東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
東京V-千葉(’14)メモ
2014年03月17日 (月) | 編集 |
まあそういう結末になるんじゃないかなとは、思ってましたけどね。

J2第3節 東京V △1-1△ 千葉 (味スタ)

ゲームとしては、現状では"完璧"に近いものだったような気がしましたが。


・勝ち切れない、結果を出し切れないヴェルディと、死に切れない(笑)と。(失礼)
・ある意味らしい試合ではありました。
・ヴェルディは非力、千葉は低調
・とはいえ一応こっちのホームだし、無駄に底力見せずに死んどいてよ千葉さん。(笑)
・"勝ち点3"の切迫度が、段違いなんだからさあ。

・ヴェルディは前2戦とやってることは同じでしょうが、相手が"ビッグネーム"の一角ということで、"チャレンジ"態勢は作り易かったか。
・逆に落ち着いて、試合を見られました。
・プレシーズンで鹿島に勝ったとかいう時も、こんな感じだったのかな。
・まあ単純に千葉が弱かった、与(くみ)し易い相手だったという言い方も可能かもしれませんが。
・あるいは"プレシーズン"っぽかった。(笑)
・正直ちょっと、バス囲みたくなる気持ち分かっちゃったような気がしました。
・....気がするだけですけど(笑)。その開幕戦見てませんし。
・やる気が無いわけではないんでしょうけど、"チーム"として迫って来るものというか、"チーム"感が余りにも薄い。
前回対戦時同様、終わってみれば印象に残るのは、交代選手たちの"飛び道具"っぷりのみ。
・まあそれで帳尻合わされては、しまったんですけど。(笑)
・とにかくレギュラー/スタートチームの方は、なんか試合を成立させる為のアリバイ要員というか時間潰し要員というか。
・あるいは"戦術実行"要員。
・正直"戦ってない"感では、全対戦チーム中屈指なのは否定できないです。
・それでプレーオフまで行くんですから、やっぱり力はあるんでしょうけど。
「森本」という"ラストピース"も、そういう意味ではピンポイントで外している感じ。
・ヴェルディ在籍時、僕は"柳沢"と(悪い意味で)比較していましたが、元々生真面目で考え過ぎで、かつ小器用で爆発力や活力には欠けるタイプ。
・それだけに"リアルストライカー"として生きるという選択には驚きましたけど。
・一時は"ストライク"行為の持つ「理詰め」の側面と上手く自分の資質を合わせて、成功しかけていたようではあったんですけどね。
・まあだから今の"守備&何でも屋"という使われ方は、回り回って資質通りではあるのかも知れないですけど。
・一方に"とりあえず何だかんだ点は取る"ケンペスがいるというチーム事情からすると、この役割分担はそれなりにハマっているとは思います。
・まあ寂しいですけど。
・ただし"割り切って"るという厳しさは、現状の千葉からは感じられませんが。
・まだまだ森本の他の側面にも、期待するところは大きいんでしょうね。
・可能性があるならむしろ2トップかなあという感じですが。
・それで他の部分がどうなるかは、とりあえず考えないとして。(笑)
・森本のチームにするのかケンペスのチームにするのか、町田のチームにするのか。
・兵働のチーム?うーん。(笑)
・とにかく何か、"常識"以上の踏みこんだ焦点の絞り方をしないと、どうにもならなそうな印象。
・でも例年これで、プレーオフには行ってるわけか。
・だったらプレーオフにも行けないチームのサポが、どうこう言うことではないか。(笑)
・まあ多分基本は町田のチームにしたいんだけど、その為のパーツというか他のポジションの強度が足りなくて、その為にこそ森本の奮起にも期待している最中という、そんな感じなんですかね。
・町田はそりゃいい選手ではあります。是非ウチにも欲しい。(トップ下に)
・一方で千葉は、平本が欲しいのではないか。(笑)
・ままなりませんな。(笑)
・とりあえずこの日は、なんか遠くの方で働いてるだけで、実質的には空気でした。
・その頑張りが上手く前に繋がってないし、たまに出て来ても単騎で怖い選手ではないし。

・何で千葉のことを延々書いてるのか、よく分かりませんが。(笑)
・"気になる"ことを書いていたら、ついつい。(笑)
・ウチで言えば常盤は今年の("生え抜き")チームに入っちゃうと、"異物"感が半端無いですね。
・....たからこそ町田が欲しくなったというか、孤立が気になったというか。(笑)
・使うなら1トップで使って、平本をトップ下に下ろした方がまだ可能性はあるのではないかなと。
・先発で使われ続けている高木大輔は、正直未だに何が持ち味なのか僕には分かりません。
・これだけ"分からない"ということは、逆に"オールラウンダー"なんじゃないかと推測出来ますが。
・廻。
・こちらは逆に、トップ下で使ってみたらどうですかね。
・今までのプレーからすると、安田からパスセンスを引いて体の強さを足した感じになりそうですが。
・あれ?それいい選手なのか?(笑)
・まあ守備では頑張ってますから、単純にその為に使われてるのかも知れませんけど。
安"在"のキックには、"大物"感ありますね。
・優雅さというか。自信というか。
・アシスト決めてからは、更に調子に乗って自信満々という感じでやってましたが。(笑)
安"西"の機動力突破力もなかなかのものだし、名前の"ネタ"性含めて(笑)、この両サイドは今のところ一番の、ウチのアピールポイントかも。
・失点の場面で、山口智をマークし切れなかったの誰だよと思ったら、かよ。
・姜ならしょうがないというか、全くしょうがなくないというか。
・現状ウチ最大の「高さ」要員ですからね、それが負けたのなら諦めるべきなのか、何してんだよと言うべきなのか。
・特に混戦でもなかったですしね。
・頼むよ、謎のレンタル選手の分際での副キャプテン。
・ほんとですが。
・そこまで既存のチームを"否定"して、なぜ監督はそのままなのか。
・筋としておかしい。(笑)
・高校のサッカー部の教員監督じゃないんだからさ。
・そうあっさり毎年切り替えられても。
・まあ現状、それに近い部分(高校サッカー)は、あるのかも知れませんが。(笑)

・この勝ち点1が意味を成すかどうかは、今後次第。
・月並みですが、それくらい相変わらず切迫はしていると思います。
・ここが"J3"なら、平和なのかもしれないですけどね。
・あるいはユースなら。

千葉のFW事情とかを見ていても、怪我でもないらしいのに高原に埃かぶせておくというのは、いかにも日本サッカーに申し訳ない感じ。
どうなってるの?実際のところ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック