ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ等
本大会ギリシャ戦+(ザッケローニ総括)
2014年06月20日 (金) | 編集 |
ちぐはぐ。

'14ブラジルW杯Gリーグ 日本代表 △0-0△ ギリシャ代表 (エスタジオ ダス ドゥナス)

時既に遅しというか。


・コートジボワール戦の"準備"も、この日のメンバー変更(香川外し等)も。
当たったか外れたかは別にして、本番に来てのザックの采配は、そんなにおかしくないというかありうるものというか。
・十分に理性的というか。
・それは悪評紛々(ふんぷん)たる"パワープレイ"も含めてね。
・対策して展望して、工夫を凝らして。
駄目でしたけど。(笑)
・駄目だったけど、本来監督がやるべき仕事は、今までになく、やっていると思います。

・ではなぜ無茶苦茶駄目駄目に見える(なる)かというと、それは正にその、「今までになく」という部分。
・大会前、少なくともメンバー選考までは、朦朧とした脳みそで妥協に妥協を重ねてだらだら"監督"していたのに。
・ここへ来て急に目覚めて、本来の自分を取り戻した、世間並みの仕事をし始めた。
・そのギャップに、チームが耐えられなかった応えられなかった、編成したメンバーが適合しなかった。
・香川に難しいタスクを課すしかなかった吉田を上げるしかなかった。(その他もろもろ)
・要はそういうことではないかと。

・そういう意味では、今まで怠けていた自業自得ではあるし、なるほど一貫性は欠くしチャレンジングな爽やかな戦いとも言い難いですが。
・直接の一試合一試合についての評価、"批判"点としては、こういう感じで僕は落ち着かせようかなと。
・それならば今までの「この監督仕事しとらんクソだ」という(意味の(笑))自分の批判にも、「攻撃的も守備的もあるか、とにかくこのチームはまともにマネージされとらん」という自分の評価にも、合致するものですし。(笑)
・一方でそれなりの実績のあるイタリア人監督が、どうしてここまで無為でいられるのかという、当然僕だって抱いて来た疑問にも答えてくれる見方ですし。
・まあ落ち着く。ゆっくり寝られる。(笑)
・後はどこまで遡って、修正すべきかですけどね。
・どこから妥協は始まったのか、あるいは最初は様子見で妥協的であったとしても、どこらへんから本格的にやるつもりが予定が狂ったのか。
・あるいはどこらへんの「評価」まで遡って、"真の姿"ではないと、修正すべきなのか。
・つまり例えばジーコもかくやの"セレクター"タイプ"ベスメン"馬鹿(笑)というのは、性分なのかそれとも妥協・無為の副産物なのか。
・元々は"統制"派だったという証言は、既に得られているわけですが。(+僕の自伝の印象)
・というかビアホフの言い方を延長すると、ビッグクラブ行脚で苦労している中で、悪い意味でも身に付い(てしまっ)た"柔軟"性が。
・今回の見知らぬ国での慣れない(代表監督という)仕事で、尚かつ軽く頭のイッてる中心スター選手(たち)にぐいぐい迫られてつい度が過ぎてしまったとか、そういう風景も見えては来るわけですが。
・とはいえ選手の資質の見方に洞察性がある方とも育成力があるとも、それはとても思えないので、少なくとも一部は本性でもあるんだろうとは思います。
・そこらへんの謎は、"次"の仕事(笑)ぶりで明らかになるのかな。
・出来ればジーコみたいに、そんなにレベルの違わない国で監督やってくれると、比較はし易いですけど。
・さようならアルベルト・ザッケローニさん。また会う日まで。(笑)
・変な最後っ屁かましたりしなければ、別に名前も聞きたくないような存在になったりはしないと思いますが。

・とはいえ仕事の評価としては、駄目でしたねとしか言いようがない。
・それは勘弁して下さい。
・仕事の内容の薄さの、比較の対象としては、やっぱりジーコ氏しかいない。
・ファルカンでも失礼だ。
・だから言ったじゃないですか、もうごちゃごちゃ言わずに3-4-3やっちゃっていいよ?と。出来るものならば。
自分(たち)のサッカーを。(笑)
・それで評価されるなら、いずれにしても本望でしょうに。
・その方が"造反"云々も、見え易かったでしょうしね。
・主導権のありかがはっきりして。
・ま、そちらの(造反側の?)評価は、コロンビア戦の後にでもやりましょうか。
・そこで何を見せてくれるかによって、まだ位置づけが変わりそうというか。
・正に目指したタイプの、「個人」の集まりに対して。

以上ちょっと短いですが、リハビリがてら。
僕も自分を取り戻しました。(笑)


(追記)
ところでではなぜザックは正気に返った(笑)かですが。
直接的には、例のザンビア戦の"怒り"がその答えになるわけでしょうが、要するに本番が近付くにつれてそして本大会の空気を吸う中で、アジアの迷蒙から抜け出したというか本○の洗脳が解けた(おい)というか、要するにそういうことかなと。簡単な解答ですが。
"恥"を思い出したというか。
意気軒昂だった選手たちが、力を発揮出来なかったのと、ちょうどみたいなところも、ありますか。


スポンサーサイト
テーマ:サッカー日本代表
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック