ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ等
今号のイブニング(’14.3.11) &虚脱の週アタマ
2014年03月11日 (火) | 編集 |
eve140311

オフィシャル

事情により、既にアルコールが入っております。(笑)
まあ書く内容は大して変わらんと思いますが。
木綿より最近は断然絹ごしだな。ああ、でも豆腐美味い。(酔っ払い)


「明日ママ」中止求め高校生が署名提出 (日刊)

日本テレビ系ドラマ「明日、ママがいない」(水曜午後10時)の放送中止と児童養護施設の子供や職員への謝罪を求め、鹿児島市の男子高校生(17)がネットの署名サイトを利用して約7000人の署名を集め、同局に提出していたことが2月28日、分かった。
高校生は放送後に開かれた慈恵病院の会見で事態を知り、自分も小学生の時にあだ名でからかわれたりした経験から、自分に出来ることはないかと署名活動を始めたという。署名は高校生の手紙と一緒に同局の大久保好男社長宛てで26日に送られた。

何なのこれ。
このレベルまで相手にしないといけないとしたら、さすがにTV局の人気の毒。
これが"意識高い"系の高校生によるのか、それとも逆に"純朴"系によるのかは、顔を見てみないとよく分からないですけどね。
何か記事からは分からない深い事情とかがあるのかも知れませんが、それにしても自分に直接関係無いことで「謝罪」を求めるという神経は、何やら"ポルポトの子供たち"みたいでぞっとさせるものがあります。知識の問題ではあるまい。
こういう時大人がちゃんとさとしてあげられるのか、あるいはそのさとしが社会的に実効性を持つのか。何なら利用しようとする大人の方は確実に出て来そうで、嫌な感じ。
"ネットの署名サイト"を利用とのことですが、これがネットに慣れていることを意味するのかそれともむしろ旧式のスタイルで個人的に発信しているだけでは満足できないからなのか、それも微妙。
ツールだけ新しいという、可能性はあるわけで。


なんと日本は1位!世界の人が選ぶ「最も賢い国」ベスト10発表 (It Mama)

10位:ルクセンブルク、スイス
ルクセンブルクには大学がひとつしかありませんが、多言語国家のため、子どもの頃からドイツ語、フランス語、英語教育を受けています。
そしてスイスは、州ごとに教育制度が大きく異なりますが、世界保健機関や国際労働機関などの国際機関の本部がたくさん集まっている国です。
9位:イスラエル
9位のイスラエルも、教育制度が優れています。大学は全て公立で、学費がとても安いので学びやすい国です。
徴兵制度があり、軍事国家のイメージが強いですが、インテルやマイクロソフト、グーグルなどの世界的に有名な企業の研究所や支社があり、アメリカのシリコンバレーと肩を並べるほど優秀です。
■8位:カナダ
カナダも、ほとんどが公立大学。大学によって大きなレベルの違いがなく、世界的に見ても教育の質が高いといわれています。
そのため、カナダの大学で学位を取得しようと世界中から優秀な留学生が訪れます。
■7位:イギリス
■6位:フィンランド
フィンランドは、大学までの学費が無料で、授業の時間が他国に比べて少ないです。にも関わらず、生活を楽しみながら、世界でトップクラスの成績を叩き出しています。また、フィンランドは科学技術先進国でもあります。
■5位:シンガポール
国家予算の20%を教育にあてていて、パソコンやスマートフォンを使ったIT教育が行き届いています。大学が4つしかないため、小さい頃から忙しいです。
■4位:ドイツ
■3位:アメリカ
■2位:韓国
■1位:日本
なんと賢い国1位は日本! 私達は日本にいるので気付かないかもしれませんが、世界的に見ても教育水準が高く、優秀な人が集まっている国なのです。

こうして並べると面白いですね。
下の方の名前の渋さからすると、それなりに見識がある人が挙げた"イメージ"のようで日本は喜ぶべき(意外ではありますが)なのかもしれませんが、一方で韓国の順位の高さからすると単に"お受験"の国という意味かもと、そういう感じも。(笑)
世界的に創造性が評価されてるとは、とても思えないですし。近年の実績からは。
多言語国家で育つって、密かな憧れはあります。実際は大変かも知れませんが。
改めて外国語を学ぶというのは、特に会話の方は照れ臭くてやってられないというところがあるんですけど。生活の中で自然になら。
スイスは色々と"国内"の競争が激しくて、それで逆に"永世中立"でいられるんだと、昔ユングは言ってました。(笑)
実は酷く戦闘的な民族だとか。
各国の例を見ると、大学自体は差が無くて勝負は入ってからというのが、本来はあるべき姿と、そんな風にも見えますね。
品のいい、"レベル"の高さというか。(笑)
まあ少なくとも勉強のできる子には、受験競争も立派な「青春」ではありますけど。
アメリカのドラマとかで高校時代の成績でほぼ自動的にみたいなシステムを見ると、微妙に寂しく感じたりもします。(笑)


アダルトチャンネルに「もっと自国製ポルノを」、カナダ放送規制当局 (AFPBB News)

カナダ・ラジオテレビ通信委員会(Canadian Radio-Television and Telecommunications Commission、CRTC)が、トロント(Toronto)に拠点を置く成人向け番組専門のテレビチャンネル3局に対し、放送作品の35%以上をカナダ製コンテンツとする割り当て規制を満たしていないと警告する通知をウェブサイト上で発表したのだ。
規制は、放送コンテンツの一定の割合を、脚本や台本、番組制作の一部にカナダ人が携わっているかカナダ人が登場するものとすることを求めている。自国の放送産業強化とカナダ製コンテンツのアピールが目的だ。
(中略)
これに対しカナダ紙グローブ・アンド・メール(Globe and Mail)は「潜在的な意味が込められ社会に会話を提供するドラマなどと異なり、ポルノは包括的な製品であり、どこの国で作られたかは重要でない。バイブレーターと同じことだ」とCRTCに批判的だ。
しかし一方で同紙は、「ポルノの撮影にも、他のテレビ番組制作と同様、照明やカメラなどの技術者が必要」とし、雇用を生み出している点は認めている。

なんか真面目に議論してるのが、微笑ましいというか羨ましいというか。(笑)
CRTCは杓子定規で頭が固いのか、それともポルノにも平等なやわらか頭なのか。(笑)
まあ僕は、日本人が好きです。(笑)
ポルノは確かにユニバーサルですが、セックス自体は意外とドメスティックなものだと思います。
まあ機会を与えられるなら、"クオーター""ハーフ"・・・・と少しずつ割合を変えながら反応の違いを確かめたりはしてみたいですが。(笑)
差別的かな?(笑)。時節柄、気を付けないとね。
まあでも「文化」(または「精神」)と「身体」という意味では、真面目に興味深いテーマではありますけどね。
でも"実行"はやっぱり、差別的な気がする。(笑)

ちょっと眠いので終わり。


『鸞凰』

結局"飛行機"に乗るのね。(笑)
急な生き生きし出したような。(笑)
"金剛不壊"。なんか響く。
"ダイヤモンドは傷つかない"。余り響かない。(笑)
田中美佐子は可愛かったけどね。

『海賊とよばれた男』

まあでも法律や政策に強要もされずに、同時多発的に「終身雇用」を慣行化していた日本の風土というのは、やはり面白いと思いますね。どちらかというといい意味で。
財閥は解体されても、"石統"自体は存続していたんですね。これから?

『学生島耕作』

特別なことをやってるわけでもないのに、この妙に力強いリアリティはさすがと言えばさすが。
"特別なことをやらない"強さがあるというか。
猛母にさらされて育つとこうなるのか。(笑)

『将太の寿司2』

サハルちゃん素敵過ぎるやろ。
逆にあんまり近寄りたくはないタイプですけどね。(笑)
絶えずプレッシャーがかかりそう。

『がんぼ』

ドラマ化とか。
"月9のイメージを変える"のは結構なんだけど、それはそもそも「ドラマを見る」可能性のある層を対象とした範囲内に、収めるべきではと。
やっぱり二時間とか、Vシネ向きでしょう。あの"気楽さ"自体がいいというか。

『オールラウンダー廻』

こういう"関節技の逃れ方"みたいな「定石」を、Jリーグ等でももっと見たい、あるいは当たり前のものとして存在して欲しいんですけど、ここまでままならないのは日本人監督の教養の問題なのか、それともサッカーが"定石"向きでない、スポーツだからなのか。
まあ両方なんでしょうけど。

『狼少年は嘘をつかない』

成り行きで動かしてるだけだとは思うけど、案外赤塚さんも、これくらい手のかかる相手の方がいいのではないか。
構われたいようで構いたいタイプというか。

『山賊ダイアリー』

改めて"反省"されるとどうもね。どう読んでいいのか分からなくなるというか。
一応の論理としては、既に売れ残るほどの食肉が出回っているんだから、わざわざ更に殺さなくてもと、そういうことはありますか。
個別の"個体数"の問題は、また別にして。
基本は"スポーツ""楽しみ"ですからね、どう見ても。
まあその"充実感"も、更に言えばその"根源"性も理解出来るから、強く否定はしませんが。
ただ"根源"性と言っても、それは"性犯罪""強姦"の持つ「根源」性と、大して遠くないところにあるそれではあるんですが。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック