東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
今週のモーニング(’14.2.20) &軽薄な話題ズ
2014年02月21日 (金) | 編集 |
mor140220

オフィシャル

日テレ タツノコプロ買収を発表、タイムボカン、ガッチャマン (スポニチ)

日本テレビホールディングス傘下の日本テレビ放送網(東京)は29日、「ハクション大魔王」や「科学忍者隊ガッチャマン」を手掛けるアニメ制作会社のタツノコプロ(東京都武蔵野市)を買収すると発表した。キャラクターを生かした関連ビジネスを強化する。ネット動画市場の拡大など放送業界をめぐる環境が激変する中、事業を多角化する。
(中略)
タツノコプロには原作を基にせずキャラクターの商品化や作品のリメークを単独で判断できる自社制作の作品が多い。東京都内で記者会見した日テレの大久保好男社長は「当社の制作力や情報発信力とタカラトミーの商品開発力を生かしてキャラクタービジネスを拡大したい」と述べた。

日テレが景気のいい話題を聞くたびに、どうしてもピクピクとなってしまう、ヴェルサポの身ですが。(笑)
まあただ日テレ自体、尻"拭って"くれた立場なので、本命はやはり読売新聞の方ですけどね。
"ダウンタウンの友達"萩原社長は悪い人ではなかったと、未だに思ってますし。「J2でビジョンもくそもない」というのは、間違いなく一方の本音であり、真実でもあると思います(勿論J本流の立場からの反論は可能ですが)。そういう"常識"もあると、理解しないといけないというか。
後半の"タツノコの特徴"の話は納得ではありますが、逆にじゃあタツノコオリジナルでどれくらいのビジネスの可能性があるのかなというのは少し疑問。原作なしということはメディアミックスの範囲が狭いということでもありますし、よっぽと本体がヒットしないと。
関係無いけど富野さんが今食えてるのは、ガンダムの原作権を確保しておいたからなんでしょうね、やっぱり。(笑)


テレビ東京の番組を他局が真似する背景に「目標視聴率」の差 (NEWSポストセブン)

テレ東の場合、ゴールデンで7%なら、問題にはならない。ゴールデンに限らず、他局の合格ラインの7掛けと思っておけばわかりやすい。5%以下が続けば、終了の危険性が高くなる」
他局と比べて低い目標値だが、これが逆にテレ東の創造性を上げているという指摘がある。前出・放送作家はこう分析する。
「目標とする視聴率が低いので、好き勝手にできるんですよ(笑)。7%獲れば合格なのと、2ケタ獲らないといけないのでは、企画からして大きく違ってくる。
(中略)
「他局にとっては、『テレ東で7%取っている』というのは保険になるんです。『テレ東以上に豪華な出演者を出して、お金をかければ、数字はプラスされていく』という考え方。だから、テレ東で数字を獲っている番組はマネされやすいんです。

前半はさもあらんという話ですが、後半の話のセコさには笑いました。(笑)
テレ東の基準(7%)を採用しないところが、しかしそのテレ東の成果を"根拠"に使うという。
何かおかしいぞ、その話。足し算はあってる感じだけど。テレ東頼みにも程があるというか。(笑)
ちなみにその"計算"で、実際にどれくらい成功してるんですかね。
この問いかけは、広島(≒テレ東)の"プラス"版に邁進中の、ペトロ浦和(≒全国区民放他社)にも向けられそうですが。(笑)
7%は10%になってるのか。7%用のサッカーは、10%用に改変可能なのか。


表情・しぐさで「ホンネを見抜く」テクニック【1】黒目の動き (プレジデントオンライン)

目の動きから相手の本心を探ろうとする際のポイントは、「肺肝を衝く問いかけ」をして、それに相手が「返事をする直前の目の動き」に注目することである。
(中略)
●黒目の方向別に7つの意味がある
・上――無心
・右、左――拒否
・下――罪悪感or服従
・右上――作為
・左上――追憶
・右下――当惑(理性)
・左下――困惑(感情)

試しに目を動かしてみましたが、なんか合ってる気がします。
「拒否」「罪悪感」には特に、具体的に思い出される嫌な場面が多々。(笑)

嘘をつく時に思わずやっている4つのボディランゲージ (lifehacker)

ノースイースタン大学の心理学のDavid DeSteno教授は、ある研究で嘘を見抜くサインとなる4つのボディランゲージを発見しました。
(中略)
このゲームの中で、「手を触る」「顔を触る」「腕を組む」「寄りかからない」、この4つのボディランゲージをする時は、その人が何かを隠している(正直ではない)状態のサインだということが分かりました。単体では、それだけで嘘をついていると証明するには弱いですが、いくつかのボディランゲージが組み合わさった時は、より確率が高くなります。

似たような話ですが、こちらも言われるとそうかなと。「寄りかからない」というのは、"リラックスしていない"ということですかね。
・・・・僕は何というか見ての通り直観的な人で"洞察"を売りにはしていますけど、ただそれはあくまで「全体」に向けられているもので、こういう個別のノンハーバル(非言語的)な現象に注意してるわけではないんですよね。
もう少しそういう観点も導入しようかなと思わなくはないんですが、やっぱなんかあざとくて嫌だなと。「全体」「部分」がぶつかったら、結局「全体」の方を信じるんだろうし。
まあ実際には、得意な方気持ちのいい方の使いこなしに集中した方が、多分トータルでの効率はいいのではないかと、そうも思ってますが。
日本人にマリーシアなんて要らない!みたいな話とも、少し繋がりますか。(笑)


指の長さで分かる「男脳と女脳」 (nanapi)

右手の指、その中でも「薬指」と「人差し指」を見て下さい。この2つの指の長さを比べ、どちらが長いかチェックしてみましょう。
◎ 「薬指」が「人差し指」より長い人
「薬指」が「人差し指」より長い人は、「男脳」です。身体的な性別に関わらず、男性的なものの考え方をする特徴があります。
◎ 「人差し指」が「薬指」より長い人
「人差し指」が「薬指」より長い人は、「女脳」です。身体的な性別に関わらず、女性的なものの考え方をする特徴があります。
(中略)
この指の長さの違いは、胎児の時に浴びた男性ホルモンと女性ホルモンの量で決まると言われています。テストステロンという男性ホルモンを多く浴びると男性らしく、エストロゲンという女性ホルモンを多く浴びると女性らしくなります。これは、胎児の体つきだけでなく、脳にも影響をあたえるそうです。そのため、浴びた性ホルモンのバランスにより、男性脳・女性脳と違いが現れてくるのです。

なんか怪しいな。(笑)
これでいくと僕は「男脳」なんですが、文中に挙げられている具体的な特徴「・積極的・理系タイプ・人に流されない・拒食症、風邪、自閉症や骨関節炎にかかりやすい・空間認識能力が高い・神経が太い・スリルを求める」には、ことごとく当てはまらないように思います。"指の長さ"という指標自体が怪しいのか、「男」の特徴の記述の方がいい加減なのか。
「胎児の時に浴びたホルモン量」が大事だというのはほんとのことで、例えば"生まれか育ちか"が常に議論の対象となる、異性愛/同性愛の傾向の決定もこれによるという、かなり説得的な研究も前に見たことがあります。
ただそれと「指の長さ」との関係がちゃんと書かれていないので、これだけでは何とも。

以上3つ、広義の"心理テスト"系の話題?(笑)


『ジャイキリ』

やはり王子が動くと話が動く。

『ワン!ダフル』

ま。いいけどね。(笑)
いいんだけどね。(笑)

『サイレーン』

はあ。近い内に、確実にまたイノから怒られる場面があるな。
男はつらいよ。(笑)
まあイノみたいなコは、怒るのが仕事みたいなところはありますけどね。(笑)
そういう意味では、大して気にならないけど。

『インベスターZ』

やっぱり小さい(大きくはない)のか、ゲーム業界は。
何でそんなにゲームやる暇があるんだろうと、不思議ではあるんですけどいつも。
やってる人の方がある意味特殊というなら、まあ分かる。
それでも映画(館)に比べれば4倍か。まあそうだろうな。

『アイリウム』

まさかの続き(?)ですが、前回に続いて読み応えあり。
設定に溺れず、きちんと詰めた(心情)描写をしている。
・・・・"詰めた"描写というのは、「複雑」とか「深い」とかいうことではなくて、「自然」ということですけどね。こういう場合人間はどのように反応するだろうという"自然"を真摯に追及してからじゃないと、変則も極端も、効き目は薄い。所謂「人間が描けない」(人)というのは、そういうことだと思いますが。

『異法人』

ふうむ。迷走まではしていないけど、色んな要素が次々順番に出て来る感じ。
とりあえず「殺す」ことと「裁く」ことは、それぞれ別の問題だと思います。
"死刑"において、両方がたまたま重なっているだけで。
そしてハンムラビの問題の中心は、後者の「裁く」の方、裁きの絶対性の方ではないかなと。殺すかどうかは、テクニカルな問題でしかないというか。

『カバチ』

悔しいねえ。悔しい。
その悔しさは、法で何とかなるのか。

『アオダマソウル』

本当に投げるのは"魂"の方だから、残った右手で投手を続けるというパターンかと思った。
靭帯が"残る"というのは、なんか未練がましいような。(笑)


今週はペラッペラ。
僕がじゃなくて(笑)モーニング自体のラインアップが。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック