東京V等サッカー、漫画、アイドル、女子バレー 他
今号のイブニング(’14.6.24) &決戦?前夕
2014年06月24日 (火) | 編集 |
eve140624

オフィシャル

自力じゃないので「決戦」は微妙におこがましい感じ。
まあ日本がコロンビアにちゃんと(2点差以上で)勝てるなら、十分に現実的な可能性だとは思いますが。

この間(かん)にもいくつか面白そうな記事は出ていますが、ザック批判を気分的に封印している現状、意外と使えるネタが無い。(笑)


ザック監督 パワープレー続ける 協会介入も聞く耳持たず (スポニチ)

周囲の声も意見も突っぱねた。
例えば、試合終盤まで相手DFを崩せなかったとする。(中略)パワープレーを再び導入するのか?日本代表のザッケローニ監督の答えは「YES」だ。
(中略)
選手の声を吸い上げた日本協会の原専務理事から「このチームに合っていない。違う策を模索するべき」と注文を受けた。W杯期間中に協会役員が現場介入するという異例の事態に発展したが、それでも指揮官はかたくなだった。
(中略)
残り2日間、パワープレーの練習をするつもりもない。それでも土壇場に必要となれば、迷うことなく吉田に前線に上がるよう指示を出す。

全体的にザックへの悪意に傾いた記事ですが(特に全文を読むと)、それでもここ数日の出来事のいいまとめにはなってると思います。
ていうか記者も、やや無理やり"編集方針"に従って書いてるような、ぎくしゃくした感じもありますね。良心と、保身と。(笑)
ともかくここへ来ての協会の介入(どの程度かは分かりませんが)は、あり得ないというか論外というか、それどこのアフリカか南米の協会?という感じですが。その"異例"さをザックdisに使うなんてのは本末転倒・・・ということは、結局記者も分かって書いてるわけでしょうね。(笑)
それをザックがはねつけるのは当然というか、こんなことをされると逆に腹が据わるというか、「正気」の透明度が増すのではないかと思いますが。ただそれが戦いにプラスになるのかどうかは定かでないというのが、現在の日本代表の混沌とした状態なわけですが。監督が強い方がいいのか、弱い方がいいのか。
"練習しない"というのは、どう受け取ったらいいんだろう。どうせ選手が真面目にやらないから?せめて本番で、追い詰められた状況にならないと。
・・・おっと、つい手癖で"dis"の方向へ。(笑)
ま、とにかく。原さんも辞めて下さい。辞めるよね?今回の件の"失点"も、大きい気がするし。
別に次の代表監督なんて、慌てて決める必要無いと思うし。この4年を見てても。

ザック異例の練習中止「メンタルのため」 (日刊)

W杯を戦う日本代表が21日(日本時間22日未明)の練習を急きょ中止した。
アルベルト・ザッケローニ監督(61)が、会見を開き「まず皆さんにおわびを申し上げないといけない。午前の遅い時間に休みにすることを決めた。フィジカルのところは問題ない。メンタルのところをいい状態にするため。(中略)いい状態で次を迎えるため」と理由を挙げた。

これは・・・どうなんですかね。ドタバタなのか、腹括りなのか。
まあザックの言うことに逆らうようですが、意外と"フィジカル"の(休養)効果あるような気もしますけどね。どうせ練習することも無いんでしょうし(笑)、いいのかも。


「韓国ならではのプレイに適任」サッカーW杯終了後に韓国がザッケローニを引き抜く!? (日刊サイゾー)

韓国では、日本代表監督であるザッケローニが電撃移籍する可能性があるという記事もいくつか出ている。
(中略)
02年日韓ワールドカップで4位に入ったときに作られた早い攻守スイッチのサッカーも今は昔、韓国ならではの俊敏性に長けたプレイにザッケローニは適任という声がある。

ちょっと気分変えて。(笑)
まあタイトルほどセンセーショナルな内容ではないですが、どきっとはしました。何となく、見てみたいような気もするし。
条件的には、「縦に速い」「3バック3トップ好き」というザック本来の属性は、言われてみれば韓国に合うような気はしないでもないですが、実際にはどうかなあ・・・
選手も協会ももっとうるさいし(笑)、ビディンクを期待するのはタイプ的にもかなり無理がある感じ。
まあ色々と違う一面は、見られそうですけど。それもただこの成績では、韓国国民的に難しいかも知れませんが。

【オシムの提言3】組織で耐え忍びカウンターも日本らしい (スポニチ)

日本らしいスタイルとは、かならずしも攻撃的ということではない。日本人の特長を生かし、組織的かつアグレッシブ(積極的)にプレーを続けることだ。コロンビアの攻撃の圧力を組織の努力で耐え忍び、チャンスがあればカウンターという流れも、それは格上を相手にするときの日本らしいサッカーの一つだ。

その通りだとは思いますし、この件は後でまた論じたいとは思っていますが、ただ"オシム"というアイコンが日本のサッカー(の歴史)に刷り込んだ残して行ったものの内容からすると、あなたが言うかみたいなところもあります。
まあ本人あずかり知らない部分は大きいでしょうが。でも現実として、代表でそういうサッカーをやって見せたわけではないですし。
勿論オシムにそれが望まれていたわけでも。むしろその"限界"を打ち破ることが、求められていたのであるし、今もって"オシム幻想""追憶"の内容であるわけですし。
ま、やっぱりあずかり知らないか。(笑)

では明朝。(?)


『DEKOBOKO』

『赤灯えれじい』の人かあ。セックスするんだろうなあ。(バカ)
初回としては、もうちょっと情報量欲しかったなという感じ。
なんかいかにも連載のいち場面という、風情。
正攻法と言えばそうなんですが。

『オールラウンダー廻』

運動選手は、全身敏感でいいよ?(ゲス)
まあセックスもスポーツも、"神経を全身に行き渡らす"というコツは、同じですからね。
あと大学体育会系とかのコは、やっぱ飢えてる傾向あるし。(笑)
加えて言うならば、"上下関係"慣れしてるので変に素直というところもある。
オールラウンド!

『たんさんすいぶ』

ふん。面白いよね、多分。
多分というのもなんだけど(笑)、作者の"天然"度合いがまだ読み切れない。

『湯けむり球児』

イブニングの編集方針が分からん。(笑)
なんか最近、ヤンジャンとか思い出すことがある。『幼なじみ』とか。(笑)
『廻』が『タフ』ね。(笑)

『海賊と呼ばれた男』

なるほどね。
全体として、"GHQの不条理を描く"という裏テーマが、ありそうですね。

『少女ファイト』

設定覚えてないんだけど、犬神さんて処女なの?
そんな彼女に"アタック"No.1!

『将太の寿司2』

でも「回転寿司」の成功は、値段は勿論だけど職人とコミュニケートしないでいいのが、革命的だったんだと思います。
まあ逆に"指名"制にするというのは、ありだと思いますが。一方の極として。

『ADAMAS』

結局アニメ化されないまま終わるのか。
内容は面白いけど絵も演出も好きじゃないので、是非誰かにどうにか(笑)して欲しい。

『狼少年は嘘をつかない』

"キャラづけ"というより、"狂言回し"の都合の為に酷使されてる感じの主人公。(笑)

『山賊ダイアリー』

料理&味付け自体は結構手がかかってるので、あんまり"野趣"は感じないですね。
最初から惣菜買って来た方がいいような感じ。
山で取れるものでやれ!(笑)


スポンサーサイト



テーマ:サッカー日本代表
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック