ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ等
今週のモーニング(’14.1.30) &1月最後のサッカー
2014年01月30日 (木) | 編集 |
mor140130

オフィシャル

INAC川澄 米レンタル移籍 秋にはなでしこL復帰 (スポニチ)

日本代表MFでINAC神戸の川澄奈穂美(28)が米プロリーグ米プロリーグ(NWSL)シアトルレインFC期限付きで移籍することが29日、分かった。INAC神戸関係者が明らかにしたもので、すでに合意に達している。契約は4月から8月までで、秋には帰国し、なでしこリーグの後半戦に出場。
(中略)
欧州の主要リーグと違い、米リーグは4月から8月の開催。なでしこリーグも今季から夏までの前半戦と秋からの後半戦に分かれるため、米リーグであれば上位6チームが争うなでしこリーグの後半戦との掛け持ちは可能となる。INAC神戸にとっても前半戦は若手の底上げ、後半戦は川澄の“凱旋試合”となり、集客の面でも期待できる。

なるほどね。なんでレンタルなんだろうと思ったんですけど。
前田新監督のクビ待ちか?とか。(笑)
さすが姐さん、色々と考えていらっしゃる。(笑)
まあなんかシーズンが少し長くなるんじゃないかみたいな心配は、なくはないですが。
ていうかあれですね、いっそ世界中が前後期制とかになったら、こんな感じで半期単位でもっと気楽に移籍できるようになるかもとか、ちょっと考えてしまいましたが。場合によっては、いちいち移籍金払わずに。
ほんとの一流選手なら、半期のプレーだけでも十分に得るところはありそうですけど。
ま、思い付きの世迷言です。(笑)
フォルラン何年もいたりするのかなあ?現実感無いなあ。
まあストイチコフは、それなりにいましたけど。ブラジルと欧州主要国以外の選手の方が、居つきはやっぱり、良さそうですけどね。ウルグアイ。


浦和のマルシオ・リシャルデス 左ひざ手術で全治6カ月 (スポニチ)

浦和のMFマルシオ・リシャルデス(32)がブラジルに帰国し、左膝の手術を受けた。29日、チームが発表したもので、全治は約6カ月、来日の予定は未定という。
マルシオ・リシャルデスは、左膝靭帯の機能不全を起こし、チームから離脱していた。

あれま。浦和だから(新潟じゃないから?)まだいいようなものの。
ていうかあんまり出ていた印象が無いので、いつの間にという感じですけど。
逆にこういうこともあって、スポット起用が多かったのか。
この前書いたように、ゆるーく選手を抱える"浦和流"に妙に馴染んでる感じで、個人的好感度が上がっていた(笑)だけに、残念です。
物凄く上手いんだけどその割にチームをぐいぐい引っ張る感じではなくて、なんかいつも"おまけ"みたいな感じでいて、何となく見てると木村和司とか思い出す選手。
忘れた頃に帰って来て、浦和の優勝に渋く貢献したりとか、ありそうですが。(笑)
お大事に。


京都 元日本代表の大黒獲得を発表 昨季は杭州緑城でプレー (スポニチ)

J2京都は29日、中国・杭州緑城の元日本代表FW大黒将志(33)の期限付き移籍での獲得を発表した。
大黒は、昨季は横浜から、前日本代表監督の岡田武史氏が指揮した杭州緑城に期限付き移籍し、今月15日に横浜との契約期間満了が発表されており、「僕自身、何処にいてもゴールを取り続けるので、引き続き応援よろしくお願いします」とコメントしていた。

うん?よく分かんないんだけど。
Fマリとの契約は終わって、今は杭州緑城の選手でそこから期限付き移籍するということ?
まあいいけど。(笑)
しかしまあ、何と言うか、ひと昔前の京都の補強という感じ。半端豪華というか。
そういうのじゃ駄目だから大木路線にした気がするんですが、まあ大木路線も"駄目"だったと言えば駄目だったので、しょうがないのかな。
こことセレッソは、かなり意図的に前のチームを壊しにかかってますよね。
大黒はねえ・・・・。一言で言って、大勢に影響の無い選手です。(笑)
既に十分に強いチームの添え物として使うのがベストじゃないでしょうか。浦和のワシントン的というか。


C大阪 24歳の豪州代表MFミッチ・ニコルスを獲得 (スポニチ)

J1C大阪は30日、オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーから、同国代表MFミッチ・ニコルス(24)が完全移籍で加入すると発表した。契約期間は2月1日から12月31日まで。背番号は18。
ニコルスは2007年にブリスベン・ロアーに加入し、6シーズンで通算125試合に出場し24得点を記録。昨季はメルボルン・ビクトリーでプレーし、13試合3得点だった。09年にオーストラリア代表デビューを飾り、昨年は東アジア杯の日本戦など3試合に出場した。

俄然大注目の今季のセレッソですが、その注目の中(笑)獲ったのがこの選手。
24歳の豪州代表MF。ううむ。
しかも"攻撃的"の方らしい。ううむ。
"24歳"なら、オーストラリア代表では十分に「若い」方かもしれません(笑)。デビューは09年だから、確かに"若手のホープ"ではあったんでしょう。
しかしなんか、中途半端の感は免れませんが、フォルラン予算の残りだとこれくらいという、そういうことなのか。
ポポヴィッチはあくまでオースト"リ"であって(笑)、別に特別な引きがあるわけでもないだろうしな。オースト"リ"ア人の監督にウルグアイ人のスーパースターに、オースト"ラリ"アの新外国人か。ううむ。
ていうかポポヴィッチって、センターバックだったのね?無いものねだりの超攻撃サッカーを志向する、トルシエパターン
とにかく、"注目"せずにはいられません。色々と。(笑)
いやあ、ポポ+セレッソというだけで、十分に面白ネタだったんですけどねえ。今や、まあ。(笑)


『グラゼニ』

今更だけど、FAだと球団には一銭も入って来ないのね。
そしてポスティングも本人申請。
結構プロ野球も、"クラブ"に不利な条件でやっているなという。
まあただそれ以前に、"交換トレード"という素敵な(?)慣行はありますが。
貧乏なJリーグこそ、やった方がいいんじゃないかという部分も。同一カテゴリーならクラブ間の格差が目くそ鼻くそのJリーグなら、意外と選手も納得しやすいのではないか。出られればどこでもいいと。

『ぶう』

むう、難しい。
日本であえて粗食・ルーティン食に甘んじるのと、最初から限られている国で暮らすのは、少し違うような。
その"限られている"ものが好きかどうかという、問題もありますし。
つまり"粗食"でも、自分で選んでるのに変わりはないというか。

『いちえふ』

大変ですねという感想しか、持ちようが無い。
それもいちえふがどうというよりも、"現場"一般という感じの方が強い。
だからこそ逆に、作業員も耐えられるというところがあるのではないか。つまり慣れてしまえばどこも大して変わりがないからという。

『闇の瞬き』

正直説明不足の内容だとは思いますが、樋口一葉の精神の"底"みたいなものは、垣間見えた気がします。
それにしても、(男性の)文豪たちに、そんなに人気があったとは。(笑)

『きのう何食べた?』

ええ、"自足"出来るのはプラスじゃないの?(笑)
まあ、気持ちは分かりますけど、これからの時代、その注文は贅沢なような。下手に手だけかかる旦那なんてもらってもね。

『会長島耕作』

相変わらずの誰得。(笑)

『異法人』

出来ればハンムラビ側の論理の展開を、もう少し丁寧に描写して欲しい気がします。
アオの言うことはまあ、だいたい分かるから。

『インベスターZ』

そういえば「財前」というのはよく聞きますけど、「財後」というのは見ないですね。
あってもおかしくない気がするんですが。(笑)
「財前」の方に、何かもっと特定的な起源があるのか。

『ミリオンジョー』

ここからもういち展開あるのか、それとも普通に終幕なのか。
更に10年連載続けたりしたら、凄いですけどね。(笑)

『アイリウム』

ややまとめはありきたりですが、とんでも設定の割には安定感があって、悪くなかったと思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック