ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ等
’13.12月のブログ拍手
2014年01月01日 (水) | 編集 |
明けましておめでとうございます。
天皇杯はFマリの優勝に終わって、これで「リーグ戦の覇者(広島)対カップ戦の覇者(横浜)」という、ゼロックススーパー杯の舞台設定に格好がついて、すっかりイベント試合好きの僕には喜ばしい限りです。
J2サポが長くなると、どうしてもメジャーな試合には"お客さん"感が強くなりますね。週末やってるウチらの草試合とは別もの、みたいな。
「やるサッカー」と「見るサッカー」というか。(やらないけど)

年頭ですが、とりあえず通常運転。


1位 週末盛り沢山サッカー (12/8) 

2位 読書日記(’13.12.4) ~理性・知性・感情・直感 (12/4) 
2位 BSプレミアム『小津安二郎・没後50年 隠された視線』感想 (12/14) 
2位 どどんとサッカー (12/16) 

5位 今年の汚れ・・・(アニメ&海外ドラマ編) (12/30) 

6位 今週のモーニング(’13.12.5) &現代社会と民族(?) (12/6) 
6位 今号のイブニング(’13.12.10) &引き続きサッカー盛り沢山 (12/10) 
6位 読書日記(’13.12.18) ~各種"業界"事情 (12/18) 
6位 今月のモーニング2(’13.12月) &今年の汚れ、今年の・・・(第一弾?) (12/21) 
6位 今夜のイブニング(違)(’13.12.24) &色々かき集めサッカー (12/24) 
6位 今年の汚れ、今年の・・・(第二弾) (12/28) 


ついに、恐らく開業以来初だろう、なし、ヴェルディノータッチの月になってしまいました。
勿論いくつかニュースはあったんですけど、緊急性も無かったし、「'13.12月のヴェルディ」でまとめてやろうと思ってたら、まとめるほども無くて。(笑)
編成が決まったら、選手の出入りをまとめて書こうとは思ってますけどね。まとめるほど無くても。(笑)
ああ、ラウンドテーブルの議事録とか読んでないや。それ読めばさすがに何か感想がありそう。
どうなんでしょうね、単純に売る選手のネタがつきたから、定見の貧しい我がフロントとしては、あえて何かを"選択"するモチベーションも根拠も無くてと、そんな感じなんでしょうか。出ないから入らない。それとも監督が、これでいいと、継続性の方を強く望んでいるとか。

とにかくそういう理由もあって、随分と単調な感じの月になってしまいました。
ずーっと大掃除していた感じというか(笑)。部屋の整理を。
基本新聞記事あさり、定期的に読書(&テレビ)感想文。その2つの繰り返し
当然、拍手数も同じような感じで。"統計"的には、むしろ数値の信頼性を表しそうな、そういう結果ではありますが。(笑)

そんな中少しだけ抜けた1位は、例のJ1優勝決定とJ2の昇降格がまとめて決まった怒涛の週末の各試合についての記事で、さすがにそもそもの関心が高かったかという。今月の中では妥当。
もう一つの大物というか比較的感情入れて書いた小津さんの記事は、それなりにはウケたけど、そもそもネタの関心の普遍性が低かったかという。黒澤明なら知ってるけど、小津安二郎なんて名前だけで実際に見たことは無いという人が大部分なんだろうなという。
いやあ、フジの深夜か何かで一時沢山やってましたよ、みんなもっとテレビ見なきゃ。(笑)

地味なヒットというか個人的に少し意外だったのが、12/30の最後のエントリーで、半ば穴埋め的に、年の瀬のバタバタした中ブログ自体のアクセス数も地を這うような中(笑)、妙に反応が敏感に感じたかなと。
ただ内容が「アニメ」「海外ドラマ」と真っ二つに分かれているので、どっちへの反応か分からないのがちょっと残念というか、拍手してくれた人に失礼だからこういう構成いけないんだよなと改めて。
関心の広さでは「アニメ」の方でしょうけど、客観的に見て内容のあることを書いたのは「海外ドラマ」の方だし、本と分からない。それぞれの合算かなと、とりあえず考えてはおきますが。
そうなんですよ、ほんとヨーロッパのドラマの(映画もか)女優さんは、ボディのケアに無頓着で、リアルと言えばリアルなんだけどちょっとええ?と思うことがよくあるんです。客商売だろ、こらあというか。
まあアメリカはアメリカで、単にムキムキな場合も多いので、結論を言うとやっぱり日本がいいという話にはなりますが。(笑)
こういうのって単にたまたまドラマの出演者がそうというだけではなくて、普通の女の子の美意識とも当然相関関係があるものですから、そういう意味でも、僕は日本がいいです(笑)。日本の女の子のバランスが。


今年もよろしく。(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック