東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
今号のイブニング(’14.8.12)
2014年08月13日 (水) | 編集 |
イブニング 2014年17号 [雑誌]イブニング 2014年17号 [雑誌]
(2014/08/12)
イブニング編集部、上条明峰 他

商品詳細を見る

オフィシャル

昨日の筧美和子所長のエントリー執筆中に、ああ、雑誌もアマゾンでいいんだと今更気が付いて今号からはこの形態。
ちょっと画像大きいですけど、一つ下げると逆に小さ過ぎて。
今週はお盆進行でこれだけなんですね、寂しい。
しかも休めるのは編集だけで、漫画家はかえって作業が辛くなるという話をよく聞くので、ますます気分が良くない。(笑)
今週も俺にモーニングを読ませろー。


『たんさんすいぶ』

助走長かったけど、ようやくエンジンかかって来た?
まあ"チューニング"モードでも、なんか凄そうだなという気配は、伝わって来ましたけどね。
漫画も、すいぶも。

『オールラウンダー廻』

廻のアドバイスで覚醒した、という流れ?
なんか唐突に賢くなった気がしたけど。

『ADAMAS』

最後ジンに関しては救いがあるんだろうけど、かなりしんどい展開。"自分の手"でというのは。
それにしては、スムーズ過ぎる気もするというか。

『学生島耕作』

当時の「保守」「中道」的な学生が、リアルにこういうことを感じていたのなら面白いレポートなんだけど、どうも後付け臭い。
今の視点で描いてるというか。

『山賊ダイアリー』

まだ人間の怖さを知らない子供なんでしょうねえ。>タヌキ

『海賊とよばれた男』

山賊の次に海賊というのは、意図的でしょうか。(笑)
この前のも"石油戦争"だと言われると、なんか脱力しますね。
これからもずっと、人類はこんなんかなという。

『がんぼ』

神崎油断し過ぎ。
どうせ最後までいかないのは分かってるのに娘たちの"あわや"シーンを描くのは、一応読者サービスなんでしょうか。(笑)

『少女ファイト』

昔からエロ本体質というか同人体質みたいなのはあった人ですが、あんまりそっちに行って欲しくないなあという。
好きなものと得意なものは違うという。
あくまで正統派に、「臨床心理士」(確か)の部分で、押して欲しい。

『狼少年は嘘をつかない』

こっちはもう、好きに遊んでくれてよろしい。(笑)


スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック