東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
今週のモーニング(’14.6.19) &WW(ワールドカップウィーク)進行中
2014年06月19日 (木) | 編集 |
mor140619

オフィシャル

引き続き、情報洪水の中で。(笑)


2014ワールドカップGLコートジボワール戦の私的雑感まとめ (note)

コートジの戦略に対して日本は十分な準備をしてこれていました。ワイド攻撃のしくみも全般にしっかり抑えられており、前からハメにいっても、HL付近を中心に下げていった状態でも、最終ラインを押し上げて全体の組織をコンパクトにできている状態であれば、(中略)しっかりと対応できています。とくに前半25分くらいまでは我慢の展開で局面としては均衡も、戦略的には主導権を握れていたのではないかと思えます。

日本の組織に破綻が見え始めるのは、前半26分の日本攻勢から一気に切り返されたシーンからです。ここから、最終ラインの押し上げに迷いが見られるようになり、(中略)
攻撃でミスを重ねたこともあいまって、時間を経るにつれ最終ラインはより慎重になっていきます。けれどもその判断は縦のスペースを欲している相手に欲している物を与える結果となり、


【コラム】「理想と現実の狭間で」 ザッケローニを苦しめた3つの問題点。 (Qoly)

本田と大迫が2枚でDFラインにプレスをかけ、香川と岡崎はどちらかというとセンターハーフのように守備時には中央をカバーするポジションを取る。とにかくヤヤ・トゥーレの持つスペースを狭めてしまうことに集中する形だったのである。

ザッケローニは理想と現実の間で決断を下せなかった。理想を追って攻撃的なメンバーに守備のタスクを課した結果、ドイツで得点を量産した岡崎を自陣で守備に走り回らせ、攻撃の中心として輝かせたい香川を失点の原因としてしまった。

詳しいこと正確なところは、元の文章を読んでもらうとして。
どちらも要するに、日本代表は守備の準備はしていた/監督の指示はあったという、そういう観察・分析の一例ですね。
前者はそれが、色々な成り行きで機能不全に陥って崩壊した、後者は正にその"準備"の隙を戦術的に衝かれて崩壊させられたという、そういう説明になっているようです。
共通してるのは、ザックのある種の「転向」と、その無理や付け焼刃という、認識。
各誌が報道した、試合後のザックの"采配は失敗した"という発言も、これを裏打ちするのかなと。


まともにトラップもできない“にわか”は黙ってろよ (anold)

まともにボール蹴ったことないような奴がえらそーに「アタッキングサードの動きが…」とか語ってんじゃねぇよ。
(中略)
マスコミは一応、元代表選手とかの評論家を使うからいいけど、ネットメディアは本当にひどい。「観戦試合数なら誰にも負けません(キリッ」みたいな奴が「ザックの采配はありえない」とか言ってるわけよ。お前はゲロ吐くまでシャトルランしたことがあんのかと。
そういう“にわか評論家”がワールドカップの時にこれでもか!と出てくる現状が元プレイヤー的には許せません。

一部で話題になってたエントリー。全体としては短絡のそしりを免れない文章にはなっていると思いますが、実は言いたいことは結構分かるというか、同意してしまうかも知れないというか。
勿論僕なんか真っ先に"黙"る必要がある素人評論家になってしまうのかも知れませんが(この前ツイッターで"フットボールジャーナリスト"として某アカウントでリスト入りさせられて、冷や汗が出ました(笑))、ただ僕の場合、自慢じゃないですが素人丸出しというか、間違っても「専門家」であるという誤解をさせるような書き方はしていないつもりなので、割りと別に痛くはないんです。(笑)
むしろ普段、いかにも「客観的」という風情で真偽の分からない「解説」をとくとくとしてくれるある種のネット評論の型に対する違和感・抵抗感を代わって晴らしてくれた部分があるというか、まあ他人のことはいいんですが(笑)素人は素人に徹しよう、その方がいいんだという「初志」を改めて確認させてくれたというか。
・・・ま、ちょっと褒め過ぎですけど(笑)。どちらかというと、反論の方がやはり書き易い文章。ただまあ、素直な分、許せるかなという。
原子力関連とかでもそうですけど、「専門家」に嘘つかれても僕ら分からないですし、彼らは彼らで結局自分たちの心地よい主観の中で暮らしてるのが、見え見えですし。悪気の無い"嘘"も含めて、どう付き合っていくかねという。(少し大げさ?)

まあとにかく、これだけ様々な論が飛び交う中で、どこに自分のスタイルを置くか存在価値を見出して行くか、それともいっそやめるかと、そういうことをあれこれ考えざるを得ない、ワールドカップウィークではあるわけですよ。
ここんとこ"振り返り"過ぎですね、僕(笑)。どうもすいません。出来ればもう少し、覇気のある文章も。
必要ならね。
ヴェルディなら、とりあえず創設以来ほぼ全ての試合を見ている、今やネット上の天然記念物的な位置づけで割りと勝手なことも書けるわけですが。その需要があるというか。
代表の場合、どうなのか。他にも沢山いるしなという。でも僕の(サッカーの)情熱は、基本的には代表の方にあるという。
まあ比較論と例え話だけやってる分には、それなりに形になるとは思うんですけどね、ある程度以上内容に突っ込もうとすると・・・。ショートスパンのことを書こうとすると・・・という。

振り返り企画、やらなければ良かったなあ。目が見えなければ怖くないのに。(笑)
"責任"の取り方としては、面白いと思ったんですけどね。
多分"総括"までは、今大会死んでるんじゃないかと思います(笑)。期待してくれてる人すいません。(笑)


『グラゼニ』

相変わらず"ナッツ"はかっこいいけど、結局肩は完治しなかったという設定なのか、それともしたけどプロだと変則技巧派として生きるしかなかったという、そういことなのか。
持田の"才能"の分析の深さとか、こんな高校生いるんかいなという感じはしますが、"ポジション別"スポーツである野球の場合、早くから「職人」としての成熟が進むので、年齢に関わらずこういう傾向は顕著だという、そういうことなのかも。
このレベルでのプレー経験など全く無いので、推測ですが。

『カバチ』

警察も含めて、法律の"専門家"たちでさえ、ストーカー関連法のややこしさには手を焼いているという、そういう話?
まあ「恋愛」自体が、治外法権(?)とは言いませんが、民事の中でも特にプライベート性の高い特殊領域ですからね、そもそもが。刑法がどう関わるべきなのかという。
"厳格"化以外の、対応能力の確保法は無いものか。
やっぱり"犯意"の無い犯罪というのは、難しいというかやたら罰してもなという。

『いちえふ』

ひゃー、苦しそう。
読んでるだけのこっちも、頭痛が起きそう。(笑)

『サイレーン』

"男の子"というのは、"性転換"なんですか?そうなんてすか?

『ハルロック』

でも佃くん、なんかかっこいい。
メガネ男子というか理系(違うけど)男子的というか。

『楽園のスキマ』

いかにもありそうな話いそうな女で、。(笑)
まあ実際に実話みたいですけど。
さっさと引いたダンナが面白いですね。こちらはこちらで、いい人。

『コンプレックス・エイジ』

いい話、なのか。
なんか意外。
このまま終わると、ただの友情物語ですけど。

『妄想少女』

そんな終わりかい。
・・・という"妄想"とかいうオチは?(笑)

『インベスターZ』

思わぬ方向に、話が。
言いたいことは、分かるけど。
でもまさかそっちの方向に、このままこの作品が行くとも。

『36歳の女子高生』

"解決"の仕方としては、結構上手くやってるかなという。"解体"というか。(笑)
ラスト"前向き"にする必要性は、ちょっと?ですが。ありがちというか。


スポンサーサイト
テーマ:サッカー日本代表
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
わたくしは以前Jリーグのレビューに対して
「素人が何書いてんの」と"自称"ライターさんに突っかかれた経験あります。
律儀というか、丁寧にURL残していかれた方なんですが、間もなくどっか消えちゃいました。
2014/06/20(Fri) 11:56 | URL  | K2 #-[ 編集]
おだてでなく、K2さんくらい書けたら何の問題も無いと思いますけどね。
ていうか"プロ""アマ"という区切りなら、時間と枠組みの自由さもあって、むしろ"アマ"の方が遥かに面白い/内容がある場合が多いと思います。"インターネットの普及"で分かったことの一つというか。
ただ競技経験ないしは理論的学習の深浅による差というのはある程度は確かにあって、それは僕自身が多少の専門性を持っているいくつかのジャンルの経験から見ても、それ自体は無視できない場合はままあると思います。
そもそもの出発点として、「素人/一般人目線で」「主に直観に訴える」ものを書くというのは完全に自覚的なので、構造的にはとっくに解決済みの問題ではあるんですが、たまに程度問題には悩みます。(笑)
まあ要は勢いで書いていたものを、自らちょっと勢いを殺すようなことをしてしまったので調子を崩してしまったというだけのことです。出来ることは限られてますから、遠からず元に戻ると思います(笑)。別に自信が揺らいでるわけではないし、逆に無いと言えば最初から無いですし。(笑)
2014/06/20(Fri) 14:48 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック