ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ等
”世代”別ヴェルディベストイレブン
2014年02月15日 (土) | 編集 |
時々やりたくなる、"ベストイレブン"企画。
今回は、遠からず無くなるかも知れないので思い出に・・・・もとい、それでも来る開幕へ向けてのチーム愛高揚の為に・・・・まあ何でもいいんですが(笑)、ヴェルディの歴代在籍選手で作った、五輪世代別ベストイレブンです。


基準としては、

1.分かり易くするため日本人限定。
2.期限付き移籍選手でも可。
3.あくまで"ヴェルディ"在籍時の、MAXのプレーで評価。(讀賣クラブ時代も駄目)

こんなとこですかね。
多少調整もしましたが、結果的に定番の4-2-2-2で統一出来ました。
()内は参考として、同じ年代の代表的な外国人選手です。

手元の名鑑と、こちらの(Wiki)を参照して作成。
では。


バルセロナ以前(~1968年生まれ)

GK
菊池新
DF
三浦泰、加藤久、柱谷哲、都並
MF
加藤善、ラモス
北澤、戸塚
FW
武田、三浦知

(本並(?)、ペレイラ、エンリケ(CB)、カピトン、高木琢(?)他)

・・・・加藤善とか入ってる。だな。(笑)
でも他にバランスの取れそうな肉体派がいないんですよね。サイドバックがいれば、ヤッさんを上げたいところですけど、それもいない。佐々木博和とかじゃなあ。ほぼプレー覚えてないしなあ。実際そんな感じで、なんだかんだ試合には出てましたよね、加藤"善"選手は。(笑)
ペレイラとビスマルクがいないと、"王者ヴェルディ"も途端に貧弱な感じに。実は世代交代途中で、讀賣クラブ時代からのベテランだけでは既に成り立たない選手構成でもあったんでしょうね。
本並さんはお気の毒。実力は新吉さんより上だと思いますが、メンバーとの馴染みで除外。大砲さんはもう少し若いのかと思いましたが、'67年生まれでした。ニカノール時代も李時代も、終始ほぼ"外国人"扱いで、たまに片鱗は見せましたがほとんど馴染まなかったですね。


バルセロナ世代(1969~1972年生まれ)

GK
大石
DF
石川康、林、富樫、相馬直
MF
中村忠、長谷部茂
永井、名波[山田隆]
FW
阿部良、藤吉

(ビスマルク、ラモン、エジムンド、エウレル、エムボマ他)

・・・・うわ、ここ酷いな。ただのBチームだな。(笑)
まあ実際「特定中心選手」と「その他」というチーム編成でしたからね、往時のヴェルディは。
これくらいの中途半端な年代だと、こんなもんか。
色々な選手が楽しめるようになったのは、むしろ弱くなってから。(笑)
相馬と名波が後から来たので、多少それらしくは見えるようになりましたね。
あと名前だけなら、岩本輝とエンマサという、元"代表"選手も一応いました。(笑)
大石尚哉とか、覚えてます?CBもやしけんはいいとして、まさか富樫を使う羽目になるとは。ほとんど出てないですけど、出た時は一応無難だった記憶が。ラモスも自分が代表監督になったら、呼ぶとか言ってたし。(笑)
長谷部は"茂利"の方ですね。名波と山田隆裕は、どっちも明らかに90分持たなかったので、ワンセット。(笑)
菊原がもう少し、活躍してくれてればなあ。
永井に阿部に藤吉に、要はナビスコ要員ですね。厳しい。(笑)
上と合わせてバルセロナまでを一括りにすると、ようやくまともな1チームになる感じですね。まあJリーグ全体が、これくらいまではまだ選手層が薄かったと、そういうところもあるんだろうとは思います。移籍も不活発でしたし。


アトランタ世代(1973~1976年生まれ)

GK
土肥
DF
菊池利、土屋、米山、三浦淳
MF
山田卓、服部
石塚、平野
FW
栗原、桜井

(アルジェウ、福西(?)、マグロン、ワシントン他)

・・・・急に賑やかな感じになりますね。充実してるというか。
年取ってから移籍して来た服部さんも土屋もぴったりハマったし、アトランタ世代のベタさというか、「最後の旧世代」「最初の新世代」な感じは、ヴェルディのサッカーの微妙な古さと、何か相性がいい感じがします。
アルジェウとマグロンはこの世代なのか。レオンのチームでは、日本人と比べても実は結構"若い"方の年齢で、やる気に満ちていたのもあのチームがいいチームになった理由の一つだと思います。ワシントンは年取ってから来たので、すっかり"大物"でしたが(笑)。福西はもっと酷い。ガイジンよりガイジンぽかった。(笑)
そして前園と小倉は、無かったことに。(笑)


シドニー世代(1977~1980年生まれ)

GK
高木義
DF
海本幸、中澤、飯尾和、石川竜
MF
戸田、小林慶
廣山、西
FW
巻、高原

(ゼ・ルイス、レアンドロ、大黒(?)他)

・・・・それなりのメンバーですが、"ヴェルディ"感はかなり薄くなります。臨時雇いや腰掛けばっかりというか。
ヴェルディ自体の選手輩出力が、かなり低い世代。ユースも駄目だったし。
中澤も飯尾和も本格化は移籍後ですが、まあ一応"育てた"部類。
機能したのは一瞬でしたが、海本・石川の両サイドは華やかで楽しかったです。森は評価が難しいし、柳沢は比べると地味なので、落選。(笑)
うわあ、あったまの良さそうな中盤だな。これは見てみたい。西じゃなくて大野敏とか入れてあげてもいいんですけどね。苦労かけたし。(笑)
大黒は随分活躍はしたんですけど、あんまりチームに還元されないのがこの人の特徴。


アテネ世代(1981~1984年生まれ)

GK
柴崎貴
DF
田中隼、富澤、那須、相馬崇
MF
根占、柴崎晃
小林大、飯尾一
FW
玉乃、平本

(ディエゴ、マラニョン)

・・・・はゆまと那須は借り物ですが、なかなかに魅力的なメンバー。ここらへんから"育成のヴェルディ"が、復活して来ているというか。こうせいここかあ。ちなみに中後もここです。(笑)
飯尾と玉乃は逆でもいいです、勿論。大悟の方の相棒の"佐野裕哉"も結構好きだったんですけど、さすがに活躍したとは言えない。
もう少し上手くすれば、"五輪代表でヴェルディ勢大活躍"というのも、不可能ではなかった年代でしたね。ひとっつも上手く行かなかったですけど。(笑)


北京&ロンドン世代(1985~1988)(1989~1992)

GK
佐藤優
DF
一柳、刀根、高橋祥、和田拓也
MF
梶川、鈴木惇
高木善、河野
FW
阿部拓、高木俊

(フッキ森本(?)、杉本健(?)他)

・・・・北京世代(太字)の人数が少ないのでこうなりましたが、逆についこの間のロンドン世代の充実が目立つなと。これに一応小林祐希もいたわけですからね。
ちなみに菊岡は北京です。
中島翔らのリオ世代も含めて、これからだったのになあ、ちゃんと使えてればなという思いは、やはり避け難いです。(笑)
まあ鈴木惇や刀根は、そうしてチームが壊れたからこそ、入って来た選手なわけですけど。ていうか鈴木惇ピチピチなんだな。ウチにいてくれるのは今年限りだろうな。
森本はウチにいる時は、はっきり言ってそんなに実用的な選手ではありませんでした。話題にはなってましたけど。杉本健勇は・・・・"期限付きも可"とは言いましたけど、期限付きにも程がある。(笑)


うむ。
楽しいような苦しいような、企画でした。(笑)
暇があったら単純に総覧も作りたいですね。後世の記録用にね。今は亡きヴェルディを偲んで(?)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
廣長は?
2014/02/18(Tue) 12:35 | URL  | おぬし名はなんという #-[ 編集]
廣長はデビュー当初の"CB"としてのプレーは、(西野監督も言っていた通り)高卒新人としてはまあまあという程度のプレーでしたし、その後の五輪代表での一時のボランチとしてのプレーは大きな才能を感じさせましたが、ヴェルディに帰って来てからはどのポジションでもその後は特に光るものを見せられなかったと思います。
だから「アトランタ代表」ベストイレブンに選出する可能性はあっても、ヴェルディでは、他のプレーヤーとの比較を含めてもちょっと対象外ですね。残念。
2014/02/18(Tue) 13:31 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
なるほどです。
言及もされてなかったんで、忘れられてるのかと思ったんすけど、そんなわけないですよねw
回答ありがとうございました。
2014/02/18(Tue) 22:07 | URL  | おぬし名はなんという #-[ 編集]
付け加えるなら、廣長の場合は前園や小倉のように、単純に肉体的に劣化したというような要素が余り見当たらないので、ある時期以降の暗黒がコメントしづらいんです。
より深刻というか。
2014/02/19(Wed) 03:18 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック