東京V等サッカー、漫画、アイドル、女子バレー 他
愛媛-東京V(’14)メモ
2014年03月23日 (日) | 編集 |
残念というか、残酷な試合。結末。

J2第4節 愛媛 ○2-1● 東京V (ニンスタ)

それにしても、どんなメンバーで誰が監督やっても、シーズン序盤は勝てないな。まるで決め事のように。(笑)


・特に"悪い"という程のところはないというか、結局のところやれることはやっている気がするので、逆にどうすれば勝てるのかと言われてもうーんという感じ。
・まあ"若さ"というのはありますよ、そりゃどうしてもね。
「経験不足」というよりも、もっと端的に「体力不足」という感じですが。
・要所要所の当たりの弱さと、スタミナ不足というかペース配分の単調さというか。
・結局は何というか、「大人の体」「プロの体」にまだなっていないという。
・実際子供なんだから、しょうがないんですけどね。

・それが特に出ているのが、守備面かなあと。
・前プレとか粘り強く食い下がったりとか、そういうのは一応やれてるんですけど、瞬間グッと前に出て来られた押された時に、あれ?という感じにあっさり押しのけられて、ピンチになったりいい態勢でシュートを打たれたり。
・まあ日本代表がフィジカル自慢の外国チームにやられる時と同じと言えば同じなので、そう簡単に克服は出来ないでしょうけど。
・ただその"劣位"がほとんど全てのJ2チームに対して生じるということを考えると、しょうがないと言ってる内に負けまくりそう。
・やはりもう一人二人、"大人"の選手は必要か。"一気"にはやられない。いるのならね。

・攻撃面でもそれは同じと言えば同じで、ランなりパスワークなりで、こちらは自分たちが"一気"に攻め切ることが出来ないと、やはりなかなかいいポジションが取り切れないいい態勢になり切れなくて、可能性の低い攻撃になってしまう。
・ただまあ戦術的にももう一工夫は必要かなという部分はあって、具体的には前の二人、"縦の2トップ"が機能しなさ過ぎる、飾り物過ぎる。
・平本も(いる時は)平本が独力で頑張ってるだけで、"機能"してるというのとは少し違う気がしますし、常盤に至っては....
・なんか"チーム"と呼べるのは、それ以前の「9人」までという感じ。ベストナイン?(笑)
・いくらFWが"特異"ポジションとはいえ、二人も浮いてては難しい。
・まあ端的に"トップ下"的なリンクがなされていないということではあるんですが。
・一人減らして(増やして?)「10人」でチームを作り直してみるか、あるいは2トップの位置づけなり形なり人選なりを変えてみるか。
・このまま我慢してても多分どうもならない。たまたま点が取れないわけではないというか。
・常盤を今の感じで使い続けても。
・下方向への"ランダム"しか発動してないというか。(笑)
・時間が解決しない部分だと思うので、もう一回考えてみて欲しい。
・後はまあ、今やってることを続けるしかないでしょうね。

・もう一つ言うとこれは多分に感覚的なことなんですが。
佐藤もちょっと変えてみない?という。
・特に悪いプレーをしているというわけでもないんですが、なんかハマってないというかここも実は、"チーム"感が無い気がする。
・実力はよく知りませんが、それなりに期待されている若手、つまりフィールドプレーヤーたちと同年代同カルチャーのキーパーは、二人ほどいたはずですよね。
・まあ全然力は足りないのかも知れませんが(笑)、ただ"チーム改革"って意外とゴールキーパーの交代から無理やり起こすようなケースもままあるので。
・古くは松永→川口とか。(ほんとに古いな)
・実力的に「順当」でない分、むしろ「改革」のドライブにはなるというか。
・まあ希望で言ってるだけなので、無理筋だったらごめんなさい。(笑)
・ただどうも、佐藤の顔を見る度違和感が募って。
・"ベテラン"として重石になるというよりも、ただ単にそこで空気が澱んでいる感じがする。
・一方の平本に比べても。
・やはりカルチャーの違いみたいなものは、あるのかなあという。
・"ヴェルディ育ち"か、もしくはヴェルディ育ちより上手い選手じゃないと、今のチームには入り難いというか。

・キムも4バックだと、あんまり良さは出ていませんね。
・代わりもそうそういないんでしょうけど、その分パートナー選びには、一考の余地はまだあるか。
・せっかくキムを使うなら、"爆発的な攻め上がり"も見たい。

4戦で勝ち点1というほど、悪いチームではないですけどねえ。
その勝ち点をくれたさんの立場が無いというか。(笑)


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック