東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
今号のイブニング(’14.7.8) & 今週のモーニング(’14.7.10)
2014年07月10日 (木) | 編集 |
eve140708

オフィシャル

ブログ、更新しています。


『オールラウンダー廻』

しかし"強い"女ばっかり。
その面ではこの人も、弘兼憲史同類だな。(笑)
細身好みなのが、違うところ。(笑)

『学生島耕作』

"その"弘兼憲史presents、裏も表も無い、オヤジファンタジー。
"欲望"だけじゃないという主張が、逆に嫌らしい。(笑)

『海賊とよばれた男』

こういう"国士"的視点が、特定の"立場"としてではなく、"常識"として遍在しているのなら、それは健全な事なんですけどね。
日本においてそれが難しいということを、例えば"ネトウヨ"などは、証明してしまった。

『たんさんすいぶ』

変なやつばっかりで、逆に誰が誰だかよく分からない。(笑)
面白いけど。

『将太の寿司2』

ラス前ページからラストページに行く前に、いくつか必要なシーンが抜けてる気がするんですけど。(笑)
具体的には、
「あんたはあの寿司の正体を知ってんの?」
「え?」

の後に、
「なぜそれを?!」
「実はこの前(かくかくしかじか)」

みたいな場面、もしくは
「・・・・・・そうだったのか。そんなことが。」
へ飛ぶか。
まあ、状況は分かりますけど。
最近ますます雑だなあという。(笑)

『少女ファイト』

そろそろ終わりということか。
ここで終わるなら、もっと一気に描いて欲しかったなと。
そうでなくてこの後もダラダラ描くというなら、それはそれでいいですが。
とにかく、"名作"になり損ねた作品という感じ。
"週刊連載"のテンポは、過酷だけど必要なものなのかなというか。
ていうか"月二回"とか、中途半端なのかも知れませんね。『もやしもん』とか見ても。
どうもテンポ感が。
せめてきっちり隔週にしてくれ。買う方もめんどくさい。

『がんぼ』

ヤクザリアルやなあ。知らないけど。(笑)

『狼少年は嘘をつかない』

つむぎちゃん一択。
いや、若さの問題以前に、デカ乳は要らない。(笑)
まあどっちも嫌ですけど、性格的には。(笑)
ただ"俗物性"が薄い分、性格もつむぎちゃんの勝ち。



mor140710

オフィシャル


『グラゼニ』

ただじゃあ、終わらせない、グラゼニ。

『チェーザレ』

サヴォナローラってそういう人だったっけ。
なんかテロリストか何かだったかと思ってしまった。
多分単行本でまとめてじっくり読んだ方がいいんでしょうね、この作品は。
最初の方は分かり易かったんですけど。

『ハルロック』

つい同情しかかったけど、こいつアカンやつだった。(笑)

『SAKURA TABOO』

人間関係がなんか"自然"に重層的で面白い。
「敵の中に味方を作れるのは、一流のスパイの条件」と、昔ウルフガイには書いてありましたが。

狼のレクイエム 第1部 (角川文庫 緑 383-54)狼のレクイエム 第1部 (角川文庫 緑 383-54)
(1982/07)
平井 和正
商品詳細を見る
狼のレクイエム 第2部 (角川文庫 緑 383-55 ウルフガイシリーズ)狼のレクイエム 第2部 (角川文庫 緑 383-55 ウルフガイシリーズ)
(1982/08)
平井 和正
商品詳細を見る

凄腕スパイには、ある種の人格の高潔さが意外に必要という。
やるな、失脚屋。

『決してマネしないでください。』

普通に尊敬する、ジョン・ハンター。(笑)
結局倫理なんてのは、それを守る以外に特に取り柄の無い人用のものということか。
ただし意図して倫理を踏みにじるやつは、やっぱりアカンやつだと思いますけどね。それは"気にしない"のとは、違うこと。
正に、"マネ"はいかんということ(笑)。天才(や聖人)の真似は。

『サイレーン』

そろそろ、(カラの)正体が。
イノの冷静さがちょっと不気味。でも可愛い!(そればっかり)

『インベスターZ』

こちらは龍五郎の"正体"の一部が、早くも。

『さばげぶ』

つまらん。
始まったばかりのアニメを見るモチベーションに、むしろ。(笑)
なんか絵がだらしない。精神のゆるみを感じるというか。(大げさ?)

『カバチ』

今そこにあるイジメ、という感じ。
そして相変わらず、初動の遅い田村。(笑)


スポンサーサイト
テーマ:漫画
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
ムカシ、猿マンで、「会長島耕作」とかパロがあったけど、ホントにそーなるどころか、バックデートバージョンが出来るからタチが悪いw
僕は「カレチ島耕作」を弘兼が描いたら、とりあえず許そうと思ってるけどw
2014/07/08(Tue) 23:41 | URL  | [H] #/HoiMy2E[ 編集]
なんと[H]さん、こっちまで!(白々しい)

まあなんかこの人は、もう"何周"もしちゃった感じで、遅れ過ぎて進んでるというか、人間最後は鈍感力と運動量だよなと、そんな感慨を抱かされます。
ただそれを"表現"の世界でここまで恥なくやり切れるのは、何かの天才なのか壊れてるのか、不思議な人です。

団塊王に、俺はなる!
という感じですかね!
むしろ同世代の反省と沈黙の、隙をついてる感じもしないではないですが。
2014/07/08(Tue) 23:50 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック