(笑)
まあなんか大した動きも無さそうな気がしますしね。


「この人の言うこと聞こう」中国で岡田武史氏に (讀賣)

中国プロサッカーの「杭州緑城」(浙江省杭州)の監督を今季限りで退いた岡田武史氏(57)に対し、中国のファンの間で、チームを率いた2年間の苦労をねぎらい、「日本サッカーに学ぶべきだ」との意見が相次いでいる。
昨季は11位、今季は12位に終わったものの、中国の選手にプロ意識を植え付けようと奮闘した岡田氏の姿勢が、代表チームの低迷を嘆くファンの心を捉えたようだ。
中国ではサッカーの人気が非常に高く、岡田氏の退任は注目を集めた。テレビ番組で特集も組まれ、上海のファンの男性(26)は「プロ意識を持たない選手を番組で見て、なぜ、中国の代表チームが弱いのか分かったよ」と話した。

就任間もないころのドキュメンタリーでも割りとそんな感じでしたが、2年たっても変わらなかったのか。岡田さんでも。
それと同時に、ファンがそういう実情を知る機会というのが、多分日本に比べて遥かに少ないんだろうなというのも、感じられます。きっかけとしての、岡田さん。"外圧"というか。(笑)
政治と文化が別なのは確かなんですが、"スポーツ"というのはその微妙なラインで、でも今回は、「日本人」のいうことを、ちゃんと聴いてくれたんですね。(世論は)


なるか兄弟共闘!清水 ユトレヒト高木善獲り正式オファー (スポニチ)

清水がオランダ1部ユトレヒトのMF高木善朗(21)に正式オファーを出した。
清水関係者が「来季の補強ポイントは得点、アシストができる10番タイプの選手。彼はそれに近い」と明かした。
高木は11年にJ2東京Vから移籍。今年は3年契約の最終年で、清水以外にも複数のJクラブが獲得を目指している。獲得に成功すれば、兄の俊幸と同じチームで共闘する姿が見られそうだ。

是非、実現して下さい。次男の"回収"という意味でも。
結局たいていの場合、"早過ぎる移籍"は早過ぎる移籍でしかないわけですよね。コバヤシくんも。ワダくんだってそうだ。アベくんもか?
まあ五輪代表での次男のプレーは、そう悪くなかったというかさすがという部分は見せたというか、どっちかというと選ばれるべきだったんじゃないかという、印象は持ってますが。
少なくとも気は萎えてないというか、楽しそうにはやってましたよね。
ただとにかく、試合に出ないと。ビッグクラブでもあるまいし。
今年の4-1-2-3なら、インサイドMFのところですかね。本拓にやらせるくらいならというか。(笑)
兄貴の方はむしろ、さっさと海外行けよという感じの、スケール感は既にありますが。スケール感だけなら(笑)。大前よりも、こっちが行くべきというか。


日本人元プロリーガーは見た! コロンビア 南米より“フランス似” (スポニチ)

14年W杯ブラジル大会1次リーグの組み合わせが決まり、日本と同じC組に入ったコロンビアでプロ選手として活躍した唯一の日本人である林康太郎さん(32)が南米の強豪の特徴などを語った。
(中略)
南米4カ国を渡り歩いた経験から「コロンビアは自分がプレーした南米の中で圧倒的に技術が高く、パスをよくつなぐ。身体能力は南米というよりアフリカ寄り。印象はフランスに近い」と指摘した。

アスプリージャとか、いましたしね。
ただどうしてなんでしょう、黒人が多いのは、ブラジルだって同じでしょうし。単に技術志向のサッカーに隠れてるだけ?(ブラジルは)
確かにバルデラマの印象に幻惑されているというか、ああいう"例外"がいないと割りと単調な印象はあります。カメルーンみたいだと思ってればいいのか。
でも最近強いらしいので、やはりそこらへんがもっと「総合」された状態なのか。
ま、いずれ分かります。(笑)


手倉森氏 リオ五輪へ“ザック流”との融合テーマ (スポニチ)

今季限りで仙台監督を退任し、16年リオデジャネイロ五輪を目指す日本代表監督に就任する手倉森誠氏(46)が11日、東京都文京区のJFAハウスで会見を行い「規律正しく組織的なチームをつくりたい。攻撃的な守備を構築したい」とチームづくりの方針を示すとともに「この世代は霜田コーチがザッケローニ監督の戦術を落とし込みながらやってきた。自分のやり方とかみ合わせていきたい」と“ザック流”との融合をテーマに掲げた。
A代表のグイードGKコーチと早川コンディショニングコーチも“入閣”し後押ししていく。

何でしょうね、ザッケローニの戦術って。どうせ14年6月限りなんだろうし、別に気にすることないような気もしますが。
まあ多分、リップサービス半分というか、自分流しか念頭に無さそうというか(笑)。そんな甘い人じゃない。JFAっぽくはないというか。
ただどのみち今後も王道ポゼッション志向なんだろうフル代表とのギャップは、16年まで存在はしそうですけどね。手倉森流が"出世"して、乗っ取りでもしなければ。
とにかく勝てるチームを、作って下さい。多分この人に望まれるのは、それでしょう。最終的にというか。
「融合」とか、そんな器用な(綺麗な)タマとは、思えない。
それこそかつての大熊監督的に、押し詰まれば詰まるほど、自分流に集約しそうという。(そして水野は「ロングスローしに行ったのか?」と、オシムに言われる。(笑))


『会長島耕作』

まあ元々所謂"田畑"だって、ある種の「工場」ですからね。
"自然の人工化"そのものというか。"環境破壊"の始まりでもあるし。
ならば効率のいい方を取るべき

『ジャイキリ』

一人でバランスを取るのはむしろ望むところなんじゃないかとも思うんですが、王子のキープ力はそれほどではないのか?

『グラゼニ』

いやあ、濃密な回でした。凡田の思考を追うのが楽しかった
ジャイキリも頑張ってはいるんでしょうが、"あるある"の迫真性のレベルが2つ3つ違う。

『異法人』

どうも「朝」と「夜」がごちゃごちゃになってしまう。

『きのう何食べた?』

でもまあ、辛くはありますよね、ケンジとしては。
元々親子仲が悪かったわけでもないみたいですし。
いっそ"絶縁"してくれた方が、ロマン的な正当化はしやすいかも。

『ぶう』

なるほどそういう意味だったのか、"ブタまん"は。
"肉"は牛に限るって、大阪は庶民の街やなかったんかい。(笑)

『サイレーン』

うーん、単に変な人というよりも、精神障碍者に近いのか、カラは。
もしくは発達障害系。
行為や思想ではなくて、認知そのものに問題があるレベル。

『インベスターZ』

今どきの秀才は、みな医療系に行くの?

『へうげもの』

"センス"を試験され続けるって、しんどい商売ですね。
よっぽど厚かましくないと無理。(笑)
まあ利休ほど自分でハードルを上げてはないようですが。
「これが"粋"ですが何か?」みたいな顔してましたからね、あのおっさんは。
空気の援護を求めないというか。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック